ミッツのブログ

旅行記です。
ボーイズ・ゴーゴー巡りが中心ですので、興味のある方のみお願いします。

NEW !
テーマ:
シェムリアップ2日目は、朝からアンコールワットの日の出を鑑賞したり、夜はレストランでカンボジア舞踊を見たりと、かなりくたびれました。

抜け出して夜遊びに行こうと思ってたんですが、偉い人と同行で近所のマッサージに行くことになりました。
女の子にオイルマッサージをたのみましたが、何事もなく終了。
料金は8ドルで、チップに2ドルあげました。

翌日最終日は、夜の便で帰国することになっていて、午前中はトンレサップ湖の見学。
昼食後オールドマーケットの見学でしたが、僕は9年前に来たことがあるので、一人自由行動をさせてもらうことにしました。

ホテル出発まで4時間ほどあったので、一昨日の夜に下見をしておいたLinga Spaへ歩いて行きました。

昼から開いているそうですが、1階のLinga Barはまだやっていない様子。
店に入ると、マッサージボーイ出て来て上に案内されました。
他にも2~3人ボーイがいましたが、案内に出てきた子が結構格好いい子だったので、その子にお願いすることにしました。
オイルマッサージ90分で料金は20ドル。

マッサージの方もしっかりやってくれて、その後は...

******

途中ボーイからチップの話が出て、初め50ドル欲しいと言ってましたが、高いと言い続けたら、マッサージ料金込みで50ドルになりました。
本当はチップ20ドルで合計40ドルにしようと考えてたんですが、不覚にも財布に50ドルと100ドル紙幣しかなかったので、しぶしぶ払う形に。
事前に小額紙幣もキチンと準備しておくべきでした。

というような感じで、今回のベトナム、カンボジアツアーはそこそこ楽しめましたが、やはりタイに比べると発展途上といった感じでした。
機会があれば、今回行かなかったホーチミン等にも行ってみようと思います。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
シェムリアップ1夜目。
カラオケ屋までは強制参加でしたが、21時頃にホテルで解放されたので、Travel Gay Asiaでリサーチした店に行くことにしました。
ボーイズマッサージは2件ほどあり、そのうち一件はゲイバーを併設していてショーもやっているということで、そこへ行くことに。
店の名前はBarcode。

僕が泊まっていたホテルからスマホのGPSを頼りに歩いて15分程でした。
オールドマーケットの近くのパブストリートからなら、歩いて5分くらい。
夜道は暗くて分かりづらいかもしれませんが、そこまで怖い感じはしません。
1階がバーに、2階がマッサージ屋になっているとのことです。

バーに入ると手前にカウンターがあり、奥がボックス席になっています。
バーに入っても、店員が接客にやって来ずちょっと肩透かしを喰らいましたが、カウンターで飲んでた地元?の子が席を空けてくれたのでそこに座りました。
飲み物はいろいろな種類がありますが、一番安いアンコールビールを注文(2ドル)。
カクテルなどは5ドルほどします。



ウェーターやバーテンダーは若い男の子で、全員黒のタンクトップを着用していましたが、仕事に集中しているのか、全然話しかけてきません。
西洋人同士のグループや、ボーイ連れの西洋人などは盛り上がってましたが、一人の客はちょっと手持ち無沙汰になります。

僕が入ってしばらくすると、ショーが始まりました。
ステージが小さく、ちょっと寂しい感じでした。
また、ショーとショーの間隔が10分ほど開くので、ちょっとだらけてしまい、あまり盛り上がってませんでした。

カウンターで飲んでた子で一人かわいい地元の子がいたんですが、話しかけるような雰囲気にもならず、小一時間でお会計しました。

それから歩いて、もう一軒のボーイズマッサージ、Linga Spaにも行ってみることに。
こちらは、パブストリートから歩いてすぐの場所でした。
ここも一階がバーになっていて2階がマッサージ屋になっているようですが、ボーイが接客してくれるような感じのバーではありませんでした。

翌日朝4時起床で、アンコールワットの日の出鑑賞があったので、この日は場所だけ確認してホテルに帰りました。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ハノイに2泊した後、ベトナム航空でシェムリアップに行きました。
カンボジアは9年前にツアーで来たことがありましたが、その時に比べて街の様子はだいぶ発展しているようでした。

シェムリアップでは昼間は完全な観光で、夜は夜遊び付き。
一日目の夜に、Top Townというシェムリアップで一番有名だというカラオケに連れて行かれました。

店に入ると、30人くらいのおねえちゃんがお出迎えしてくれ、奥のカラオケルームに通されます。
そこで、部屋に入ってきた10人位のおねえちゃんの中から1人呼んでカラオケをし、良ければ持ち帰るという店です。

添乗員の説明では、お持ち帰りする場合は総額135ドルをこの店で支払い、持ち帰りしない場合はタダでいいけど、おねえちゃんに20ドルチップを渡してくださいという、よく分からないシステムを言われました。

ビールを飲んでカラオケを歌い、1時間後にお会計となりましたが、僕以外の同僚は全員お持ち帰り。
僕は適当に難癖をつけて断りました。
女の子達は自分達でホテルに行くので、僕等はバスでホテルまで帰りました。

僕は軽くシャワーを浴び、ネットでリサーチしたボーイズバーへ行くために部屋を出ると、さっきカラオケにいた女の子達と何人かすれ違いました。
さぞお楽しみだったと思い翌日みんなに聞いてみると、みんなかなり高額なチップをたかられたそうで、多い人では80ドルや100ドル払ったとのこと目
行為の内容がどんなだったかは知りませんが、言われるままに払ってしまったようです。
まあ、ハノイの300ドルに比べれば安いでしょうが、完全に日本人価格ですね。
女の子達にとっては良いカモだったことでしょう。

僕はそんなノンケの同僚達をよそに、1人夜の街へと繰り出しました...

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
英語の情報サイトTravel Gay Asiaで検索すると、ハノイのボーイズマッサージの情報が何件情報がか出てきました。
その中で一番上に出てきたZspaという店が老舗で安心感があったので、そこに行ってみることにしました。

タクシーの運ちゃんに地図を見せて連れて行ってもらっても良かったんですが、旧市街のオペラハウスからも近そうだったので、タクシーでオペラハウス前まで行き、そこから歩いて行くことにしました。

フォーチュナホテルからタクシー代約400円。
20分ほどでオペラハウスに到着。

しかし、Zspaがあるエリアは地図では近くですが、大きな自動車専用道路を渡らなければならず、かなり怖い目にあいました。

迷いながらも何とか、Zspaの近くまで到着。

周りは住宅地でちょっと寂しい場所ですが、Zspaだけ店先が明るかったのですぐ分かりました。

店に入るとマネージャがいて、英語のメニューを見せてくれます。
スタンダードルームで250,000ドン(約1300円)。
VIPルームやデラックスルームもありますが、値段が倍以上するので、僕はスタンダードルームにしました。
コースを選ぶと部屋番号が付いたロッカーに貴重品を入れ、2階のボーイ控室に連れて行かれます。
ガラス越しの控室には、ボーイが6人ほど待機。
マネージャーにどんな子か聞きたかったんですが、英語が苦手なようでなかなか通じず、ほとんど見た目だけで選びました。

指名すると、ボーイと一緒に上の部屋に。
スタンダードルームはかなり上の階でした。
シャワーを浴び、オイルマッサージが始まり...

******

終了後再びシャワーを浴びて服を着ると、ボーイから請求書が渡されます。
マッサージ代250,000ドンの他にボーイへのチップを記入する欄があり、まとめて一緒に帰り際に払うシステムのようです。
250,000でいい?と聞くと、もっとくれということで、350,000と記入。
合計600,000ドン(3,000円くらい)。
タイより少し安いくらいでしょうか。
まあ、普通のマッサージの方も気持ちよかったので、内容的にはまあまあといったところです。

下でマネージャーにお支払いをして終了。
タクシーを呼んでくれたのでそれに乗りホテルへと帰りました。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
最近仕事で海外出張する機会が増えてきました。
仕事と言っても、ビジネスをしに行くわけではなく、「視察」という名目のお気楽な旅行です。
今回行ったのはハノイとカンボジアのシェムリアップで、カンボジアは完全にアンコールワットの観光目的です。
おまけに、全行程添乗員付きで、食事も酒も、おねえちゃんの世話までしてくれるツアーです。
よくも今時こんな風習が残っているものだと思いますが、会社の金で行けるので文句は言えません。

今回4泊のうち1日目と2日目は、多少仕事らしいことをしましたが、残りは丸々観光でした。
夜まで団体行動なので苦労しましたが、ハノイとシェムリアップで少しだけ抜け出して遊んできました。

まずはハノイ。
泊まりはフォーチュナ・ホテルというその道では有名なホテルらしいです。


ベトナムでは異性と一緒にホテルに入るには婚姻証明書が必要ということですが、このホテルは見逃してくれるということで、連れ込み目的の観光客の御用達だそうです。
日本人男性の団体客がたくさん泊まってました。
ホテルに地下にはカラオケ屋があリますが、いわゆる売◯宿です。
添乗員いわく、飲んで歌ってお持ち帰りして、一人総額300ドルとのこと目
これにはさすがにノンケのオヤジたちも引いてました。
実際には何重にもマージンがあるんでしょうから、上手くやれば100ドルもしないと思います。

結局ハノイは高いので夜遊びしないということになり、1日目の夜は現地の駐在員と普通のマッサージに。
1時間のボディマッサージで25ドル。
至って普通のマッサージで、特別なことは何もなく終了。

そして2日目じゃ、運よく一次会で抜け出せたので、タクシーに乗ってボーイズマッサージの店に行ってみました...

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。