NEW !
テーマ:

PSPプログラムは今日から

レッスン11『働くことの純粋な喜び』に

入りました。


このレッスンにくると、

いつも思い出すのが、

社会人1年生のときのことです。


鹿児島の短大を出て、

初めて就いた仕事場は、

鹿児島市の鴨池新町というところにある、

全国チェーンのホテルでした。


フロントに配属されるまでの研修期間、

各レストランでの仕事や

客室の清掃など、

ホテルにおける様々な役割を体験し、

実際に宿泊したり、


これまで、何か学ぶときは

お金を払うのが当たり前、それが

なんと、お金をいただきながら、

いろんな体験、学びができる、

働くということは、

なんと素晴らしいのだろう!

と激しく感動したことを覚えています。


しかも、上司、先輩はいい方ばかり。

本当に恵まれていました。


しかし何せ社会人1年目、

「いつでも、どんなときでも

お客さまに満足していただける接客」

にはほど遠く、

また当時はその自覚もなく、


年月が経つにつれ、

当時の未熟さを思い出しての恥ずかしさは

増すばかりです。


さて、久しぶりに聴いた『働くことの純粋な喜び』、

内容をすっかり忘れているのに驚きました。


聞く前には、上記のような、

働くってなんて素晴らしいことでしょう!

というようなことしか、

思い出せませんでした。


凄いことが、たくさん書かれています。

今だから、入ってくる内容も

あるのでしょうね。


これから6日間、

しっかり潜在意識に入れていきます。


やっぱりSMIって、

勉強の道具ではないのですよね。

SMIの価値は、

受け取る私の力量が

その鍵を握っているのでした。




PR
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード