金魚飼い始めたよ~♪

金魚掬いの和金、大きくなりました


テーマ:

先日、10回コースの最後の回の

ビリーフチェンジセラピーを受けてきた。

 

最後は

『存在してはいけない』

というビリーフを扱ってもらった。

 

 

美人な女性の前では、卑屈になってしまうことがある。

嫌味を言ってしまいそうになったり、

自分には話しかける価値がないんじゃないかと思ってしまったり。

 

また、自分よりできる人や優秀な人が近くにいると

私はいる意味がないんじゃないかと思ってしまう。

 

 

自分より美しい、優れている人が近くにいても、

私は自分で自分を認められる、

自分はいていいと思えるようになることが、目標。

 

 

 

『存在してはいけない』のセッションでは

今の私が、産まれたばかりの赤ちゃんの私を腕に抱いた。

赤ちゃんの重みや、可愛さ、愛しさを感じた。

 

 

赤ちゃんの私を、

若い頃の両親に預けて育ててもらうのだが、

私から見ると、

父は赤ちゃんに対してドライで壁があるように感じるし、

(父の側から見ると、父は赤ちゃんをとても愛していた)

母は不安げ。

赤ちゃんを絶対に幸せにするとは言い切ってくれない。

 

 

 

私は、

赤ちゃんの私を、両親に安心して預けられない悲しみ、

 

両親に預けられなければ

この赤ちゃんはどう生きていけばいいのかという怖さ、

 

赤ちゃんの私を預けられないような両親であることへの怒り

 

を感じた。

 

 

先生が一緒に、受け止めてくださり、

これらの感情を感じることができた。

 

 

 

私はもう両親には赤ちゃんを預けない、

頼らないことを決めた。

 

両親(のイス)は反対側に向けて、

遠いところへ行ってもらった。

 

 

私は、赤ちゃんの私を自分自身で育てる決心をした。

 

もう大丈夫、安心していいんだよ、

これからずっと一緒に生きていこうねと

赤ちゃんの私に話しかけた。

 

赤ちゃんの私は安心したように微笑んだ。

 

 

私は、安心した赤ちゃんの私を

大切に自分の中にしまった。

 

 

 

セッションが終わり、

私はここにいていいという感覚になっていた。

 

 

 

次の日、プレ幼稚園があったが、

話したこともないおしゃれなママたちに

自然に話しかけられている自分がいた。

 

 

『存在してはいけない』のビリーフを扱うことで、

自己肯定感がかなり底上げされると先生はおっしゃっていたが、

本当にその通りだったと思う。

 

 

 

10回コースが終わってしまって、

もう先生に会えなくなるのが、とても寂しい。

 

本当に、私の人生の恩人で、

この半年で、私の人生への見方や感覚を

大きく変えてくださった。

 

私も、ビリーフチェンジセラピーの勉強をすることにしたので、

いつかまた、先生に会える日を楽しみにしたいと思う。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。