中野区の税理士の三堀貴信です。いつもありがとうございます。

いつもツイートやシェアして頂いている方、本当にありがとうございます。また、いいねボタンもたくさん押して頂いてありがとうございます。とっても励みになります♪


きょうもたろうとラピと小雪は元気です!!


税務会計ニュースは、ニュースと同時にたろうちゃんたちのお写真も掲載させて頂きます♡


税務会計ニュースとたろう&ラピ&こゆたんのお写真のミックスになります(笑)


みなさんに、税金に対する私の意見や考えなど少しでもお伝えできれば幸いです。


税務会計ニュースは、基本的には当事務所のホームページの記事と同じ内容にはなりますが、アメブロのほうにもニュースを載せています。

みなさんにご覧いただけたら光栄です。


愚考、かつ、稚拙な文章ではございますが、お付き合い頂ければ幸甚です。


このブログでも、事務所のブログでも、どちらか読みやすい方でお読み頂ければ幸いです。内容は同じとなっております。


以下当事務所の各種リンクです。メルマガ登録などして頂けるととても喜びます(^◇^)

事務所HPリンク

事務所税務会計ニュース

お役立ち情報 (検索して頂く形でご使用いただくと便利です)

メルマガ登録フォームはこちら (弊所のHPのメルマガ登録リンクです)

Twitter https://twitter.com/mitsuhoritax


税務会計ニュースから。「軽減税率 国税庁、対象品目の線引きの具体的事例発表」について。以下、当事務所税務会計ニュースからの転載。


中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。今週の税務会計ニュース(日曜日版)。「軽減税率 国税庁、対象品目の線引きの具体的事例発表」について。

消費税の増税が確定した場合における軽減税率の対象項目の線引きの具体事例が発表されたようです。

以下、ヤフーニュース・フジテレビ系(FNN) 4月12日(火) の記事より、引用・抜粋

『消費税率10%への引き上げと同時に導入される軽減税率制度について、国税庁は、対象品目の線引きの具体的な事例を発表した。


軽減税率制度は、酒類と外食を除く飲食料品に適用され、税率は、8%に据え置かれる。


国税庁が発表した事例集によると、例えば、同じ水でも、飲食用として販売されるミネラルウオーターの場合は、軽減税率の適用対象になるが、水道水は、生活用水としても使われるため、適用されない。


また、飲食スペースがあるコンビニエンスストアでの商品購入は、店内での飲食か、持ち帰りかを店員が確認して、税率を判断するという。

このほか、週2回以上発行される新聞は、適用対象だが、電子版は対象外になるなど、事例によって柔軟な対応が求められるとみられる。』

以上のように記載されています。


同記事では、具体例として、水を挙げています。


まず、『ミネラルウオーターの場合は、軽減税率の適用対象になるが、水道水は、生活用水としても使われるため、適用されない。』


??意味不明なんですが・・・(汗)水道水はなんで駄目なんですか?生活用水として使用されるからこそ軽減されるべきでは?飲料水と水道水を分ける合理的な理由にはなっていないように思われますが。


次にコンビニ、『店内の飲食か、持ち帰りかを店員が確認・・・』?????店員さんに任せるって極めて曖昧模糊としています。軽減税率の導入にあたっては、インボイスの発行などという本来はちょっと請求書や領収書の雛形を追加すれば対応できそうなことをあえて導入しようとしている割には、この部分は店員さんの目視ですか?税制にそんな曖昧なことが許されるのか?といった感想を持ちます。( `ー´)ノ


ここでは、2つの事例を紹介していますが、すべての事例を確認したらどんなことになるのでしょうか?つっこみどころ満載といった感じになるかと思われます。


国税庁HPに軽減税率のQ&Aが載っています。私も読んでみましたが、これは複雑(汗)もうこんな制度導入するのやめましょうよ。ほんとに改正じゃなくて、改悪!!( `ー´)ノ
国税庁 軽減税率Q&Aリンク


どうですか?ご覧いただけました?おわかりいただけただろうか・・・・・・・(´・ω・`)

正直、軽減税率(据え置き税率)については、めちゃくちゃの一言に尽きると思います。複雑すぎるだろ、これ・・・。


実務に従事するものとしても混乱を生じることを強く危惧します。また、同様に、消費者としても混乱します。( `ー´)ノ


税の基本は、簡易であるべきだと思っています。この軽減税率なるものは、税の三原則「公平・中立・簡素 」に反するものでしかありません。海外では採用されているとしても我が国にはそぐわないものと感じています。やはり、単一税率(今まで通りの一律税率)を維持・継続していくべきだと思われます。


先に申し上げましたインボイス制度にしても、たかだか2%の税率アップのために導入するメリットは少ないと思われます。であるならば、この先の大幅増税を視野に入れたうえでの導入と考えるのが普通ではないでしょうか。増税ありきの制度導入いかがなものかと思います。


それにしても、マスコミはなぜ、軽減税率、インボイス導入がもたらす弊害を報道しないのでしょうか。不思議です。なにか裏取引があったり、圧力があったりするのではないかと邪推、下衆の勘ぐりをしてしまいます。


このことはTPPについても同様にいえますが( `ー´)ノ


マスコミが書かないから、私ごときが、ここで、小さな抵抗をしているのであります('◇')ゞ
小さな抵抗ではあるが、一人でも多くの方にご覧いただきそれが大きな声になり、政治が動き、税制がより良い方向に完成度を高めていけるように♪※生意気言ってすみませんですm(__)m


税制については怒りばかり書いていますが、絶賛できるような、税制改正であってほしいと切に願います。


みなさんは、いかがお考えでしょうか?(^◇^)


※免責事項
当事務所の「税務会計ニュース」及び「お役立ち情報」等で提供している各種ニュース及び各種情報等につきましては、お客さまに不測の損害・不利益などが発生しないよう適切に努力し、最新かつ正確な情報を掲載するよう注意を払っておりますが、その内容の完全性、正確性、有用性などについて保証をするものではありません。
したがいまして当事務所は、お客さまが当事務所のホームページの税務会計ニュース及びお役立ち情報等に基づいて起こされた行動等によって生じた損害・不利益などに対していかなる責任も一切負いませんことを予めご了承ください。
※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
※本情報の転載および複製等を禁じます。
(注)上記において、お客様とは、当サイトにご訪問頂いたすべての方をいいます。

以上になります。


たろう達




たろうちゃん、大好きな「かじりませんか」を食すの巻1




たろうちゃん、大好きな「かじりませんか」を食すの巻2




こゆたん♡




こゆたん、モフモフ♪(^◇^)




こゆたん、モフモフ2




こゆたん、モフモフ3(*'▽')かわええええ♡




こゆたん、お角がはえて、ユニコーンになりました♡




こゆたん、ユニコーン2 実は水浴びをしてトサカの部分がツンツンになったのです(笑)




ユニコーン(笑)





キリリ(*'▽')




たろうちゃん、セルフ頭皮マッサージ♪モミモミ♡




かわええ♡




モミモミ・・・♪




モミモミ・・・♡




モミモミ―♡(*'▽')




ちらっ♪ (*´ω`)


たろうちゃん、セルフ頭皮マッサージ、ゆっくり、ゆっくりとモミモミするんですよ♡

とってもかわいい♪ by おやばかです


お読み頂きありがとうございます。(^◇^)

AD
中野区の税理士の三堀貴信です。いつもありがとうございます。

いつもツイートやシェアして頂いている方、本当にありがとうございます。また、いいねボタンもたくさん押して頂いてありがとうございます。とっても励みになります♪


きょうもたろうとラピと小雪は元気です!!


税務会計ニュースは、ニュースと同時にたろうちゃんたちのお写真も掲載させて頂きます♡


税務会計ニュースとたろう&ラピ&こゆたんのお写真のミックスになります(笑)


みなさんに、税金に対する私の意見や考えなど少しでもお伝えできれば幸いです。


税務会計ニュースは、基本的には当事務所のホームページの記事と同じ内容にはなりますが、アメブロのほうにもニュースを載せています。

みなさんにご覧いただけたら光栄です。


愚考、かつ、稚拙な文章ではございますが、お付き合い頂ければ幸甚です。


このブログでも、事務所のブログでも、どちらか読みやすい方でお読み頂ければ幸いです。内容は同じとなっております。


以下当事務所の各種リンクです。メルマガ登録などして頂けるととても喜びます(^◇^)

事務所HPリンク

事務所税務会計ニュース

お役立ち情報 (検索して頂く形でご使用いただくと便利です)

メルマガ登録フォームはこちら (弊所のHPのメルマガ登録リンクです)

Twitter https://twitter.com/mitsuhoritax


税務会計ニュースから。「増税凍結法案提出を」について。以下、当事務所税務会計ニュースからの転載。


中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。今週の税務会計ニュース(日曜日版)。「増税凍結法案提出を」について。

えっと、またまた消費税ネタです(汗)。消費税ネタばかりで恐縮ですが、消費税今とってもホットな話題だと個人的に思っています(^◇^)


維新の松野頼久代表が、増税凍結案の提出を提言されているようですね。


以下、時事ドットコムより、一部、引用抜粋


同記事によれば、

『維新の党の松野頼久代表は25日の記者会見で、消費税率10%への引き上げを凍結する法案を野党共同で提出すべきだとの考えを強調した。松野氏は「とても消費税を上げられる状況ではない。野党としての態度を早急に明らかにすべきだ」と述べた。凍結法案提出には民主党が慎重な姿勢を示している。・・・(後略)・・・』

ふむふむ、消費税凍結法案大賛成(*’▽’)


安倍総理はどのように仰っているかといいますと、

『・・・(前略)・・・消費税増税について首相は、「税率を上げても税収が上がらなくなるようでは元も子もない。そのような日本経済自体が危うくなる道を取ってはならないのは当然だ」と改めて指摘。一方で「現在そうした重大な事態が発生しているとは考えていない」と強調し、早期の衆院解散は「頭の片隅にもない」と否定した。・・・(後略)・・・』

消費税増税延期を理由とした解散選挙はないとのお考え、ご立派だと思います。


ですが、日本経済の現在について『現在そうした重大な事態が発生しているとは考えていない』とのご発言にはいささか疑問を呈さざるを得ません。


現在の日本は特に中小企業や個人事業の方、そしてわれわれ消費者は、とても好景気などという実感は持ちえず、むしろ、日本経済の現況に不満を抱え、消費税増税による景気低迷、ひいては、それに伴う日本経済の凋落を危惧しているのではないでしょうか。


すくなくとも私は危惧しています。恐れながら、日本のトップたる総理大臣がこのようなことを語気を荒げて胸を張って主張なさるのは総理の現在の日本経済のご認識に係る正確性について、懐疑的にならざるを得ません。


消費税を凍結に関して、増税凍結で社会保障費を賄えるか?という問いについて。


三菱UFJリサーチ&コンサルティングの片岡剛士主任研究員は、

『全く問題ない。成長によって所得税収が増え、それを分配していくのがアベノミクス第2ステージに沿った社会保障と税の一体改革の在り方だ。消費税は低所得者ほど負担が重い税で、これを財源にすることこそ本末転倒だ。』

と述べておられます。


ふむふむ、たしかに、消費税凍結により、経済が復興すれば、所得税や法人税の税収が増え、経済サイクルとしては好循環に入ることは容易に推測可能ですね♪ (*’▽’)


以上のことを考慮すると、やはり消費税は増税はおろか、延期でも足らず、凍結すべきであるという結論に達するのですが。みなさんはいかがお考えでしょうか(^◇^)

以上になります。


たろう達




こゆたん。このカラーが好きです♡




たろうちゃん。アクロバティック




たろう、おすまし顔♪




たろう&こゆたん♪(^◇^)




かわええ♡ byおやばか




こゆたん、ぺこり♪




たろう、かわええ2 byおやばか2




指サイズたろう、かわええ♡




たろうちゃん、ラピちゃんに毛づくろい♡なんとも微笑ましい場面です(*'▽')




名物「たろうだんご」♡ (^◇^)




ラピたんの背中♪


お読み頂きありがとうございました♪ (^◇^)

AD
中野区の税理士の三堀貴信です。いつもありがとうございます。

いつもツイートやシェアして頂いている方、本当にありがとうございます。また、いいねボタンもたくさん押して頂いてありがとうございます。とっても励みになります♪


きょうもたろうとラピと小雪は元気です!!


税務会計ニュースは、ニュースと同時にたろうちゃんたちのお写真も掲載させて頂きます♡


税務会計ニュースとたろう&ラピ&こゆたんのお写真のミックスになります(笑)


みなさんに、税金に対する私の意見や考えなど少しでもお伝えできれば幸いです。


税務会計ニュースは、基本的には当事務所のホームページの記事と同じ内容にはなりますが、アメブロのほうにもニュースを載せています。

みなさんにご覧いただけたら光栄です。


愚考、かつ、稚拙な文章ではございますが、お付き合い頂ければ幸甚です。


このブログでも、事務所のブログでも、どちらか読みやすい方でお読み頂ければ幸いです。内容は同じとなっております。


以下当事務所の各種リンクです。メルマガ登録などして頂けるととても喜びます(^◇^)

事務所HPリンク

事務所税務会計ニュース

お役立ち情報 (検索して頂く形でご使用いただくと便利です)

メルマガ登録フォームはこちら (弊所のHPのメルマガ登録リンクです)


税務会計ニュースから。「スイッチOTC薬控除(医療費控除の特例)」について。以下、当事務所税務会計ニュースからの転載。


中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。税務会計ニュース(日曜日版)「スイッチOTC薬控除(医療費控除の特例)」について。

スイッチOTC薬控除とはなんぞや?ということですが、これは28年税制大綱の1つです。まだ決定されたわけではないとうことを前提に♪


制度の概要(大綱)


自己又は生計を一にする配偶者その他の親族に係る一定のスイッチOTC医薬品の購入の対価を支払った場合、合計額が1万2,000円を超えるときは、その超える部分の金額(その金額が8万8,000円を超える場合には8万8,000円)について、総所得金額等から控除されるというものです。


注①一定のスイッチOTC医薬品とは、要指導医薬品及び一般用医薬品のうち、医療用から転用された医薬品(類似に医療用医薬品が医療保険給付の対象外のものを除く)をいいます。


②本特例の適用を受ける場合には、現行の医療費控除の適用を受けることはできません。(要するにこの制度と現行医療費控除の併用は不可ということですね♪)

以上が制度の概要です。


OTC医薬品ってなに?って感じですが、一言でいえば、OTC医薬品(一般用医薬品):薬局やドラッグストアなどで販売されている医薬品って理解しています。(素人なので違ってたらごめんなさい)※詳しくは薬剤師さんにきいてください (*’▽’)


この制度の概要、結局何を意味するかというと、今までは原則として10万円超の医療費の支払いが無ければ医療費控除が受けられなかったわけですが、この制度が導入されれば、医療費が10万円を超えていなくても、医療費控除を受けることができる可能性があることを示唆しています。


つまりはこの規定、医療費は10万はいかないよって人でも、例えば、風邪薬などの一般用医薬品の支払金額の合計が、1万2,000円を超えるようなら、医療費控除の適用を受けることができるって話ですね(^◇^)


医療費控除の垣根が低くなることは好ましいいことだと思います。大綱にサラッと載っている消費税の軽減税率とインボイスの導入は断固反対ですが(汗)


消費税の話になると怒りが沸々とわいてくるのですが、そもそも軽減税率(税率を下げないので据え置き税率)云々言う前に、消費税を上げるのって今じゃないでしょう、税には景気調整機能があります。景気の悪い時には税率を下げ、景気浮揚を促し、景気の良い時には税率を上げ景気をコントロールする、そういうものだと思っています。


インターネットの書き込みなど見ると、いまは消費税を下げるべきだという声が大半を占めているように思われます。私も同感です♪


政府は消費税の税率アップを先送りすることで選挙を勝とうとするかもしれませんが、先送りして選挙に勝ったらどうせすぐにアップするんでしょってだれもが思ているところだと思います。


政府にはそんな小手先の選挙テクニックでは国民は騙せないことに気付き、根本的な経済復興政策を望みます。


消費税は当面、無期限3%に減税(もしくは無税)、以前のバブルみたいに景気が良くなったら景気抑制のために増税、そんな形にしたほうが、結果として全体的にみれば、税収も増えるのではなかろうかと愚考するものであります。


まぁ、税金はそもそも政治の道具にすることは許されないというのが持論ですが。


みなさんはいかがお考えでしょうか(^◇^)


※免責事項
当事務所の「税務会計ニュース」及び「お役立ち情報」等で提供している各種ニュース及び各種情報等につきましては、お客さまに不測の損害・不利益などが発生しないよう適切に努力し、最新かつ正確な情報を掲載するよう注意を払っておりますが、その内容の完全性、正確性、有用性などについて保証をするものではありません。
したがいまして当事務所は、お客さまが当事務所のホームページの税務会計ニュース及びお役立ち情報等に基づいて起こされた行動等によって生じた損害・不利益などに対していかなる責任も一切負いませんことを予めご了承ください。
※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
※本情報の転載および複製等を禁じます。

以上になります。(*'▽'


たろう達


今回は、たろう達の「かじりませんか」を食す写真を掲載します♪




たろう&ラピ




たろう&ラピ・・・あっ・・・みなさん、おわかりいただけただろうか・・・

左の隅のほうに・・・白いこゆたんの姿が…(笑)




3人仲良く・・・でも、こゆたん、何を食べているのかな?(*'▽')




たろうちゃん、アイシャドーが綺麗♡




たろう、チラリとこゆたんを見てます(*'▽')




ラピ&こゆたん。

この写真、実はすごくレアだと思っています。

ラピと小雪がこんなに近づくところは初めてみました。

なんと、こゆたんが、ラピちゃんから餌をおねだりしています(*'▽')ほんわか♡

※ラピちゃんは、こゆたんにとって、ちょっとおっかない先輩なのです(汗)

(参考)

このあと、やはり、ラピに怒られるこゆたんなのであります(汗)




こゆたん、きりり。カメラ目線です♪




こゆたん、やっと、お皿の上に乗れました。

3人仲良く、「かじりませんか」を食す♪


今日はこゆたんが主役だったかな(笑)


お読み頂き、ありがとうございます。(^◇^)


AD
中野区の税理士の三堀貴信です。いつもありがとうございます。

いつもツイートやシェアして頂いている方、本当にありがとうございます。また、いいねボタンもたくさん押して頂いてありがとうございます。とっても励みになります♪


きょうもたろうとラピと小雪は元気です!!


税務会計ニュースは、ニュースと同時にたろうちゃんたちのお写真も掲載させて頂きます♡


税務会計ニュースとたろう&ラピ&こゆたんのお写真のミックスになります(笑)


みなさんに、税金に対する私の意見や考えなど少しでもお伝えできれば幸いです。


税務会計ニュースは、基本的には当事務所のホームページの記事と同じ内容にはなりますが、アメブロのほうにもニュースを載せています。

みなさんにご覧いただけたら光栄です。


愚考、かつ、稚拙な文章ではございますが、お付き合い頂ければ幸甚です。


このブログでも、事務所のブログでも、どちらか読みやすい方でお読み頂ければ幸いです。内容は同じとなっております。


以下当事務所の各種リンクです。メルマガ登録などして頂けるととても喜びます(^◇^)

事務所HPリンク

事務所税務会計ニュース

お役立ち情報 (検索して頂く形でご使用いただくと便利です)

メルマガ登録フォームはこちら (弊所のHPのメルマガ登録リンクです)


税務会計ニュースから。「印紙税の節税方法」について。以下、当事務所税務会計ニュースからの転載。


中野区の税理士(飲食店が得意)の三堀貴信です。今週の税務会計ニュース(土曜日版)。「印紙税の節税方法」について。

印紙税、ご商売をされていらっしゃる方にとっては、身近な税金だと思います。今回は印紙税について。

以下、当事務所・お役立ち情報より引用・抜粋

契約書、手形、領収書などの課税文書には、印紙を貼付して、消印をしなければなりません。


仮に印紙を貼付するべき文書に印紙を貼付しなかった場合には、当初に納付すべき印紙税の額の3倍に相当する過怠税が徴収されることになります。


また、「はり付けた」印紙を所定の方法によって消印しなかった場合には、消印されていない印紙の額面に相当する金額の過怠税が徴収されることになります。


さらには、印紙税そのものは損金算入ですが、過怠税は損金不算入です。その分法人税額等も増加します。要するに印紙税を正しく納付する(正しく印紙を貼る)ことが節税効果を高めます。


参考までに、契約書等に効力があるか否かは民法上の問題であり、印紙の貼付義務は印紙税法上の問題です。


たとえ、印紙を貼らなくても契約書等の効力には影響がないことに留意する必要があります。つまり、収入印紙が貼っていない契約書でも、有効な契約書であるということです。


また、契約書や領収書等の一定の課税文書については、消費税額を明確に区分するほうが節税効果が高いです。契約書や領収書等に消費税等の金額がはっきり分けてある場合、つまり区分記載されている場合、当該消費税等は、印紙税法上の記載金額に含めないことになっているからです。

以上になります。印紙税の節税には、消費税額を明確区分することが効果的かと思われます。


印紙税は、課税文書に貼付する形で納付する税金ですが、納付しなければ過怠税という罰則的な税金も課税されてしまいます。


印紙税ピンポイントの税務調査もあります。印紙税は上手に節税し、正しく納税するようにしましょう(^◇^)


※免責事項
当事務所の「税務会計ニュース」及び「お役立ち情報」等で提供している各種ニュース及び各種情報等につきましては、お客さまに不測の損害・不利益などが発生しないよう適切に努力し、最新かつ正確な情報を掲載するよう注意を払っておりますが、その内容の完全性、正確性、有用性などについて保証をするものではありません。
したがいまして当事務所は、お客さまが当事務所のホームページの税務会計ニュース及びお役立ち情報等に基づいて起こされた行動等によって生じた損害・不利益などに対していかなる責任も一切負いませんことを予めご了承ください。
※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
※本情報の転載および複製等を禁じます。
(注)上記において、お客様とは、当サイトにご訪問頂いたすべての方をいいます。

以上になります。印紙税も記載方法1つ注意してみることで、節税に繋がることがあるということですねー(*'▽')


たろう達




たろうちゃん、おまた開きバージョン♡




こゆたん。指サイズバージョン




たろうちゃん。まんまるしています♪歌声が聞こえてきそうです(笑)




大好物の「かじりませんか」を食す、たろう&ラピ




仲間に入りたいこゆたん。さりげなく近づいています(笑)




こゆたん、かなりの接近に成功しました♪(こゆたんはラピ先輩にちょっとビビッています(汗))




こゆたん、無事に乗ることができました。パチパチパチ♡


ラピちゃんも最近は少し、優しくなってきたようなので、こゆたんと仲良くなってくれたらいいな(*'▽')


お読み頂きありがとうございます。(^◇^)


中野区の税理士の三堀貴信です。いつもありがとうございます。

いつもツイートやシェアして頂いている方、本当にありがとうございます。また、いいねボタンもたくさん押して頂いてありがとうございます。とっても励みになります♪


きょうもたろうとラピと小雪は元気です!!


税務会計ニュースは、ニュースと同時にたろうちゃんたちのお写真も掲載させて頂きます♡


税務会計ニュースとたろう&ラピ&こゆたんのお写真のミックスになります(笑)


みなさんに、税金に対する私の意見や考えなど少しでもお伝えできれば幸いです。


税務会計ニュースは、基本的には当事務所のホームページの記事と同じ内容にはなりますが、アメブロのほうにもニュースを載せています。

みなさんにご覧いただけたら光栄です。


愚考、かつ、稚拙な文章ではございますが、お付き合い頂ければ幸甚です。


このブログでも、事務所のブログでも、どちらか読みやすい方でお読み頂ければ幸いです。内容は同じとなっております。


以下当事務所の各種リンクです。メルマガ登録などして頂けるととても喜びます(^◇^)

事務所HPリンク

事務所税務会計ニュース

お役立ち情報 (検索して頂く形でご使用いただくと便利です)

メルマガ登録フォームはこちら (弊所のHPのメルマガ登録リンクです)


税務会計ニュースから。「個人事業者の消費税の申告期限」について。以下、当事務所税務会計ニュースからの転載。


中野区の税理士(飲食店が得意)の三堀貴信です。今週の税務会計ニュース(土曜日版)「個人事業者の消費税の申告期限」について。

個人事業の確定申告、皆様、お疲れ様でした(^◇^) 今回は、個人事業者の消費税の確定申告の期限について。


個人事業者の所得税の確定申告の期限は、3月15日を原則としていますが、個人事業者の消費税の申告・納付期限は異なっておりますので、注意が必要です。


平成27年分の個人事業者の方の消費税及び地方消費税の確定申告と納税の期限は3月31日(木)となっております。


課税事業者は原則として、課税期間の終了の日の翌日から2か月以内に、納税地を所轄する税務署長に消費税の確定申告書を提出し、同時に、その税金を納付することとされています。


しかしながら、個人事業者の消費税の申告・納付期限は上記のようになっております。


つまり、個人事業者の12月31日の属する課税期間の消費税の確定申告と納税の期限は2月末日ではなく、3月31日までに延長されているということですね♪


個人における所得税と消費税の申告・納付期限が違うって、ちょっと意外と思われるかもしれませんね( ゚Д゚)


所得税の確定申告と同時に消費税の確定申告の申告納付も行っている方は問題ないかとおもわれますが、まだ、消費税の申告納付がお済みでない方は、申告・納付漏れがないように注意が必要かと思われます。


本日は、個人事業者の所得税と消費税の申告・納付期限についてでした。(^◇^)


※免責事項
当事務所の「税務会計ニュース」及び「お役立ち情報」等で提供している各種ニュース及び各種情報等につきましては、お客さまに不測の損害・不利益などが発生しないよう適切に努力し、最新かつ正確な情報を掲載するよう注意を払っておりますが、その内容の完全性、正確性、有用性などについて保証をするものではありません。
したがいまして当事務所は、お客さまが当事務所のホームページの税務会計ニュース及びお役立ち情報等に基づいて起こされた行動等によって生じた損害・不利益などに対していかなる責任も一切負いませんことを予めご了承ください。
※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
※本情報の転載および複製等を禁じます。

以上になります。(*'▽')


たろうちゃんたち




たろうちゃん、正面写真♪ 正面からもかわええ♡(*'▽')




たろうちゃ、ご機嫌な感じです♪~




ご覧くださいませ、たろうちゃんの美しきブルーの羽♡




いけめん、たろうちゃん byおやばか




たろう、吠える、ギャースの図♡(*'▽')




たろうちゃん、イケメン2

アイシャドーがばっちりです♪(*'▽')




ラピたん、正面のお顔♡




らぴたん、横顔かわいいな♪




こゆたん♪ この「おすまし顔」がなんともいえずかわええ(*'▽') by おやばか2


お読みいただきありがとうございました(^◇^)