明るい霊能者・スピリチュアルメッセンジャー『美鈴』の運命が変わる「魂みがき」の日記

相談者が殺到!ビシバシ当たる本物の霊能者美鈴が伝える誰も教えることができなかった大人の道徳。心のくもりが一気に晴れ楽しく学べる人生の教科書、本当の霊的真理が幸せへの道しるべとして心の扉をノックします♪

NEW !
テーマ:
■本日の【金の魂語】 (きんのたまご)

我が子に、ビクビク気を使いながら顔色を伺い…

当たり障りなく接している親と、

奴隷か召使いを従えているかのように、

親を顎で使って見下している子を、

良く目にします。



親はこうあるべきだ!

子はこうあるべきだ!

こうでなければ困る…



と、どちらも相手に対して「依存」しているので、

拗れることを恐れて「このままではいけない」と、

『自律』するために覚悟を決めて向き合うことができないのです。



どちらも「自分が可愛い」

どちらも「自分の将来が優先」では、

せっかく“学び合うために家族になった”のに、

お互いに不幸にしあっているだけの台無し親子…

本末転倒となってしまうのです。



親子だからこそ礼儀も忘れず敬い合って、

気を使うのではなく気を利かせて、

あ互いの幸せのために心で寄り添うことを忘れてはいけません。



ときには…

親子だからこそ、激しくぶつかり合ったり、

親子だからこそ、我慢して待たなければならないこともあるでしょう。

でもそれを恐れていたら、

愛も絆も深めることはできませんし、

お互いに自律することもできません。



親子は、いつでも…

100%の愛で向き合って欲しいのです。

いけないことは、なぜいけないのか諭して欲しいし、

頑張ったら褒めて欲しいし、

支えてもらったら感謝して欲しい。

みんな…

“見ていて欲しい、向き合って欲しい、受け入れて欲しい…愛して欲しい”のです。

親子になったことも「必然」です。

背を向けずに、お互いに“育み合い”ましょう。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

友だち検索のID検索「@misuzu」
友だち追加数



読者登録してね 




いいね!(16)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
■本日の【金の魂語】 (きんのたまご)

「働くのは当たり前のこと」

という“常識だから”で働いていると、

心も身体も疲れ果ててしまいます。



何のための働くのか…

その動機・理由を真剣に考えることが大切です。

家族のため?食べるため?生きるため?

「何のために、どうして働くのか」

を、理解できると多少の苦難も

「何のこれしき!!」と底力が溢れてきて

愛念を込めて腹をくくることもできますよね。



自分を見失わないためにも、

冷静に自分と向き合いながら考えてみましょう。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

友だち検索のID検索「@misuzu」
友だち追加数



読者登録してね 




いいね!(18)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
■本日の【金の魂語】 (きんのたまご)

ちょっとうっかり写ってしまった心霊写真…

きっと多くの方が…実は、持っていらっしゃることでしょう(笑!)。

そんな写真の異変!?に気付いてしまったら、

「怖い」「キモい」などと直ぐに処分することを考えるのではなく、

なぜこの位置に写っているんだろう…

なぜこのような表情なのだろう…

などと、分析することも大切です。



ひょっとすると、あの世へ先に旅立った御先祖…身内や知人友人などが、

一緒に写っている人や、その写真を見る人へ

大切なメッセージを伝えて下さっているのかもしれません。

心霊写真の半分以上が、大切な愛のあるメッセージを含んでいます。



………なのですが;



どうしても、分析しようにも…「怖い」「キモい」な写真は、

無理をして分析する必要はありません。

ご自身の直感を信じて、神社やお寺などでお焚き上げしていただいたり、

九字を切って処分するなどの方法で“見なかったこと…”にしていただいても

良いのではないかと思います。



そろそろ今年も、心霊写真とそのご相談がドッと押し寄せる時節…。

まだ、台風も発生していないような状態で(台風、ちょっと心配ですね…)

気が早いかもしれませんが、

心霊写真や心霊番組などを、“娯楽”としてしまうと、

とてつもなくたくさんのマイナスのカルマを発生させてしまいます。



ひょっとすると、そのカルマは…

私たちが死んだ後も追い掛けて来るかもしれません…

次に、「怖い」「キモい」と嫌がられるのは、私たち自身かもしれません…。



うふふ♪


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

友だち検索のID検索「@misuzu」
友だち追加数



読者登録してね 




いいね!(18)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
■本日の【金の魂語】 (きんのたまご)

「自分に、いま足りていないものは何か…」

これを良く見極めることで、

私たちの「精神力」「人間力」「氣力」…

そのすべてを今より強くするための手段が見えてきます。

そして、その“手段”をもとに…

「自分を変えよう」「変わらなければ」

と努力を始めたとき

私たちのオーラは強く大きく美しく輝き出して、

何もかもが良い方向へと向かい出すのです。



オーラが変われば、まず最初に

対人関係に大きな変化があらわれます。



せっかくの人生、精神状態をあらわすオーラが弱々しいままで

「何も良いことがない…つまらない人生だ…」と、

ぼやきながら生きるより、

自分に足りないものを、しっかりと補強しながら

強くて、大きくて、逞しくて、美しい素敵なオーラで、

キラキラ輝く人生を送りましょう。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

友だち検索のID検索「@misuzu」
友だち追加数



読者登録してね 




いいね!(20)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
■本日の【金の魂語】 (きんのたまご)

昨日から、ツバメの夫婦が玄関の上に

巣を作り始めました。

見ていると感心させられることばかりで、

同時に感動をいただいています。



先ほどは、とても大きな蛍が綺麗な光を放ちながら、

ふわりふわりと飛んできて庭木にとまりました。



紫陽花やツツジ、薔薇やラベンダー…

風に揺れながら何やら囁き合っています。



自然界は私たちに、いつでも優しく寄り添いながら、

たくさんの感動と癒しを与えてくれています。



私たちが、“それ”に意識を向けることなく、

愛を注ぐこと感謝することを忘れてしまうからこそ…

大きな力で「気付き」を与えてくれるのかもしれませんね。

それも、愛ゆえ…

愛があるからこそできる“寄り添い”なのかしれません。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

友だち検索のID検索「@misuzu」
友だち追加数



読者登録してね 




いいね!(12)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
■本日の【金の魂語】 (きんのたまご)

寄り添うことを忘れていなければ…

会話をしていても、

自分のことばかり主張するのではなく、

相手の話を聞いて…

相手のことを理解しようとしますよね。

そうすると自然に、

何をどのように伝えるべきか、

どのような言葉で寄り添うべきかが見えてきます。



“人と話すのが苦手”…

まず、「話そう」と思わずに「聞こう」と思うと、

“苦手”は克服できるはずですね。



もっともっと、素敵に

コミュニケーションをはかりましょう!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

友だち検索のID検索「@misuzu」
友だち追加数



読者登録してね 




いいね!(30)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
■本日の【金の魂語】 (きんのたまご)

増え続ける殺人事件…

人は人を、こんなにも平気で殺せるものでしょうか?



“殺す”…本当に恐ろしい言葉であり悲惨で卑劣で愚か過ぎる行為です。

その相手が、自然界であっても、昆虫や動物であっても、

他人や家族…我が身や心であっても…

“殺す”という言動に「善」はありません。



作物や如何なる動物や魚介類でも、

私たちは、止むを得ず…その命を頂いていますが、

“殺す”こととは違うわけではありません。…同じです。

その行為で生まれるマイナスのカルマは、

しっかりと貯金されているのです。

「命をいただいている」ということへの感謝の心で食さなければ、

その分のマイナスのカルマも合わせて貯金されます。



日ごろから、「命への感謝」「命の尊さ」を 胸に刻んで

今この時を大切に生活できていたなら…

簡単に「殺す」「死ね」などと口にしたり、思ったり、書き込んだり

することは勿論…

行動に移すこともなくなるはずなのです。



余りに身勝手な動機が原因の殺人事件で、

被害に遭われた方々やご家族のお気持ちに寄り添えば、

本当に辛くて悲しくていたたまれない…

何とも言えない気持ちに押し潰されそうになります。

ご冥福をお祈りしながら、「またか…」が無い世の中としなければなりません!



本当に、本当に、「どげんかせんといかん!」です。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

友だち検索のID検索「@misuzu」
友だち追加数



読者登録してね 




いいね!(21)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
■本日の【金の魂語】 (きんのたまご)

無理をし過ぎて、身体や心が悲鳴をあげてはいませんか?



身体や心が発する声を聞いてあげることで、

今の自分がより良く理解できますし、

この世で生きるためには、魂・肉体・幽体の状態を

常に意識して良い状態に保つことは、とても大切なことです。



「言葉・行動・想い」は勿論…

睡眠・食事・癒し・治療・運動…など等、

しっかりとメンテナンスしてあげましょう!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

友だち検索のID検索「@misuzu」
友だち追加数



読者登録してね 




いいね!(36)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
■本日の【金の魂語】 (きんのたまご)

「宿命の課題」は人それぞれです。



結婚することが宿命の人と、結婚することが宿命ではない人。

子どもを生むことが宿命の人と、子どもを生むことが宿命ではない人。

無事に生まれることが宿命の人と、そうではない人。

親の愛をいっぱいに受けてすくすく育つことが宿命の人と、そうではない人。

それはそれは、たくさんの違う「宿命」がありますが、

“そうである人”と“そうでない人”のどちらが幸せとか、

幸せではないとかということはありません。



例えば…

結婚して家族を持たなくても、自分の両親や親族、または周囲の知人友人と

学び合うことができますし、

子どもを生まなくても、“子育て”が自分に必要だと感じたなら、

同じく“親”を必要としている子どもたちはたくさん生まれていますし、

ペットや自然などとも愛を“育む”ことは可能です。

無事にこの世へ生まれる前に、お腹の中で寿命を迎えてしまう赤ちゃんたちは、

どのようなことが原因であったとしても親を恨むことはありません。

例え短い期間でも、お母さんのお腹の中に宿ったときから、

お父さん、お母さんの愛情を感じながら様々な経験と感動を、

魂にしっかりと刻むことができているのです。

寿命が短かったから不幸、長生きだったから幸せ…とは限りません。



「宿命」が違うのと同じように「幸せ」の定義も様々…人それぞれなのです。



霊的視点からは、「この世の常識」と言われるものは、

首を傾げたくなるようなものばかり。

大切なのは「常識」ではなく、

この世に生きて、皆それぞれ持って生まれてきた「宿命の課題」と向き合って、

無駄なく魂を磨くために必要な「最低限のルールとマナー」なのです。



人と比べる前に、自分の「宿命」と向き合い・受け入れましょう。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

友だち検索のID検索「@misuzu」
友だち追加数



読者登録してね 




いいね!(33)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
■本日の【金の魂語】 (きんのたまご)

損得で表現するなら…

思い悩んだところで、何の得もありません。

悩むより行動です。



失敗したらどうしよう…

この選択が間違いだったらどうしよう…

もう、その時点で私たちは、

人生を“損得勘定”で考えているのです。

無意識に“ズル”をしようとしているのです。



結局のところ、決めるのは自分です。

どのような結果であったとしても、

「これで良かった」と思うのも…

「やっぱり失敗した…」と思うのも…

他の誰が決めることでもありません。

自分次第なのです。



どちらであっても、

「受け入れて、前を見て、次に活かして、自律する」

これが出来たら「人生丸儲け」です。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

友だち検索のID検索「@misuzu」
友だち追加数



読者登録してね 




いいね!(28)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)