MissYのミーハー感想文

私が行ったLiveや展覧会、観た映画の感想を、ミーハーな視点で書いていきます。


テーマ:

キタキタキターッ!!て感じの映画でした。いつも眠そうな表情という印象の染谷将太が今回ものすごいブチキレ具合ですごいです。ずっとモノクロなのかと思ったら、途中からいきなりカラーになって、それは後からパンフレット読んで「あ! そういうことか!」と思った、カンの鈍い私でした。水野絵梨奈は全然知らない女優さんだったけど、アクションが素晴らしかった! あとニコニコ笑いながらめっちゃ暴力的な渋川清彦が怖いし(でもヘンに愛嬌があるんだ!)ニヒルに笑って拷問する綾野剛が強烈だった。全編とにかくワーッと突っ走って、まさかの終わり方にぐっときてしまった。
故吉村秀樹(ブラッドサースティ・ブッチャーズ)からの熱烈なラブコールから生まれた叛逆の青春物語。ナゼ、ど平日の2015年5月27日水曜日に公開?と思っていたら、その日が彼の命日だったんですね(涙)。ブラッドサースティ・ブッチャーズは一度だけ、いろんなバンド(怒髪天とかフラカンとか)と一緒のライブイベントを見たんだけど、あまりたくさんは聞いたことがなくて、もっとライブ見に行っておけばよかった。今回サントラ盤買って思いました。ライブはナマモノだなぁ、つくづく。

(結局、この後2回見に行きました!!)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ローリング・ストーンズのミック・ジャガーがプロデュースなだけあって、音楽シーンがかっこよかった!! 冒頭いきなりヘロヘロのジャージ姿のジェームス・ブラウンが事件起こすところから始まって、そこから時代が遡り、子供時代からスターダムにのしあがるまでの話へ。その後のいろんなトラブルも含めて「光と影」という感じで、波乱万丈な人生を描いてました。イイ話ばっかりじゃないところがリアル。それにしても主演のチャドウィック・ボーズマンが素晴らしいです! ライブ・パフォーマンス、ものすごいステップ!! この俳優さん、野球映画「42~世界を変えた男~」も良かったもんな~。私はかなり年とってからのジェームス・ブラウンしか知らなかったから、若い頃の話は「そうだったんだ!!」と驚く話が満載で興味深かったです。まぁ~でも、あれだけ強烈な人だと周囲は大変だっただろうなと思いました。亡くなるちょっと前に福岡サンパレスでコンサート見れて良かったな~。(その時はたまたま少し後ろの列に山善さんと元サンハウス浦田さんがおられて、なんか、盛り上がってないと怒られるっちゃないやろか?!と、びびった思い出が(笑))

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

これは「ゼロの未来」と真逆で、期待値が低かったけど見てみたら予想以上に面白かった!! 奥手で内気な、いちこ(真木よう子)が、年下のイケメンに声をかけようとしたところで、いきなり脳内会議が始まるのです。「理性」「ポジティブ」「ネガティブ」「衝動」「記憶」という5つの思考が、脳内で大騒ぎ! 「理性」担当の西島秀俊が、多数決で挙手が多いほうにすぐなびく風見鶏っていう設定が、ま~理性ってそんなモンだよな~って感じで笑える。私は根が「ネガティブ」なので、「ポジティブ」担当の神木隆之介クンが脳内に3人くらい居てほしいっ!! そして、その脳内会議真っ最中のとき思考停止しちゃってるから、ポッカーン顔のいちこが可愛い! 真木よう子、コメディもいけますね!! いちこのファッションがどれも可愛かったです。お出かけのときも部屋着も。コメディのまま突っ走るのかと思いきや、終盤いきなりマジな恋愛話になってきたのには、ちょっと面食らってしまったけど、脳内の議長が言った名言「誰が好きかじゃなくて、誰といるときの自分が好きかなんだよ!」ってのには、ちょっとウルッときてしまった。まぁ、イケメンっていうだけで(ときどき可愛いやんと思う部分もあるんだけど)気分にムラがあってアーチスト気質な、客観的に見たら「いやいやいや、彼はやめときな!」っていうような男が、なぜかモテてしまうものなんですよね~。越智さんには幸せになってもらいたいですぅ~~!!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
葛飾北斎の三女・お栄さんの物語。実は先日、北九州市立美術館分館で、北斎の絵をテーマにした演劇と北斎の絵を見る、という体験をしました。そのとき、演劇の後のトークコーナーで初めてこの映画のことを知って、見に行きました。面白かった!! 江戸の時代の描写も、きれいきれいなところばかりじゃなくて「そうじなんて一切しない、汚くなれば引っ越せばいい」という考えで生涯で90数回引っ越した(!)という北斎の家なんて、ものすごい汚部屋だったし! そんな庶民の暮らしぶりとかも分かって、ほぉ~っ!て感じでした。ストーリーも、いろんなエピソードがどれも面白かった。お栄の、目の見えない妹が幼いのにすごく大人なところにグッときてしまいました。杏や松重豊の声も合っていましたね~。だいたい私は学生時代、歴史は大の苦手だったので昔のことも全然興味なかったんだけど、北斎のことを、もっと知りたくなった映画でした。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

これは全然チェックしていなかったんだけど、福岡に行く用があったとき、たまたま見た映画。そしたら、ごく良かった! 80年代、サッチャー政権下のイギリスで、炭鉱のストを同性愛者の団体が支援したという、まさかの実話がベースなんですね。全然知らなかったことでした。
サッチャー政権下の1984年夏、ロンドン。炭鉱労働者のストの様子をニュースで見たゲイのマークは「最近、警察が僕らのところに来なくなったのは別のところで別の人たちを苛めているからなんだ! 彼らと僕らの敵は同じサッチャーだ! 彼らを助けなきゃ!」と、仲間をさそって炭鉱ストの支援に乗り出します。でも、どこの労働組合も電話しても取り合わない。勘違いから受け入れたウェールズの炭鉱が、最初は勘違いだったんだけど、彼らを受け入れます。その懐の深さに感動。もちろん毛嫌いする住民もいるし、内部分裂もあったり。炭鉱の役員のスピーチ「彼らがくれたのはお金ではなく友情です」という言葉にはグッときました。異質な者同士に見えた彼らが打ち解けるきっかけとなるのが音楽とダンス! そこもよかった。「リトル・ダンサー」や「ブラス!」が好きだった人なら、きっと好きな映画だと思います。ビル・ナイが出る映画は外れナシです!!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「未来世紀ブラジル」のテリー・ギリアム監督、最新作!ということで私の期待値が高すぎたのかもしれません。しょんぼり。。。。。
いや、面白かったですよ。映像も映画内バーチャルゲームも、レトロフューチャーな洒落た感じで可愛くて好きでした。でも、なんだか、どうも、「未来世紀ブラジル」を自分でリメイクしたみたいな感じ。
私にとっては、テリー・ギリアム監督は「フィッシャー・キング」がピークで大好きだったな~。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ものすごく昔、歌舞伎町のライブハウス(多分、移転する前の新宿ロフト?)でライブ見た後、ライブの興奮さめやらずで、その日初対面だった人と歌舞伎町のマクドナルドで夜更けまでうだうだ話したことがありました。ライブに行く前は歌舞伎町!ってことで、えらいビビッてたんだけど、まぁ、怖そうなスポットに近寄らなければ大丈夫そうだったのでほっとした記憶があります。
そんな歌舞伎町のラブホテルに集まる、訳ありな人々。素朴な疑問なのは前田敦子と染谷将太のカップル。同棲していて彼氏のホントの勤務先がばれないままって、ありえないだろ!と思うけど。あと、枕営業の相手が大森南朋!って(別にイヤではないじゃん!と思った女子多数でしょう)
まー、そこをのぞけば、いろんな人のすったもんだがあって、最終的には私が「この人達は幸せになって欲しいな~」って思ったカップル2組は幸せになりそうな感じのエンディングだったので、ホッとしました。あ、前田敦子は案外良かったです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
元ヤクザの爺さんVSこすっからい若手のチンピラの話。いや~、面白かったです!! ここんところ、ちょっと息をつめて見る映画が続いていたので、たまには、こういう、あっはっは~~と笑える映画を。北野武が刑事役で出ていたのも、シャレがきいてる感じでよかった。いつもの映画ならヤクザ側ですもんね。場内、客層も幅広く(まぁ年齢層は高めだったかな)皆が大笑いしている映画館ってのも、なんだか久々でした。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
エドワード・ヤン監督の1986年作品。服装とか風俗が時代を感じさせるけど(街角の風景で、薬師丸ひろ子の「里見八犬伝」の看板が! そして全然似てないトム・クルーズらしい映画の看板が!)話としては現代にも充分通じるような話。個人のほんのささいないたずら、悪意が、じわじわと事件に繋がっていって悲劇を起こすという話。自分も知らぬ間に、誰かにとっての「恐怖分子」になっているのではないかと怖くなってしまった。映像や、あの写真の使い方など(風にはためくところとか)かっこよくて、全然古さを感じさせない感覚!!
それにしても、あの彼は特に何か悪いことをしたわけでもないのに(小さな出世欲があっただけで)好きでたまらない女性には結局生涯好きになってもらえず、あの結末って悲しすぎる。。。。。
エドワード・ヤン監督の初期作品は権利の問題でゴタゴタしていてDVDになっていないらしい。名作「クーリンチェ少年殺人事件」も! え~!! 是非、DVDボックスセット出してほしいです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。