今日は、「凱旋」というお話台詞

 

 

巨匠ヴェルディ作曲の歌劇「アイーダ」の劇中歌に、

 

「凱旋行進曲」があります幕

 

若き将軍が激戦を勝ち抜き、共戦の同志と共に凱旋するナイトモン

 

勝利をかみしめる勇者の誇り、

 

その雄姿に喝采を送る民衆の歓喜嬉しい

 

 

ヴェルディの時代、祖国イタリアは戦禍に翻弄され、

 

圧政が人々を苦しめました><

 

この時、自由を求める民衆運動に火を付けたのが、

 

彼の歌劇だったのですデュエット

 

当局の検閲や悪意の中傷にも、「闇を恐れてはいけません」

 

「絶え間なく真っ直ぐに前進することしかありません」

 

と信念を貫いたのです腕。

 

 

「凱旋」とは、”成功を収めて帰ってくる”という意味もありますやった

 

”年が明けたばかりで「凱旋」とは、気が早いのでは”と、

 

言う人もいるでしょう早っ!!

 

でも、勝つと決めることから何事も始まるのですスタート

 

年頭に「凱旋」を誓うところに、格別の意義があるのですそうだ!

 

 

今日も我が家に凱旋し、明日も我が家に凱旋するいえ

 

その積み重ねが、自分自身の英雄劇を綴っていくのですジェジュン

 

 

 

 

 

 

ペタしてね どくしゃになってね!

 

 

 

 

 

 

AD