MissYのミーハー感想文

私が行ったLiveや展覧会、観た映画の感想を、ミーハーな視点で書いていきます。


テーマ:

最近、フリーペーパーはことあるごとに人に配っていたのですが (ライブ見に行ったときにライブ友達に配ったり、映画祭とか行ったとき図々しく監督や俳優さんに手渡したり!) ブログはすっかり更新サボっておりました、すみません!

でも、今回見た映画は、福岡のKBCシネマで2週間限定公開なので、皆さん間に合うように見に行って!ってことで久々に更新します。

その映画は「Playback」


公式HPは、こちら。
http://www.playback-movie.com/

申し訳ないですが私はこの映画、まったくノーチェックでした。

それが、ホントに、とあるところから、とんとんとんとタイミングよく知ることが出来て。


まず、かなーり人見知りな私が珍しく3月に映画がらみの飲み会に参加して、その席で知り合いになった方が、この「playback」を福岡で自主上映する団体に参加している人で、「5/11の初日は村上淳とか監督とかの舞台挨拶があるよ」と。それを聞いて即、前売り券(かっこいいポストカード付き!)を、その場で彼女から購入。
同日、既にこの映画を見たという、宮崎映画祭に絡んでいる友達も「あ、その映画すごくいいですよ!」と絶賛。これは期待が高まります。
そして、5/2-3と所用で東京に行った際(って、なんのこたぁない、シナロケ鮎川さんのバースデーライブを見に行ったんですけどね)代官山蔦屋書店に行った際、この映画の特集本を偶然見つけて購入。


まー、そんなこんなで、めちゃくちゃ期待して、5/11仕事帰りに北九州からダッシュで見に行きましたよ、KBCシネマ。

当日は、私は見れなかったんですが(涙)、この映画の監督、三宅唱監督の前作「やくたたず」一回限りの上映と舞台挨拶もあっていて、しかもこの日から村上淳さん出演の「戦争とひとりの女」もKBCシネマにて上映始まっていて、人によっては3本続けてKBCシネマで映画見たって人も(かなりの数)居た様子。


まず映画の前に、三宅監督、俳優の村上淳さん、三浦誠己さんの舞台挨拶。
その後、映画。映画の後に、まさかの再びお三方登場!
何か映画の後にお三方登場は、すごく不思議な感じだった。

「カイロの紫のバラ」みたいな、映画から抜け出てきたみたいな感じ?(んなわけないんだけど)


映画は、いろんなことに行き詰まった40目前の俳優が、いきなりタイムスリップして高校の頃と現在を行ったりきたりの話なんだけど。モノクロというのは、ものすごく想像力が広がる感じがあるし、何かノスタルジックな感じにもなるし、この不思議な味わいのストーリーに、モノクロというのは、すごくピッタリだと思いました。音楽も良かった~!(音楽:大橋トリオです)

ネタバレになるから、あんまり書けないんですが、私はあのラストは好きだったな~。
いろんなことを経て、でも自分はコレだ!って思ったわけだもんね。

私がもし高校時代にタイムスリップしたら、どうなんだろう?

何かをやり直すかって自問自答してみたけど、結局、微調整はするかもしれないけど最終的には今と同じような道に進んでいるような気がするな~。

東京で買った本は結局まだ全部を読んでいるわけではないんですが(汗)、映画の封切の翌日、ブルックリンパーラー(普段私は行きそうにない、こじゃれた店!)でトークショーがあって、このときは前日のお三方に加えて俳優の渋川清彦さんも参加。ちゃっかり皆さんとツーショット写真撮り~の、本にサインもらい~の、と、もう私のミーハー心めっちゃ満たされました!

でも、こんな福岡くんだりまで、映画のために俳優さんが三人もゲストで来るなんて、この映画も監督も、俳優さんにとても愛されている映画なんだな~と、強く思いました。
映画上映後のアフタートークでも、今日のトークショーでも、皆さん映画愛にあふれていて、大げさでもなんでもなく私は、「日本映画まだまだイケるぜ!!」と思ったし、どかーんと派手でメジャーな映画だけでなく、こういう映画も皆に発見して欲しい!って思いました。

(福岡での上映ぎりぎりまで、この映画のことノーチェックだった私が言うなって!)
いや、でも今日の監督も俳優さんお三方も、あまり、そういうこだわりはないっていうか、監督は「題材に着目する」ってなこと言われていたし、村上淳さんは「テレビ全然見ないからすごいフラットな気持ちで見るけど、最近のジャニーズの人の主演映画とか着実にすごくなっている」ってなこと言われていたし、なんだろう、マニアックな映画ファンで時々うへ~って感じの人がいるけど(メジャー映画はダメ、ミニシアター系こそいい、みたいなこと言う人)、そんなところが全然ない、すごくフラットな、いろんなことを色眼鏡で見ない感じの人たち? 私はそう思いました。お三方とも、前から好きな俳優さん達でしたが、ますます好きになっちゃったよ~!! 

そういう素敵な人たちが作った、素敵な映画です。
DVD化はないそうなので皆さん映画館へGO!です。

私ももう一回くらい何とか日時調整して見に行きたいと思っています。

たぶん何度か見て、いろんなナゾが解ける、ってタイプの映画だと思うので。


そして超個人的な意見ですが、この映画を小倉昭和館で見た~い!!
昭和館の雰囲気にすごく沿う映画だと思うんですよ!

何かクセのあるタイムスリップ物と2本立てで。「サマータイムブルース」とか。
もしくはモノクロってことで「夢見るように眠りたい」と2本立てとか。

勝手に自分の脳内映画館でラインナップ考えている私でございます。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。