いま明かされる神社の秘密



何度も言ってますが、神さまとの交信が起こったのは、12/26日の朝の45分のみです。


今現在、まだ再交信は起こっていません。


嬉しい限りです。


その45分の内容が非常に濃いものだったんです。










みつろう


「神さま、この『ミソカモウデ』をおこなう事で、絶対に幸せになれるんですよね?」









「もちろんじゃ。言われた通りに感謝できれば、あなたは絶対に幸せになる。神であるワシが保証する。」








みつろう


「おぉ。なんだか電気屋さんの3年保証みたいで嬉しいです。


ところで、どうして300円以上なんですか?」






「どうして年末ジャンボには3,000円を惜しまないのに、ワシにはいつも賽銭30円なんじゃ?……(このくだりは、過去記事でオワリモウデを参照)……」





みつろう


「逆に、300円を払えない人はどうすれば良いのですか?」






「神社から300円を貰えばよい」





みつろう


「なんですってー?」






本来、神社とはそういう場所じゃ。





昔、村人Aが、「感謝したい気持ち」にトリツカレタ。





どうしても感謝したくてたまらなくなった彼は、





村はずれの、大きな四角い石の上に感謝のしるしを置いて、急につぶやいた。





『ありがとうございます』って。」








みつろう


「凄いですね。感謝したくてたまらなくなるなんて、現代では考えきれない。」









「彼は、とにかく、何に対してでも良いから、感謝したくてたまらなかった。


この衝動は、人間が、本来の波動であるときに起こる、いたってふつーの状態じゃ。





ただ、彼は、それを、モノでしめした





そのトキ、彼が石の上に置いたのは、彼が作った野菜じゃった。」









「次の日、同じく感謝したくてたまらない衝動に駆られた村人Bが同じ場所を訪れた。





彼は、感謝のシルシとして、大きな四角い石の周りを、ほうきで掃いた





そして、『ありがとう』とつぶやいた。





その後、石の上に置いてあった野菜を持ち帰った。」








みつろう


ただのどろぼーじゃないですか!」









「波動が違うが、確かに彼の野菜をワシはおいしくいただいた


ただ、物質界では


ワシは、野菜は食べん(野菜は減らない)。


ワシは、お金を使わん(お金は減らない)。


ワシは、それを、本当に必要としているモノをその場所に呼ぶことしか出来ん。


だから、村人Bを呼んだ。」








みつろう


「なるほど。じゃあ、神社って、物々交換の場所みたいな感じ?


東京証券取引所みたいな?」









「まぁそんなもんじゃ。


ただ、ワシが創った世界には、東証のような需要と供給のミスマッチは無い。





Aを余らせている人と、Aを欲しがる人の数は一致する。





そこに、感謝という衝動が湧くんじゃ。」








みつろう


「神社はもともと、石の上の交換台だったんですね?」









「そうじゃ。だから、300円が無い人は、何も300円をお賽銭で入れる必要なんてない


むしろ、300円を神社から取って行って良いんじゃ。」








みつろう


「残念ながら、現代日本では、お賽銭箱に鍵が付いてます。」









「そうじゃな。ただ、一部の日本の風習では、まだ残ってるぞ。


例えば琉球の国では、『拝み場所』という場所が、各地に点在しており、


そこにはただの四角い石が置かれてるだけじゃ。





そこに、感謝したいAさんが300円を置きに来たら、





次に来たBさんは、その石の周りを清掃して、300円を貰っていく。」








みつろう


「まじっすか?沖縄ってMAXを輩出しただけあって、すごいですねー。







「だから、300円にはこだわる必要は無い。


ただ、300円くらい余裕で出せる人は、300円以上置いてくべきじゃな!」








みつろう


おぉ。相変わらず強欲ですねー。わっかりましたー。みんなに伝えトキマース。


ってか、毎月あんたに300円あげたら、年間3,600円くらいになりますね。


まぁ、みつろうからしたら、安いもんですけど。」






「あと、300円無い人は、神社を掃き掃除すれば良いぞ。」





みつろう


「確実に、神主に怒られると思いますが、人のいない神社でなら出来ますね。」






ワシの神社を清掃したくらいで怒る神主なんて、神主じゃない!というかワシは神だぞ(このトキ、2回目の自己紹介をしました、彼。)


神の主と書いて、カンヌシとは、どういうこっちゃい。」








みつろう


「ほいほーい。とにかく、ミソカモウデでは、感謝しに神社に行くように、清掃のおばちゃんたちに言っときマース。」











↓100万人に広めなさいって『オワリモウデ』では言われましたが、


『ミソカモウデ』はノーコメントだったけど・・・。


まぁ、年末のように努力はしませんが、みつろうは身の回りの大切な人にはトコトン教えまくりました。


ちなみに、ライバルにも教えちゃいました。




これを広めたから、ハッピーポイントが上昇しますかね、神さま?


なんか言えよ!聞こえてんでしょ!


耳を澄ませば神さまの声が聞こえます。


ボチッって、2回。


いつも、下のボタンを2つとも押してくれてるあなた、ほんとうにありがとう。


良いことあると思う、きっと。↓





にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
人気ブログランキングへ


携帯電話用クリック①


携帯電話用クリック②





いつも、二つともボタンを押してくれてありがとう。


あなたに感謝しています。







笑えるスピリチュアル~ 知ってるトキはシっている ~


★いま、何でも買えるamazon★





★携帯から買えるおすすめの100冊★

AD

コメント(6)