このブログ笑えるピリチュアルの目次(⇒初めてお越しの方へ

 

 

☆さとうみつろうトークショー/カノン瞑想に参加してみたい人はどうぞ☆

⇒こちらをクリック←  ⇒こちらはLINE登録

 

 

 

 

コメント欄をご覧の方はご存知の通り、

 

昨日、熊本県にお住いの読者の方から、

 

現地に住む私たちへ何かメッセージを下さい、というコメントを頂戴しました。

 

 

わざと書かないようにしていた訳でも無いのですが、

 

このblogでは、まだ地震について触れてませんでした。

 

 

 

 

まず最初に、

 

「コトバ(メッセージ)」というモノには普遍性が無く、

 

観る人、観る場所、観るトキによって、解釈が全く異なってしまいます。

 

世界には観る者という座標値があるから。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

(↓観る人A↓)

 

  音⇒

 

(↑観る人B↑)

 

※観る場所で、右に進んでいるか、左に進んでいるかさえ、大違い

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

音として相対性のこの世界に現れた瞬間に、特定の方向のチカラを持ちます。

 

それはすなわち、

 

誰かに対する応援が、同時に誰かと敵対することになりますし、

 

誰かを慰めた言葉は、同時に誰かを傷つける事でしょう。

 

簡単に言うと、「誰にでも通用する言葉」なんて『この世界には』無いのです。

 

 

 

 

 

その大前提のうえで、書かせてもらいますと、

 

僕が常に伝えているメッセージは、たった一つだけです。

 

『あなたは、そのままで、大丈夫です。』

 

たとえ、今、表面的に何が起こっているとしてもです。

 

 

 

でもソレを、被災中に聴かされた「わたし(自我)」は納得できるでしょうか?

 

精神的にも疲弊してる時に、聴きたい言葉でしょうか?

 

これは「自我」にとっては、何の助けにもなりません。

 

 

そして、僕たち人間が助けたいのは、いつだって「自我(わたし)」なはずです。

 

なぜなら、「真我(本当のあなた)」はもう助かっているからです。

 

常に。

 

 

助かっている者を、助ける事は出来ませんし、

 

助けたい者はいつだって、助かっていません。

 

 

 

 

問題がややこしくなるのは、さらにここからです。

 

「メッセージ」というのはこの世界のモノなので、いつだって「自我へ」のモノとなります。

 

言うだけで、確実に矛盾が発生する「コトバ」を使って、助けたい相手はこの相対性の世界に居る。

 

これは、どうしても超えられない相対性のパラドックスです。

 

 

 

だから、僕が「大丈夫だよ」だとか、「頑張ってね!」なんて気安く言ってしまうと、

 

特定の誰かは救われるかもしれませんが(例えばブログを良く読んでる方)、

 

そのコトバそのもので、傷つく誰かも居るわけでしょうから、本当に難しいわけです。

 

 

 

でも、「今日のメッセージ」は、特定のたあこさん(熊本在住)だけへ向けて述べますm(__)m

 

 

 

 

 

 

たあこさん。いつも、読んでくれてありがとう。

 

あなたのコメントに、僕も何度か勇気をもらっています。

 

今は大変な場所に居ると思いますが、聴いてください。

 

大丈夫です。

 

自我では信じられないかもしれませんが、聴いてください。

 

大丈夫です。

 

 

全体(あなたも含む全体です)があなたに伝え続けているメッセージは、常に一つ、

 

あなたは、大丈夫です。

 

「とてもじゃないけど、大丈夫なんかじゃない!」といま思っても、大丈夫です。

 

大丈夫だと無理やり思う必要も無いくらい、大丈夫ですし、

 

泣いても大丈夫だし、

 

こんなblogしか書けない僕に怒っても大丈夫です。

 

熊本に住んでいない人に「現地の気持ちも分からないくせに!」と苛立っても大丈夫です。

 

怯えても大丈夫です。

 

 

怯えまいと強がっても大丈夫です。

 

つらがっても、大丈夫です。

 

弱音を吐いて、大丈夫です。

 

倒れても、倒れまいと踏ん張っても大丈夫です。

 

どんな感情があなたの中から出てきても、大丈夫です。

 

起こる全ては、大丈夫です。

 

 

 

ここまでは、全体からのメッセージです↑

 

ここからは、さとうみつろう(分離した個我)からのメッセージです↓

 

 

 

被災している方は、今きっと「ゆとり」が無いと思います。

 

そして、被災していない僕たちには、「ゆとり」があります。

 

これは『物資』の話しではありません。

 

ココロに、僕たちはゆとりがあります。

 

だから、色んな感情を僕たちにぶつけたって、大丈夫です。

 

思いっきり甘えても、大丈夫です。

 

理不尽なことを言っても、大丈夫です。

 

欲しいものは欲しいと、要らないモノは要らないと怒鳴ったって大丈夫です。

 

 

助けてほしいとき「助けて!」と、ほっといて欲しい時は、「でも今はほっとけ!」と、

 

急に、感情のままに動いてもらって、大丈夫です。

 

 

こんな時まで、「他人にも優しくしよう」とは思わないでください。

 

ゆとりある、大丈夫な人がここに居るから、大丈夫じゃないあなたのままで、大丈夫です。

 

 

 

だから、僕たちの心までは気にせずに、行動して下さい。

 

被災していない僕たちのココロの「ゆとり」くらいは、

 

ぜひ被災した皆さんで使ってください。

 

 

日本中が今、皆さんに何かしてあげたいという気持ちで居ます。

 

それは傲慢かもしれませんが、そう思ったなら、それも遠慮なく言ってください。

 

無邪気な子供の様に、遠慮しないで甘えてください。

 

 

なぜなら、

 

僕たちは、大丈夫だからです。

 

 

だから、僕がたあこさんに伝えられるメッセージは実は、

 

『僕は、大丈夫です!』ということなんです。

 

大丈夫な人たちが、ここに居るということなんです。

 

日常を、日常のままに送っている人が、ちゃんとここに居るよ、ということなんです。

 

大丈夫じゃないあなたたちが、甘えられるくらい、大丈夫な日常を送っている人が、ちゃんと日本にもいっぱい居るということです。

 

 

 

 

まぁ、これを、強く伝えるのは、自粛ムード大好きな日本ではバッシングの憂き目に遭いますが(笑)、

 

バッシングと言えば「さとうみつろう」というくらい、いつも叩かれてますから、

 

書かせてもらいました(いや、叩かれるのほんと胃にくるから嫌だけど)。

 

 

 

たあこさんへ、『僕は、こんなにも大丈夫です!!』

 

だから、遠慮なく、大丈夫じゃないあなたを発露してくださいね。

 

 

 

そうやって感情が発露した後で。

 

まだまだずっと先、ゆっくりとでも良いので。

 

少しずつ、「今、あるもの」を探して見てください⇒過去記事)。

 

それは、あなたの大丈夫という観測を、もっと補強してくれるでしょう。

 

 

 

被災した皆さんへ。

 

大丈夫な人が、日本中に1億人以上います。

 

その全ての人は、日常を、日常として送れるくらい大丈夫です。

 

だから、遠慮なく、僕らのココロのゆとりを、使って、甘えてくださいね。

 

やれることは、なんだってします。

 

やらないで欲しいことは、なんだってやりません。

 

 

 

 

僕も、自分なりに出来る支援をしていますし、

 

全国のわらわーさんたちも、色んなことをしているようです(^^♪

 

被災者・支援者、どっちにとっても、無理のない範囲でー。

 

 

 

あと、Facebookで散見されます、

 

わざと震災を「見ない」「考えない」ようにしようという動きは、意味を成しません。

 

「大丈夫な姿を見せる事」と、「地震を考えないようにしよう」と生きることは、180度違います。

 

対象物として「観測」が起こった後に、打ち消そうとしても、自分自身の固定観念をさらに強化するだけですので、

 

本人にとっても、良くない結果が還ります(⇒過去記事参照)。

 

 

観えていない人には、初めから見えていません。

 

「見まい」「関わるまい」は、道徳上の観点からではなく、本人自身のために、お勧めできませんので、

 

胸につっかえたまま、目を無理やりつむろうとしている方が居ましたら、早めに辞めることをお勧めします(^^♪

 

 

もちろん、自粛する必要はありませんが、大丈夫な人も居るよと見せれた後は、大丈夫な人なりの行動をしたら、全体が喜びます。

 

 

 

※今日の記事で心証を悪くされた方が、もしも被災地に居ましたら、本当に申し訳ありません。

 

 

 

 

 

☆さとうみつろうトークショー/カノン瞑想☆

4月23日(土)山口 エラール

4月30日(土)奈良 純正律

5月08日(日)秋田 エラール

5月28日(土)静岡 ※満席

・6月10日(金)埼玉 エラール

・6月26日(日)青森 純正律

※詳細・申し込みは各会場名をクリック

※今回は全会場とも奇跡の「純正律」

※アクセス出来ない場合は、ファミリーマートの端末で「さとうみつろう」と検索すると購入できます

 

 

   

 

 

 

↓最近では、ピーク時のアクセス数の11万よりは落ちているものの、

 

それでもやはり、大勢の人が読んでくれているblogです。

 

 

 

だから、特定の方向性を持つ今日のようなメッセージは難しいのですが、

 

実際に熊本に住む方から、

 

「いつも元気をもらっている笑えるスピリチュアルから、メッセージが欲しい!」と言われたら、

 

そりゃあ、書くしかないでしょ(^^♪

 

全ての人を救うコトバは世界にはあり得ませんが、特定の誰かなら救えるので、

 

せめて、たあこさんだけにでも、伝えたいな、と。

 

 

 

 

 

僕は、TVをまったく見ていないので、ネットからの情報ですが、

 

「現地では水が足りない」らしく、

 

だからと言って、水を運んで来たよその車両で大渋滞が起こって困っているそうです。

 

この、たった一例だけをとっても、「被災者のために」という純粋な想いなのに、迷惑がかかる場合もある。

 

 

だから、パニックな事態の時こそ、

 

パニックじゃない人たちがまずは「安心」するのが大事だと思います。

 

 

野生の動物は、

 

子供に何かがあったときに、まずは母親が自分の「心音」を子供に聴かせるはずです。

 

「安心」が、鼓動として拡がるからです。

 

そのために、まずは大丈夫な人が、「自分は大丈夫である」と相手に伝える。

 

すると相手は、大丈夫じゃない自分を、遠慮なく発露もできる。

 

 

 

今日の記事が、変な方向へ読まれる可能性もありますが、

 

伝えたいことが、熊本で怯えるたあこさんにだけでも伝わると良いな。

 

コトバの表面じゃなくて、鼓動と言う核の振動が。

 

「大丈夫です。」

 

 

↓今日は、下の二つのボタンを押す祭、

 

「僕たちは、大丈夫です(^^♪↓ポチ↓↓ポチ↓

 

  

 

応援★人気ブログランキングへ (⇒携帯) (⇒携帯)★感謝

↑いつも、ボタンクリ応援・口コミ宣伝応援ありがとうございます↑

 

 

 

このブログの作者の笑えるトークライヴを聞いてみませんか?

 

 

 

★泣いて笑ってスッキリ!みつろうトークショー★

↓最新の公演情報は画像をクリック↓

キャンセル待ちや今後のトークショー日程の優先案内⇒こちらから

 

 

 

◆アマゾン『総合』で1位になった本◆

 

『神さまとのおしゃべり』 著:さとう みつろう

紙の本⇒(アマゾンで買う)(楽天で買う)

電子ブック⇒(アイフォン系)(アンドロイド系)

 

 

 

 

 

 

 

◆さとうみつろうの他のページ◆ 

↓ブログには無い情報がいっぱい↓

 

 

 

 

このブログ笑えるピリチュアルの目次(⇒初めてお越しの方へ

★Pickup過去記事★

・メディアの洗脳から目覚める→ここ ・伊勢神宮旅行記→ここ
・完全覚醒者上江洲先生との対談→ここ ・悟り、目覚め関係→ここ
・奇跡の免疫アップデザートTGG→ここ

AD

リブログ(6)

リブログ一覧を見る

コメント(250)