欧州遠征でのサッカー日本代表

日本代表のキャプテンでありながら、クラブチームでは試合に出られない日が続く。

そんな長谷部誠の葛藤が現れるコメント。

やる気はあるがなかなかうまくいかない。

これならJリーグで試合に出ていたほうがいいのか…

足 臭い対策

===

web スポルティーバ参照
あれから1カ月、状況が好転しない中、フランスと対峙した長谷部は何かしらの手応えを得たのだろうか。

「フランス戦は、個人的にはさっぱりでした。何もなく終わってしまった。体が動く、動かないとかいうよりも、試合勘がないと言われても仕方ないほど、パスの強弱だったり、展開する力だったり、そういう部分の感覚がズレているな、と感じました」

 本人が言うのだから、その感覚のズレは相当なものなのだろう。確かにフランス戦ではミスが多く、無難にさばくシーンが目立った。持ち味である、前を向き、突破していくプレイはほとんど見られなかった。

「それは、自分も感じていました。特に前半は相手の勢いもあったけれども、セーフティーにプレイしようとしていた。自分の良さは、ワンタッチ目で自分の前にボールを置いて、そこからどんどん前に出て行くプレイなんですが、(今は)それができていない。それが現状なので、自分はまだまだ、ということです」

 おそらくザッケローニ監督の目にも、そう映ったのだろう。長谷部はイラク戦同様、後半17分に細貝と交代した。

 長谷部個人に限らず、チームも前半は何もできなかった。代表キャプテンとして、チーム自体の戦いぶりはどう見ているのだろうか。

「(フランスの)前半のプレイが、世界のトップだと普通にやってくるレベルだと思うので、そういう時間帯に自分たちのサッカーがどれだけできるのかが重要だった。でも、挑んだけれども、跳ね返された。相手の力にやられましたね。相手の潰しが非常に早かったし、1対1の局面ではほとんど負けていた。セカンドボールもすべて相手に拾われていた。なんか、アジアでの戦いぶりとは立場が逆転したような試合でした。後半は良くなったとはいえ、公式戦になれば、前半のような戦いをフランスも90分間通してやってくる。そうしたら、今回と同じようにはいかない。そういう意味では、個人としも、チームとしても、大きな差があるな、と思いました」

 フランスは後半、選手交代によってバランスを崩した。それが、日本が盛り返す要因になったのは確かだろう。しかし、少し前の日本であれば、その隙さえも突けなかったに違いない。左サイドで長友佑都、香川真司、乾貴士らの絡みから何度かチャンスを作り、後半43分にはカウンターから香川がゴール。フランスを見事に下したが、長谷部の口からは厳しい評価が続いた。

「得点シーンは、相手のセットプレイからですからね。ああいう形で決まるのは、かなり稀(まれ)なこと。もし自分たちがカウンターを狙うのであれば、もう少し高い位置でボールを奪って攻めるほうが現実的だと思います。いずれにしても、ポゼッションにしろ、カウンターにしろ、高い位置で戦うことが必要。監督も試合後、立ち上がりで『ラインが下がってしまった』と指摘していた。そこで、勇気を持って押し上げて、前で弾かれてもセカンボールをきっちり拾う覚悟を持って戦わないと、自分たちの持ち味は出せないと思います」

 試合に勝ったこと自体はよしとしつつも、長谷部は相手のプレッシャーが厳しかった前半に、何もできなかったことが不満だったのだ。

 だが、続くブラジル戦は違った。フランス戦の教訓が生かされたのだろう、選手たちは相手を恐れずに前に出て行った。

「ブラジル相手でもボ-ルを回せたし、チャンスを作れたことは大きかった。ただ、前にボールは運べたけど、ペナルティーボックス内では簡単に勝負させてくれなかった。そこは堅いな、と思いましたね。フィジカル的な点を除けば、ブラジルはフランスより、サッカーの質も、レベルも高かった。特にフランスとの違いを感じたのは、中盤の選手がボールを持って長い距離を走れること。カカやラミレスとかも自分でボールを運べて、しかもひとり、ふたりとかわして前に行ける。それを、自分たちはほとんど止められなかった。本当はそういう役割を自分がやらなければいけないのに、と痛感させられました」

===
バストアップマッサージ

たしかにブラジル戦でもボールまわしはできたが、怖さはブラジルのほうが格段に上。

1人でボールをキープしながら前に運べるのは大きい。

体格的な問題もあるかもしれない。

フィジカル面は日本人はかなり不利だと思う。

でもやるしかない。

メッシは決して大きくないがやっぱり別格だな…

日本にもドリブラーと点取り屋が欲しいな…

AD
ドキドキハラハラのイラク戦。

応援にも熱が入りましたね~♪

チューハイを飲みながらの応援はさらにドキドキハラハラでした(^^)

ハーフタイムにはスルメを焼いて、ドキドキワクワクでしたね♪

さて、本題に…

今回は急に香川選手が欠場。

最近調子が悪かったので、たまにはいいやって感じで見てました。

今回は前田より香川の方がマッチしそうな感じがして、1点ゲットできると思っていましたが、前田選手がしっかり…を決めてくれました♪

ナイス!

岡崎選手も自分の持ち味をしっかり出して、代表の名に恥じないプレーをしてくれました。

そしてそして、昨日のどやっ!

どや顔だけでなく話術も磨いてね♪

+++++

スポーツ報知参照


◆ブラジルW杯アジア最終予選B組第4戦 日本1―0イラク(11日・埼玉スタジアム) ザック・ジャパンが独走で首位ターンを決めた。

元日本代表監督のジーコ氏(59)率いるFIFAランク78位のイラクと対戦した同23位の日本は、前半25分にFW前田遼一(30)=磐田=が決勝弾。腰痛でMF香川真司(23)=マンチェスターU=がベンチ外になるアクシデントも乗り越え、1―0で勝利。予選前半の4試合を3勝1分けの勝ち点10で折り返し、11月14日のオマーン戦(アウェー)でW杯出場に当確ランプをともす。

 ゴールマウスに君臨するその姿は、守護神というより鬼神。恐るべき反射神経でシュートをはじき続けた川島が、GKとしては異例のMVPに選ばれた。「チームが勝つことが一番だけど、今日のように自分たちのペースで試合を進められないこともある。自分としては、仕事をできたと思う」。ビッグセーブを連発した背番号1が、チームを救った。

 前半5分、この試合最初のセットプレーだった。Y・アハメドの右CKは、ニアでフリーとなったI・アハメドの頭にピタリ。至近距離で強烈な弾道が襲ったが、両手ではじき出した。

「あの1本で向こうの(ニアサイド)狙いがハッキリした。立ち上がりに失点すると流れが悪くなる。最初のセーブで乗っていけたと思う」。ドヤ顔セーブで最初の危機を救った。

 1―0とリードした後の前半41分にもスーパーセーブが飛び出した。

エリア左から、Y・アハメドがDF駒野と競り合いながら進入。トリッキーなタイミングで右足が振り抜かれたが、「どこにきてもフレキシブルに対応しようと思っていた」と横っ跳びのパンチング。
決定機をまたも防いだ。

+++++

川島選手の前半のセーブ!

あれを決められていたらって思うと…

とにかくナイスセーブでしたね♪

今回は相手のマンマークに苦しめられ、ランクも考えれば、主導権は相手にあったような気がします。

ジーコ采配は良かったと思います。

ここで何とか勝ちきった日本!地力が付いてきたなって思います!

個人的には川島と長友が最高の出来でしたね♪

この1勝は大きすぎる!

車 査定 相場
AD
ロンドン五輪でのなでしこジャパンの活躍も記憶に新しい中、U-20のヤングなでしこジャパンも優勝に向けて着々と勝ち進んでおります。

本日は韓国相手に3-1と勝利♪

前半8分に先制点を決め、楽勝ムードかと思いきや、7分後くらいに追いつかれて、何とかなるだろうと思っていたら結局3得点。

しかし後半はなかなか攻めきれない感じで、すこし押し込まれるところもあり、1点差だったらパワープレーでどうなってたか分かりませんね…

とにかく美味しいもの食べて体力回復♪

貧血 食事

///

毎日新聞 参照

サッカーのU20(20歳以下)女子ワールドカップ(W杯)は30日、東京・国立競技場に2万4097人を集めて準々決勝が行われ、日本は前回大会3位の韓国を3-1で破り、初の4強進出を決めた。

9月4日の準決勝では、前回優勝のドイツ-ノルウェー戦の勝者と対戦する。

柴田(浦和)のゴールで先制した日本は一度追いつかれたが、柴田、田中陽(INAC神戸)の連続得点で突き放した。

後半も得意のパスワークで主導権を握り、逃げ切った。

もう1試合は前回準優勝のナイジェリアが延長戦の末、1-0でメキシコを降した。

31日には準々決勝の残り2試合があり、北朝鮮-米国戦、ドイツ-ノルウェー戦を行う。

///



まあ、とにかく勝利出来たので良かったです。

トーナメントはとにかく負ければ終わりなんで。

もう一点取れてれば、主力を温存出来たかな…

なんて贅沢いってられないか(^^)

疲れをとるには、高級なイスでゆったりしてください♪

高級 オフィスチェアー

でも、優勝するにはタフさも重要だからな…

とにかく、あと2つ頑張ってちょうだい!

応援してるよ~♪
AD