• 29 Apr
    • 妊娠したい人の妊娠力を高める方法とは

      妊娠に歯止めをかける要因 そんな簡単には懐妊しないのは、何処かに影響を受けているという見方ができます。何種類もの問題があるものの、現時点の科学・医学では、いまだに明瞭になっていない点が多くあるのも現況なのです。  ・卵子がいい感じに成育しない ・排卵しない 排卵しづらい卵子はホルモンの指示により発育しますが、このホルモンの分泌量がわずかだったり(卵巣機能不全)、卵巣が指示を抜かりなく受け取れないと、卵子がいい感じに生育しません。   過剰なダイエットやストレスが元になることも。 また、老齢化と並行してうまれつきの卵子(原始卵胞)の数が減少し、卵子自身も老朽化、卵巣の活動も鈍くなります。このせいで年齢が上昇すると、きっちりと排卵されるパーセンテージが落ち込んで行くそうです。    排卵障害の8割を占めると言われているのが、卵子が成長しているにもかかわらず、卵巣から出てくることが困難な「多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)」。超音波検査で判別すると、卵巣に種々の卵胞が見受けられるのが特徴です。ホルモンバランスに不具合があり、月経不順や無月経、毛深いといった現象があることも。やや肥満、男性ホルモン値が高い、血糖値が高い人に案外と多いといえます。    他にも、プロラクチン(乳汁分泌ホルモン)というホルモンが必要以上に生成される「高プロラクチン血症」や、卵子が排卵されることなくに卵巣で黄体化してしまう「LUF(黄体化未破裂卵胞)」等々でも排卵障害が生じることが想定されますが、おおむねは原因が不明です。・卵管がふさがっている、通りにくい、いい感じに働かない   排卵した卵子を受けとり出来ない   卵管は精子の通り道であり、精子と卵子の受精の場、それに受精卵が子宮に行き着くための運行ルートです。そのコースがふさがっている(卵管閉塞)、癒着などで隙間がなくなっている(卵管狭窄)と、精子と卵子の巡りあいが阻止されます。左右の卵管とも閉鎖していれば、自然妊娠はむずかしくなってしまいます。 卵巣から排卵された卵子は、卵管の先っちょ(卵管采)に受取りされて、卵管へと運ばれます。この活動が思い通りにならないことを「ピックアップ障害」と呼んでいます。そういう類の卵管の不都合は、子宮内膜症やクラミジア感染の癒着などを通じて発症することが考えられます。   子宮の入り口にトラブル   子宮の入り口となっている子宮頸管は、排卵時期に差しかかったらホルモンに影響されて分泌液が急増、精子を受け取りやすい事態になるのです。この分泌液がしっかりと分泌されなければ、精子が子宮の中まで入り難くなります。 また、女の方の体に「抗精子抗体」が備わっていると、精子を異物と判定して子宮頸管で抑制してしまうかもしれません。・着床しづらい子宮に筋腫やポリープがあるケースでは、その位置やサイズなどに於いては、受精卵の着床を抑止することにつながります。 また、黄体ホルモンの分泌が足りない「黄体機能不全」では、子宮内膜が分厚くなることが無く、着床しづらくなることが考えられます。   精子がいい感じにつくれない    精子の数の少ない(乏精子症)、調子が悪い(精子無力症)、奇形精子ひしめく(精子奇形症)、精液の中に於いて精子が存在しない(無精子症)などの支障も懐妊の歯止めに。精子は諸々の困難を経過して卵子に到着しますが、それを成し遂げるには数多い活き活きした精子がいた方がアドバンテージになります。 ストレスや体の具合などで精子の状況が良くないとも考えられますが、精子をつくるメカニズム(造精機能)に影響されていることも。更には、精液中に精子が全く存在しない「無精子症」では、精子は作成されているけれども通路に不都合があることが結構いるのです。 →男性不妊・セックスが思い通りに行かない完全に勃起しないED(勃起障害)や、勃起しても射精出来ない、腟内で射精できない(射精障害)等が考えられます。ストレスやコンプレックスになっているなど、心因性の確率が高いようです。    男性不妊・原因が明らかになっていない広範囲に亘る診察を経験して、これと言ったファクターが見受けられないことは結構あります。そうかと言って要因がないとはいいきれず、現時点での医学や検査では見定めようがない、明らかになっていない要因が裏にある可能性も高いです。 ですが、理由が不明というわけで懐妊できないと言っているのではなく、要因が認定されなくても、自然妊娠や施術により妊娠・出産しているご夫婦は結構見られます。   そんな不妊で困っている方々におすすめしたいのがミトコア。ミトコアは精子や卵子のエネルギーを活発にする成分イースタティックミネラルが配合されています。このお陰で精子も卵子も若返り妊娠に近づけることができるようです。これにより妊娠力を上げるのです。 詳しくはイースタティックミネラル口コミは?効果は? こちらに書かれていたので参考にしてみてください。ミトコアは夫婦で一緒に飲めるというのも人気の秘密のようです。あなたもミトコアで妊娠力を上げてみてはいかがですか?

      5
      テーマ:
  • 28 Apr
    • 不妊症になる原因を知り妊娠力を高める

      不妊症という事    不妊症が見られる原因のおおよそ50%は男の人にも存在するのです 不妊症には起因が女の人のケースと男の人のケースがあって、おおよそ50%は男の人がマイナスに作用して不妊症となっていることがあると思われます。    男の人が不妊症ですと先天性のものと後天性のものがあると考えます。先天性のというのは生まれ持っているタイプで、遺伝的に問題があるものだったり、成育の過程で原因が伴い不妊になってしまうケースです。 後天的なケースはストレスや疾病といった機能障害などというようながあることから不妊に関係していると考えてよさそうです。 男性の不妊症になるきっかけとして9割にあたるものが精子をそつなく生産できず機能そのものに難があるケースです。    無精子症・乏精子症・精子無力症に色分けされます。 無精子症のケースでは一匹も精子がいない状態のことから少しも受胎出来るわけないのかと勘違いされがちですが、精巣や精巣上体にも精子を持っているケースがあり、そこに精子があったら、不妊ケアをすることを通じて受精することができます。    不妊症の11%は理由が不明   直ぐには妊娠しないことで不妊症となり、諸々の診察をしてもこれと言った不具合なども見つけられないこともあるでしょう。 これ以外に、タイミング法などを実施したとしても懐妊しないこともあり得ます。こういった風に11%くらいは理由がわからない不妊症のケースが存在するでしょう。 そういった時には更に具体的な検査をしてどの部分に問題があるのか探し求めます。 しかしながら妊娠しないケースでとにかく深刻に妊娠を希望するケースでは、人工授精や体外受精を始めていくことになりますが、しかしながら一向に妊娠に結びついていない可能性も高いです。    そんなふうに理由がわからない不妊症を機能性不妊と呼ぶのですが、治療をせずに機能性不妊の際の妊娠率は3%程度と言ったところです。 原因は不明ではありますが、その要因としては、生活スタイルや飲酒習慣、月経不順や卵巣機能不全、老化、子宮の疾患等による動機が何か考えられるとも考えられています。 生まれ付きの要因はごくわずかな数とも言われています。   

      テーマ:
    • 妊娠力を高めるためにはどうすればいいのか

      子宮や卵巣に心配はないか?    受胎しようと願うのなら、第一段階はご自身の体が妊娠実現可能な体であるのか否かチェックしておくということこそが極めて重要です。 重要度が最も高い子宮や卵巣はいかに機能していればいいものなんでしょうか。まず、子宮や卵巣がちゃんと活動しているのを見極めることが要求されます。 どういうふうにチェックするのかと言えば、月経がちゃんと毎月きているか否か、サイクルは周期的にあるのか、排卵は実施されているのか否かを見定めることが重要になります。 排卵は日々きっちりと体温を測って居るとしたらいつ頃達成しているのか確認することが可能だから、自分のできることを通じて分析していくと問題ないでしょう。    生理の血量が極めて多かったり、生理痛が酷いのか否かといったチェックポイントに該当します。 どれかひとつでも気掛かりなことがあるならば、妊活している最中婦人科で一回体を検査してもらうというのも悪くはないと思います。    不妊における冷性気味・ホルモンバランスに関して    子供を授かるには、体温調節や血の巡りなども詳細に影響しておかねばならないのですが、冷え体質の人はこの体温調節と血液の循環がいい結果につながっていないことが想定されます。 また、冷え性があると、ホルモンバランスが失われてしまい、そのために懐妊しにくくなってしまっているの可能性も高いです。 自身の妊娠力を上昇させることを望むなら、またホルモンバランスを調整するためにも、最初に冷え性を改良することが賢明でしょう。 冷え性の改善は、自分自身でもできることは何種類も存在しています。   強いて挙げれば体の冷えるものを好んで口にしないことを意識したり、靴下は絶対に着用するなど心に留めることは豊富にあります。 リフレッシュ効果があったり血液循環促進に極めて効果が見込めるハーブティーを召し上がるというのもおすすめしたいと思います。 日常スタイルの中で、できる限り体を冷やさないようにする、というのを頭に置いて毎日を送って行くとますます懐妊に近寄っていくものだろうと感じます。    妊娠するために日々の習慣を改善させること    妊娠力をあげたいと思うなら、最初に生活サイクルを向上させるという見方から始動させることが良いかもしれません。 規律正しいライフスタイルや、バランスのしっかりしたお食事を召し上がるという普通のことが、どうにもきっちりと実行していない傾向が強いと想定されます。 自身の口に運んだものを書き出して、どういった栄養分が必要とされているのであろうかなどをあらためて確かめてみたりすると、一層どんなものを口にしているのか把握することができるにちがいありません。 冷えは懐妊に天敵なので、身体の冷えるものを体内に取り入れていないか、血液の循環を伸長できるような食事メニューを摂りいれられているか否かを新たに改善すると悪くはないと思います。   

      テーマ:
    • 不妊かもと不安になったときには

      1サイクルあたりに子供を授かる可能性は約20%ドイツのデーターではでは、子づくりに踏み出して6サイクルで81%、12サイクル(1年後)で92%が懐妊したといったことでした。このデータは1サイクルごとの懐妊率を累積していった累積妊娠率です。   これを1サイクル単位で確かめれば、子供を授かるパーセンテージ(妊娠率)は約20%となっています。 そのパーセンテージを高いと読むか、低いと読むか? このことは、千差万別異なるでしょう。ある種のスタンダードとして、生物学的に考えれば、他の哺乳動物と対比してみて、ヒトの妊娠率はことさらに少ないパーセンテージであるのは確実です。   例をあげると、ネズミがほぼ100%程度赤ちゃんが出来ることは有名ですが、人間にたいして近いといわれるチンパンジーでは70%位が子供を授かると考えられます。生物学的な角度から眺めれば、ヒトは妊娠するのが困難な生き物だといえるわけです。 それとは別に、サイクル毎の妊娠率、つまり子供を授かるまでに要する時間は、女性の年代にすごく左右されます。   男の人は世代によるバラつきがあまりありませんが、女の人は年代が上がるに応じて、子供を授かるまでに時間がかかっていると言えます。 それで、健康的には気にする必要はないカップルでも、女の人の年齢が原因となって、懐妊の容易さは関与されることが把握できます。そして、近頃では晩婚化や晩産化が起因して、子づくりを始めた際には、とっくに「妊娠まで時間を要する年頃」に陥っており、そういう理由で「直ぐには懐妊しない」と思う人が多くなっていると考えられます。    人間の懐妊率が少ないのは?   壮健であり全くトラブルもない二人でも、1サイクル辺りの妊娠率がせいぜい20%ほどなのは、どうしてなのでしょうか?それは、元来は、エネルギッシュな男女であれども、精子や卵子には、規則どおりの比率で染色体異常があるという学説が有力です。 タイミングよく精子と卵子が出くわしたというケースでも、いずれかに染色体異常があるのであれば、確実な受精は不可能です。   また、いくら受精させることができたとしても、着床することがなかったり、流産になって、出産まではこぎ付けないのです。簡単に言うと、赤ちゃんができるのか、することがないかは、「マグレ」であるということ。 実際には、人間とはこういった生物だということを意味します。この実態は、正常とか異常とかいう意味ではなく、人間の生殖活動は、よい精子とよい卵子が巡りあう、"偶発性"がある程度関与していることを物語っています。そして、結果として、夫妻によって子供を授かるまでに必要な時間に差が出るということなのです。  

      テーマ:
    • 不妊の邪魔するものを取り除いて妊娠に近づく

      診察で不妊の原因が探し出せればそれを治癒し、合わせて懐妊の確率を確かなものにする治療を始めていきます。「原因のケア」と「おめでたの確率を高める療法」の二本立て不妊治療の考え方は、「妊娠しづらい要因をケアする」、そして「妊娠の確率を高める」ことの二本立てることになります。 具体的に言うと、要因として排卵することが困難な状況であったとしたら、排卵誘発剤を用いて排卵を促進するケアを行います。    それに対し、妊娠可能性を高める療法では、排卵誘発剤を用いてたくさん排卵をさせる手法があげられます。また、排卵日を仮想するタイミング法や人工授精は、精子と卵子をめぐりあいやすくして妊娠パーセンテージを高める治療です。 不妊になる原因はたくさんあること、男女共通して要因があるケースもあること、また診査では不明な不妊原因が影を潛めているといった場合等々もあり、二本柱の治療法がおめでたへの最短ルートことになるのです。    実際の不妊治療の方法とは   メジャーな治療の動向としては、とりあえずはタイミング法をトライします。数周期実施したとしても妊娠しないケースでは、精子と卵子を一層接近させる療法として「人工授精」をおこないます。それでも妊娠をしないと、卵子と精子を体外受精で出会わせてから子宮に戻す「体外受精・顕微授精」を視野にといった経緯に。    こういった風にじわじわと治療の階級を進めるということを「ステップアップ療法」と呼んでいます。何処の治療を、いかほどのスパンを実践するかは、不妊となる原因や女性の年齢、それに夫婦の志望により違ってきます。ドクターはそういったものを踏まえて治療を勧告するので、二人でよく打ち合わせをして選ぶと良いでしょう。  

      テーマ:
    • アメブロ、はじめました!

      よろしくお願いします。妹が不妊で悩んでいてとても困っていました。   そこで姉妹二人で色々と調べたり、試してみたりして、何とか   4ヶ月目に妊娠できました。これには妹の旦那さんも大喜び。   妊娠までの色々と試したことなどを紹介していきます。   少しでも不妊治療で困っている人の参考になればと思います。  Q1.ニックネームは? マロン  Q2.最近のマイブームは? アロマ  Q1.好きな食べ物は? 明太子、ビシソワーズ          

      テーマ:
AD

プロフィール

mitokoapureguru

性別:
女性
お住まいの地域:
富山県
自己紹介:
妹が不妊治療で悩んでいました。なんとかしたいと思い、姉妹二人で色々と試してみたことを紹介したいと思い...

続きを見る >

読者になる

月別

旧ランキング

このブログはジャンルランキングに参加していません。

ランキングトップへ

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。