後編では幕下以下の力士について触れていきたいと思います。
先日、稽古見学もさせて頂いたのでその時の様子も文中に含めています。




千代栄:東幕下44枚目
幕下に昇進してからの期間が千代翔馬のそれを超えました。
しかし幕下10枚目台まで上がるとはね返されてしまう状態で、なかなか十両が見えてきません。
稽古中は千代鳳や千代翔馬が喝を入れ、親方からはアドバイスに加えて「そうすれば十両に上がれるから。」との声。
まだ周囲の期待は高いままのようですので、本人の気持ちが幕下上位の壁に屈しないことを願います。




千代雷山:東三段目19枚目
先場所の七番相撲で幕下最後の取組に登場。
阿炎と6連敗同士での対戦が組まれた所以でのことだったのですが、一段階上とも言える土俵上の雰囲気を経験することになりました。
この雰囲気を連日経験するようになると、向上心が一気に高まりそうですね。
千代の国とほぼ同期で、付け人の他に番付に差はありますが稽古相手にもなっていました。
関取と稽古していることを自信に場所に臨んでほしいものです。




千代の勝:東三段目28枚目
先場所は幕下まであと一歩の地位まで番付を上げ、BS放送で何番か取組が確認できました。
周囲が強敵揃いということもあり成績は2勝5敗でしたが、その2勝には幕下上位経験者から得た白星も含まれていました。
名古屋場所前に足を痛めたという情報が相撲中継で伝えられ、後半では土俵を降りる際に海人さんが心配して肩を貸しに来る場面がありました。
万全な状態で幕下への挑戦ができなかったのが残念に思いましたが、次のチャンスへ向けて状態を整えてほしいです。




千代嵐:東三段目34枚目
先場所の休場理由が気になります。
打上げには出ていましたし、夏合宿にも参加していたようなので新たに大きな怪我を負ったわけではなさそうですね。
先日の稽古ではタオルで千代の国や千代翔馬の汗を拭いたり泥を払う場面も。
5年前の新十両の際、後輩の千代桜に一度番付を抜かれたことが大きな飛躍の原動力になったと語っていましたが、この頃の負けん気が再び出てこないものかと思っているところです。




千代の海:東三段目94枚目
今年の春場所からずっとお休みしていましたが、夏合宿で稽古を再開したようです。
その際、北海道福島町の横綱記念館にて同町出身の先代の千代の海さんの展示も目にしたようで、復活が合宿に間に合って本当に良かったと思います。
先日の稽古では千代栄に勝つ場面もありましたので、幕下復帰での活躍も楽しみなところです。




千代青梅:西序二段13枚目
勝ち越せば三段目復帰です。
ちゃんこ長なので稽古場にいる時間はあまり長くないのですが、黙々と四股と腕立て伏せを続けている成果が出ているのか、番付は20代前半の頃より高い地位で推移しています。
先代の親方も打上げで勝ち越し金を渡す際、ちゃんこ番に重きを置きながらも頑張っていることを評価していました。
ちゃんこ長に加え先代の親方の付け人も担当していて「何でもできる子。」と褒められたことも。
部屋を陰で支える存在だと思いますが、取組でも誰かしらの声援が聞こえてくるので自己最高位更新を目標に表舞台での活躍も応援しています。




門倉:東序二段41枚目
先場所は序二段に昇進してから初めての勝ち越し。
5勝2敗の好成績で自己最高位を大きく更新。
前に出る場面が印象に残り、内容も充実していました。
稽古も元結が途中で何度も切れるほど頑張っており「そうま、いい当たりしてるよ。」と親方にも褒められていました。
土俵での稽古が終わっても親方の前で摺り足を繰り返し、みっちりと指導を受け、親方が丁寧に育てていこうとしている様子が伺えました。

錦城:西序ノ口26枚目
先場所の前相撲では、まだ一度も土俵の中での稽古をしていなかったにも関わらず、がむしゃらに突っ張って勝つ相撲がありました。
とにかく前に出ようという積極性がありそうですね。
先日の稽古では、稽古を終えたあとの礼をきっちりするようにと親方から指導されていました。
勉強の毎日。仲間の力士のマゲを結い直してあげられるようになっていました。

稽古見学をすると、稽古ができていない力士について余計な不安も抱えてしまうことがあってしばらく遠ざかっていたのですが、九重部屋独自の稽古スタイルを発見できて行って良かったと思っています。

九重部屋の皆さんの秋場所の健闘を祈っています!

AD

秋場所の番付が発表されましたね。
千代翔馬の新入幕が決まり、新九重親方率いる九重部屋は明るいスタートを切ることになりました。

新番付が発表されると毎回Twitterで簡単な感想を書いているのですが、ふと過去の場所ではどんなことを書いたかな…と振り返りたくなることがあり、簡単に遡れるように今場所は(おそらく今後も)ブログにまとめることにしました。




千代鳳:西前頭4枚目
部屋頭が幕内でも上の方にいるとやはり嬉しいですね。
昨年の春場所、三賞が懸かった一番で負傷して夏場所は初日だけ出たものの休んだ方がいいと判断して休場…この場所以来の前頭4枚目です。
3場所連続勝ち越し中ですから三役復帰への期待も膨らみます。

千代の国:東前頭6枚目
4年半振りの自己最高位更新。
これでやっと新たな目標への挑戦ができますね。
巡業はお休みでしたが夏合宿には後半から参加したようです。
幕内に返り咲き、更に自己最高位で輝く姿は怪我で番付を落としている力士への励みにもなりそうですね。




千代翔馬:西前頭12枚目
祝☆新入幕。
幕下には丸4年以上いましたが十両は4場所で通過。
相撲雑誌のインタビューを読むと、解説でたびたび親方衆に言われている部分を本人もこれからの課題だと認識しているのが分かります。
数ヶ月前、まだ幕内の力はないと相撲誌で述べていましたが、いざ新入幕が決まると会見では満面の笑みを浮かべていました。

千代大龍:西十両4枚目
2年前の夏場所では3日連続結びで相撲を取ることもありました。
自分の取組前に千代鳳が上位力士に勝つ様子を見て、大いに刺激になったと語る日も。
この頃から番付を大きく落とし、今場所はずっと下にいた力士の背中を見る側になりました。
今の状況が、あの日の刺激を再び感じられる地位への大きなバネとなるか注目したいです。




千代丸:東十両5枚目
十両下位まで番付を落としていましたが、先場所の好成績により幕内復帰を目指せそうな地位に戻ってきました。
先場所みたいに手足お腹を武器に前に出る相撲が見たいですね。
以前、情報番組の千代丸たん特集で先代の親方が「相撲で人気にならないとダメ。」と語っていた時がありました。
先場所を皮切りに新千代丸たんブームが訪れるかな?

千代皇:西十両8枚目
2年前の九州場所で休場を初体験して以来、十両の下半分をゆるやかに上下移動している様子です。
コツコツ頑張っていきたいと相撲雑誌で語っていた千代皇。
ゆるやかペースで幕内に到達する日を気長に待ち望むのもいいかもしれません。
夏合宿序盤は唯一の関取参加者としてメディアの取材にも対応していました。






後編に続きます。

AD
今年も夏場所後に台東区谷中の玉林寺にて千代の富士像建立記念イベントが行われました。


イベント開始前のこと。
運営テント内のテーブルに並べられた九重グッズのひとつである、千代の富士DVDマガジンを手に取り中身に夢中になる関取の姿が。
将来、親方のように現役時代の記録本が出版されるくらいの名力士に育つといいなあ。


九重親方と玉林寺の代表の方からの挨拶からスタート。
親方はお元気そうで(特にお口が)、ちゃんこを食べる為のテーブルとテーブルの間隔にこだわったりと、運営スタッフの方々に次から次に指示を出していました。
スタッフの方々は大変そうだったけれど、それだけ親方はこのイベントには思い入れがあるのかな。


海人さんの太鼓打ち分け披露。
2015年の九重親方還暦土俵入り以来1年振りに聞きました。
晃之助さんによる解説付きで、花相撲と同じく三種類披露してくれます。
バチの動きがよく見られて良かったです。


まげ結い実演は毎度お馴染みのこのコンビ、床九さんに千代皇。
奥で九重親方も見学中。


千代皇の髪がゴッソリ抜けてしまったように見えますが、この櫛は「すき櫛」といって、もともと髪の毛のようなものを根元に絡ませてある特別な櫛だそうです。
この櫛ですくことで頭に浮いている埃やフケが綺麗に取れるのだとか。
髪の毛を頻繁に洗えないお相撲さんも、この櫛のおかげでスッキリできるそうです。


塩ちゃんこの給仕は佐ノ山親方・千代嵐ペアと千代栄・門倉そうまくんペアが担当。
佐ノ山親方はこのイベント初参加!
ちゃんこ場とちゃんこ屋台の間を千代の勝が何度も往復して鍋の追加分を運んでいました。


九重部屋のイベントで振る舞われるのは毎回塩ちゃんこ。
多くの人が食べるからシンプルな塩ちゃんこが一番適しているのかな。


2015年から始まった九重部屋グッズと玉林寺グッズが賞品の抽選会の様子。
関取衆が交代で当選番号を引いていました。

1等賞は関取衆6名のサインが書かれた色紙×5名様分。
ちゃんこの列に並んでいる途中だったり、ちゃんこを食べるのに夢中で気付かなかったのか、番号を呼ばれても出てこない人が目立ちました。


九重親方と関取衆で、4月に起きた熊本地震の募金活動も行われていました。
協力してくれた人には記念撮影のお礼がなされていました。


千代鳳と千代皇が、千代の富士像を挟むような位置で会話をしていたので写真を撮影させてもらいました。

玉林寺の代表の方による締めの挨拶でイベントは無事終了。
ちゃんこの後片付けを始める幕下以下の力士たち。
関取衆はファンサービス班と片付け班に自然に分かれた様子で、千代翔馬と千代の国が運営スタッフ側の後片付けを手伝っていました。

運営テントの屋根に貼られた貼り紙を剥がしたり、販売されていた九重グッズを箱にしまってスタッフさんの車に運んであげたり。
背の高さと力が土俵の外でも活躍。


ちゃんこ番は千代雷山、千代の勝、千代青梅。
建物内のちゃんこ場にずっとこもっている為、このイベントではほとんど姿が確認できません。
撮影した写真の中に片付けをしている様子が写っていたので、その部分を切り取り彼らの活躍も称えて載せておきます。

以上です。
夏場所の回想がまだでしたね。名古屋場所前に書けるかな…。
千秋楽。九重部屋の幕下以下では2名の力士の取組が組まれました。
会場近くのcafespace BUZZというカフェでカフェラテを買って応援に向かいます。


まずは春場所中に16歳のお誕生日を迎えた門倉そうまくん。
初めての大阪宿舎生活はいかがなものだったでしょうか。
名古屋や福岡の宿舎と比べて会場まで遠い印象があったようですが、公共交通機関を使う場合は福岡の宿舎より行きやすかったのではないかなと思っています。


四股も軸足がまっすぐに伸びていてきれいですね。
2014年冬休み中の体験入門でも佐ノ山親方に四股がうまいと褒められていました。


既に負け越しが決まってはいましたが、それを感じさせないほど力強い相撲で身長差のある力士を寄り切りました。
いつも親方に注意されている点を反省しつつも手応えある勝利で場所を締めくくり、打上げでも良い笑顔を見せてくれていました。


続いてはこの春場所で土俵生活丸12年が経った、ちゃんこ長の千代青梅が登場。
2年前、10年を要して三段目の座と四股名を手に入れた時は、大相撲ファンとして新たな喜びを得ることができました。
それは長く応援してきた力士が自身にとっての目標の一つを手に入れた瞬間の喜びです。
手に入りそうで入らなかった期間が3年程ありましたから、本人も達成感に満ち溢れていたことでしょう。
九重部屋は三段目に昇進して初めて四股名に改名できるので、早い人は入門から1年かからず、長くても3~5年程で本名から改名している印象でしたが、10年以上経過してから改名する力士は千代青梅が初めてではないかと思います。
とは言え四股名が名乗れないまま辞めていく力士も多数いましたから、とても立派なことだと思っています。



序二段33枚目に落ちていたこの場所は、2連敗後4連勝で七番相撲を前に勝ち越しを決めていました。
5勝目をあげれば三段目への復帰はほぼ確実でしたが残念ながら黒星でした。
廻しを引けず小手に振ったところ、相手を呼び込む形になり寄り切られてしまいました。


「しまった~。」という心の声が聞こえてきそうな表情を一瞬だけ見せていました。
自ら九重部屋に出向いて入門を申し出た度胸の持ち主。
内に秘められた強さが相撲にも出てくる瞬間を楽しみに、今後も応援し続けたいと思います。
取組後、東の売店前で後援会の方に「来場所も頑張ってね!」と励まされると、爽やかな笑顔を見せていました。

その東の売店で以前から気になっていたデザインの手ぬぐいを見ていると、店員さんが「こちらで(手ぬぐいを)広げた状態のものを見られますよ。」と案内してくださいました。
その店員さんは手ぬぐいのデザインを担当された杉岡みどりさんご本人で、手ぬぐいを購入するとカウンターの内側から出てきて手渡してくれました。
同じデザインのTシャツも出ているので今度はこちらも購入しようと思います。


お昼は呼出しの重夫さん行きつけの「松新」というお蕎麦屋さんで松新そばを食べてきました。
魚のニシン、とろろ、卵黄がお蕎麦の上に添えられていました。
隣の席である呼出しさんが食べていた天ぷら蕎麦がおいしそうで、そちらにすれば良かったかなと思いつつ、繁盛店の味を堪能してきました。
ちなみに重夫さんはカツ丼ばかり注文している模様。

会場に戻って通路を歩いていると呼出しの重夫さんにお会いしました。
初場所では姿をお見かけするも、呼出し仲間と談笑していたりで遠巻きに見ることしかできなかったのですが、松新効果が出たのか久しぶりに歩いているだけの重夫さんにお会いすることができました。


十両土俵入り。やはり前方を歩く力士との間にたっぷり空間を設ける千代翔馬。



千代の国は上手投げで元気よく9勝目。
写真だけ見ると左腕の力のみで相手を投げ飛ばしているかのように見えますが、左足で相手の右足を跳ね上げていたようです。
最近は体に負担がかからないようにする為か、怪力に委ねた豪快な相撲を封印しているかのように感じていたので、豪快な投げに驚くお客さんの反応が懐かしく感じました。


千秋楽を7勝7敗で迎えた千代丸は必死の土俵。
立合い後、遠藤を土俵際まで追い詰め勝ち越しが見えてきたところでしたが、さすがに遠藤はそう簡単には土俵を割りませんでした。


遠藤を土俵際に追い詰めた瞬間に後ろに回り込まれ、形成が逆転。
写真の体勢で土俵上を走り回り、そのまま土俵下へ倒れていきました。
送り倒しで遠藤が勝ち、千代丸は負け越してしまいました。



千代皇も7勝7敗の千秋楽。
4連勝スタート後に取材を受けた際、自身の連敗癖を気に掛けているようなことを話していましたが、嫌な予感は見事に的中してしまいました。
後半戦はここ最近と同様に勝ち越しも負け越しも見え隠れするモヤモヤとした雰囲気に…。

しかし千秋楽は心配を吹き飛ばすような前に出る相撲で勝ち越しを決めました。
膝もすっかり良くなって充実した稽古ができるようになったと聞きます。
土俵上では探しものが見つからないような困り顔をしている状態が多い千代皇ですが、勝ち越しを決めた直後に珍しく?気迫溢れる表情を見ることができました。


千代翔馬は体重180kgを超える富士東を出し投げで振り回し11勝目。
初場所のどすこいFMで千代暴馬(ちよぼうま)と呼ばれていましたが、まさにその名がふさわしく感じる内容でした。
幕下の頃から相撲が粗く大きな怪我をしかねないと解説の親方衆からよく言われてきた千代翔馬ですが、春場所の中継では相撲が丁寧になってきたと話す親方もいました。
自己最高位ながら大勝できたのはこの相撲の改善からかどうかは分かりませんが、稽古熱心な力士の努力が番付に反映されることはとても嬉しいことですね。
部屋の下の力士達の励みにもなることでしょう。


全く元気がなく十両陥落も覚悟せざるを得ない成績の千代大龍。
しかし千秋楽で突然何かが千代大龍に舞い降りてきたような、十四日目までの千代大龍からは想像できない相撲を取りました。
立合いの瞬間から相手が何もできないまま飛んで行ってしまった力強い相撲です。
この白星のおかげで夏場所の幕内残留が決まりました。
やはり最後まで諦めないことが大事ですね。


春場所は12人出場して9人が勝ち越し。
帰京する日に大阪グルメの締めとして再度「松新」を訪れカツ丼を食べたのですが、その際にお店のお母さんに九重部屋の成績のことを話したところ大変驚かれていました。

夏場所開催前に何とか春場所を振り返ることができました。
夏場所も怪我なく良い相撲が取れることを願っています。