抱っこも授乳も楽になる!骨盤を整える産後ママのバランスボール前橋高崎

「抱っこや授乳がつらい」「産後にイライラすることが増えた」そんなお悩みをお持ちの産後ママのための前橋と高崎駅前で開催している産後ケア教室です。身体のケアだけでなく、コミュニケーションワークで「夫婦仲がよくなった」の声も!


テーマ:

こんにちは。

 

群馬の産後セルフケアインストラクター峰岸圭衣です!

 

産後にこんなお悩みをお持ちの方いませんか?!

 

◆産後のお腹周りがぶよぶよのまま 

◆産後に肩コリや腰痛がひどくなった
◆尿漏れがなおらない
◆疲れやすくなって、赤ちゃんの抱っこや授乳がツライ
◆骨盤のゆがみが気になる

 

こんなお悩みを解決できちゃうのが、この「産後ケア教室」なんです!   

 

 

出産後の女性の身体は、大事故にあったのと同じくらいのダメージを受けています。

 

母体から赤ちゃんが出てきた後に、胎盤が出てきます。

 

胎盤は、赤ちゃんに酸素や栄養を送るための臓器です。

 

その臓器が剥がれて出てくるわけですから出血量も多く、産後の母体は、いわば、内臓が損傷している状態なのです。

 

ですが、出産は病気ではないし、内臓の損傷は外側からはわからないですから、皆さん産後の身体がそんなに大きなダメージを負っているとは思わないんですね。

それに加えて、妊娠中からあまり動かなくなっていきますから、産後の身体は、筋力・体力が低下しています。


「妊娠中はお腹に負担をかけないように」と、腹筋を使わず背中を大きく反る姿勢でいることで、腰痛になってしまうこともあります。

そんな産後の体のダメージを回復させず、体力や筋力を消耗したまま「お腹のぶよぶよをなんとかしたい!」と、無理なダイエットをしてしまっては、より大きな身体の不調も招きかねません。

 

 そんな産後ママに!

 

この教室では、ダメージを受けている産後の体にも負担をかけることなく、しっかりお腹周りの引き締めを行うボールエクササイズとセルフケアをお伝えしています。

 

それに、エクササイズ後の身体は、全身の血行がよくなるので肩こりや腰痛が軽減されて抱っこや授乳が楽になります!

 

産後に体力を消耗した体に、無理なく体力がついて妊娠前より健康に元気になれるから、赤ちゃんとのお出かけも楽しめるんです。

 

この教室は1回120分を週に1度、4回で1コースです。

 

皆さん初対面で「はじめまして!」の状態からスタートします。

でも、教室ではご参加同士が「~ちゃんママ」ではなく、母自身のお名前でみんなで呼び合いますので、母としてではなく「自分自身」で繋がれる仲間ができるんです。


母としても女性としても楽しめますよ!

では教室で、どんなことをするのでしょうか?!

1回の内容は3部構成になっていて、以下のような流れで行います。

 

①バランスボールエクササイズ
 
 

エクササイズは、産後の骨盤に負担をかけずに、しっかり動いて体力をつけ、お腹周りも引き締められるバランスボールを使った有酸素運動です。

教室は、4回で1クール。


エクササイズの運動量は、1週目から徐々にあげていきます。 運動が苦手な方でも、少しづつマイペースに進められるので、無理なく体力をつけることができます。

音楽に合わせて楽しみながら、産後の骨盤の歪みを整えるのはもちろん、全身を使った有酸素運動ができます。

◆生後210日(6ヶ月)までの赤ちゃんは一緒にご参加いただけます。

母が赤ちゃんを抱っこして弾むことで、気持ち良い揺れに寝てしまうことも。

バランスボールは寝かしつけにもいいんです。

身体を痛めない正しい抱っこの姿勢を身に着けることもできますよ。

 

 
②コミュニケーションワーク
 
 

 

この場は、相談をしてアドバイスを言い合ったり、意見を言う場、ということではなく、まずは「自分自身のこと」を話してみましょう、という場です。

女性は「母」になると赤ちゃん優先になりがちです。

支援センターや児童館での会話は「~ちゃんママ」として行われるので、赤ちゃんのオムツの話や離乳食の話がほとんどではないでしょうか。

でも、家族が増えた今だからこそ、「女性として」「母として」「妻として」自分自身のことも大切に考えてみませんか?!

難しいことではありません。


これまでだって、学生時代、社会人時代は、自分のこれからについて、どんな道に進みたいか、どんな仕事をしたいのか、よーくよく考えましたよね!

それも、友人や会社の同僚と飲みに行って、アツく語ってみたり…

妊娠中には「どんな母親になりたいか」「どんな風に子どもを育てるのか」など、これも考えてみたのではないでしょうか。


 でも、産後になると「母自身のことは後回し…」「赤ちゃんのことにいっぱいいっぱいでそれどころじゃない…」「そんなこと考える時間も気力もない…」となってしまうのが、産後のカラクリ…


ですが、子育て中でも、母自身の人生だって続いているんです!

環境も身体もガラッと変わった産後の今だからこそ、「母となった私」はこれからどうしていきたいのか…

働きたいのか?専業主婦がいいのか?

 

夫とはどんな風に家族を作っていきたいか?

子育てと仕事、どちらもしたいけれど…どうしたらいい?


夫にも一緒に子育てをして欲しいけれど、どう伝えたらいい?

などなど、学生時代や社会人時代と同じように考えてみることが必要ではないでしょうか。

じっくり考えて言葉にしてみることで、周りの家族・世間の声や溢れかえるネットの情報に振り回されることなく、「自分の本当の望み」を選ぶことができるんです。

ワークでは「人生・仕事・パートナーシップ」の中から一つ選んで、自分自身のこれからについての希望を話してみます。


ご参加者同士、二人組になっていただき、ペアになった方に話をしていただきます。

最初は言葉が出てこないかもしれません。

でも、大丈夫。

産後の身体と同じく、4週かけて、少しづつ言葉もリハビリをしていきます!


ペアになり各々「話すこと」と「聴くこと」両方をやっていただき、最後に全員で輪になり、ワークをやってみて気づいたことや感じたことを、言葉にしてシェアをします。

もちろん、全体でシェアするかどうかは自由ですので、話したくない人は話さなくてもOK。

人の話を聴くことで、自分自身を見つめ直すことができ、今までの自分の価値観が変わったり、視野を広げることもできます。

それに、ここでみんなで「自分自身」の話ができることで、ご参加者同士の距離も縮まり「ママ友」ではない「友達」になれるんです!

多くのご参加者が「実は、最初このワークが嫌でした…」と明かしてくれます。

それと同時に「でもやってみてよかった。」「自分自身のこれからにも目がむけられるようになった。」「夫と話してみるきっかけになった。」などの感想をくださっています。


「~ちゃんママ」という一面だけではなく「自分自身」も持って人生を歩む母を、赤ちゃんもパートナー(夫)も頼もしくおもうのではないでしょうか。
 
 
③自宅で簡単にできるセルフケア
 
 

 
教室にいる時間よりも長い、お家での時間。

家事や育児の合間に、簡単にできる道具のいらないセルフケアをお伝えしています。


コースを卒業しても、お家で自分で自分の身体の声を聞き、ケアができるようになります。

・1週目「平らなお腹の作り方」

・2週目「肩こり解消法」

・3週目「自律神経を整えぐっすり寝られる骨盤呼吸法と骨格調整」

・4週目「骨盤ケアしながら歩く!ウォーキング」



<ご参加者の声>
・ベルトが手放せなかったほどの腰痛が軽くなった!姿勢も良くなりました。(Nちゃん 産後7か月)

・尿漏れパットを使うのがアタリマエ…になっていたけれど、使わなくても外出できるようになった!赤ちゃんとのお出かけが楽しくなりました。(Yちゃん 産後6か月)

・ズボンが緩くなった!妊娠前のズボンがすんなりはけるようになりました。

夫にも「細くなった」と言われました。(Yさん 産後6か月)

尾てい骨の痛みがなくなった、明るくなった私に夫も喜んでいる!という嬉しいお声も。
 
1ヵ月、あっという間でした。でも、得たものが沢山ありました。

股関節や尾てい骨の痛みは本当にひどく、産後2ヵ月はまともに歩けず寝返りも出来ず子供を抱っこして立ち上がるのも授乳の体勢も本当に地獄でした。

産後4ヵ月間は産後骨盤整体に通ってました。

股関節の痛みはかなり改善されましたが、尾てい骨の痛みは子供が成長していくごとにひどくなっていきました。

体重は戻っているのにお腹は全然ひっこまず、

改めて筋肉がなさすぎると…。


もう整体のように他人任せでは難しい所にきたのかなと…

これからは、自分自身が動いて筋肉と体力をつけ

改善していかなければダメなのかなと。


そこでネットで、偶然峰岸先生の教室を見つけて思いきって応募してみました。

バランスボールも初めてでしたし、子供を抱っこしてなんて無理と思っていたのに、体を動かすことが楽しくてもっとやりたいと思いました。

他の生徒さんも同じ産後数ヵ月の方々だったのもよかったのかもしれません。

一番驚いたのは、数ヵ月整体に通っても改善されなかった尾てい骨の痛みに変化が起きた事、

何年も会えなかった友達に自分から会おうと連絡をとった事、

少し時間が出来てもなかなか動けず出来なかった家事が出来るようになってきた事など…

なぜだかわからないけど、教室に行きはじめてから体だけでなく精神的にもすごい変化がありました。 そんな私をみていた主人も喜んでいます。


私の体調が良くなることで、私だけでなく家庭が明るくなるんだなと思いました。ますます、健康になりたいという思いが強くなりました。

今は、すごく体を動かしたいです。

でも、三日坊主タイプで1人ではまだ厳しいと思うので、もう少し単発クラスでお世話になりたいなと思っています。


この教室に出会えて本当に良かったです。

もう少し、ご指導宜しくお願いします。

(Mちゃん 参加時:産後6か月)

さらに、こんな喜びの声も!!↓
 
身体のケアも効果があったので書きますね。

くびれができた

抱っこしていても、前より腕が楽になった

*姿勢(骨盤を垂直に保つ)を気にするようになった

*汗をかくと自然にすっきりした気持ちになって笑顔になれた


追伸、二人目はもっと早くお世話になりたいです(笑)


Yちゃん(参加時:産後7か月)

 

前橋教室5月コース】*満席になりました→キャンセル待ち受付中

5月11日、18日、25日、6月1日(金) 10:00~12:00

2017年11月3日以降に生まれた赤ちゃんは4回一緒にご参加いただけます。

 

前橋教室6月コース】*受付中

6月8日、15日、22日、29日(金) 10:00~12:00

2017年12月1日以降に生まれた赤ちゃんは4回一緒にご参加いただけます。

 

<場所>

いまいウイメンズクリニック

(旧今井産婦人科内科医院)

前橋市東片貝町875


 

<受講料>

12000円(4回分)+保険料

(*1回2時間3000円✕4回分)

*補償の手厚い「レクリエーション傷害保険」へご加入いただいています。保険料(4回分)として母子一組につき240円(単身の方は120円)を受講料と合わせてお支払いいただきます。

*指定口座(群銀もしくはゆうちょ)にお振り込みいただきます。お申込後ご案内をお送りします。

 

*キャンセル料について
受付後にお申込みを取り消す場合は、受講料から下記のキャンセル料+事務手数料1080円を差し引いた金額にてご返金いたします。あらかじめご了承ください。

<キャンセル料>

講座開始日より1か月以上前……無料

講座開始日より30日から5日前……受講料の20%

講座開始日より4日前から前日まで……受講料の50%

講座開始日または開始後……受講料の100%(返金なし)


<定員>
8組


<対象>
産後2ヶ月以上の女性

*産後の1か月検診が問題なく終了していればご参加いただけます。
*産後数年経っていてもご参加いただけます。


【お子様の同伴について】
生後210日(7ヶ月前)までの赤ちゃんは一緒にご参加いただけます。


*生後211日(7ヶ月)以降の赤ちゃんは信頼できる方にお預けになってご参加ください。

*生後210日以内の赤ちゃんでも動きやアピールが活発な場合には、単身でのご参加をご案内する場合がございます。
6ヶ月を過ぎると、赤ちゃんも動きや、アピールが活発になってきます。

教室では、赤ちゃんも、母親も、それぞれが整った環境で、充実した時間を過ごせるように、同伴できる期間を6ヶ月までとしています。
これを機会に、地域に子育てサポーターを見つけませんか?!

*お子さまの預け先が見つからないという方には同じ建物の別室にて有資格者による託児(有料です。)もご案内しています。先着2名まで。お申し込み時にお問い合わせください。

 
初めての託児を経験される方も多いのですが、同じ建物の中ですし、短時間ですので、安心です。

保育士資格とチャイルドマインダーの資格を持ち、たくさんのお子さんを託児された経験のある頼もしい先生です。

「初めてで、躊躇していたけれどこんなことならもっと早く預けてみればよかった!!」というお声もありますよ。

赤ちゃんを信じて、母子それぞれの成長の時間を作りませんか?!
  *この教室はNPO法人マドレボニータの認定教室ですので、一度マドレボニータ事務局へお申込みいただく形となります。お申込後、講師峰岸よりご案内をお送りします。

*下記の対象に当てはまる方はNPO法人マドレボニータの「産後ケアバトン制度」をご利用ください。
以下にあてはまる方は、「産後ケア教室」の受講料補助や介助ボランティアによるサポートが受けられる場合があります。

●多胎児の母

●ひとり親

●障がいのある児の母

●出生~生後180日の間に連続21日以上入院中または入院した児の母

●妊娠22週以降に連続45日以上入院した母

●10代の母

●早産児(34週未満で出産)・低出生体重児の母(出生体重2000g未満)

●東日本大震災で被災し、避難中の母


◆産後ケアバトン制度でのお申込みはこちらをご覧ください。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)