「マジョダン」CV決定!

テーマ:
こんばんは。
見習い声優として声のお仕事をさせていただいています、良鳴三鈴です。

今日の内容は、タイトル通り!

野木ノゴず様創作の漫画「マジョダン」にて、「ロッズ」役を演じさせて頂くことになりました✨

イラストがとにかく可愛くて、キャラクターも全員可愛いというもう可愛いのかたまりのような漫画であります。
素晴らしい( •̀ᄇ• ́)ﻭ✧

まだCVさんは公開されていなくて、声もまだ上がっていないので、詳しくはまた後日に…。


話は変わるのですが、よくボイスコ(ネット声優)を始めたばかりの方から「良鳴はお仕事出来ていいよね。」と言われます。

私だって昨月から始めて、やっと最近1ヶ月を迎えた新米見習い声優です。

いいよね、と言われますが、頂いたお仕事の倍以上は落ちています(;^ω^)

皆様が思っている(私もそうでした)声優というのは、今私達がしているお仕事とは違うのだと思います。

ですが、結局声優というのは『声を使って演技をするお仕事』ですから、私達も声優と言って間違いないでしょう。

世の中で今声優は人気のお仕事で目指す人も多いですが、挫折する人も多いです。

というのも、自己満足の努力に固執してオーディションに落ちるという現実と向き合えていない人が多いからです。

オーディションに落ちた時、「次はもっと上手く演技してみせます!」では、その次からも上手くいくことは難しいでしょう。

そもそも声の仕事ですから、企画者様達のイメージと合わなければどれだけ演技が上手くても意味がありません。
ボイスコの皆様なら当然の事ですが、応募する際には狭い範囲の引き出ししかアピールする事ができません。

だからこそ、落ちた時にする事は演技以外を見直す事です。

音質や機器は充分か?ホームページやtwitterなどSNSはあるか?など。

特にホームページやtwitterなどのSNSは審査の対象にしている企画者様が多く、自分の引き出しの多さをアピールできる貴重な宝物ですので、充実させるに越したことはありません。

私も始めたばかりの頃は上手くいかず、出しても出しても落ちる日々…

そこで私が変えたのが、演技などではなく「名前」です。

一見関係なく見えるかもしれませんが、実際に名前を変えた直後にお仕事を頂きました。

皆が皆私と同じではありませんが、もし「中々上手くいかない…」という方がいたら、注目する点を変えてみてはどうでしょうか?

視点を変えると、今までとは違った景色が見えるかもしれませんよ!


…と長々と語ってしまい申し訳ありません。
新米なのに(((;´•ω•`;)))

私が何時もお世話になっているお師匠様の言葉から考えた事を書いてみました。

挑戦するのは確かに怖いですが、しなければ始まりません。

皆様のご活躍を応援しています(´˘`*)

そして私の事も応援してくれると嬉しいです|´-`)チラッ


「マジョダン」について何か動きがありましたらまたご連絡しますね。
お楽しみに«٩(*´ ꒳ `*)۶»


おやすみなさい。


ホームページ:http://misuzu5510.wixsite.com/storyofvaa
ツイッター:@misuzu_vaa
AD