ミッツのブログ

旅行記です。
ボーイズ・ゴーゴー巡りが中心ですので、興味のある方のみお願いします。

NEW !
テーマ:
訪タイ1日目、深夜。
Toy Boysでオフしたボーイとホテルで過ごし、NABに行くことにして、時間まで一休みしました。
ちょっと寝るつもりが1時近くになって慌てて身支度。
ホテルの前からソンテウに乗り、1時半過ぎにNABに着きました。
連れのボーイが呼んでいた友達の子が2人すでに来ていて、ウイスキーを頼んでテーブルで待ってました。
金曜の夜ではじめはお客は少なめでしたが、馴染みのToy Boys軍団がやってきたので、テーブルを広く占領して飲みました。

後ろのテーブルには、他のバーの知り合いのボーイがレディーボーイ数名と飲んでいて、テーブルは更ににぎやかになってきました。
この日は他にスポンサーがあまりいなかったのでボーイが分散せず、10人くらい集まってしまい、ボトルも2本目に突入。
ちょっと懐が心配にましたが、お気に入りの子が一杯いたので楽しく飲みました。
4時過ぎに体力の限界が来たので退散することに。
その日ホテルに呼んだ子が二人揃ってソンテウ乗り場まで見送りに来てくれましたが、まだボトルが少し残ってたので二人共NABに戻って行きました。

僕は一人流しのソンテウに乗りビーチロードの夜風に吹かれていると、ソイ7辺りのビアバーからファランが7名ほどバーガールを連れてドカドカと乗り込んで来ました。
みんな相当酔っ払っていて、これからウォーキング・ストーリーに飲みに行ってディスコで大騒ぎしに行くようです。
僕も誘われましたが、初日で疲れてたのでちょっと遠慮。
ウォーキング・ストーリーの入り口でファランたちを見送り、歩いてホテルへと帰りました。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
昨日から、海の日の連休に一日休みを加えて短い訪タイです。

今回はJALの昼便なので、いつもの出勤時間より若干遅めに家を出て成田空港に向かいました。
一駅行った所で念のためEチケットの写しを確認してみると、何とチケットは羽田発叫び
2年前のゴールデンウィークに、成田空港に着く寸前に羽田発だと気付き、慌ててタクシーに乗り何とか間に合ったことがありましたが、今回はまだ電車で間に合う時間。
JALから一週間前に確認メールなども来ていたのに、成田発だと完全に思い込んでしまってました。
ちょっと冷や汗が出た出発の朝でした。

慌てて電車を乗り換え、通勤で使うのと同じ電車に乗り、浜松町からモノレールに乗って連休前で混み合う空港へと向かいました。
羽田のJALのカウンターは結構な混雑ぶりでしたがカウンターの前でウロウロしていると、ガラガラのファーストクラスのカウンターの受付から「こちらへどうぞ」と目
さすがJALだと思いましたが、こんな過剰サービスして良いのかとちょっと心配にもなります。
保安検査は空いていて、出国も自動化ゲートでスムーズに通過。
時間がだいぶ余ったので、持っているクレジットカードで入れるスカイラウンジで一休みしました。

出発便は沖止めでしたが、B777の新しい内装の機体で、エコノミークラスのシートが横に3-4-2で並んでました。
色々な人数の組み合わせに対応できるようにするためだそうですが、僕は1人なので関係ありません。
食事は鶏の餡かけを頼みましたが、味はとても美味しかったです。
新しい設備で、パーソナルモニターも大きいサイズで画面がきれいなので、映画を2本も見てしまいました。

フライトは順調で予定より早く着くと思いきや、スワンナプームの近くで待機を命じられたのか、上空をグルグル20分ほど旋回し少し遅れて着陸。
入国審査も混雑していたので、前回ゴールデンウィークの時に温存していたプレミアム・レーンの利用券を使うことに。
ところがプレミアム・レーンも少し混んでいて、通過に5分以上かかりました。

パタヤまでの移動はオールパタヤを利用。
運転手と会うまで10分ほど待ちましたが、大きめのトヨタのセダンで快適。
途中大雨で渋滞している区間がありましたが、まだ明るい時間にホテルに到着。
夜遊びに備え、シャワーを浴びて一休みしました。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
7月に入って急に暑い日が多くなりましたが、今月は海の日の連休に1日休みを追加し、2泊+機中1泊。
航空会社はJALで、エコノミークラス。
年末までにフライオンポイントをためるため、マイル修行も兼ねての小旅行です。
行き先は、パタヤに2泊ということになると思います。

前回ずっと一緒だった連れのボーイも、金欠になったのか、オフシーズンにも関わらずパタヤで働き始めたようです。
この次は、8月の山の日で、一週間以上行けるので、今回は無理をせずのんびりと楽しんで来ようと思います。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
訪タイ8日目。
帰国は17:30のキャセイパシフィック便で、香港で3時間以上乗り継ぎ時間があったので、バンコク出発が一時間遅れましたが余裕をかましてました。
香港までは3時間ちょっとのフライト。
ウエルカムドリンクから、コース料理が出ますが、ラウンジで食べすぎたのであまり食欲がなくもったいないことをしました。
シートはフルフラットになるので、短時間でしたが仮眠も取れました。

香港へは1時間弱遅れで到着。
乗継便が1:00発なのでラウンジで休もうと、空港の真ん中にある大きそうなラウンジに行くと、受付の人が言うには僕が乗る成田行きは4時間遅れとのこと叫び
そして、そのラウンジは0時までしか空いてないので、24時間開いている別のラウンジに行くよう案内されました。
4時間遅れということは、朝5時出発で、成田には11時頃の到着になってしまいます。
まあ、つべこべ言ってもしょうがないので、案内図を見ながら24時間開いているラウンジに歩いて行くと、そこはコンコースの正反対の場所。
建物を端から端まで歩かされました。
ラウンジに入るととても混雑していて、ソファー席が満席でカウンター席しか空いてませんでした。
ラーメンカウンターで担々麺を食べ、ワインを飲んだ後上の階に行ってみると、一人がけのソファーも空いたので席を確保出来ました。

インフォメーションを見ると、成田行きは4時間の遅延で5時発。
関空行きも同じくらい遅れてましたので、日本人の方がだいぶ足止めを食らっていたようです。
メールを見てみると、キャセイパシフィックから遅延の案内が来ていて、やはり4時間15分遅れるということで、理由がDue to operational reasonsとなってました。
機材ぐりの関係でしょうか。
それにしても中途半端な時間で、寝過ごすと困るためウトウトするのが精一杯。
しかも、前日までの飲み疲れと、ラウンジで食べた担々麺が胃にもたれ、胸焼けがして寝付けませんでした。
4時頃インフォメーションを見ると出発はさらに1時間遅れて、6:15になっていました。
5時を過ぎると朝食が出てきて、また、どこからか飛行機が到着したのか、日本人のビジネスマンの一団が入って来ました。
もしかしたら機材ぐりではなく、彼らの接続待ちだったのかもしれません。

そんな感じで、熟睡することが出来ず背中と腰が痛いまま5時40分に搭乗するために、今度はコンコースの正反対まで歩かされました。
やっとのことで搭乗しましたが、その便はフルフラットにならないタイプのシート。
朝食時間でお酒のサービスがありませんでしたが、ビールを一本もらいました。
キャビンアテンダントがイケメンだったのがせめてもの救いでした。
結局11時過ぎにようやく成田に到着。
いつも深夜便では早朝に着くので、その日一日ゆっくり休息出来るのですが、家に着いたのが13時。
溜まっていた家事を片付けてたら夕方になってしまい、疲れが取れないまま翌日からゴールデンウィーク明けの仕事に突入しました。

2017年 ゴールデンウィーク訪タイ 完
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
訪タイ8日目。
長かった今回のパタヤ滞在もこの日が最後になります。
前日早目(と言っても2時過ぎですが...)に寝たので、10時過ぎには目が覚めました。
少し早かったので、散歩がてら近くのATMに連れのボーイに渡すチップを下ろしに行きました。
部屋に帰り、シャワーを浴びて帰国の準備。
とは言っても、前日すでに荷造りをしていたので、簡単に済みました。
13時のバスだったので、12時ちょうどにチェックアウト。
バス停までは歩いて10分ですが、昼食のために前日の夜に寄ったタップラヤー通りのレストランに入りました。
豚の炒め物に、鶏のスープにカオニャオを注文。
小腹がすいてたので、追加でエビ入りの何かを頼むと、フルーツの盛り合わせの中にエビが入っていて、しょっぱいタレがかかっている料理でしたあせる
僕は結構好きな味でしたが、連れのボーイはまずいと言って食べませんでした。

12時45分頃まで食事をし、連れのボーイとはそこでお別れ。
7日間ベッタリいたので、最後は倦怠期のような感じになってましたが、別れるとなると寂しいものです。
ボーイはその日の内にバスでラオスに帰るということで、バイタクに乗ってサードロードのバス乗り場へ行くとのこと。
ソンテウを乗り継げば20バーツで行けるんですが...暑いので早く行きたかったんでしょう。
スーツケースを脇に抱えてバイタクに乗り走り去って行きました。

僕は歩いてバス乗り場へ。
バスには既にお客が乗り始めていて、中はほぼ満員でした。
途中の道路は順調で、15時前に到着。
僕が乗るキャセイパシフィック便は17:30でしたがインフォメーションを見ると、1時間の遅延。
まあ、香港での乗り継ぎ時間が3時間以上あるので、余裕だと思いました。
ビジネスクラスのカウンターも空いていて、Premium Laneのカードをくれましたが、時間がたっぷりあったので、普通のレーンに並びカードは温存。
(次回使えるか分かりませんが...)
普通のレーンも空いていてすんなりと通過。
その後キャセイパシフィックのラウンジへと向かいました。

キャセイのラウンジは評判通りの質の高さ。
広々としていて、料理もドリンクも充実してました。
利用客は半分近くが日本人という感じで、静かで落ち着いた雰囲気でした。
バンコク発の便は事前のインフォメーション通り1時間ちょっと遅れて香港へ出発。

と、この辺までは良かったのですが、香港到着後思わぬトラブルがで酷い目に。
長くなりそうなので次回にします。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。