今日は写真モリモリなので覚悟してほしい。


画像が大量にあるため、本日は2部構成でお届けする。



-------------------------------


9/14 from istanbul


起きたのは7時頃だったと思う。


久しぶりに早起きしたのは、3つ理由があって、


1.豊富な観光スポットをもつイスタンブールの主要箇所を今日1日で回る

2.トプカプ宮殿へは早く行かないと混雑する

3.宿を変えたいので、早くチェックアウトする


だからである。



昨晩泊まった宿は、若干陰気なオーラが漂っていた。


宿のスタッフは悪くなかった。


しかし、ホテルが乱立するエリアから少し離れた場所にあるので、

近くに店が何も無く、暗いし、寂しい感じもしていた。



最後の都市の宿は素晴らしい思い出で終わらせたかったのだ。

他の旅行者と出会える場所が良かった、というのが本音かもしれない。



4泊ほどするといってチェックインしたのに、

次の日に宿を出てしまって、何か悪い気がしたが、

朝からバックパックを背負って新たな宿へ歩き出す。


10分ほど歩くと、賑やかな通りに出た。


そこで探していた宿はすぐに見つかり、

雰囲気のよい感じに、すぐOKを出した。


さすが人気宿といった明るい場所だった。

そして、最後もドミトリー。。。




新たな宿へチェックインするなり、

荷物を置いてすぐ飛び出してトプカプ宮殿へ向かう。


トプカプ宮殿までは歩いて5分ほどの好立地。


まだ開園間際で人が少ない。



入園する前から、煌びやかな建築物が現れる。

topkapi palace



さあ入園。

topkapi palace



トプカプ宮殿は、

オスマン帝国の繁栄の跡である。


昔々、オスマントルコは、

西はモロッコから東はアゼルバイジャンに至り、

北はウクライナから南はイエメンに至る広大な領域を支配した。


しかも、1299からつい最近の1922年までその王朝は存在していたという。

1922年っていったら、85年前。おばあちゃんが生まれるちょっと前だ。



そんな、巨大な王朝故、

残した遺産もハンパなく豪華。


世界中の欲する物を全て手に入れてきた国だ。

topkapi palace



庭は実に整っていて、気持ちがいい。

topkapi palace


柱1本見るだけで、その繁栄の跡がうかがえる。

topkapi palace

topkapi palace


扉1つ1つが絢爛。

topkapi palace


見上げれば、金模様。


topkapi palace



中でも、ハレムは優雅さを極めている。


イスラム教の男女隔離思想が背景にあるのだが、

要は、世界中から集められた美女たちと王様だけの秘められた空間。


日本でよくいうハーレム状態ってやつだ。



羨ましすぎです。


そんなハレムは、トプカプ宮殿とは別施設扱いで、

10TLYを払わないと入れない。


今の時代でも金が集まる施設だ。


30分ほど待ってようやくチケットを手にするが、

完全に人ごみに飲み込まれ、

館員の誘導されるがままに。



topkapi palace



しかし、さすが金を払うだけはあって、

その絢爛美は人々の目を奪って口を開けたままにさせる。

topkapi palace

コーランがあるのもイスラム的でなんとも・・・。


topkapi palace


撮影OKなのはいいが、

自分がフラッシュを焚かないために

暗くてピントが合っていない写真ばかりが続いてしまった。。。

topkapi palace

topkapi palace


この世のものではないような空間が続く。



topkapi palace


部屋ごとにコンセプトが違うのか、

どの部屋を見ても飽きないし、

どの部屋を見ても感動がある。

topkapi palace

topkapi palace


ステンドグラスが眩い。

topkapi palace


意味ありげなイスラム模様。



topkapi palace




トプカプ宮殿は

三方をボスポラス海峡とマルマラ海、金角湾に囲まれた丘に位置する。


敵の侵入もすぐわかるようにだ。



topkapi palace




topkapi palace



世界中から集められた財宝の中には、

日本からの伊万里焼も。

topkapi palace



財宝らしい財宝。

topkapi palace



その他、86カラットのダイアモンドや金剣など

すべてかルパン三世で見るような財宝ばかりが展示されている。



topkapi palace



飽きてくるほど、どこを見ても素晴らしい装飾。

topkapi palace

topkapi palace



イスタンブール市街を望む

topkapi palace



出口からブルーモスクが見えます。

topkapi palace



これは昔の様子を表した壁画。


topkapi palace



太陽も頂点を過ぎ、

トラムバイを見ながら、ドネールケバブをほおばる。


トラムバイ


観光地のメシは高いので

安飯を探すのが大変。。。




次はアヤソフィア。


AYA SOPHIA


歴史に翻弄された寺院。


AYA SOPHIA



ビザンティン帝国時代にキリスト教の大聖堂として建設され、

オスマン帝国時代にはモスクとして利用された。

ビザンティン建築の最高傑作と評価されながら、

イスラム教の聖地であったりキリスト教の聖地であったりした場所だ。





この穴に親指を入れたまま手を一回転できると願いごとが叶うといわれています。

東大寺か!


AYA SOPHIA

AYA SOPHIA


荘厳ななかに、

哀愁を感じてしまいます。



AYA SOPHIA


吹抜けの開放感。

どでかいコーランの文字。

隠されたマリアのフレスコ画。


AYA SOPHIA



昔々、

オスマンの人々は、キリスト教のフレスコ画を

漆喰で塗り固めたとさ。。。

AYA SOPHIA


最近になって、発見されたのだとか。



AYA SOPHIA

AYA SOPHIA


建築技術はさすが。
ファイナルファンタジーに出てきそうな建物。



AYA SOPHIA


マリアさん。



AYA SOPHIA


マリア様。

AYA SOPHIA


光輝くマリア。

ネコ


そして、

寝ているネコ。

アヤソフィアを出ると、眼前にブルーモスク。

怒涛の観光ラッシュです。

blue mosque


天気がよくって最高に観光日和。

blue mosque


ブルーモスクに入るなり、私は感嘆しました。

blue mosque


すんごいすんごいとは聞いていたけど、

こんなに美しいとは。


これは、行った人にしかわからないかもしれないね。

blue mosque


ブルーを基調とした装飾に、

高い天井、散りばめられた光。


コーランの文字。


こんなところで、祈りを捧げられる人は幸せ者です。

blue mosque

blue mosque


美しいものを見すぎて感覚が麻痺していても

やっぱり美しいし、モスク独特の気持ちよさがある。



blue mosque


ぶっとい柱にコーラン。

blue mosque



blue mosque


あまりに気持ちいいものだから、

トルコ絨毯の上で、一眠り。


すごい人だかりの中で、

自分の場所を確保して、

横になって目をつぶってみる。



blue mosque


警備員に怒られた。


寝るな! と。

blue mosque



外から見ても中から見ても最高のブルーモスク。
1日中いろ、と言われたら喜んで居られる空間。


blue mosque

blue mosque

blue mosque

祈りを捧げる人は、

外で足を洗ってから入る。


blue mosque

blue mosque


そんな素晴らしいブルーモスクと青い空。



~~~~~~~~~~~~~~~~~

次回へ。


AD

コメント(7)