三谷英弘オフィシャルブログ「前衆議院議員 三谷英弘's EYE」Powered by Ameba

三谷英弘が考えていることを書いていきます。
 ・ 前衆議院議員(1期/2012.12~2014.11)
 ・ 元みんなの党倫理委員長
 ・ 弁護士


テーマ:
外交を行う上で、正直は必ずしも美徳ではありません。
むしろ日本外交はもっと狡猾になるべきだ、というのが僕の率直な感想です。

今回の人質の事例で言えば、今の日本の世論は、追い詰められたら、自己責任論を振りかざして自国民を見殺しにするか、または武力行使やむなしか、はたまたテロリストの要求を丸のみするか、みたいな極論が横行しています。

確かに、今の状況からすると、正直(表だって)取りうる手段は限られています。テロリストの要求に屈してはならないという大原則からすれば、悲劇的な結末を一定程度覚悟しなければならないかもしれません。

しかし、そもそも事の発端に目を向けると、人質が取られている状況を分かっていて、何をどのように表現するかによって、それに続く結果がどうなるか、ある程度は予期できていたのではないかと思うのです。

分かっていなかったとしたら、外務省が事態を舐めていたとしか思えません。

NHKの報道によれば、「アメリカやイギリス以外の欧米の国の出身者では殺害されたケースはなく、スペイン人のジャーナリスト3人は去年3月、フランス人のジャーナリスト4人は去年4月、半年以上の拘束の後、最終的には解放されるなど、これまでに合わせて14人が無事に助け出された」とのことです。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150126/k10014958981000.html

なぜヨーロッパの国々は、「自由主義諸国」の一員であり、当然ながら米英とは同じ陣営とみなされているにもかかわらず、米英のような人質殺害事件(オレンジの囚人服を着せた人質をするような事件)の被害が生じていないのか。様々なヒントは既に様々な方が指摘されているとは思いますが、ここを考えなければなりません。

もちろん「イスラム国」による認定が全てではありません。
でも、良い一つの例ではあると思うのです。

日本はこれから「積極的平和主義」に基づいて世界の平和構築に関与していくことを世界に向けてアピールをしています。今まで日本は世界に対して余りに主張をしてきませんでした。自分も「積極的平和主義」の考えには賛同しています。日本は世界平和の構築に今まで以上に関与すべきだと考えています。

だとしたら、今必要なことは日本の外交力をもっと上げること。

原理原則論だけでは、戦前の日本のように、松岡洋右が「わが代表堂々退場す」などと賛美される中、国際連盟を一人脱退したり、「爾後国民政府を対手とせず」といって日中戦争の泥沼に陥ったりということを繰り返すことになるのではないか。自分も日本を愛するからこそ、それを心配しています。

もちろん今の日本政府も様々な駆け引きを行っているかとは思いますが、正直こうなってから取れる方策は限られています。
だからこそ、自分が先日指摘した安倍首相のスピーチの日本語と英訳のニュアンスの違いもその一つですが、こうならないようにどうすれば良いか、良かったかをしっかりと議論することが必要だと思われます。

最後に、テロに対しては国家が一丸にならなければならない、だから政府を後ろから撃つべきではないという意見に対しても、一言。

当然ながら悪いのはテロリストであり、国家がまとまってこれに対抗しなければならないのは当然です。しかし、国家が一丸となって対抗しなければならないということと、国益を考えて(ここが大事。)国内で様々な声を挙げることとは違います。

前回のメッセージでは72時間という期限が区切られておりました。これに対して、新たなメッセージでは(それが本物だとすれば)明確な期限は区切られておりません。本当に「イスラム国」も死刑囚の解放をして欲しければ、今回の交渉は長期化する可能性は大いにあります。もしかしたら今後1か月、2か月と交渉が続く中で、いつまで世間は、マスコミは黙っているべきなのでしょうか。

政府は無謬の存在ではありません。様々な意見があるからこそ、より良い対応を実現することができるのだと思います。それゆえに、今必要なのは、平和を唱えれば平和が守れるといったような議論でも、「よろしい、ならば戦争だ」といった議論でもなく、日本の国益を守るために現実的かつ冷静な議論です。

もちろん議論の中身は玉石混交。聞くに値しないような議論も数多くあるでしょう。

しかし、様々な議論を戦わせられるような雰囲気を、私は、日本を愛するからこそ守っていきたいと考えています。


前衆議院議員 三谷英弘
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
三谷英弘さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み