1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-02-03 21:57:46

私が演劇を教育に取り入れたい理由

テーマ:ブログ
私は演劇を教育に取り入れたいと考えています。

なぜ演劇を教育に取り入れたいのか???

「自分って何だろう?」






というのは、誰もが一度は思ったことがあるのではないでしょうか?

俳優という職業は、これを追求していく職業でもあると思っています。

自分を知ることを追求せずして、他の人物を追求することはできないからです。

もちろん追求した先に確実な答えが出るわけではありませんが。

しかし、俳優をやっていなかった時の自分と、俳優をやっている今の自分では確実に自分自身を知ることができています。

今、自分自身は何を感じているのか。

俳優をやる以前の自分は、社会生活の中で、沢山の封感情を封印してきました。

本当は腹の仲で生まれている感情を無視して生きていたところは多分にあると思います。

それが麻痺していったんですよね。

無視し続けていった結果、


沸いている感情を


沸いていないもの


と錯覚していました。







確かに、社会生活の中で感情全開で生きていくのはできません。

だけど、人間は溜め込むんですよね。

吐き出されなかった感情というものは所謂「ストレス」というものに繋がるわけです。

そのストレスは歪んだ形で現れてしまいます。

行動に現れたり、身体の異常として現れたり。

人間はロボットではありません。

感情というものを無くすことはできません。

常に感情に素直に生きることを推奨するわけではありません。

"今の社会"では生活できなくなりますから。

ただ、自分自身の感情と上手く付き合い、コントロールする術は身に付けていかなくては人間は崩壊する可能性を孕んでいます。

その感情と付き合いコントロールをする術を学ぶ機会というのが、この社会には少ない。

書籍等では沢山ありますが、実際に身をもって体験できる機会というのは本当に少ないです。

だからこそ、この演劇のメソッドを教育に取り入れていきたいのです。

だからこそ、ノンバーバルコミュニケーションを俳優ではない皆様にも受けていただきたいのです。

「自分とは何者か。」

簡単には答えが出るものではありませんし、簡単に掴めるものではありません。

追求し続けたところで、死ぬまで掴めないものかもしれません。

しかし、その足掛かりの一つとして是非ご利用いただきたいと思います。

三橋忠史

ノンバーバルコミュニケーションWSのお申し込みは下記ブログ記事をご参考下さい。
http://ameblo.jp/nekketsu-tenshi/entry-12239409764.html
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。