一曲ずつのログ

聴いたやつのメモ帳
最新のスイングジャズの居場所
十二月のバードの歌を忘れない


テーマ:

 ジョンスコフィールドの特徴の一つにコードのフレーズの音をわざと外すアウトフレーズというのがあるそうだ。

わざと外してやがるなというのは確かにわかった。この人のアルバムを聴きながら、こいつは真っ直ぐ演奏しないひねくれものだなと思った。

ジャズの演奏の定石の一つにそういうスタイルがあるそうだから、そういう演奏をするのも当たり前なことではある。あえて言うならジャズの演奏は変化させるのが当たり前なのだ。そしてここに名前がある奴は間違いなくひねくれ者の変人だろう。僕と同じように。

ジャズってつまらないな。もっと分かりやすい痛快な音を出す奴がこのジャズソロ賞の場に現れないかなと思う者のたわ言だ、この文章は。確かに実力主義だけどつまらないんだよ。ただの素人の感想として聞いてもらいたい。

「ただつまらない」

何か僕が間違ってることを言ってるか?

僕が前に「アンドレアモティスが素晴らしい」と言ったのにはちゃんと意味があるんだよ。

 

今後もこの楽しいダンスが続きますように。

 

https://www.grammy.com/nominees?genre=16

31.Best Improvised Jazz Solo

Countdown/Joey Alexander

In Movement/Ravi Coltrane

We See /Fred Hersch

I Concentrate On You/Brad Mehldau
I’m So Lonesome/I Could Cry John Scofield ←受賞したやつ

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

https://www.grammy.com/nominees?genre=16

31.Best Improvised Jazz Solo

Countdown/Joey Alexander

In Movement/Ravi Coltrane

We See Fred/Hersch

I Concentrate On You/Brad Mehldau
I’m So Lonesome/I Could Cry John Scofield

 

32.BestJazz Vocal Album

Sound of Red/Rene Marie

Upward Spiral/Branford Marsalis With Kurt Elling

Take Me To The Alley/Gregory Porter

Harlem On My Mind/Catherine Russell

The Sting Variations/The Tierney Sutton Band

 

33.BestJazz Instrumental Album

Book of Intuition/Kerry Barron Trio

Dr.Um/Peter Erskine

Sunday Night at the Vanguard/The Fred Hersch Trio

Nearness/Joshua Redman&Brad Mehldau

Country For Old Men/John Scofield

 

34.Best Large Jazz Ensemble Album

Real Enemies/Darcy James Argue's Secret Society

MONK'estra,Vol.1/John Beasley

Kaleidoscope Eyes:Music of the Beatles/John Daversa

All L.A. Band/Bob Mintzer

Presidental Suite: Eight Variations On Freedom/Ted Nash Band

 

今年度のグラミー賞発表会が2/13の昼にやる。ジャズ部門を聴ける範囲で聴いておく。

面白かったのはグレゴリーポーター、ピーターアースキン、ジョシュアレッドマン、ボブミンツァー、テッドナッシュバンド。

どれが受賞するかはわからない。

 

グレゴリーさんはやさしく話しかけるように歌う。ごついくせに。

ピーターアースキンさんはこれから死ぬのか?なんかあったんか?でも楽しそうだからいいか。

ジョシュアレッドマンさんはピアノのブラッドメルドーさんとデュオのアルバム。サックスとピアノのデュオ。楽器が二つだけ。こういうコンパクトに技を活かしてるのは好きだ。

ミンツァーさんはモダンスイング。ベイシーが継承した古きよきモダンスイング。

テッドナッシュバンド。なんだこれは。もうめんどくさい。黙って聴いておこう。幸運なことにyoutubeに動画があがってるから下に貼っておく。

 

せっかくだから受賞すると思うやつを一つ決めておこう。ジャズアルバム部門ジョシュアレッドマンさんブラッドメルドーさんのニアネス。

これが受賞する。

33.BestJazz Instrumental Album

Nearness/Joshua Redman&Brad Mehldau

 
 
 
 
テッドナッシュのプレジデンタルスイート。八つの有名なスピーチを曲の最初に読んでいる。八つの自由の形と称して。フリーダムというアメリカ独自の表現で。
曲として面白いとは思わないがこういう表現、いやこの一つの現象は僕の好きな音楽的事件の一つになり得るかも知れなかった。
どう評価されるかは人それぞれだ。ただこの演奏が大勢に知られることはないだろう。
 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
34. BEST LARGE JAZZ ENSEMBLE ALBUM
Lines Of Color Gil Evans Project
Köln Marshall Gilkes & WDR Big Band 
Cuba: The Conversation Continues Arturo O'Farrill & The Afro Latin Jazz Orchestra
The Thompson Fields Maria Schneider Orchestra ←受賞したやつ
Home Suite Home Patrick Williams
 
グラミー賞ノミネートの曲を探していれば、グラミーでなくても新しい曲を探していればいつか必ず新しい発見があるものだ。
ドイツのWDRビッグバンドはきれいな音をきっちり最後まで聞かせてくれる。youtubeという手を使って。
僕が好きだったのはこの
「きれいな音をきっちり最後まで聞かせてくれる」
っていうとてもシンプルなことだ。
2016年はこのバンドがグラミービッグバンド部門を取ってほしいと思っていた。
でも受賞したのはマリアシュナイダーオーケストラだ。
はい次行こう。2017年行こう。
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

33. BEST JAZZ INSTRUMENTAL ALBUM
My Favorite Things Joey Alexander
Breathless Terence Blanchard Featuring The E-Collective
Covered: Recorded Live At Capitol Studios Robert Glasper & The Robert Glasper Trio
Beautiful Life Jimmy Greene 
Past Present John Scofield ←受賞したやつ

 

人の幸せを祈る気は無い。この人に何があったか知りたくもない。しかし知ってしまった。

この曲がいい曲だった。ただそれだけ。何も知らず聴いてこの曲がいい曲だったから

ジミーグリーンがグラミー賞を取ってほしいと思った。それだけのこと

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2016年グラミー賞ジャズボーカル部門

セシル・マクローリン・サルバントが受賞した。

攻撃的な表現をして、若くて、スイングジャズを忘れていない。

こいつが受賞するのは当然だと思った。

他のノミニー。ノミネートされた者もいい曲だったが、こいつは特に攻撃的だった。

 

32. BEST JAZZ VOCAL ALBUM
Many A New Day: Karrin Allyson Sings Rodgers & Hammerstein Karrin Allyson
Find A Heart Denise Donatelli
Flirting With Disaster Lorraine Feather
Jamison Jamison Ross
For One To Love Cécile McLorin Salvant ←受賞したやつ

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。