たった3分のケアで、私のお肌のコンディションが

劇的にUPする一手間・・・。

 

それは、化粧水を使ったローションパックです。

学生時代に、佐伯チズ先生のスキンケアに出会い

そのときに、

「ローションマスク(佐伯チズ先生はローションパックと呼びます)」

なるものがあることを知り、アラフォーになった今でも

実践している美容法だったりします。

 

今回、KOSE米肌アンバサダープログラムで

KOSE「米肌」肌潤化粧水を沢山いただいたので

この化粧水で、週1回のローションマスクを行っています。

 

 

米肌は、「肌をキメを潤すことで、見た目も麗しくなる」をコンセプトに

日本人になじみのあるお米や大豆由来の美容成分を使った

ブランドです。

 

特筆すべきは、「ライスパワーNo.11」

 

失っていく「潤い」を作り出す成分で、医薬部外品の効能として

唯一「水分保持能の改善」効果を認可された成分です。

 

「米肌」のスキンケアで、加齢とともに減り続ける「セラミド」を産生し

乾燥が原因で起こる小ジワ、ハリ不足、毛穴の開きなどを防ぎましょう。

 

そんな「米肌」の、人気の肌潤化粧水をたっぷり使っています。

 

■KOSE米肌 肌潤化粧水<現品>/120ml/5000円(税抜)

■KOSE米肌 肌潤化粧水<つめかえ用>/110ml/4500円(税抜)

 

角層の奥まで潤いを届けて、ふっくらキメの整った肌へと導いてくれる

リッチなテクスチャーの化粧水です。

このとろみ感は、発酵によってできるのだそう!

 

肌にのせると、とろみテクスチャーなのに浸透が早くて

驚きました。

 

そして、週に1回のスペシャルケアには

こちらのコイン型タイプのマスクを使います。

 

■KOSE米肌 お手入れローションマスク 10個<コイン型タイプ>

 

米肌の化粧水のキャップに、キャップの半分くらいまで化粧水を注いて

コインマスクを落とすと・・・・・

 

マスクが化粧水を吸って、こんな感じになりますよー!

 

 

わー!もっこもこ!

 

 

 

このマスクを使って、5分ほど放置します。

※佐伯チズ先生のローションパックは3分ですが、米肌はとろみ系の

 化粧水で蒸散が遅いからなのか、ブランドは5分を推奨しています。

 

 

この時、せっかくなので手に化粧水を取り

更にマスクの上からなじませて、両手でマスクを覆います。

 

手からマスクに伝わる熱で、浸透がUPする気がして

シートマスクの時は必ず行っています。

 

 

しっかり化粧水をなじませた後は、美容液も使います。

 

■KOSE米肌 肌潤改善エッセンス<現品>/30ml/7000円(税抜)

 

ライスパワーNo.11高配合カナヘイびっくり

角層内で潤いを保つセラミドを生み出し、水分保持能を改善する

薬用保湿美容液です。 

 

冬の乾燥などの外的刺激に負けない、すこやかな肌に

導いてくれますよ。

 

化粧水だけでなく、どのスキンケアも高いからと言って

少ししか使わないというのでは、効果も半減してしまうと思うので

いつも「気持ち多め」の量を手に取って使っています。

 

化粧水に関しては、週に1度のローションマスクをするだけで

お肌のコンディションが全然違うので

今も昔も行っている私の美容法です。

 

ラインで使ってみたい方は、初回限定のトライアルセットをチェックカナヘイびっくり

 

 

「化粧水たっぷり使い」は、定期便がおすすめですカナヘイハート

 

何故なら、初回お届け時と、さらにお届け3回ごとに

同じ商品をもう1品プレゼントしてもらえるからです。

 

お得ですね♪

 

 

米肌 体験レポーターに参加しています。

 

 

 

AD