岡山の税理士 三矢達朗税理士事務所のブログ

岡山市、倉敷市を中心に中小企業経営の支援や相続税の申告のお手伝いをする税理士事務所です。経営のヒント、成功哲学、確定申告や法人設立、相続税の節税などについて書いてみます。

  会社概要


  三矢達朗税理士事務所  岡山市北区辰巳421-1エトリール大森201 


               ホームページはこちら  

  事業内容

  ・税理士業務全般(確定申告、法人設立指導、相続税など)

  ・会計ソフトの導入指導
  ・財務コンサルティング、経営計画作成指導、相続税のシミュレーション等
  ・起業家向け勉強会、交流会の開催

  岡山、倉敷を中心にスタッフ5名で運営する気さくな税理士事務所です。


  誠実対応、リーゾナブル価格で岡山、倉敷の中小企業を支援する事務所です。

                                            


 経営理念

 Sail For The Future~より良き未来へ~

 お客様と全従業員の物心両面における幸福の追求と地域社会への貢献





   $岡山市の税理士のブログ




テーマ:


 今年の夏は史上最高に暑かった夏になるかもしれないらしいですね。


 暑いのが苦手な私は今すごくモンゴルに行きたいです。


 もともと旅が好きで、一か所でじっとしているのが苦手だし、馬が走る音を聞くと胸が高鳴るし、自分の祖先はモンゴルにいたんじゃないかと思います。


 下の写真のような草原を馬で旅が出来たらと思うとそれだけでわくわくしてしまい、具体的に旅の情報を調べたりなんかもしているのです。


 人間の遺伝子の内容を見ると”ハプロ・グループ”という分類があってそれによって自分の祖先がどっちの方からやって来たのか

わかる可能性があるらしいですね。


 ここのところ歴史の本ばかり読んでいる岡山の税理士、人間はどこから来て、どこへ行くのか、思いをめぐらすのがとても楽しい今日この頃です。


 

 




 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:


 『コンタクト』 (1997)


 監督:ロバート・ゼメキス   主演:ジョディ・フォスター


 物理学者の主人公(ジョディ・フォスター)が異星人との交信に成功するがすぐには信じてもらえない。


 やがて嘘じゃないとわかり、すったもんだの末に彼女は人類を代表して異星人に会いに行く。(出発の場所が日本です。)


 この映画を見るのは3回目だけど見るたびに面白くなる。


 科学と宗教の関係みたいなテーマが織り込まれていて、『証明できないものは信じない、だから神を信じない。』という主人公と


『君は(亡くなった)お父さんのことを愛していたということを証明できるのか』と聞く宗教学者。


 真実ってなんだろう、真実というものはあるんだろうか、と思う。


 終盤のストーリーや映像がすごくいい、ファンタスティック。


 ジョディ・フォスター、綺麗。

 



 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 ジョジョ・シリーズ 第7部『Steel Ball Run』。


 ジョジョ・シリーズで一番好きです。アメリカ大陸を馬に乗って横断するレースの物語です。『One Piece』の作者の尾田さん同様にジョジョの作者の荒木さんもプロフェッショナルとして尊敬できる人なので作品を読むと勉強になるし励まされます。


 主人公のジャイロ・ツェペリが愛馬ヴァルキリーに語りかける言葉、この物語で一番好きなシーンです。


 『…厳しいな…ただし…オレとヴァルキリーだけのラインを行く。 

  オレとヴァルキリーだけが…「なじむ道」。ディオ(ライバル)のラインなんて見えなくていい…天候も嵐も関係ない。味方のジョニィも消える。オレたちだけの「気持ちのいい道」だ。リンゴォの話だと、その先には「光」がある筈だ…「光」を探せ。「光」の中へ!』


 
 
 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 そもそも何が目的なんだ?と思うことが多い。もともとの目的とは違う方に行ってる。

 

 過剰なコンプライアンスとか、メディアが発信するいい加減な情報とか、誰のためかわからないオリンピックとか、機能していない税制改正とか社会保障制度とか、世界で起きているいろいろな争いとか。


 何のためにやっとるの?と思うことがすごく多くて、それで世の中が窮屈になっていく。 誰の言っていることがより正義に近いのかもわからない。


 この流れが止まないなら、その流れの中でどう生きるのがいんだべ?と思う。



「誰から生まれようと人間みんな海の子だ!」


                by 白ひげ海賊団 エドワード・ニューゲート

 
 
 
 

 海兵より海賊のように生きたい岡山の税理士です。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 自分の心の中に一本の軸のようなものがないと相手の言動、世の中の言動にあわせて右往左往することになり心が落ち着くことがない。



 一本の軸は人によって夢や目標であったり、道徳であったり、ブッダやキリストの教えであったり、尊敬する人の言葉であったりする。



 個人で軸を持つことが難しいという人はしっかりとした理念を持った会社で働いていくことも一つの選択肢だと思う。



 会社経営も利益最優先だと流行にあわせて右往左往になる。だから会社にも経営理念や経営方針というものがないと落ち着かない。



 … 私もかなりブレる時があるけど、軸さえあればいつもそれに従って、大事なことは大事にして、そうじゃないことはそうじゃないなりにすればいい。その軸が社会に反するようなものでない限り、それで何も恐れる必要はない。



 誰だって迷うときには迷うのだから、風が吹いたらその風に合わせながら適度に揺れる木のようになれたらいいと思う。しっかりとした根があれば、風に揺れるけど、適度に揺れる。



 バランスよく強さと柔らかさを持った木のような人になりたい。


 
 


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
 清志郎さんがいなくなったあと、私の中で数少ないRockな人。Rockが単なる音楽のジャンルではなくて生き方の一つなら自分もRockでいたい。


『人と同じものが嫌とか、そういうのはあまりない。自分が好きなものを集めてたら、人と同じにはならないでしょう?』


『みんなで盛り上がることをするな。お前が一番盛り上がれ!』

 by 甲本ヒロト


 
THE BLUE HEARTS
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 レオン:  1994 監督;リュックベッソン   キャスト;ジャン・レノ、ナタリー・ポートマン


 岡山の税理士にとって大好きなジャンルではありませんが一度は見ておこうと思っていた映画です。

 孤独なヒットマン(殺し屋)が身寄りのない少女と出会い一緒に暮らしながら互いに心を開いていく。…目が釘付けになります。


 私が好きなのはミッションインポッシブルⅤ5やダークナイト・ライジング、インセプションのような完璧にハッピーエンドで完璧にカッコいい映画。そういう点でこの映画はちょっと違うのですがとても質の高い映画だと感じました。


  … 主演の少女がナタリー・ポートマンだったとは知らなかった。→ 栴檀は双葉より芳し.






いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 2泊3日でソウルへ行ってオプショナルツアーで南北の国境から北朝鮮を見てきました。川の対岸が北朝鮮。展望台に設置された望遠鏡で見ると田植えをしている人の姿をたくさん見ることが出来ました。その風景だけで言えばのどかな田園風景という感じでした。


 ソウルは2回目ですがとにかく食べ物が美味しいです、どうしても食べ過ぎてしまいますね。街の雰囲気は東京と同じ感じなので

良くも悪くも緊張感や新鮮味は感じません(^_^.)


 地図で見ると岡山-ソウルの距離は岡山-東京と同じぐらい、沖縄より近いんですね。キム・テヒに会うことは出来ませんでした!


 

 国境から見る北朝鮮。望遠鏡で見ると人の姿まで見えます。

 
 
 やっぱ焼肉はソウルじゃのー。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:


 久しぶりに『学問のすすめ』を読んでいます。


 その一節、


 「西洋の諺に『愚民の上に苛き政府あり』とはこのことなり。こは政府の苛きにあらず、愚民のみずから招く災なり。愚民の上に苛き政府あれば、良民の上には良き政府あるの理なり… … 」


 現代語では、


 『西洋のことわざで言う「愚かな民の上には厳しい政府がある」とはこの事である。これは政府が厳しいのではなく、愚かな民衆が自ら招いた災いなのだ。そして愚かな民の上に厳しい政府があるならば、良い民の上には良い政府がある、という理屈となる。今この日本においても、この水準の国民があるから、この水準の政府があるのだ。


 もし仮に国民の道徳の水準が下がって、より無学になる事があったら、政府の法律もより厳しいものとなるだろう。もし反対に国民全てが学問を志して、物事の道理を知って文明を身につけるようになれば、政府の法律もより寛大なものとなるだろう。


 法律が厳しかったり寛大であったりするのは、ただ国民に人徳があるか否かによって変化するものなのである。厳しい政治を好んで良い政治を憎む者など誰も居ない。自分の国が豊かになり強くなる事を望まない者など居ない。外国から侮りを受ける事をよしとする者もいない。これらは人として当然の感情である。


 今の世の中に生まれて国家に報いようとする者は、何も思い悩んで苦悩する必要などない。大切な事は、人としての感情に基づいてまず自分の行動を正しくし、熱心に学び、広く知識を得て、それぞれの社会的役割に応じて知識や人徳を身につける事だ。

 そうすれば政府は政治をしやすくなり、国民はその支配で苦しむ事もなくなり、お互いに責任を果たして、一緒になって国家の平和を守っていく事ができる。今私が勧めている学問というのも、ひたすらこの事を目的としているのである。』


                      参考:北尾吉孝氏のブログより                     



 他人の過ちを大勢でとことん非難する最近の風潮。誰かの過ちよりも、それを匿名の大勢で吊し上げる風潮のほうが私は不快。男らしくない。

 
 強く、優しく、謙虚な人になりたい。

    



 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

この時期に毎年恒例の東京出張です。


 東京と横浜のお客様を訪問します。宿泊は私が好きな、

おやじサラリーマンの町、新橋です。


 私の場合、東京は年に1、2回、来るぐらいがちょうどいいですね。いい気分転換になります。


 
 


 岡山の税理士もサラリーマン時代にこの新橋周辺で仕事したり飲んだりしていたのでなんとなく落ち着きます。




 


 今回は仕事のあいまに行きたいところがあったのですが

ホテルでゆっくり寝てしまったため行けませんでした(泣)



 



 恐竜博、行きたかったのに…無念!

 


 
 


いいね!した人  |  リブログ(0)