MissYのミーハー感想文

私が行ったLiveや展覧会、観た映画の感想を、ミーハーな視点で書いていきます。


テーマ:

コーエン兄弟の映画にハズレはないな~!! 今回は1950年代のハリウッドを舞台に繰り広げられる、当時の赤狩りなどもチラッと絡んでくるお話。映画撮影中に映画スター(ジョージ・クルーニー。彼が大スターなんだけど、すごい大根役者という設定!)が誘拐される。その他にも女優のゴシップもみ消しとか、とにかく働く現場スタジオの「何でも屋」の主人公。登場人物の中で主人公が一番地味でさえない感じなんだけど(笑)、終盤の怒り炸裂、怒りの鉄拳で、彼の映画愛にジ~ンときます!! ハリウッドが舞台だから劇中劇という形でミュージカルや人間ドラマや西部劇など、いろんなタイプの映画が出てくるのですが、それらが全て、すごく凝っている!! どれも「あ~、もっと見ていたい!」という感じ! これは1950年代当時のことを知っていたらもっと楽しめたんだろーな。私はパンフレット読んで後追いで知ったという感じでしたが、それでも楽しめました!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

前編・後編方式の最近の邦画を、ことごとく「チッ!」と舌打ちしてハナから見に行かないと決めていた私。しかしこれは見ました!だって、この豪華キャスト!! いや~、佐藤浩市良かった! 家でも仕事でも問題山積みで苦悩する役柄は、見ているこちらも息苦しくなる感じでした。いろんな謎がちりばめられたまま、うぉー、ここで終わるのか?というところで終わったよ!(まぁ、当然か)後編早く見たいっ!! 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ディカプリオついにオスカー受賞おめでとう!
さて映画はひたすら、「寒い、痛い、熊が強すぎる!!」という陳腐な感想しか持てなかった私でした。。。。(そんな熊を最終的には倒してしまうディカプリオもすご過ぎるが!)
トム・ハーディーはマッドマックスだから強くて当たり前か~とか思ったり(映画が違うって!)
あまりにも過酷な撮影現場で、スタッフで逃亡者が続出という噂も納得ですわ。。。。。
あ、壮絶な内容とは対照的に、しーんと静かな感じの風景と坂本龍一の抑えた音楽が素晴らしかったです。しかし、それにしても、なんかもう見た後グッタリする映画でした。いや、いい映画でしたよ! いい映画でしたけどね。うーん。。。。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

アニメと思ってナメてましたが、これはすごく大人向けのお話!(あ、もちろん子供が見ても、ちゃんと子供なりにも楽しめると思う) ネットでの評判が字幕版が断然評判良かったので、私は字幕版で見ました。
草食動物も肉食動物も一緒に住む大都会「ズートピア」で憧れの警官になった主人公。すべてのキャラクターが可愛いし(ギャングのボスが最高です!!)現実の人種差別や女性が軽んじられる感じや政治の駆け引き、思い込み(キツネはずる賢い、とか)での差別とか、そんなことが上手に取り込まれています。結構ハラハラドキドキして、最後はスカッとする終わり方!! DVD出たら絶対買う~!!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

近未来、昼と夜が分かれてしまった世界。元々は演劇が原作とのこと。神木隆之介が、やっぱり上手いな~! なんつーか、やさぐれた役でも品があるっていうか。門脇麦ちゃんの変貌ぶりが切ない。お父ちゃん(古館寛治)の気持ちになって泣きそうになった。この映画の感想や紹介で、やたら「ディストピア」という言葉が出てきて「?」と思った私は調べてみましたよ。「ユートピア(理想郷)」の反語の、明るくない未来というような意味なのね。昔の小説などで出てきた未来は、ほとんどが明るい展望だったけど、こんなご時世だから未来に夢が持てないってことなのかな、しゅん。。。。。。でも、この映画のラスト、ほんのりと希望をもたせる感じなところは好きでした!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
1960~70年代にかけて数々のヒット曲のレコーディングに参加したスタジオ・ミュージシャン集団のドキュメンタリー映画。監督はメンバーの一人のご子息。あの曲もあの曲も、えっ?そうだったの?という感じで、驚きの連続。子供のころ、日曜お昼間にテレビであっていた「モンキーズ・ショー」が大好きだったんだけど、モンキーズのレコーディングも彼らのバンドだったのか~。そのうち時代は自作自演になっていき、彼らの仕事は減っていったというのが切なくもあり。パンフレット、資料としてはいいけど、もうちょっとしっかりした作りでもいいんではないの?値段のわりには、う~む、という感じでした。とか言いつつDVD出たら、じっくり見たいから買っちゃうだろうなー私。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
パートナーがいない独身者はホテルに軟禁されて、そこで限られた日数内に誰かとカップルにならないと動物にされてしまうという、ものすごい設定の映画。当然ながら「こんな世界イヤだ~!!」とホテルのそばの森に逃げ込んだ人もおり、ホテル滞在者達で、その逃亡者を「狩る」のですが、「一人狩ると期限が1日延びる」という、「なんじゃ、そりゃ?!」の世界。「じゃあ森に逃げてしまえ!」と逃げたら逃げたで、そこも規律が厳しくて、という。ちょうど中間ってのは、ないんかい?と言いたくなる世界。そして映画は、まさかの展開で終わるのですが、いや~、もう、こんな映画見たらますます「私は独身で結構ざんす!!」と思ってしまったよ。なんだか久々に、ものすごーーーーーーく後味悪い映画だったなぁ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
この映画のことを知ったのは、2月24日に戸畑で作家・東山彰良氏のトークショーに行ったとき、話の中で「試写会で見たけど、すごくいい映画だった」と言われていたのがきっかけでした。ほぉ~!と思ってタイトルをメモしておいたら、その後、アカデミー賞作品賞受賞! 予告編見た時も思ったけど、まぁ、地味っちゃ地味な映画なんですよね。新聞記者たちがカトリック教会のスキャンダルを暴いた実話をベースにした映画なので。でも見ると、あ~、この映画がアカデミー賞とって良かった~と思う。アメリカの良心を信じたくなるというか。誰かが突出しているというのではなくてチームワークの映画ですね。映画の最後に、この映画になった記事がきっかけでカトリック教会のスキャンダルが明るみに出た都市名がずらっと出るのですが、その数がものすごいの!! パンフレットには実在の記者と、その記者を演じた俳優さんのツーショットが載っていますが、皆さんすごく似せてあります。すごい。 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
メリル・ストリープが自分の娘と共演! しかも親子役で。あ、子供を捨てて離婚した母親だから「元・親子」か。ロック・ミュージシャンの役で、ばりばり歌っているのでビックリした! そういや「マンマ・ミーア!」でもABBAのナンバーをばりばり歌ってましたね。サッチャー首相もやって、ロック・ミュージシャンもやって。やっぱ、メリル・ストリープすごいわ!ストーリー展開はまぁ予定調和だけど、見てスカッとする映画でした。ラストも良かった。
自慢ですが、大昔、OL時代にメリル・ストリープとお嬢さん(この映画に出ている)にご対面したことがあります! うふふ~。彫刻家のご主人(ダン・ガマー氏)の仕事の関係で勤め先に一家で来社されたのです! 私は「恋に落ちて」のパンフレット持参してサインもらいました。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
髪をおったてたパンクバンドの主人公(松田龍平)が、彼女(前田敦子)に子供が出来たので結婚の報告に故郷の広島の離島に久々里帰り。そこでは矢沢永吉の熱烈なファンである父(柄本明)が中学生の吹奏楽部に「アイラブユーOK」とかを演奏させてて「永ちゃんは広島県の義務教育です」なんてしれっと言っている。そんな父がなんとガン宣告を受けて。
とは言っても「南極料理人」の沖田修一監督の作品なので、どこまでもすっとぼけたコメディです。前田敦子は、ちょっとおバカだけどイイ子という、こーゆー役がホント上手いな~。
映画見た後、当然ながら永ちゃんのアルバムが聴きたくなりました!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。