delusist 光の『現実は妄想の集合体である』

delusistというロックバンドでボーカルをしている光の音楽的な日記です。


テーマ:

たまに魅惑的なセールスを行うwaves

多分使わない普段スルーしていたプラグインも買ってしまうことも多々あります。

 

ここで幾つかの罠があるわけでして・・・

 

Waves Licence Centerなるものが

Waves Centralなるアプリに代わっておりまして。。。。

 

とりあえず、新しく買ったプラグインでも動作確認してみましょうと。

さてここで新しくぶっこむものもあるわけだし、いっそのこと今入ってるやつもアンインストして新しく入れなおしましょうかね。

 

 

インストールしてみるものの・・・

 

Protools11で認識しない。

 

あれ?インストールが悪かったのかな???

もう一度・・・

 

Protools11で認識しない。

 

あれ?インストールが悪かったのかな???

もう一度・・・

 

Protoolsで認識しn・・・

 

いい加減にせいや!

 

動作を観察しているとPT11が起動時プラグインを探しに行っている時に迷子になっている模様。

 

試行錯誤は省きます。

 

 

いきなり解決策ですが・・・

 

恐らく上手くいかない方はwavesのプラグイン関係が何故か

 

C:\Program Files(x86)\Waves\Plug-Ins V9

 

という32bit用のフォルダにインストールされてると思います。

てかPT11~及びAAXは64bit固定だっつーのになんでココにインストールされるんじゃ!!

多分Waves Centralが32bitアプリの為、そこのProgram Files群に勝手にインストールされるんじゃないかと予想しているわけですが、プラグインのインストール時にその展開フォルダをユーザーに選択させるぐらいの度量は欲しいところです。

 

んで、このフォルダを

(僕は面倒くさいのでCのProgram Files(x86)にあったWavesフォルダ自体を)

C:\Program Files\Common Files\Avid\Audio\Plug-Ins

に放り込んでやります。

 

これだけで認識してやれば問題はないのですが、僕の場合はそれでもダメでして・・・

 

1.Windowsキー+Rを押す

2.%appdata%と打ち込んでエンター

 

するとエクスプローラーでAppDataなるフォルダが開いております。

そこの「Roaming」→「WavesAudio」→「Preference

ここに「V9PluginFolder_ScanView.txt」なるファイルがあります。

こいつをメモ帳で開いてやると、プラグインの場所指定が書かれているわけです。

PT起動時にここを読みに行ってるわけですな。

 

そこの記述を

 

folders:  - C:\Program Files\Common Files\Avid\Audio\Plug-Ins\Waves\Plug-Ins V9

(さきほどWavesのファイル群をぶち込んだフォルダまでのパス)

 

に書き換えてやって上書き保存。

 

そして起動したところ・・・・

 

無事読み込むことが出来ました。

 

めでたしめでたし!

 

2日間もPUBG作曲の時間ロスった!

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

ども。

 

前回の更新から1年半ですか・・・

今後は更新ももっとがんb・・・

 

という恐らく日本で一番多いであろうブログのお決まりの書き出しでありますが。

 

おいっす。

 

まだまだライブしたりは時間を要しそうなんですが、とりあえずでデモ曲を一曲公開させて頂きました。

 

「Run Away From (the) Days」

 

まぁ洋介のドラムはかなり前にもう録ってあったんですけどね。

Daisuke(Gt)のRecが2/5

そして2/25に

Aki(Gt)→俺んち

JUN(Ba)→洋介んち

光(Vo)→俺んち

二元レコーディングを敢行しまして。

 

2/26に無理やり満を持しての公開となりました。

 

この曲は17年前に既に存在していた曲で「SympaSyrea」というバンドで演奏されていた曲です。

元メンバーである自分と作曲者であるAkiそして当時サポートでドラムを叩いてくれていた洋介が集まったことで「ちょっとこれ世に出してみようよ」というノリでしたね。

 

あ、そういえばまだこちらでは新バンドのこと何も言ってなかったwwww

 

[ delusist ]

http://delusist.jp

 

vocal.
光(Mitsu)ex.Insfe:l, ex.SympaSyrea
guitar.
Akiex.SympaSyrea
guitar.
Daisuke
drums.
洋介限界, ex.LOUD'N'PROUD
support bass.
JunSIRENT SCREEM, MaKORN,ex.XECSNOIN
 
という感じです。
 
「そろそろバンドの準備ぐらいするかなぁ・・・」

 

とFBでその想いを綴って書き込んだ瞬間に洋介が手を挙げてくれまして。はい決定。

ギターどうしよっか?Akiちゃんに声掛けてみる?そうだね。

Akiちゃんバンドやろうぜー!いいよー。はい決定。

もう一人地元で声掛けようと思ってるギタリストいるんだけど。

おーいDaisukeバンドはいるか?入ります!はい決定。

ベーシストどうしようかねえ・・・でウダウダしているうちに月日は流れ・・・

 

ほぼ半年ぐらいなんやかんやでリハにすら入れずの日々。

 

周りからも「お前らただのおっさんの飲みサークルじゃねえか。(頑張れよ!)」

との

 

揶揄激励を頂く日々でした。

 

 

なんとしてもこれらの声にお応えしたい!

 

そこから10ヶ月ダラダラして4ヶ月後、機は熟しようやく「初リハ」に。

 

そして気合を入れ、新宿のペンタを予約し迎えた前日。

 

Daisuke

「さーせん!怪我しました!ギター弾けないッス!」

 

というどう考えても「お前・・・実は練習間に合わなかったんだろ?」

不運としか言いようがないアクシデント!

 

に拠り、またしてもリハはお預けwwww

 

まぁせっかくだから集まりましょうかと。

 

この時、洋介がXECSNOINが解散し、JUNくんに声を掛けてくれていて、

サポートとして参加してくれる事が決まっておりまして。

 

新宿の居酒屋で5人初めて集合しまして。

 

この瞬間俺は飲みサークルとしてのレベルアップ

 

社会派バンド(自称)としての手ごたえ

 

を感じたのであります。

 

そこからジャグラーとGODとと飲み会で多忙な日々が続き、

その数ヶ月後にようやく初リハを迎えるに至るのでした。

 

今後の予定としては、公開している音源の更なる完成度を求めつつ、

あと未完成の曲が5曲ほど待機していますので、そちらの進行具合でライブなんかを視野に入れて行きたいと思っています。

 

ということで、今後とも宜しくお願い致します。

 

あ、写真も撮らないとね。

諸事情に拠り撮影用スタジオも使えるし・・・

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
どうも~

古巣バンドも新しく若い(!)ボーカリストが加入し来月には復活ライブを行えるという事で順調で何よりといったところですが、僕のほうは難航しておりますw

まぁ難航というよりはそこまで必死にやってないというのが正直なところなんですけどね。


何が難しいかというと、

ガチ過ぎても合わない、緩過ぎても合わない。

このバランスの一言に尽きるわけですよ。


更に、やっかいなのが自分にボーカリスト、及びミュージシャンとしての自覚(資質といってもいいかもしれない)が殆どないことなんですよね。


音楽やってますが、楽しむためにやってるのではなく、
どちらかというとロディと詩(世界)を生み出す事にしか興味がない
ので、それを吐き出したらそこで一旦終了してしまうんですよね。


音楽をやっていく上で仲間との時間やバンド運営の気苦労などは楽しいと思えるんですが、
音楽自体を楽しいと思った事が一度もない
んです。


かといってストイックなわけでもない。
そこまでストイックになってたら今頃大成した何かを残してるでしょうしw

やっかいな性格ですw

じゃぁなんでお前やってるの?って話なわけで・・・。


ん~なんでだろ。


ただ自分の思うこと、主張したいことを楽曲にしたいという欲求は果てしなく強いわけでして。


なので基本的にコピーバンドには興味がないのですよ。

別にこれはコピーバンドを否定してるのではなくて、
音楽を楽しむためにやっているのではない&上記の理由から
人様の世界観を模倣してもなぁ・・・
という個人的価値観に拠るものです。

もちろん引き出しを増やすため、練習のためにコピーするというのは音楽をやる上で重要な事だとも思っています。


まぁとりあえずは楽曲作って宅録したものをネット公開してって感じで良いのかなぁとも思います。

無理にメンバー集めて、お互いの時間とお金を削って、何となく出来た曲をなんとなく練習して、お客の呼べないライブやって、お友達に義理で来てもらって、そのお友達を「客」といってバンドマンらしき事をしている己に満足するなら一人で作品作りに励んでた方が良いのかなと。

語弊があるとマズイので付け加えますが、お友達も時間とお金を削って会場に来てくれる以上、立派な「お客様」ですよ?当たり前ですし、それも音楽としての楽しみ方と思うのです。
そしてその部分で期せず足踏みしてしまっているバンドさんも多いのではないのでしょうか?
そこを分かった上での自分に対する戒めの意味でもあります。

自分としてはそれだけではなくて自分と繋がりのない人にも作品を通じて同調して貰える事にやりがいを覚えるわけで。

あぁそうか、俺は音楽にやりがいを求めているんだ。

なるほど。

歌詞やメロディを捻り出してる時に

「俺、生きてるゼ、歩いているゼ」

ということを感じるしw



とりあえず脱退になってから半年、
ほぼ音楽がすっぽり抜けた生活をしてきましたが
そうなると

ただの腹の出始めた野球好きの酔っ払いサラリーマン

な自分であるという事を自覚したので、
またライブハウスで演奏できるように意識改革からはじめますかねw

とりあえず今考えている新バンドの方向性及び求めるメンバー像としては

・基本ビートロック
・掴みバッチリのイントロ(出オチ上等w)
・馴染みやすく口ずさみたくなるようなキャッチーなメロディ及び詩
・ボーカルは俺。基本中低音からスタート。(口蓋隆起というやっかいなモノがありますが、キーが合ってれば今のところ1時間ぐらいはフレッシュな感じで歌えます。)
・ギタリストはHR/HM寄りのリフを生み出せる(速弾きは必須ではない。むしろ泣きが欲しい)
・ベーシストは自由にやってくれてOK(低音でウネウネ歌ってて欲しい)
・ドラムは同期&ツーバス必須(一緒に歌いながら叩いて喜怒哀楽と強弱がリンク出来たら最高。多分俺の声質的にひたすらツーバスは合わないと思うのでエッセンスでお願いします。)
なんかここまで書いて脳内で氷室京介さんのSleepless Nightが脳内ループしてます。
・ライブはとりあえず2ヶ月~3ヶ月に1度が目標
・酒が飲める。飲めなくても酒の場が苦じゃない。(多分かなり重要)
・趣味の範疇とはいえ、それなりにバンド運営、楽曲の世界観に積極的にアイデア出せる人(ここまで含めて俺はバンドだと思ってる)

20年後も「こんな曲できたよ」と持ってこれるバンド

自薦他薦問いませんので誰かいたらよろしくっす!
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
どうもご無沙汰しております。

先日自宅のPCが昇天してしまったので新しいマシンを調達する事になりました。
というか現在ライブ用の打ち込みデータ4曲分に取り掛かっており、
リーマンな自分としては土日のうちになんとかせんといかん状況に。

今までは自作機で
Lynnfield世代のcore i5を使用しており、今変えるならSkylakeかなと思ったんですが
ドスパラさんにすぐに持ち帰れるHaswell Refreshのi core7 4790マシンがGTX960を乗っけて手ごろな価格で販売されていたのでその組みあがりマシンに今までのSSD(Windows7 Professional 64bit)をぶち込もうと目論みました。
Core i7 4790
マザーボードはASUS H97-plus
メモリは8G
GTX960
これに128GのSSD
1TのHDD
Windows7のHomePremiumの64bitが付いて
約11万。

さて、クルマでドスパラ横浜店に出向き、店員さんを捕まえて

「これください。」

の一言で商談開始。

一応、使用用途を伝えた上でメモリを8G→16Gにしたいと伝えたところ、
同一メモリで増設するとしたらそのメモリが店頭での取り扱いがないので
今日持ち帰れないとのことで
ここは勝負で他メーカー同士のメモリで増設することにしました。


ほくほくで持ち帰りストレージを繋ぎかえて・・・

Windows7のライセンス再認証も無事終わり、
新しいマザーボードとグラボのドライバを上書きして・・・
Protools11を立ち上げ・・・。


うん。
無事立ち上がりました。

しかし作業してると必ずといって良いほど数分でブルースクリーン。
普段使いは余裕(といいつつ一度ブルスク発生)なんですがProtools動かしてると必ず落ちる。
ちなみにオーディオインタフェイスはM-Audio Fast Track C600を使っています。
最初、ドライバ云々のメッセージだったので、
現状のC600のドライバを一旦削除して入れなおし、
意気揚々と作業していると同じようなタイミングでまたブルースクリーン。
今度はメモリがうんたらかんたらのメッセージ。

ということで・・・

memtest86でメモリチェック!
2G×4枚刺し→2周目でエラー
デフォルトで入ってたメモリ→2周目でエラー

なるほど。こいつが原因ね。

増設用メモリ→5周回してもエラーなし。
よしよし、最初に入ってたメモリがやはりアウトだな。
これでもう一度チェックして・・・ドスパラさんに交換してもらおう。




6周回ってもエラー出ず。

なにこれ、なんなの?

あ、これが噂の相性問題ってやつか!うんうん。
再び4枚刺ししてmemtest86を走らせ会社へ。


しかし帰宅してみると4周ノーエラーで回ってやがります。

メモリチェックするときに刺し方甘かったのかなぁ・・・。

とりあえずmemetest86でエラーでてるから交換してくれるんじゃね?
と思いつつドスパラさんのサポセンに電話するもPCドクターを試してください。
あとデュアル刺しを1枚にしてエラーのあるメモリを特定してください。
と中々ハードルが高く、もう少し自分で検証する必要があるかなと。

デフォルトのメモリのみで作業→落ちない
増設用のメモリのみで作業→落ちない

しかし落ちないながらオーディオインターフェイスのプチノイズが多少あった。
前のマシンではプチノイズなど起こらなかった。

グーグル先生に聞いてみたら
C600で同じ症状出てた例が海外であって、その時はマザーボード交換で使えるようになった云々。

おいおい・・・


新しいマザーボードなんて買う金ねえぞ?!

てかこれなら始めから自作機で良かったじゃねえかと。

よし。もうアレしかない!


まずは裸になります。

PCをコンセントから抜きます。

PCを窓から放り投げます。



となる前にここでひとまず冷静になって考えました。

違いは何か。。。

マザーボードのメーカーもあるのでしょうが、
今まで使っていたのはUSB2.0のチップで処理していたボード。
2.0の差込口を使っていたのですが今回はUSB3.0で2.0を処理するチップ。


3.0→2.0の互換性あるとはいえ、ここが大きな違いになるのかな?

そう思い、ヨドバシカメラにUSB2.0チップを積んだの増設用PCIボードを買いに。
玄人志向さんの増設ボードをひっつかんでレジへ。

店員さんに

「これ2.0の増設ですけど間違いありませんか?」

と聞かれましたが、うんそりゃそうだ。
このご時世2.0なんて増設しないよ普通。

「はい!2.0のチップが欲しいんです!(キリッ」

どうせダメだろうとタカを括っていると物凄い安定性で
Protools11が動いてくれました!!!


メモリじゃなくてこっちだったか~。

後日談ですが、どうやら僕のググり方が悪かったようで・・・

「M-Audio C600 Bluescreen」

で調べてたんですが

「オーディオインターフェイス 2.0 USB 不具合」

でぐぐるとあらま。
いとも簡単にハブを使ってみろとか出てきますね。。。。

まぁその時はメッセージがドライバ関係からメモリ関係に変わったので
C600の固有の症状もしくはメモリ関連かと思ってしまっていたんですよね。


ということで、
USB3.0のチップに対してUSB2.0のオーディオインタフェイスを使っていて
まずは2.0の差込口を試した上で

・プチノイズ
・ブルースクリーン

にお悩みの方はUSB2.0のハブ、もしくは増設ボードを試してみると幸せになれるかもしれませんよ。
快適過ぎて僕ぁ今とても幸せな気分です。

新しいPCが快適というのは物欲に対して更なる幸福度を上げてくれるもんなんですね!

ちなみに玄人志向さんのUSB2.0の増設ボードにはNEC社製のチップが搭載されていました。
他の海外製のチップに関しては不明です。

なんかたまには凄く有用な記事を書いたような気がします。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
FBへ掲載させていただいたものと同文で失礼致します。

昨日は鹿鳴館に来ていただいた方々。
ありがとうございました。

しばらくバンドの活動が白紙になりますが、
ついでに、俺ごときですがご報告させて頂きたい事があります。

私は昨日のライブをもちましてInsfe:lを脱退させて頂く運びとなりました。
理由としては主に僕とバンドとの間で音楽に対する姿勢、割ける時間、それに対する現状、といった諸々の実務的な部分で落とし所が無くなってしまったというところです。
非があるのは僕の方ですが、決して喧嘩別れというわけではありません。
現状これ以上できなくてごめんなさいという気持ちです。

Insfe:lというバンド名も今後使って頂けるという事なので、彼らに託したいと思っております。
名付け親としては嬉しい限りです。

この5年間、音楽の道を一度は捨て、ひょんな事から結成に至り、
CDの発売や遠征ライブなど、普通のサラリーマンをしながらでは決して体験出来ない事をさせて頂き、Insfe:lのメンバーとタイバンの方々、またライブハウスやスタジオ関係の方々には多大な感謝をしております。

今後なのですが昨年年末ぐらいにぽっこり出来た
口蓋隆起というもののケアをしつつ新たなバンド活動を模索していこうと思っています。
口蓋隆起とは上あごのど真ん中にある骨が成長しぽっこり盛り上がって出てきてしまう現象で、原因が鼾や歯ぎしりによる刺激と言われております。

日常生活においては何も問題はないのですが、声が響く場所であるがために、歌っているとその刺激で炎症を起こしてしまい、そうなると歌えて1時間です。それをかばおうとすると、やはり喉に力が入ってしまったり、声がすっぽぬけてしまったりという弊害があります。

切開して骨を削ると1~2週間で治るみたいなのですが
声変わるんじゃね?
というのと、恐らく刺激による骨の異常成長なので
いつでも再発する可能性がある
という事らしいので、どうせなら現状1時間歌えるならコイツと付き合っていって歌える時間延ばした方が得策なのか?とも考えています。
そこはおいおいとしますかね。

新たなバンドですが現状は全くの未定です。
気持ち的にどこかのバンドに加入させて頂くか、メンバーを1から探すかも白紙です。
それをしながら、息抜き的にバンドで遊ぼうと声を掛けて下さっている方々がいらっしゃるので上記のケアというか対処法を模索しつつ次なる展開に備えようと思っています。

うん。どちらにしても「俺の声が好き」と言って歌を聴いてくれる方々、「お前の声がバンドに欲しい」と言ってくれる方がいる限り、多分俺声が出なくなるまでバンドはやっていく事でしょう。
(俺の売りって声量じゃなくて質って勝手に思ってるんですが・・・)

とりあえず小休止!
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。