おっはよー!


最近、天皇家に男子がいねーってことで、女性天皇&女系天皇を容認の方向へ

バカな有識者が誘導しそうな雰囲気になってますなぁ。。


しかも男女同権だとか女性の地位向上だとかに絡めて、賛成するアホもいるみたいだし。。


簡単に言うと。日本の一般的な習慣、伝統から言えば、

男系から女系への変化ってのは王朝の交替にあたります。

(特に東亜細亜文化圏においては)


婿養子とかなんとかってゆー制度はまず置いておいて考えましょう。


愛子様が天皇になったとします。(これは女性天皇だが女系ではありません)

そして、佐藤さんと結婚したとします。

婿とかってことは考えずに一般的な日本の結婚制度で考えれば、

「佐藤愛子」天皇ってことになりますねぇ。


で、息子が生まれる。名前はたとえば「蛾次郎」君だとします。

蛾次郎君が天皇の地位につけば、新王朝である佐藤家の王朝の始祖になります。


今まで苗字なしだった天皇家が佐藤さんになる。

東洋では皇帝・王・天皇などの姓が変わることを「易姓革命」と呼びます。

(現在、我々が「革命」って言ってるのの語源ですな。)

姓を替え(易え) 天命を革める。。


皇室典範や民法を改正したとしても、2000年以上の歴史的な考え方からして

明らかに、天皇家は断絶し、新しい天皇家が誕生したとみなすのが普通じゃないでしょうか?


女性が天皇になるのは別に構いませんが、今までの例から言えば。

1.皇后(嫁に来た人だから当然男系)

2.天皇の娘が生涯独身で。(嫁に行ってないから当然男系)

の2パターンしかありません、

いずれも無理っぽい話ですねぇ。。


やっぱ三笠宮殿下のご意見が一番なんじゃないかと思うのですが。


婿養子をとったり、制度を変えて夫婦別姓にしたりしてもその場しのぎ。

100年後、1000年後の歴史家はきっと日本の王朝交替を

教科書とかに書くんでしょうなぁ。。


ちなみに私は右翼とかではねーです。

AD