デジカメを忘れてしまい、文章だけのライヴレポなんですけれども。
まァ、持っていってたとしても撮りませんけどね(なんぬ)

だって、ライヴに集中できないのやだもん。
本当は「セットリストとか色々覚えとかなきゃ」とか思いつつ
ライヴ聴くのも嫌なんで、レポもどっちでもいいんですけれども(うぉい)

あたしはもう一人の客なので、誰にも遠慮なく書きますから、
気分を害したくない方は読まないで下さいね。本当。

1.escape
2.alone with you
3.スーパーカー
4.散千世界
5.Hug
6.underground

ROCKETSの素敵なトコは、照明に中間色があるところで。
小さいライヴハウスって、赤と青と黄(白)しかないじゃないですか。
赤と青がどぎつくなく上品な色なのに加え、同じく上品な紫、淡い水色と緑。
そして粒の小さめなミラーボールと、細い光の筋がいくつも見えるスポットがある。

だから、照明ばっかり見てました(何してんの)
あれ、そういや珍しく昨日は、
undergroundの照明でストロボを使っていなかった様な。
(いつも欠かさずお願いしていたのに)

もひとつROCKETSの素敵なトコは、対バンさんにハズレが無い事。
もちろんお客さんにはそれぞれ音楽の好みがある訳で、
一概には言えないのだけれど。
あくまで演奏技術とか音楽に対する意識とかでね、
とりたてて低いところが見当たらない。
そういう箱に出させてもらえる様になってきたって事は、少なからず、
雑グラが成長しているって事なのですよ。

これだけ世の中にバンドがあれば、
正直「金返せ」って思う30分を提供してくれるバンドも腐るほど居るものです。
人としてどうなの?な輩も居るものです(あ、今ちょっと嫌な思い出が脳裏を…)

ま、話を雑グラのライヴに戻しますと。

SE~オープニング~escapeの流れがとても格好良く、
短調で激しい変拍子が大好きなあたしとては(凄い偏った好み)
めっさツボでした。

変拍子ではないんですけどね。
重く格好良いのですよ。

あたしが体調を崩してしまい、結局本番を見れなかった2/12(日)のライヴでも
彼らは新たなオープニングパフォーマンスを試す打ち合わせをしていて。
それも見たかったんですけどね。

なんしか昨日は、今日に至るまでの色々な事とか、
感傷的な気分と相まって泣きそうでした。

2曲目のaloneで涙は引っ込んだけどな…!
(ぷふー)

いや、さっちんは頑張ってたよ。うん。

escapeはさ、もっと良くなると思う。
元々の楽曲がいいから。

衝動? うん、衝動。
後半の衝動がもっと足りない。
演奏している君達は「I wont」という歌詞の様に
心から本当に何かを欲しているの?

それはきっと、舞台上の自分達以外の他者を認識していない内は見つからない。
見て欲しかったら、ちゃんと向き合わなきゃいけない。

「寂しい」って言ってるだけじゃ、
状況は何も変わらないよ(え、何の話)

3曲目、スーパーカーでちょっと持ち直す。ちょっとだけね。
というかこの曲、何故か世間様では雑楽曲の中で1~2位を争うほどに
評判が宜しい様ですが、あたし的には普通なのです。

だって長調…(そこかよ)

んー、SUNRISE2005の前に「スーパーカーを見直そうぜ!会議」をして、
その後から曲の雰囲気が良くなって。
SUNRISE2005の本番の時に「この曲っていいかも…!」って思えて。
あん時のさっちんには、何か客を惹き付ける雰囲気があった様に思う。
その頃から安定はしてると思います。

スーパーカーとundergroundにはきっと、
演奏している皆の迷いがないよね。
曲の事、細部までよくわかってるから。
個人個人、ミスとかはあるのかも知れないけれども。

散千は、「あれ?もっと良かったやろうこの曲」って感じたの。何故か。
いや、悪くはなかったよ?
ただ、あたしが聴いたベストではなかったんやろうな、と。
もうちょっと息合うやろ、みたいな。
飛ぶタイミング?
でもこれは、あたしが見ていた位置の影響かも知れないし。
一番気になったのは、間奏部分の棒立ち。

あたしはescapeと散千が大好きなので、
特にこの曲には厳しく求めてしまうのです(笑)
悪しからず。

さて、ここで噂のMC。
この日のゆぅちゃんのMCは本当に良かった。
普通に喋る様に喋っていて、語尾など聞き取り難い事もなく。
彼のキャラクターの良さが発揮されていた。
表情にも、自然に自分の感情が表れていた。

そこで笑ったり声を出したりして雑メンズの気分もほぐれたのか、
Hugから格段に雰囲気が良くなる。音とか。
ゆぅちゃんなんて、演奏中に極自然にふっと笑顔が溢れる始末。

そう、それだよ!
最初っからそういう気持ちで演ってればもっと良かったのに…!!

と、偉そうな事を言ってしまい申し訳なく(それ最初からな)
まァ、形式上詫びてみただけですけどね(最低だよこのうし)

あ、ちなみにMCの内容はね、
ゆぅちゃん家のポストにゴーヤを突っ込んだ犯人が、
主婦のNさんこと夏目さん(言うてるがな!)やった、っていう話ですよ。
あたしの文章ではゆぅちゃんの愛らしさが1ミリも伝わらないので、
できれば一度はライヴで、生ゆぅちゃんを味わっていただきたいものです。
日本語、全然ちゃんと喋れてませんけどね(ぷ)

「飼育に疲れて…ポストならどこでも良かったんです!」
(夏目さんは一体何を飼ってるんですかい?)

「こうきせいおうしん…あ、旺盛や(てへ☆)」
(好奇心も言い直してくれよ)

まァ、そこにまた母性本能をくすぐられる訳ですが(貴様、ハマっとるがな!)

あぁ…何だか長文過ぎて書くのが面倒臭くなってきたな。
読んでる方もかーなーりー面倒臭いと思うんですけれども(暇なんですか?)

undergrondに関しては言う事がない。
満点じゃないけど、出来上がってるから。
この曲を聴くと、ラストだなーっと思う。

そのラストの「雑音gravityでしたーっ!」の後、
ゆぅちゃんが舞台の前まで来て、ピックを投げた。
飛ばなかった(ぷぷ)

それは明らかにDくんの前に投げられたのだけれど、
あたしは「あたしに投げてくれたんだ…!」(妄想って素晴らしい)と思い込む事にし、
「ゆぅちゃんのピック!ゆうちゃんのピック!!」(少し落ち着け)と
Cくん及びDくんに探してもらいました(何人様使ってんの)

そして、見つけてくれたDくんにゴネ倒して、ピックを譲っていただきました。
(もう、いい歳こいた大人ですよね…?)

そんなこんなでアンケートも書き倒しつつ。
彼らは結構アンケートの意見に左右されるので、
聴きたい曲などあれば、書いておくと良いと思いますよ。

「Birth」とかね…!(それ君な)

BirthとかBirthとかBirthとか朝真夜とか愛撫とか。
「ここにあるすべてを」は何処へやら(なんぬ)
それなのにまた、何だか違う新曲を練習しているらしいのですよ。奥さん。
あたし好みな曲名だった気がしたけど、忘れちゃったや(使えねェ)

帰り際、この日の一番の目的だった「CDにサインをしてもらう」を
実行する為に物販コーナーへ。
ええやんか。
だって、神戸ARTHOUSEん時にやってもらってるお客さんが居て、
羨ましかったんやもんさ。どやさ。

「ちょ…ジューシー、要らん紙持ってへん?」

「要らん紙」扱いされた余りのアンケート(うぉい)を使って、練習をするつよぽん。

うし「わー、この人、サインの練習してはる…!」
つよ「それは言わんといて…!言わんといて…!!」
まひ「"ひ"を失敗したから、二重線で消して書き直して良い?」
うし「お願いやから止めて下さい。ホンマ止めて下さい」

違法な手段でゲットしたゆぅちゃんのピックを嬉しそうに見せたら、
何とCDのノベルティでつよぽんのサイン入りピックが付いてきた(吃驚)

ごめ…あたし、ステージから投げたピックが欲しいの…(何そのこだわり)
ダイレクトキャッチしたいの…(何その意気込み)


あたしはマネージャーから離れて、
ただの嫌な客に成り下がっただけだった(がびーぬ)
AD

雑音gravityを卒業します。

テーマ:
という事で。

私は昨日をもちまして、
正式に雑音gravityのマネージャーというポジションから
離れる事になりました。

この件に関しては、web上に文字で書いて
不特定多数の方にお伝えする事などは特にないです。

さっちんと、美味しいゴハンを食べつつお話しました。


今後は、暫くはひっそりライヴに遊びに行ったり、
思いつきだけでファンサイトを作ってしまったりと、
普通に一人の雑ファンとして、此処に居ると思います。
先の事は今はわかりません。

雑音gravityを通して出会ったバンドマンの方々やお客様方、
色々とお世話になりました。
有難うございました。

「雑音gravityのミタマ」でなくなっても
私という人間にまだ興味を抱いて下さる方が万が一居られましたら、
今後も適当にお相手下されば、と思います。


別に何処にも行かないし、
このブログも飽きるまでは更新するつもりなんですけれども。
一応の区切りとして、取り急ぎご報告まで。
AD

「Re:Birth」SoundSpace編

テーマ:
サウスペ1

ずーっと前に対バンさせていただいた事があるらしく、
それがご縁で今回のイベントにも出演していただく事に。

自主イベントの前にSoundSpaceさんのライヴを見に行ったらしいさっちんは、
「ヤバイ。格好ええ。頑張らなウチ食われるわ」って言うてました(笑い事ですよ)

いやでも実際めっちゃ格好良くてですね。
「もう食われてもいいや。むしろ食ってくれ」ぐらいの勢いでですね。

別にトリに演る事に何のこだわりも無い雑メンズは、

「このイベントでは雑グラがトップで演って、
 後は自分らが他のバンドのステージを楽しもう!」

みたいな感じですからね(笑い事ですよ)
それぐらい格好良いバンドさん達とイベントをできた事、
とても嬉しく思います。

やっぱりお客さんに「来てよかったー」って思っていただきたいし、
「今後の付き合いもあるから、あのバンドさんに声かけておこう」
みたいな、大人の社交術的な、何か打算的な思惑渦巻くイベントなんて嫌だし。

売れたいならいつかそう綺麗事も言っていられない時が来ると思うけど、
最初のイベントで、自分達が格好良いと思えるバンドさん達と一緒にできて良かった。

サウスペ2

サウスペ3

ニュアンスしか伝わらない写真達。
AD

「Re:Birth」RETRO編

テーマ:
Gt.西川さんがインフルエンザに侵されたと、
前日(やったかな)に伺いました。
「伝染ったらヤだなー」と思いました(この人でなしめが)

いやいやいや。
大丈夫なのかなって。
当日出れるのかなって。

入り口に貼るヤツに書いてるバンド名に
修正入れるの面倒臭いなって(この人でなしめが)

レトロ1

曲名をド忘れしてしまったんですけれども、
RETROさんの賞を取られた、あの曲。
初めて聴いた時にはそうでもなかったんですが、
こうしてレポを書いていたりすると何気にメロがまわったりして。
RETROといえば、その曲を思い出したりします。

曲も、Vo.の鏡さんも、何か雰囲気を持っていらっしゃるバンドです。
新曲「青空センチメンタル」のジャケットイラストも、
鏡さんが手描きされたものだとか。

打ち上げでも何か、楽器隊の方々が
つよぽんとかのお話相手になって下さっています。

レトロ2

高熱をもろともせず、ギターにMCにと大活躍の西川さん(赤い人)
そんなこんなで。
照明のトラブルにより、急遽RETROさんの前で演る事になった
TAKAZOくん&さっちん&つよぽんの急造ユニット。
名前すら無いほど急遽やる事になったユニット。

椎名林檎ちゃんの「月に負け犬」を演りました。

ユニット1

至近距離で写真を撮っていたので、TAKAZOくんはきっと
「邪魔なんだよ、このうしめが…!」って思っていたに違いない。
(生きてて御免なさい)

ユニット2