MissYのミーハー感想文

私が行ったLiveや展覧会、観た映画の感想を、ミーハーな視点で書いていきます。


テーマ:

キアヌ・リーブスの「スピード」が大ヒットしたときに、その流れで「新幹線大爆破」のことを知って、でも見ないまま歳月が流れて、高倉健さんの訃報を聞いた後に小倉昭和館の上映!(訃報よりも先に上映は決まっていたんですけどね!)見れて良かった。いや~、すごい映画でした。犯人役のほうに肩入れしちゃう、なんとも切ない映画でした。お客さん多かったです。ロビーの高倉健さんの映画のポスターを見てご夫婦で来ていた奥さんが「かっこいいね~」、ご主人が「当たり前たい!」って(笑)。「俺の健さん!」って感じなんだろーなー。なんだか微笑ましい!2本立ての「張り込み」も良かったです。一日で昔の国鉄の映像をやたらたくさん見たな~(笑)。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

悪いけど何故か私は全然期待してなかったの! でも予想と違う展開で、すごく好きな映画だった!! 音楽も良かった。何書いてもネタバレになりそうなんだけど(これは何も情報ナシで見た方がいいと思う)一つだけ書かせて!
いくら科学が進歩しても、人間の情は制御出来ないってことなのね。その事実は怖くもあり、救いでもあるなー。あと、これはスクリーンで見なきゃ!ですね。この壮大な感じは映画館でないと味わえないです!

あ~、既に見た人と腹一杯語りたい!(笑)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

お手本のような家族が実は北朝鮮のスパイ軍団で偽家族、そしてお隣りのダメダメな家族に感化されてしまうという、コメディーかと思っていたら、この題材だからやっぱりヘビーな展開でした。あああ。でも、ラストは救いがありましたね。少しだけですが。ダメダメな家族のケンカの会話が、あんな風に使われるとは! あのシーンは上手いな~と思いました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

リチャード・リンクレイターが他の作品も作りながら(しかも、ほとんどの作品がヒット作!)並行してこれを12年にわたって撮影していたというのが、まずビックリだし、資金出していた会社も偉いと思います。なんて根気強いんだ!

何か大事件が起こるわけではないけど、まぁ、人生いろいろあるわな~、いいことも悪いことも、と、しみじみ思う映画。主な登場人物が同じなので半分ドキュメンタリーのようで、なんか親戚のオバチャン感覚になっちゃう! お母さん役のパトリシア・アークエットがドスコイ体型のお母さんになっていく様子もリアルだし(それにしてもママ、男運なさすぎ!)でも、なんといっても主役の男の子が! 少年から青年になっていく過程が、うわ~!!という感じでした。子供の成長ってホントに早い!(そして、ちゃんとイケメンに育って映画的には良かったね!)この映画は一切回想シーンがなくて先へ先へと進んでいくんですが、キネマ旬報の映画評で「人生と同じ。人生は巻き戻しが出来ない。何が起こっても、自分なりに受け止めて前に進んでいくしか。」って書いてあって、ああ、ほんとにそう!と思いました。私の今年の映画のベスト1は、これ!! 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

熊本まで佐野元春のライブ見に行ったとき、ライブまでの空いた時間にちょうど良かったので選んだインド映画。何の前知識もなく見たんですが、おお~!! ファンラジーで、でもほろ苦くて、いい映画でした!! 恋愛は、ちゃ~んと、出会うべき二人が出会う運命になっているのかもね~と思わせるお話でした。バルフィは聴覚に障害がある青年なんだけど、とにかく表情が生き生きとしていてチャーミング!!公開している劇場がびっくりするくらい少ないんですが、これはDVDで見ても楽しめる映画だと思うので、見逃した方は是非DVDででも見てください!!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ガンから奇跡の復活、韓国のテノール歌手の実話で日韓合作の映画です。国境を越えて、日本人のプロデューサーが彼の力になるのですが、演じている伊勢谷友介が素晴らしいです! 彼の助手役の北乃きいもロック好きな女の子を茶髪で演じていて、そのひたむきさが、いい感じでした。北九州ロケでよく見知ったライブハウス(小倉FUSE)とかが出ていて、おお~っ!! 「アメージング・グレース」は、ゴスペル習っていたときに幾度となく歌いましたが、この歌聴いて、こんなに大泣きしたのは初めてです。なんかお客さん意外と入ってなかったのが残念でした。こんなにイイ映画なのに!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

これ、舞台が先にあったんですよね~。WOWOWでのオンエアを録画しておきながら、まだ見ていない私。そして結局、映画を先に見てしまいましたが、まず「片桐はいりと向井理が姉弟って! ありえんし!(笑)」と意地悪なツッコミを入れたくなりましたが、わざと髪ぼさぼさでメガネかけてさえない感じにしている(でも、かっこよさはかくせない!)向井理は案外とはまり役でした。お互いを思いやる感じが、そこここに出ていて、なんか、あとからじわじわとくるお話でした。ラストの、そして日常は続くって感じも好き!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昔から大好きな俳優さんの一人、片桐はいりさんが、昔アルバイトで映画館のモギリ嬢をやっていたというのは何かのインタビューで読んだことがあったけど、このエッセイは、その映画館でのアルバイト時代を含めての、映画館にまつわるお話あれこれ。これ読むと、全国津々浦々、魅力的な映画館があるんだなぁ!! 私はライブ遠征でよその土地に行くと、時間があればその街の映画館にも行くんだけど、この本読んで、またも行きたい映画館が増えてしまったよ!!




もぎりよ今夜も有難う (幻冬舎文庫)/片桐 はいり
¥497
Amazon.co.jp


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。