MissYのミーハー感想文

私が行ったLiveや展覧会、観た映画の感想を、ミーハーな視点で書いていきます。


テーマ:
8月に入って、一年ほど患っていた病気(脊髄腫瘍)の手術のため入院。
人生初の入院・手術でした。
8/25、めでたく退院。その日、朝から病室でラジオを聴いていて、福岡のFM、LOVE-FMで、一日だけの上映の映画のチケットプレゼントが。この番組は入院前も朝ご飯食べるときにいつも聴いていたけど、懸賞に応募するなんて余裕は入院してなかったら、なかったなー。
で、めでたく、懸賞に当たって見に行きました。

映画の公式HPはこちら。


で、病院から帰宅してHPからスタッフBlogなどを見ると、なんと! この監督の前作というのが、私も大好きだった映画「星影のワルツ」ではないですかー。うわー。
上映会があること自体も全然チェックしていなかったから(入院中だったから当たり前!)ラジオで初めて知って、いやー、ほんとにラッキーだった!

さて、映画はめっちゃ平たく言うと、台湾のバンドのドキュメンタリー。ただ、バンドのメンバーが全員それぞれ異なる民族とのこと。
異なる民族? そう、台湾にそんなたくさんの民族があるというのは今回私初めて知りました。
なにせ台湾っていうと私は「金城武が台湾・台北生まれ」くらいの知識。とほほ。
バンドの歌はHPでも聴けますが、ちょっとTHE BOOMの「島唄」みたいな感じ。
Voでギターのスミンが、ほんとに好青年で!!
しみじみ、じーんとくる映画でした。

私が見た上映回は平日夕方だったので、残念ながらお客さんはめっちゃ少なく(たぶん6-7人。うちローカルのマスコミ関係者らしき人が数名)上映後の監督のトークも、はっきりいってマイクなしでもダイジョウブなのでは?ってな感じ。予定10分程度が、多分30-40分近くあったんじゃないかなー。主催の人が監督にインタビューする形で、その後、お客さんからの質問もOKでした。
私は当然ながら(笑)挙手して質問。
いくつかまとめて質問したのだけど、その一つで「バンドのCDはAmazonとかで買えますか?」との問いに、「日本のAmazonでは買えないです。が、自分の東京のオフィスに在庫があるかもしれないので、後でスタッフに連絡先など教えていただければ連絡します」と。
で、終わった後、助手の方が来られて連絡先をと言われたので、PCのメールアドレスをお伝えして。
そのとき、おずおずと「あのー、実は監督の第一作のパンフレットを持参しておりまして。待ってますから、もし可能であれば、監督からサインをもらえませんか?」と聞いてみたら、「うわっ、すごい!」と驚かれ(3年前の映画ですからねー)「監督を呼んできますよ! お待ち下さい」と。うひゃー!
という訳で監督がロビーに出てきてくれて、ちょこっとお話ししてサインも頂けたという訳です。
良かったヨカッタ。

マスコミ関係者と言えば、最終上映のときは、トコさん(福岡のローカルタレント)が見に行かれていた様子でした。私は1階下のカフェで夕飯食べていたのですが、エスカレーターで上がっていかれるところが見えました。

「よこはま若葉町多文化映画祭」など、これから上映の地区もあるようですね。詳細は公式HPで情報チェックして下さい。
お勧めの映画です! 機会が有れば是非見てみて下さいー。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。