CHICKEN MEN (鶏麺)

「白湯」の漢字読めますか!?

僕が読めるようになったのは。
福岡の鶏白湯ラーメンの有名店「はなもこし」からでしょうか。

豚骨文化の福岡で、豚骨とは違う、濃厚なスープ。
「好き!」と思いながらも「濃ゆ!」と思った覚えがあります。ラブラブ

その日は、「痛風のお薬出しときますね。」的な診察も終わり、気分は、近くのチキン南蛮カレー。カレー
でも、定休日~。残念。

 

(この麺!)

 

(このつけダレ!)

 

(とりぱいたんらーめん)


城南線に向かい、チキンチキンと考えていると、「鶏白湯拉麺」の提灯。
CHICKEN MEN (鶏麺) にたどり着いたのでした。ランニング

いつもの苦手な券売機。
入店するまでの鶏白湯拉麺の気持ちは、はどこへやら。
緊張して、違うメニューを押してしまう。うずまき
今回は、ラーメンですら見つけられずに、つけ麺になってしまいましたとさ。ガーン

(券売機で見れるといいんだけど。。。)

 

不幸中の幸い。
濃厚なつけ汁に、手打ちの麺。
チャーシューをはじめに具材も上品で、満足な1杯となりました。

(鶏白湯スープを作る圧縮式の寸胴)

 

奥にある圧力型の寸胴が、濃厚スープの源です。
器具の進歩は、新たな食文化を作ります。
凄く時間が短縮できたり、手間をかけずに美味しかったり。
調理器具も調味料もどんどん進歩しているのです。キラキラ

(何か練り込んであります。見えますか?)


今朝も、朝のニュースで「茅の舎」が取上げられ、江戸時代の調味料「煎り酒(いりざけ)」が紹介されていました。日本酒
「煎り酒(いりざけ)」知らないでしょ。
僕も今朝まで知りませんでした。
原材料は、酒と梅と鰹節と塩。

 

(買ってきたよ!)

 

「煎り酒(いりざけ)」は、濃い味を求めていった時代背景の中で廃れたらしいですが、減塩・薄味・旨味のこの時代にベストマッチ。
痛風の僕には有り難い。晴れ

でも、たまには、このガツンとする旨味も堪能したいですね。
「塩ラーメン」「鶏白湯ラーメン」「台湾まぜそば」と食べたいものが目白押し。

少なくとも3度は行かないといけません。
予約ができるのもいいですね。

↓↓応援お願いします!↓↓
人気ブログランキング 

福岡食べ歩きランキング 

 


 

 

CHICKEN MEN (鶏麺)
ジャンル:ラーメン、つけ麺、台湾まぜそば    
050-5590-6692(予約専用番号)
092-791-3636(お問い合わせ専用番号)    
福岡県福岡市中央区渡辺通2-3-8 1F
お店の情報
【リピート期待度:4】

AD