MissYのミーハー感想文

私が行ったLiveや展覧会、観た映画の感想を、ミーハーな視点で書いていきます。


テーマ:
坂田”鬼平”紳一。元サンハウスのドラマー。今年サンハウス再結成でツアー&フジロック・フェス出演も。なんと鬼平さん、9/10で60歳! (菊さん、鮎川さん、鬼平さんと順番に還暦なんですねーw)
その還暦を祝って、噂のスペシャルバンド”花井善平”(花田さん穴井さん山善さん鬼平さんね!)いよいよ福岡凱旋。そして鬼平さんの人脈で集まりに集まったゲスト総勢47名(ひぇー!)という大所帯でのライブ。
メンバーが入れ替わり立ち替わりで、結局、トータル4時間半(!)のライブでした。

開演18:30/開場17:30なので、まー、18時頃会場に着けばいいかーと、のんびり家で過ごしていた9/11。
そろそろ出掛ける準備しなきゃと思っていた昼過ぎに、友達からのメールで南浩二氏の訃報を知って、ビックリ。
今回のライブにも出演予定だった南さん。最後のブログにも「これからリハ行ってくる。楽しみ」ってなことが書いてあったのに。
友達からの知らせによると、リハーサルの最中に倒れてそのまま意識戻らず亡くなられたとのこと......。
どうにもこうにも複雑な気持ちでライブ会場で向かう。

ライブ前に、CBそばにある蕎麦屋へ寄って軽く腹ごしらえ。
なんと、ここで鬼平さんとお連れ様ご一行に会う。
「鬼平さん、今日、出番、何時頃ですか?」と馬鹿な質問をした私。
「ん? 俺、出ずっぱりよ!」と。ひぇー!!「楽しくなるよ~(ニコニコ)」と、鬼平さん。
一瞬、席あけてくれようとした鬼平さん。いえいえ、恐れ多い!と同席はせず別テーブルで蕎麦を食べて、さて出ようとしたところ。
今度は花田王子ご一行様が入ってきた!!
思わず「あっ!」と声をあげてしまった失礼な私。(だって大ファンなんだもん!)
声をあげてしまったいきがかり上、なんとなくバチッと目が合ってしまったので、あたふたペコリと無意味にお辞儀をして店を出た、挙動不審な私でした。
ライブ会場に行く前から、妙に心臓バクバクになってしまった。

さて、こないだ手術・退院した身としては、おそらく、おそろしく長丁場になるであろうことが予想されるライブ(行く前は4時間半とは知らなかった)、スタンディングってツライわ~と、それが一番の心配でした。
会場入り口でシナロケの川嶋さん(CBオーナー)に会って、あっ!良かった!と駆け寄り、かくがくしかじかで、出来れば椅子席をもうホントに後ろの端っこでヨイですから~とお願いしてみる。で、物販のところに座り~と、川嶋さんに案内してもらう。ホッ。これで一安心。
いや~、もう、こんな無茶なワガママは今回限りですので!!(汗)

ライブは定刻通りに始まり。ソフトバンク・ホークスのユニフォームのベースボールシャツ(赤!)を羽織った鬼平さん登場。最初は「D50 ShadowZ」からで、それからは各バンドや、スペシャル・ユニットが入れ替わり立ち替わり3-4曲ずつかな? 鬼平さん、ホントにほぼ出ずっぱりやー!! 
私は、鶴川さん登場のときと、花田さん登場のときだけ、前に走っていきました(おいおい!)でも花田さん一旦登場した後は、結構ずっと出ずっぱりな感じだったんですが、一旦、花井善平が終了~って感じになったところで後ろに戻って椅子に。やっぱし、まだ、今いち本調子ではない自分の体力なのであった。
やっぱり、この日、南浩二さんの訃報を聞いた後だっただけに、確か同世代ぐらいだったよねー南さんと思って、やたら慎重になっていたのだった。
(※って、この後、打ち上げの後、Bar Bassicに、そーとー遅くまで居た私だ!!)
因みに、南さん登場のはずのところでは、あの菊さんが急きょ登場。ひぇー。
他、スペシャルなユニットといえば、花田さんと鶴川さんが一緒に並んだときですかねー。それに山善さん加わる。
山善さん「俺が花田みたいな顔やったら、ギター弾いとる!」ってのが爆笑だった。

ライブの間は、特に南さんのことには触れられず(やはり、鬼平さん還暦祝の場では、なんとなく触れにくい話題ではありましょう)、ホントに最後の最後、菊さんが「南浩二に捧げます」と言って、花田さん菊さん鬼平さん(タンバリン)で「スーツケース・ブルース」歌ったときには、もう涙堪えきれずの私でした。

ライブ本編が終了後に、おもむろにスライドが流れて。
なんと! 鬼平祭り、11/13に東京でもあるそうですよ! 関東方面の皆さん!
めっちゃ豪華顔ぶれでした。
詳細は多分、花井善平のHPでそのうちupされると思います。


ライブ後は、CBにて打ち上げ。
鬼平さんスマイルに救われた~。
皆さんすごく楽しそうだった。もちろん、私らも!!
花田さんにツーショットをとお願いしした時、その私の後ろから山善さんの奥さんが来られて、先に奥さんと花田さんがツーショットを撮ろう....としたその時に、そこに山善さんが加わろうとしたら奥さんが困惑して「二人で撮りたいのよ」って。あっはっは!
それと集合写真撮ろうということになったとき、かなり大勢だったので、皆さんダラダラと集まっていあら、あの”会長”が「きさん、こら! さっさと集まらんか!」って(爆笑)。「すぐ来たのは梶浦だけやないか!」って。いやー、地元の私でも久々に聞いたよ、「きさん、こら!」って台詞。その後は皆さんサーッと集まりましたもんね。さすが、会長のひと声!!
集合写真を撮った後で、おひらきに。
花田さんは、津和野さんと何か話し込んでおられる様子でした。ライブのとき鬼平さんが「高塔山ライブで仲良くなった」って説明されてた二人でしたが、ホントなんやね~って感じでした。
私は友達と久々にジュークジョイントにでも寄りましょうか.....と寄ったけど閉まっていたので、あれまーとガックリしつつ、Bar Bassicへ。
で、ここでは、あの”会長”とソファ向かい合わせで座ることに(笑)。
まぁ、これもまた、レアな体験で楽しかったです。「会長のブログいつも拝見しています!」とか話しました。えへへ。
元ルースターズ池畑さんも来られてました。
後から結局鬼平さんも来られたので、なんか、ここもまた、オールスターズ的な顔ぶれになってましたな。

そんなこんなの長い夜~、でした。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
うーーーーーーん。
バンドもの映画で唄ナシって、ありえんやろ!!
mixiコミュで見たら 「マンガが原作で、原作者の希望」らしいけど、堤幸彦監督なら、そこは何とかして欲しかった! それが「映画化」ってモンだろうよ!!!!
主人公コユキ役の佐藤健は好演だっただけに、唄ナシってところだけが、「ええっ!?」って感じで、めっちゃ惜しい感じだった。(でも案の定、マンガのファンは「あれで良かった」って意見なんだよね.....。なんだよ、なんだよ!!)
彼は、なんかスピッツの草野マサムネ君っぽくて、良かったにゃ~。
もう一人のボーカルを演じた桐谷健太はラップ本当に歌っていて上手かった!!
彼は映画「ソラニン」でも良かった。なんだかバンドマンが似合う人(笑)。
もともと私は向井理目当てで(今回は金髪でベース弾いてます)見に行ったんだけど、もちろん向井理も良かったけど、ドラムのサク君役の中村蒼クンに目がハート!
あとストーリーも青春してて私は好きでしたよ。
さすがに世界規模になると話がデカすぎてウソくさかったけどねー。
日テレ制作なので、たぶん一年後にはテレビでオンエアでしょうな。映画館行くかどうか迷っている人は、もうテレビオンエア待ってていいかも。ってな映画です。
(ロックファンは、多分、見たら、いろんな意味で腹立つし不完全燃焼になると思う!!)

映画の公式HPは、こちら。
http://www.beck-movie.jp/

映画「ソラニン」ではラストにちゃんと宮崎あおいチャン歌っていたのに....と思ったら、なんだか不完全燃焼感を埋めたく、丁度発売中のDVD「ソラニン」買ってしまった私でしたw
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
公式HPはココ。

「かもめ食堂」「めがね」の荻上直子監督の最新作。
なんといっても、もたいまさこさん演じる「ばーちゃん」の味わい深さが最高。
エンドロールに、やっぱり「Special Thanks to TOTO」って出た(笑)。
この映画見るとギョーザが食べたくなります。
(私は小倉のチャチャタウンの映画館で見たので、リンガーハットでギョーザとミニチャーハン食べて帰った(笑)。
そして、なんだか人恋しくなる映画でした。

言葉が通じなくても、強い強い気持ちは通じる......のかも?と思える映画でした。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。