ミスズの水槽観察日記

 30年以上前にグッピー飼育からスタートしたアクア生活。カクレクマノミの商業的のようなブリードをしていた時期もありました。現在はKR93SPを使いミドリイシなどSPSを中心にサンゴ飼育に傾注しています。主にサンゴ ミドリイシblogです。


テーマ:

akiさんから東京・練馬のカフェドロゼさんへお誘い頂いたので参上しました。

到着するとオーナーの清水さんが玄関前で薔薇のお手入れをされていました。

バイクで参上したワタクシがヘルメット姿のままでお声かけし大変驚かせてしまい失礼しました。

(※この画像は前回訪問時です)

ナオさんと3週間前にお伺いしたばかりです(汗

 

というわけで水槽撮影は自粛したつもりがついつい

もし自分の水槽でサンゴがダメになって次から買い足しするとしたらハナヤサイやショウガだけにしようかなと思ったりします。そこには今以上にダルマハゼやサンゴハゼを棲ませたいなと考えてみたり。

 

akiさんとは昨年7月以来です。そのときご子息にもスイハイしてもらっています(笑)

今回、私用が重なっていたために短時間になってしまいましたが楽しく充実した時間でした。

akiさん奥様はカフェドロゼさん水槽に勝るほどの美人さん!⇔拡散希望☆彡

松岡茉優似で(*´Д`)になってた件は内緒(笑)

名品のお土産を頂き恐縮です!akiさんありがとうございます♪また是非お誘い下さいませ。

 

さて我が水槽の近況ですがどうにか落ち着いてきたのですが、何となく不調の一因だったのかなと思うところがありました。添加剤など使っていないので持っている試薬はKHのみでしたが、どうもKH測定数値が怪しいなぁと思いました。

 

そこで新しい試薬を買ってきました。

いつの間にかパッケージが変わっていたようで右が新しいものです。

旧品(左)で測定するとKHは4.5~5.0 新しい方では6.0を示しました。旧品は開封後常温で6か月以上は経過していたので、すでに内容物が変質してしまったのでしょう。

新しいパッケージは中央のKHと記した部分が取説と一体になっていましたので他のシリーズ試薬と外装の共用化でコストダウンになるのかもしれませんね。

 

我が水槽では経験上、色判定のホビー試薬で概ねKHが8~9を示す環境が何となくSPSが健全かつリスキーな事が少ない気がします。phコントローラーの設定はそのままで、Caリアクター生産水の滴下速度のみを上げるように調整してみました。

もしかするとサンゴの成長やSPS体積が増してきたというのに近頃は生産水の滴下ペースだけしか見ていなかったです。不調と感じた頃にはすでに水槽内KHが慢性的な低下があったのかもなぁと、そんな気がしています。

 

KH試薬の変質などによる使用期限や測定結果の差異が出ているのを校正のように確認できる手段とか分かると便利なんですが、安価なホビー試薬に多くの期待をするのは酷かもしれませんし数値を追求するならマメに買い替えないと無意味ですね。

AD
いいね!した人  |  コメント(8)

ミスズさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。