ミッツのブログ

旅行記です。
ボーイズ・ゴーゴー巡りが中心ですので、興味のある方のみお願いします。

NEW !
テーマ:
訪タイ2日目。
2017年のカウントダウンです。

ボーイ君らと6人で早めにBoys Townを発ったので、NABには23時半ころ着きました。
席はほとんど予約で埋まっていて、僕らはToy Boys名義で予約していた後ろの広めの席に陣取りました。

0時近くなってもあまり客が集まってませんでしたが、カウントダウンするために皆表に出ていきました。
しかし自粛モードのため、昨年と違い地味なもので、周りでは打ち上げ花火も無しでした。

カウントダウンは地味でしたが、0時を過ぎると客も増え出し、Toy Boys軍団も続々やって来て、僕のテーブル周りも賑やかになってきました。
この日はステージも熱が入っていて、ショータイムも次から次とひっきりなし。




シャワーショーも3回くらいやってたと思います。
コヨーテやモデルが総出で、なぜか3時頃にもう一度カウントダウンしてました。

隣のテーブルにいたファランが僕のテーブルにテキーラの攻勢を仕掛けてきたので、応戦しているうちに4、5杯飲まされてしまいました。

この日は客席もステージも狂乱状態で盛り上がってましたが、僕はテキーラの酔いと前日の疲れもあり4時頃に帰りたいモードに。
ボトルも2本頼んだうち、半分残ってましたが、ボーイ君らに残し先に帰ることに。

NABからビーチロードに行く途中、知り合いのボーイ君と遭遇。
台湾人のカスタマーと一緒にホテルに帰るところで、一緒にソンテウに乗ってサウスパタヤに向かいました。

僕が泊まっていたマイクホテルに行くため、ビーチロードからボーイズタウンを抜けてセカンドロードに向かいました。

いつもは朝4時ともなればみんな店じまいしてますが、この日だけは朝まで皆飲み明かしているようでした。
僕は、そこには知り合いがいなかったので素通りし、ホテルへと帰ってすぐに眠りました。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
年末年始訪タイ2日目、大晦日。
スンニの子とToy Boysの馴染みの子をオフし、Panorama Pubで飲んでた子達3人と合流し、合計6人でカウントダウンまでビールを飲んでました。

はじめにPanorama Pubで飲んでた初対面(と思ってた)子が、やけに親しげに話しかけてくると思ったら、某バーのボーイ→ウェイターになった子でした。
少し太ったのではじめ気付きませんでしたが、昔の写真を見せられて思い出しました...
その子は現在どこでも働いていないとのことでしたが、立ち居振る舞いを見ると、おそらくフリーのマネーボーイ兼遣り手婆のようなことをしている感じで、今思うと僕も虜になったようなものでした。

23時過ぎにNABに移動することに。
Panorama Pubのお勘定は、はじめボーイ君達が割り勘にするような素振りを見せましたが、当然僕持ちになります。
でもビールだけなので安いものでした。

ボーイズタウンからNABまでの道のりは、昨年、一昨年の大渋滞で懲りたので、経験を踏まえて今回は早めに出発しました。
ところが、今回は逆にセカンドロードは閑散としていて、車はほとんど通りません。

たまたま一台のタクシーがボーイズタウンに客を連れてきて下ろしたので、ボーイ君に交渉させると、何と200バーツでNABまで行ってくれると目
昨年はバイタクに二人乗りで200バーツだったので、6人で200バーツはとてもラッキーでした。
ただし、助手席に2人、後部座席に4人密着して乗車。

完全に定員オーバーですが、タイは何でもありです。

順調にNABに着き、前日予約したことを伝えると、整形ボーイ君もToy Boysの名義で予約しているとのことで、そちらの方が広めの席だったので僕の席はキャンセルし広い方に陣取りました。
ただし、テーブルは2席分で、ボトルをはじめから2本入れなければならないとのこと叫び
Toy Boysの名前で予約してたということは、後から他の子達も来るということで、懐具合が気になりましたが、せっかくの大晦日なので楽しく飲み始めました...


AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
前日オフした子達とShabushiに行き、その後チェンライ出身の子とホテルで過ごした後、その子を帰ししばらく昼寝をしました。
20時頃に目覚め、外出の準備。
大晦日で、その日はShabushiで満腹だったので食欲もなく、カウントダウンのためだけに夜の街に繰り出そうと思ってました。

前日オフした2人をその日も連れ出そうと思い、まずスンニのバーに行こうと思いましたが、ホテルを出た途端、ぽつりぽつりと雨が...
これくらいなら大丈夫だと思いしばらく歩きましたが、サウスパタヤの交差点まで行くと本降りになって来ました。
しばらく雨宿りしましたが、止む気配がないので、ホテルに戻りました。
部屋から折りたたみ傘を持ってまた表に出ても、雨はザーザー降りのままやむ気配がありません。
仕方がないので、スンニの子には、後でオフ代を渡すから自分で払ってボーイズタウンに来るよう伝え、僕はToy Boysに向かいました。

店に入ると、大晦日のためかボーイもお客も閑散。

前日売れ残っていた子達が、ほとんどそのまま残っているような感じでした。
しばらくすると、昼に一緒だったチェンライ出身の子も出勤。
まだだいぶ時間が早かったので、しばらく冷やかしてました。

ボーイもお客も少ない状態が続いたので、他のバーの様子を見に行こうと思い、すぐに戻ると言って外出。
雨はすっかり上がってました。

Cupidolに行こうと思い向かうと、ボーズタウンの角のところで不意に誰かに呼び止められました。
見ると、Toy Boysの顔なじみの整形ボーイ。
その日は休んでCupidolの隣のPanorama Pubで飲んでいるようで、一緒にいる子を見ると、昔なじみのラオス出身の子が。
その子とは足掛け4年以上の付き合いでしたが、最近SMSも電話も音信不通になってた子でした。
どうして連絡をくれなかったか聞くと、スマホを売ってしまったからと目
それ以来、数ヶ月一切電話を持っていないとのことでした。

面相がスッキリしてたので聞いてみると、その子も鼻を整形したとか。
ノーンカーイの整形外科で、15000バーツだったとのことで、スマホを売った金を当てたのでしょう。
近況を聞くと1週間くらい前パタヤに出てきたそうで、Cupidolで働いてましたが、辞めて向いののBoys Boys Boysに移るのだとか。
何だか、地に足がつかないフラフラした生き方です。

その子らは3人でタワービールを飲んでいて、それからカウントダウンのためにNABに行くということで、ちょうど良いと思い、僕も一緒に飲み始めました。

Toy Boysのお勘定がまだだったので、いったん戻ると、チェンライ出身の子が手持ち無沙汰にしていました。
NABにカウントダウンに行くか誘うと行きたいとのことで、その子をオフすることにしました。

その子とPanorama Pubに戻り、スンニの子も合流し、ボーイは総勢5人に。
これ以上増えると財布が苦しくなるのでそこで打ち止め。

カウントダウンまではまだだいぶ時間があったので、タワービールをもう一本頼み、近くの屋台から果物を少し買って来て、つまみながら大晦日のボーイズタウンを楽しみました。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
年末年始訪タイ2日目。
前日かなり遅くまで飲み歩きましたが、10時過ぎに目が覚めました。
スンニの子から前日Shabushiに行きたいとアピールがあったので、起きた頃を見計らってSMSを送信。
前日オフしておいたToy Boysの子もついでに誘いました。

昼時は混んでるので、ちょとピークをずらし14時にセントラル・フェスティバルで待ち合わせ。
時間があったので、運動がてらビーチロードをウォーキングしました。

ビーチロードは長いようで2キロほどしか無いので、端から端まで30分くらいしかかかりません。
気温も涼しく、軽い運動するにはちょいど良い気候でした。
一番北まで行きましたが、ビーチは護岸工事中でビーチには下りられませんでした。

そこからセカンドロードに移り、センタンまで。
14時ちょっと前に着き、すぐShabushiに行きましたが11人待ち叫び
ボーイ君達は15分程遅れて到着。
これは、まあ予想の範囲です...

待ち時間が長いので、向いのHot Potに行こうかと言うと、二人ともNoと。
Hot Potは全然人気がありません。
11人待ちとなってましたが、途中で帰ってしまった客がかなりいて、30分ちょっと待って入店出来ました。
ボーイ君らはShabushiが大好きですが、一人は肉が嫌いでシーフードと野菜だけ、もう一人はシーフードと牛肉が苦手という偏食なので、一つの鍋を囲むのも気を遣います。
それでも、時間ギリギリまでみんなで楽しく食べました。

その後、センタンのビーチロード側に出ると、ボーイ君が何やら小さなピンクの財布を拾いました。
中を開けてみると、IDカードや免許書やキャッシュカードが目

お金は20バーツ紙幣が何枚か入ってただけですが、貴重品なので、無くした人は困ると思います。
辺りを探しても落とし主が見当たらなかったので、近くの警官に話すと、隣の警察署に持って行くようにと。
書類の記入などはなく、受付の警官に渡しただけで済みました。

その後、ソンテウに乗って帰ろうかと言うと、歩いて行こうとのこと。
タイでは歩くのが嫌いな子が多いですが、珍しい子達です。
3人でブラブラとホテルの近くまで歩き、昨日オフした子と2人で部屋に入り、夕方のマッタリとした時間を過ごしました...

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
年末年始訪タイ1日目、深夜。
Toy Boysでオフした子と二人でソンテウに乗りNABへと向かいました。
その日は、MasaさんとRさんと1時に待ち合わせをしていて、NABの入り口でRさんと合流。
Masaさんは少し遅れるとのことで先に入ってました。

大晦日前日の金曜日の夜のためそこそこ混んでいて、後から何人かボーイが来ると思ってたので、入り口近くの広めの席に陣取りました。
しばらくすると、スンニの子やToy Boysの子らやMasaさんが合流して来て、2つのテーブルは埋まってしまいました。
ハイシーズンになったからか、出勤が不安定だったコヨーテの子にも久しぶりに再会。
オフシーズンはほとんど見かけないので、一体どうやって食べていってるのか不思議です。
国王崩御の自粛ムードも少しやわらいだようで、ショータイムも充実してました。

翌日は大晦日のカウントダウンなので席を予約しておいた方が良いと思いウェイターに聞いてみると、もう空きがないと。
ちょっと偉そうな黒服に聞くと、後ろの方なら予約できるとのことで、何とか席を確保することができました。

3時を過ぎてボトルが空になりかけ、ボーイ君からもう一本のアピールがありましたが、僕は初日で、Rさんも翌日朝バンコクに移動のため、セーブしました。
それでも、ボーイ君らは知り合いの所に行って飲んで来るようで、それから4時くらいまで大騒ぎしてました。

4時になりお開き。
スンニの子がソムタムが好きで、いつも夜食に誘われます。
飲み足りない子たちは置いて、MasaさんとRさんとボーイ2人と一緒に、サウスパタヤにソンテウに向かいました。
いつも行くForget Husbandの他に、レズビアンのソムタム屋があるということで、面白そうなので行ってみることに。
サウスパタヤ・ロードの寺院の近くの屋台で、確かに男性っぽい女性店主が切り盛りしている所でした。小さな屋台でメニューの種類もあまり無さそうだったので、やはりForget Husbandに行くことに。
朝の4時過ぎでしたが、周りには水商売を終えて帰って来たと思われる女性やレディーボーイがいっぱいいました。

鶏と豚の炙り焼きに、ソムタムを注文。
ボーイ君に任せたら、ソムタムだけで4皿出てきました。
辛くしないようにと言って注文を任せましたが、かなり辛かったです生のカニ入りソムタムは、一見ゲテモノですが、恐る恐る食べると危険な美味しさです。
4皿のソムタムを5人で平らげました。

初日から少し飛ばし過ぎでしたが、5時にはホテルに到着。
翌日(当日)のカウントダウンに備え、すぐに眠りにつきました。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。