2008-04-26 01:00:40

「完全恋愛」 牧薩次

テーマ:国内ミステリー

久々に「ミステリを読んだ~!!」という充実感を味わいました、牧薩次さんの「完全恋愛」。

某作家さんの別名義作品で、某作家さんのデビュー作を読んでいればすぐに誰かわかる…という趣向であったのですが、私がその作品を読んだのは確か中学生位の時!そら覚えてねーわーっつう話ですが、ちゃんと考えれば一発でしたね…

完全恋愛/牧 薩次
¥1,890
Amazon.co.jp

--------------------------------

他者にその存在さえ知られない罪を完全犯罪と呼ぶ。では、他者にその存在さえ知られない恋は完全恋愛と呼ばれるべきか?
推理作家協会賞受賞の「トリックの名手」T・Mがあえて別名義で書き下した究極の恋愛小説+本格ミステリ1000枚。
舞台は第二次大戦の末期、昭和20年。福島の温泉地で幕が開く。主人公は東京から疎開してきた中学二年の少年・本庄究(のちに日本を代表する画家となる)。この村で第一の殺人が起こる(被害者は駐留軍のアメリカ兵)。凶器が消えるという不可能犯罪。
そして第二章は、昭和43年。福島の山村にあるはずのナイフが時空を超えて沖縄・西表島にいる女性の胸に突き刺さる、という大トリックが現実となる。
そして第三章。ここでは東京にいるはずの犯人が同時に福島にも出現する、という究極のアリバイ工作。
平成19年、最後に名探偵が登場する。
全ての謎を結ぶのは究が生涯愛し続けた「小仏朋音」という女性だった。

--------------------------------


戦時中の日本に生まれ、たった一人の少女を想い続けながら、戦後~バブル崩壊以降の昭和を生きた画家の一代記ミステリ。


某作家さんの別名義作品なのですが、ベテランというより大御所の域に達している方だけあって、厚みのある人間描写と美しい文章は見事としか言いようが無く、「おぉ!男性版一人赤朽葉家か?!」(テーマは全然違いますがなんとなく)と、すっかり引き込まれてしまいました。


そんな物語的面白さに加え、惜しみなく散りばめられた3つの謎がこれまたダイナミックで魅力的。

一つの事件だけで一本の作品に出来てしまいそうな、凶器消失もの・遠隔殺人もの・アリバイものの不可能犯罪のトリックが「完全恋愛」というテーマに奉仕している豪華さといったらありません。


謎の大きさに期待を膨らませ過ぎた為、ちょこちょこ唐突さや強引さを感じさせる解決に肩透かしを食らったような部分もありましたが、気が付けば去年の夏からミステリの感想を書いていない私がblogを更新する気になった…と言えばこの作品の凄さが伝わるかと思います。(って、酷い感想ですいません)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

Bさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。