中野区の税理士の三堀貴信です。いつもありがとうございます。


いつもリツイートやシェアして頂いている方、本当にありがとうございます。


また、いいねボタンもたくさん押して頂いてありがとうございます。とっても励みになります♪


「5名様限定・件数、期間限定割引キャンペーン実施中」


新規開業又は、売上高1000万円以下のお客様に限り、月額2万円の顧問料で業務を受けさせて頂いております。

<条件>
1.新規開業または年間売上高1,000万円以下のお客様(法人、個人は問いません)
2.先着5名様限定(件数に達してしまった場合にはご容赦ください。)

<割引内容>
1.顧問料月額2万円(年間合計24万円)

2.上記金額には、記帳代行料、決算料、年末調整等すべての金額を含みます。
3.割引期間は契約日より2年間です。

※詳しくは、ホームページをご覧くださいませ。

ホームページ http://www.mitsuhori-zeirishi.com/

※メール又はお電話にてお気軽にお問い合わせくださいませ。

電話 03-5942-7601

メールフォーム http://www.mitsuhori-zeirishi.com/mailform/mailform_1/
 

「今月の無料相談・勉強会情報」


<第10回無料相談会・勉強会 平成28年10月22日(土)開催>

詳しくは弊所HPセミナー情報をご覧ください。

HP http://www.mitsuhori-zeirishi.com/other/multi7.html




「税務会計ニュース」


配偶者控除を廃止して、夫婦控除なるものの導入が検討されている模様です。


以下、ヤフーニュース・SankeiBiz 9月16日(金) より引用抜粋


同記事によれば、

『配偶者控除は、夫婦であれば働き方を問わずに適用する「夫婦控除」への転換が検討されている。年収を103万円以下に抑えなくても税の恩恵を受けられる。だが、税収減を抑えるため、適用を受ける世帯に所得制限を設ける方向だ。負担増となる年収の「線引き」が焦点になる。


現在の配偶者控除には、夫の年収に制限はない。例えば、会社員の夫と専業主婦、大学生と高校生の子供2人の世帯で試算すると、所得税の配偶者控除による減税額は夫の年収が1000万円で7万6000円、700万円で3万8000円、500万円で1万9000円と、高所得者ほど大きい。


夫婦控除で夫の年収が一定以上の場合に対象から外す検討をするのは、見直し前後で税収が減らないようにするためだ。現在、所得税の配偶者控除は約1500万人が活用し、全体で6000億円程度税負担が軽くなっている。対象世帯が広がる分、限られた財源の中で低・中所得世帯への減税を確保する必要がある。


自民党の茂木敏充政調会長は基準となる夫の年収について800万~1000万円の範囲で検討することを示唆した。さらに、高所得者の減税額を段階的に縮小する案や、全ての納税者に適用する所得税の「基礎控除」を見直して財源を賄う案も浮上している。


控除の方式についても所得から一定額を差し引く現行の「所得控除」は高所得者ほど減税額が大きくなるため、税額から一定額を差し引く「税額控除」に切り替えを検討し、低所得者の恩恵を大きくする方向だ。』

以上のように記載されています。


私も夫婦控除なるものが具体的にどのようになるのか、寡聞にして詳しくは存じ上げないのですが、よく議論されていたのは存じております。まだ、制度化されたわけではないので詳しいことは述べませんが、この記事を拝見する限り、いくつか疑問が惹起されます。


まず、記事をそのまま見るならば、夫婦控除について、夫に年収の制限を求めているように解釈できるのですが、なぜに夫だけの年収なのか。妻の年収はどうなのか。夫婦合算で収入を見るべきではないのかという点。配偶者控除の廃止の趣旨として、女性の社会進出の阻害の排除を求めるならば、女性の年収をなんら考慮しないのは矛盾があるのではないでしょうか。


次に基礎控除を見直すという点、もはやこの見直には、趣旨もなにも無いように思われます。そもそも、基礎控除の趣旨は、憲法25条最低生活費の保障です。その基礎控除を見直すなどということは、憲法に抵触する虞があり議論を呼ぶものであると思われます。

さらにいえば、基礎控除の見直しには趣旨もなにもなく、単に税収を増やしたいという思惑しか読み取れません。( `ー´)ノ


みなさんはいかがお考えでしょうか。 (^◇^)


※免責事項
当事務所の「税務会計ニュース」及び「お役立ち情報」等で提供している各種ニュース及び各種情報等につきましては、お客さまに不測の損害・不利益などが発生しないよう適切に努力し、最新かつ正確な情報を掲載するよう注意を払っておりますが、その内容の完全性、正確性、有用性などについて保証をするものではありません。
したがいまして当事務所は、お客さまが当事務所のホームページの税務会計ニュース及びお役立ち情報等に基づいて起こされた行動等によって生じた損害・不利益などに対していかなる責任も一切負いませんことを予めご了承ください。
※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
※本情報の転載および複製等を禁じます。
(注)上記において、お客様とは、当サイトにご訪問頂いたすべての方をいいます。



「たろうちゃんたち」




ベイビー時代のたろうちゃん♪




ベイビー時代のラピちゃん♪




ベイビー時代のこゆたん♪


ありがとうございました♪ (^◇^)



AD

中野区の税理士の三堀貴信です。いつもありがとうございます。


いつもリツイートやシェアして頂いている方、本当にありがとうございます。


また、いいねボタンもたくさん押して頂いてありがとうございます。とっても励みになります♪


まずは、注目の税務会計ニュースから(弊所事務所の税務会計ニュースより引用抜粋)

消費税の増税の延期が発表されて久しいですが、今回は、「消費税の税率アップに伴う軽減税率」の見直しについて。


消費税が10%にアップされると軽減税率というものが採用されるという話でした。


軽減税率とはなにかというと、簡単にいうと、消費税の課税対象ごとに税率を事細かに決めていこうという考え方だと言えます。


たとえば、食料品は8%で、他の商品は10%などというような例が該当します。


2016年9月6日現在、当然消費税の軽減税率は採用されてはいないのですが、将来において採用されようとしています。


実際、今回消費税の税率が変更されていたら、それに伴い軽減税率も導入されていたと思われます。

結論から申しますと、軽減税率には反対と言わざるを得ません。消費者、事業者ともに何のメリットもないと考えられるからです。


軽減税率の問題点はいくつもありますが、その中でも特に影響を看過することができないものをピックアップしたいと思います。


まずは、問題点としては以下のようなものが生じる可能性があります。


①事業者の事務処理の負担が増えるということ


これについては当然の帰結かと思われます。商品ごとに税率が異なれば当然に事務処理も煩雑化していきます。


②消費者にとって分かりずらい


租税は明瞭・簡潔をもって理想とする側面があります。商品ごとに税率が異なることは消費者に混乱と困惑をもたらす虞れが大きいと思われます。
(たとえば、水に係る消費税なら、清涼飲料水なら税率据え置き、水道水は10%に税率アップなど)


③インボイス制度の導入


これが一番の問題と考えるのですが、インボイス制度というものが導入されるものと思われます。インボイス制度とは、適格請求書等保存方式といわれるもので、「インボイス方式」は、課税事業者が発行するインボイスに記載された税額のみを控除することができる方式をいいます。


これのどこが問題かというと、インボイス制度が導入されたとすると、以下のような問題点が生じると思われるからです。


(ア)インボイス方式では、「免税事業者は「インボイス」を発行できないしたがって、免税事業者からの仕入れについて仕入税額控除ができない。 」とされています。免税事業者からの仕入等については、仕入税額控除ができないわけですから、取引をする相手は課税事業者にしようとすることによる、免税事業者の取引からの排除の虞れがある。


(イ)上記(ア)の問題については、免税事業者は、課税事業者を選択することにより、回避することは可能であると思われるが、このことは、本来免税事業者であるものが課税事業者を選択することを意味し、消費税法における免税事業者の規定を有形無実化させる弊害がある。


以上のような問題が生じる可能性があります。


以上の点から、軽減税率及びそれに伴うインボイス制度の導入については全面的に反対です。税率は単一税率にするべきであり、消費税の控除についても従来通りの方法(領収書等)で十分だと思われます。

個人的には、インボイス制度を導入することによる免税事業者の課税事業者選択に伴う増税効果でも狙っているのかという考えを、惹起させるものと思われます。このことは、換言すれば、「目に見えない増税」ともいえるのではないでしょうか。


税理士政治連盟も、税制改正要望として、連盟をあげて、消費税の軽減税率の見直し、インボイス制度の取りやめ(現行の請求書等保存方式の維持)を全力を挙げて進めてくれています。


我々消費者もこのような事実に目を向けて、政治に注目し、消費税が正しい方向に進むように厳しく政治を監視するべきであると思います。


みなさんはいかがお考えでしょうか。(^◇^)



たろうちゃん名作選


 

たろう天使ちゃんバージョン おめめがクリクリでかわええ♪




 

たろう ギャースバージョン

表情と舌がかわええ♪


ありがとうございました。(^◇^)



AD

中野区の税理士の三堀貴信です。いつもありがとうございます。


いつもリツイートやシェアして頂いている方、本当にありがとうございます。


また、いいねボタンもたくさん押して頂いてありがとうございます。とっても励みになります♪


今回は写真です。


まずはたろうから。





たろうちゃん、かわええ♡(byおやばか)




たろうちゃん2 ブルーのアイシャドーが綺麗♪




水浴び後たろう1




水浴び後たろう2




たろう&ラピです♡




たろう&小雪




こゆたん♪ ダイリュートブルーのカラーがとっても綺麗♡


ありがとうございました。(^◇^)

AD

中野区の税理士の三堀貴信です。いつもありがとうございます。


いつもツイートやシェアして頂いている方、本当にありがとうございます。また、いいねボタンもたくさん押して頂いてありがとうございます。とっても励みになります♪


今回は写真です。



たろうちゃん




たろうちゃん1

アイシャドーばっちり♪ イケメンです(byおやばか)




たろうちゃん2

おとぼけな感じが、かわええっす♪




どうもー たろうちゃんでーす♪って感じです(笑)




かわええ(*'▽')




こう見ると、子供の時から結構カラーが変わってきています♪


ラピ




ラピ1




ラピ2



ラピ3


たろうとラピ仲良し♡






こゆたん




こゆ1




こゆ2




こゆ3

背中のうすーいブルーがとても綺麗♡




こゆたん

ダイリュートブルー(アメリカンホワイト)のカラーがとても綺麗で好きです♡




小雪ちゃん♪


お読み頂きありがとうございます。 (^◇^)



中野区の税理士の三堀貴信です。いつもありがとうございます。

いつもツイートやシェアして頂いている方、本当にありがとうございます。また、いいねボタンもたくさん押して頂いてありがとうございます。とっても励みになります♪


今回は写真です。


たろうちゃん




このかわいらしい表情が大好きです♡(親ばか)




ちょこっと首を傾げた感じがかわええ♡




水浴び後のたろうちゃん♪ 体だけ濡れています(笑)




たろうちゃんの表情がいいです♪




モフこゆ1




モフこゆ2




こゆたん、毛づくろい♡ (*'▽')


お読みいただきありがとうございます!! (^◇^)