明るい霊能者・スピリチュアルメッセンジャー『美鈴』の運命が変わる「魂みがき」の日記

相談者が殺到!ビシバシ当たる本物の霊能者美鈴が伝える誰も教えることができなかった大人の道徳。心のくもりが一気に晴れ楽しく学べる人生の教科書、本当の霊的真理が幸せへの道しるべとして心の扉をノックします♪


テーマ:
■本日の【金の魂語】 (きんのたまご)

 

残念ながら…
  
人生には、どれだけ努力しても
  
報われないこともあります。
  
善意で行ったことでも
  
報われないときもあります。
  
  
  
それでも…
  
「努力しなきゃ良かった…」
  
「善いことしなきゃ良かった…」
  
などと後悔する必要はありません。
  
それこそ、全てを無駄にしてしまう愚かな思考です。
  
  
  
積み重ねてきた努力も善意も、
  
『今のあなたが望む形ではありませんが、
  
  あなたの人生・未来・幸福に必要で相応しい形で必ず実るのです。
  
  現実を受け入れて視野を広げなさい…』などの
  
守護霊さまなどからのメッセージが込められているのですから、
  
思い通りにいかなくても…
  
真理をもとに神さまに恥ずかしくない言動で努力してきたのなら、
  
そこに込められたメッセージや全てを受け入れて、
  
柔軟に前を向き、新たな目標を定めたり、
  
挫けず諦めず腐らずに善意を持って寄り添うことを止めないことが大切なのです。
  
  
  
努力や善意が「無駄になる」ことは、
  
絶対に無いのですから…

  

 
 
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
友だち検索のID検索「@misuzu」
友だち追加数

 


読者登録してね 



 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
■本日の【金の魂語】 (きんのたまご)

 

「怒る」と「叱る」の違いは、
  
「怒られた」「叱られた」本人には
  
その違いがハッキリと分かるはずです。
  
例え、その瞬間に「感情」が邪魔して分からなかったとしても…
  
後で必ず、冷静に受け入れて理解することができるものです。
  
  
  
ご両親の目の前で、ふざけて車道に飛び出してしまった幼児に対して、
  
お父さんがとっさに子どもを抱えて歩道に連れ戻し、
  
お母さんが膝をついて“なぜ車道に飛び出してはいけないのか”を、
  
動揺を抑えながら涙目で必死に伝えておられました。
  
そこへ通り掛かった中年のご夫婦が、
  
「どうしたの?虐待じゃないよね!?お子さん泣いてるじゃない…
  
  かわいそうだよ~やっぱり虐待でしょ!?…」と話し掛けていました。
  
お父さんも「いや、違います。すみません…」と困った感じで対応しておられました。
  
その一部始終を遠くから見ながら近付いて行って、
  
私は、「危なかったですね~。お父さんお母さんビックリしましたね!!
  
何事も無くて本当に良かった。」お子さんには「もう飛び出しちゃだめよ~」
  
と声を掛けました。すると、ご両親はホッとした様子で
  
「すみません、有り難う御座います。」と応えて下さって、
  
お子さんは、(お母さんが言っていることと同じように、自分のした行為が
  
ダメなことだって他の大人も言った。あっ、お母さんが言ってたのは本当なんだ)
  
と落とし込めたみたいで、ウルウルのお目々でペコッと頷きました。
  
  
  
大丈夫?と声を掛けることは良いことです。
  
しかし、目に見えることだけで判断したり、
  
寄り添わず“自分よがり”になってしまったり、
  
経験や感動に乏しく、観察力や考察力…想像力が足りなければ、
  
“あやまち”となってしまうのかもしれませ。
  
  
  
声を掛けた中年のご夫婦は、
  
上から斜めに見下して…見ていても「不愉快」な感じでした。
  
あのご夫婦とご夫婦のご家族に“良い気付き”がありますように…(祈))

  

 
 
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
友だち検索のID検索「@misuzu」
友だち追加数

 


読者登録してね 



 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)