平素より大変お世話になっています。いよいよ4月となり、新しい生活をはじめられた方も多いかと思います。この時期、朝、駅でご挨拶をしていると、新社会人の方や新たに進学された学生をお見掛けする機会も多く、そのたびに自分もあんな時期があったなと感傷に浸ったりもしています。

 

さて、政治の世界で自分が「ピカピカの一年生」だったのは、今から7年も昔、自分が34歳のとき。その後、当選と落選を一度ずつ経験して、今年で41歳。浮き沈みの激しい政治の世界において、どちらかというと厳しい状況下で活動を強いられることも多く、当初の初々しさはとっくに失われていますが、厳しい中でも今日まで前向きに活動を続けてこられたのは、ひとえに皆様の力強いお支えがあったからに他なりません。改めて皆様に感謝の意を表したいと思います。

 

国会では、2012年に安倍政権が始まって以来続いていた「一強多弱」は、昨年夏の小池都知事の誕生を契機に少しずつ変化の兆しが表れています。これが日本にとってプラスなのか、マイナスなのか。はたまたこの動きが国政にどのような影響を及ぼすか、現時点で皆目見当がつきませんが、私個人としていつまでも在野で燻っているつもりはありません。必ず国会に戻るべく、ぶれることなくこれから益々活動量を増やして参ります。

 

さて、そんな中で大変厚かましいお願いとなりますが、三谷英弘の活動にご関心を持って頂いている皆様に「政治家・三谷英弘を育てる会」へのご入会をご検討頂きたく、ご案内させて頂きます。

 

みんなの党が解党により消滅、落選して以来、今日に至るまで一貫して無所属を継続しています。そのため、一月30万円とも50万円ともいわれる政党交付金を一切頂かないまま、2年以上が経過しました。

 

生活費はともかく、活動費についても弁護士としてしっかり稼いでいくことも考えられますが、プロフェッショナルとして人の人生を背負う仕事である以上中途半端にできるものでは決してありませんし、衆議院の解散がいつ行われるか分からない中で、選挙だからと放り投げることができる性質のものでもありません。これまで基本的には、自分の政治活動費は自ら賄うべきものという強い気持ちでこれまで様々な業務に携わり、同時に政治活動も続けて参りましたが、率直に申し上げて、台所事情は大変厳しくなっています。

 

そこで、大変心苦しいところですが、当方のこれまでの活動にご賛同いただける方々に何等かお気持ちをお願いできないかと考えています。

 

一口5000円からとなっておりますので、ぜひともこれを機に会にご加入頂き、名実ともに政治家・三谷英弘を育てて頂きますよう、心からお願い申し上げます。なお、頂いた会費は、当然ですが、全額将来国政に復帰するための政治活動資金として大切に使わせて頂き、国政に復帰した際には全身全霊を掛けて議員としての職責を全うすることでその気持ちにお応えしたいと考えています。

 

※ なお、単なるご寄付も承っています。「育てる会」の会費とは性質もほぼ同じものですが、こちらは一口あたりいくらという形はとっておりません。そちらをご希望される方はその旨ご連絡頂ければ幸いです。

 

ご加入頂ける方、あるいは同会に興味を持って頂ける方には、当事務所より会の趣旨等を記載させて頂いた申込書をお送りさせて頂きます。どうか、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

【 問い合わせ先 】

メールアドレス : info@mitani-h.net

電話番号    : 03-6453-1976

 

また、来月となりますが、以下のとおり、現在の活動の報告を兼ねて懇親の場を設けさせて頂きます。せっかくの機会ですので、ぜひ皆様万障お繰り合わせの上ご参加頂き、叱咤激励の言葉をお掛け下さいます様お願い致します。なお、出欠については、5月10日までにメールまたは電話にて上記問い合わせ先までご連絡下さい。また、会場の都合上、ご参加頂ける人数に限りがありますので、こちらの報告会に関しては「育てる会」にご参加頂いた、またはご参加頂ける方を優先させて頂きますので、併せてご了承下さい。

 

【 「政治家・三谷英弘を育てる会」 活動報告会 】

日  時 : 5月14日(日) 14時 (~15時30分)

会  場 : 東山社会教育館 第1研修室 

        目黒区東山3丁目24番2号(https://goo.gl/maps/oZ6GkVaoNGN2 / 03-3791-4611)

       ※東急田園都市線池尻大橋駅下車、東口から徒歩7分

       ※参加費無料

 

以上、お願いばかりで恐縮ですが、ご検討のほど、何卒よろしくお願いいたします。

 

前衆議院議員 三谷英弘