MissYのミーハー感想文

私が行ったLiveや展覧会、観た映画の感想を、ミーハーな視点で書いていきます。


テーマ:

松田龍平・阿部サダヲ・松尾スズキの舞台挨拶付き有料試写会。@KBCシネマ。
チケット全席指定で「E列」って書いてあったから「前から5列目? きゃ~!」って思っていたら、後ろから5列目だった.....。まぁ、KBCシネマそんなに広い映画館ではないので、後ろから5列目でも充分近かったですが。阿部サダオが出てきた瞬間「いい感じのキャパですね~」と言っていたのがウケました。松田龍平は、昨年9月に「まほろ駅前狂騒曲」で天神のど真ん中で行われた舞台挨拶のときにも思ったけど、なんというか、インタビュアー泣かせの人ですね(笑)。まぁ、あれだけカッコイイから何やってもファンは満足です。福岡の人にとっては多分FMラジオで御馴染み山本真理子さんが司会進行だったんですが、松尾スズキに「おねーさん、もう龍平君の答え諦めてるでしょ?」とか、いちいちいじられて、なんか気の毒でした。でも松田龍平が福岡の印象聞かれて「僕、田舎が福岡の添田町なんで。。。。」と言ったところは拾ってほしかったのに華麗にスルーでしたね。(これは後でネットで友達に聞いたら、熊谷美由紀さんの親御さんが添田町出身とのこと。)
あ、映画はところどころギョッとするバイオレンスなシーンがあったものの、全般的に、大人計画の色が濃厚で、そんな中で松田龍平よく頑張った!という映画でした。二階堂ふみのエッチな女子高校生がはまり役だったな~。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ディズニーのアニメがあまりにも有名ですが、元々はフランスの民話なのね。というのを今回初めて知りました。私は「千と千尋の神隠し」を思い出しましたよ、まさかこんな話とは。ネットの感想見たら、レア・セドゥの胸の谷間にばかり目が行ったという感想が多いのに笑った。私も女性ながら同じくでした。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

イーサン・ホーク目当てだけで見たのですが、予想以上に面白かった。SF好きにはたまらない映画。そしてロック好きにも。冒頭のイギー・ポップの歌は私にとってはシナロケのバージョン(「OMAEGA HOSHII(ONE MORE TIME)」)で御馴染み。

タイムトラベル物なんですが、ちょっと複雑いろんな伏線がちりばめてあ、最後に、えええ!!という展開ですべての伏線が回収されるのですが、実は最初にネタバレが出ていたという、いや、もうこの映画に関しては何書いてもネタバレになりそうで何も書けない。実は私は1回見ただけでは理解出来ず、原作の文庫買って読んで、その後2回目は確認作業みたいな感じで見て(ちなみに原作は短編で、映画はいい感じにいろんなエピソードに肉付けしてあり、ラストはまさかの映画オリジナルなんですが全然違和感ないところがスゴイ!!)そして1回目のとき買わなかったパンフレットを買ったらパンフレットにすごい懇切丁寧な解説が書いてあって、これ最初に買っていたら原作本買わなかったし2回目見なかったわ~(涙)っていう。いや、まぁ、好きな映画だったからいいんですが。
初めて知った主演の女優さんが、若い頃のジョディ・フォスターみたいで好きでした。イーサン・ホークもだけど、この女優さんの名演技があってこそのこの作品。ほとんど二人芝居みたいな映画だものね。

原作の短編が入っている文庫はこちら。SFの名作で、映画化を機に文庫で再発売されたそうです。

輪廻の蛇 (ハヤカワ文庫SF)/ロバート・A. ハインライン
¥972
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

大阪で時間つぶしに見たのですが、めっちゃ好きな映画でした! まず、キーラ・ナイトレイが素敵! この映画で初めて好きになった! 今までそーでもなかったです、ごめんなさい。「ONCE ダブリンの街角で」のジョン・カーニー監督だから期待はしていたけど、期待以上でした。プロのミュージシャンを目指して都会に出てきたカップルの、ありがちな話かと思っていたら、いろんな人の視点から同じシーンが語られる出だしから、どんどん引き込まれて、まさかの痛快なラスト! 彼氏が歌上手いなーと思ってたら、本職なのね! マルーン5の人じゃん! マルーン5、CDは聴いていたけど顔知らなかったので驚いた。こういう役(まぁ捉え方によっては損な役回り)よく引き受けたな~。グレタの男友達のスティーヴの、いい人ぶりに感動した。ホントにいい奴!! これサントラ盤欲しいな~。音楽で風景が変わる、っていうような意味の台詞が出てくるんだけど、うんうん、そうそう。シーナさんショックでしばらくiPodも使ってなかったけど久々にまた引っ張り出そうと思いました。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ここ数年、学生モノ映画だらけですが、この映画は大人が見てもグッとくる良作だと思います。というか、いろんな世代の人が見て、それぞれの捉え方がある映画だと思う。原作ずっと気になりつつ読んでないうち映画化されたので、映画を先に見て、その後、原作も文庫で買って読みました。映画は原作と違うところが多々ありましたが(まず原作では柏木先生はあそこまでツンデレではありませんw)いい感じに映画向きの話にまとめてあって、これはこれでアリかなと思います。まず中学生達の合唱がホントに素晴らしい。いじめになりそうなところも田舎ならではの素朴な感じでいじめにはならず、皆いい子達だし。でも15歳は15歳なりに皆それぞれ悩みがあるんよね。長崎・五島の風景も素晴らしかった。私、長崎に住んでいましたが五島は行ったことがなく、五島行ってみたいなーと思いました。お兄ちゃんと弟のエピソードに泣いた~。船の汽笛の「ボーッ」っていう音の意味を知った後も泣いた~。あと、合唱部の部室(音楽室)に貼ってある

勇気を失うな、
くちびるに歌を持て、
心に太陽を持て

っていうのが、幾度となくガッキーの後ろに写り込むのが良かった。いい言葉ですね!

もちろん、アンジェラ・アキの歌も名曲。アンジェラ・アキ「手紙~拝啓 十五の君へ~」MV映画ver.

原作も良いです!!

くちびるに歌を (小学館文庫)/中田 永一
¥669
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「リンダリンダリンダ」の山下敦弘監督の作品。これは予告編見たときから、すっごい期待していたので頑張って見に行きました。和田アキ子「古い日記」は名曲だな~と改めて思いましたね。予告編の「古い日記」歌うシーンは強烈だもんね。そして本編も予告編以上にヨカッタ!! 渋谷すばる、ジャニーズの人とは思えません、ビックリ。ジャニーズ侮れないな~。この映画見た後、初めてTSUTAYAでジャニーズのCD借りましたよ(映画の主題歌) 名前だけ知っていた赤犬ってバンドも初めて見たけど強烈だった! 赤犬のライブ見てみたいな。ラストは人によっては甘いという意見もありましょうが、私は好き! 希望があっていいやん!
この映画見た数日後に所用で大阪に行きまして、夜、友達に味園ビルに連れていってもらいました! が、時間が遅すぎて、映画に出ていたネオンは消えていました。しょんぼり。まぁ、次回また!! ビルの中のバーには連れて行ってもらったし(ロケのバーとは違う店ですが)友達が前住んでいたところが、たまたま撮影やっていたところの近所だったとかで、いろいろ話も聞けて楽しかった。撮影はだいたい深夜にやっていたそう。二人でスイカ食べるシーンが好き。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

シーナさん訃報の後、小倉昭和館の高倉健さん追悼上映は週代わりなので頑張って見に行っていたものの、他のロードショー公開の映画からは足が遠ざかっていました。話題の「アメリカンスナイパー」「フォックスキャッチャー」等の映画は辛そうなので見に行く気になれず。
そこに、全然チェックしていなかったムーミンの映画が「オトナ向けの内容らしい」と噂を聞いて、見に行きました。おお~!! 確かに! 色合いも変にカラフルではなくて好き好き! そしてお話もちょっと皮肉で好きでした! 見栄っ張りなムーミンパパ、まったくブレないムーミンママ、そしてムーミンの彼女のフローレンがびっくりするくらいミーハーでした。いや~、それにしても、誰にでも分け隔てなく優しい、物事に動じないドンと構えたムーミンママ!! 素敵~!! 私はこれからムーミンママを目指します。スナフキンの出番がちょこっとだったのが淋しかったけど。そういや5月23日から北九州市立美術館分館でムーミン展もありますよ~。詳細は下記を。
http://www.kmma.jp/bunkan/exhibition/2015_yanson.html
楽しみっ!!


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。