MissYのミーハー感想文

私が行ったLiveや展覧会、観た映画の感想を、ミーハーな視点で書いていきます。


テーマ:



bunko 映画も楽しみだったけど、なんといっても鮎川さんと堺雅人さんお二人の舞台挨拶つき!!


チケット発売日、私は仕事だったので友達にお願いして買ってもらいましたが、発売時間から電話かけ続けて、やっと買えた!と言ってました。ありがとう私の友達!


写真は映画の原作文庫です。映画の公開に合わせて、お二人の写真の表紙に変わりました。


そう、あのロックンローラーの鮎川さんが、こんなすごい色(笑)のジャージしかも上下を着てしまうという衝撃(笑)。でも妙に似合ってしまっていましたね。


先日のロゴスでのライブのとき、会場にこの撮影で使ったジャージに「ファンの皆さんで寄せ書きを!」ってことで、私もしっかり書きましたが、その寄せ書きだらけのジャージを、舞台挨拶のとき、鮎川さんが羽織ってくれましたよ♪

じーん。


舞台挨拶は30分くらいだったかなぁ?

客層は、シナロケのライブと大違い28歳くらいのOLさん風な女性が9割ってとこ(堺雅人ファンが大半と思われます)。鮎川さんが還暦とか、シナロケ30周年とかの話題で「ええーっ!」「ほぉ~!!」ってな感じで会場の大半の人がどよめいていた(笑)ので、まぁ、ある意味、鮎川さんを今まであんまり知らなかった人達にも、鮎川さんの魅力がバッチリ伝わったのではないか?!と思います。うふふ~。

舞台挨拶も鮎川さんマイペースで面白かったです。堺雅人さんは、ホントに好青年!!って感じで、ますますファンになりました~。現場の雰囲気の良さがうかがえるような、ほのぼのとした舞台挨拶でした。客席の左側に、シーナさんが関係者の方々と立って見ておられて、始まる前ギリギリくらいに気づいた私は猛ダッシュで駆け寄って挨拶に行ったミーハー者です。シーナさん、ゴメンナサイ!!

舞台挨拶中に、堺雅人さんが「現場にずっと同行しておられた、鮎川さんの奥様のシーナさんが、若い頃の鮎川さんに似ているとおっしゃって下さって。それがとても嬉しかったです」とコメントされたとき、会場からシーナさんが「ありがと!」と声をあげる場面も。いやー、ほんとに和やかで楽しい舞台挨拶でした!!


映画も面白かったです。原作のまんまでした。
映画館で公開のとき、また見に行こうっと♪


<追記>

福岡のロックシーンをレポしている「ブルージャグ」さんで、この日の模様が詳しく書かれています!!


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

<セットリスト> ロケッツHPからコピーです!


1.Batman's Theme (Neil Hefti) バットマン
2.Oh no! I'm flash ホラフキイナズマ
3.Virus Capsule (Ayukawa - Shibayama) ビールス・カプセル
4.Rock Is Alright ロック・イズ・オーライト
5.You Really Got Me (Ray Davies) ユー・リアリー・ガット・ミー
6.PLANET GUITAR プラネット・ギター
7.JAPANIC ジャパニック
8.I CAN'T GET ACROSS TO YOU アクロス・トゥ・ユー
9.EMPTY BED (4:14) エンプティ・ベッド
10.OH LONELY BOY オー・ロンリー・ボーイ
11.Happy House ハッピー・ハウス 

with 津和野勝好
12.Stop Messin' Round ストップ・メシン・ラウンド
13.I'm A Man アイム・ア・マン
14.Happy ハッピー
15.Star Star スター・スター
with 篠山哲雄+鬼平

16.Catfish a.k.a. Namazu No Uta (Ayukawa Makoto) なまずの唄
17.Yu-Me-Mi-Ru BoroNingyou 夢見るボロ人形
& 山善

18.Oira Imamade おしえておくれ(おいら今まで)
+石井K介

19.Knock on Wood ノック・オン・ウッド
20.Try A Little Tenderness トライ・ア・リトル・テンダーネス
S&R with 篠山哲雄

21.What Becomes Of The Broken Hearted (Jimmy Ruffin) 恋にしくじったら
BackToTheRokkets
22.DoBuNeZuMi (Ayukawa Makoto) ドブネズミ
23.Suzy-Q (Dale Hawkins) スージーQ
24.Lazy Crazy Blues レイジー・クレイジー・ブルース
25.Lemon Tea (Ayukawa - Shibayama) レモンティー
26.What A Wonderful World ホヮット・ア・ワンダフル・ワールド
Encore

27.My Way マイウェイ
with All Members

28.Walkin' The Dog (Rufus Thomas) ウォーキン・ザ・ドッグ
+中野茂樹(Harp)+Dobb & Hide
29.Boom Boom (John Lee Hooker) ブーン・ブーン
30.Got My Mojo Workin' (Muddy Waters) ガット・マイ・モジョ・ウォーキン
31.Johnny B. Goode (Chuck Berry) ジョニー・B・グッド


=========


「30周年なので30曲やろうと思ってます!」と以前ラジオで言われていた鮎川さん。

実際には、なんと31曲やってくれました!!

約3時間ほどのライブ。

ホントにパーティーのような楽しいライブでした。

メンバー紹介で、初代ベースの浅田さんが戻ってきたことを、鮎川さんが、ほんとにウェルカム!という感じで嬉しそうに皆に告げて。いやぁ浅田さん名古屋のライブで見たときも思いましたが昔と全然変わってないです、ビックリです!!

「Rock Is Alright」鮎川さんギターから始まってすぐ「イェーイ、間違えたー!」って(笑)。いやいや鮎川さんだから間違えてもカッコイイです! っていうか、あんな豪快な「間違えたー!」って初めて聞きました。ある意味レア。

シーナさんは最初は金色のスパンコールの超ミニのワンピースで。その後は水色、その後はピンクだったかな?

今までももちろん素敵なシーナさんだったけど、今回のツアーは特にキュートで弾けているシーナさんという感じがします!

「今日はウィルコ(・ジョンソン)の誕生日なのよ!」という説明の後で歌われた「I CAN'T GET ACROSS TO YOU」シーナさんが「30年間ずっと最強のコンビよ、キクとマコ」という説明の後の「EMPTY BED」エルヴィス・コステロと共演したステージを見て細野(晴臣)さんに僕らを紹介してくれた、ユキヒロ、高橋幸宏さんが僕らにプレゼントしてくれた曲!」と、「OH LONELY BOY」これはパソコンでリズムをならして、そこに川嶋さんのドラムがかぶさって始まるのだけど全然人工的ではなくてとてもあたたかくて可愛い歌で私は大好き!!

怒濤のゲスト・コーナーも、すごく楽しかった!! そしてゲスト・コーナーでまさかのナベさんソロ「歌うぜ!」の言葉の後に始まったキース・リチャーズのナンバー「Happy」ナベさんカッコヨカッタですー!!!

ゲストの山善さんが恐縮しつつも強烈で(笑)、私は山善バンドのときの「少しだけやさしく(Try A Little Tenderness)」が特に大好きで、この歌が登場するとイントロだけで目が潤むほどグッときますが、この日も、このナンバーが演奏されて、山善バンドとはまた違った良さで、最高でした。

セッションは、なんとなーくブルース色が濃いい感じだったかな?

とにかく鮎川さんがニコニコと楽しそう!!

どの曲だったか、始まるとき、たぶん予定になかった曲だったんでしょうけど、鮎川さんがいきなり何小節か、ガガガーッとギター弾きまくって、後ろの浅田さんナベさん始め皆が一瞬「?」というか呆然としていて、ハッ!と我に返った鮎川さんが少し照れくさそうに「.....っちゅー感じで、行こうかね!」と(笑)。これも最高でした。ライブならでは。でも、それで、皆さん「あー、その曲ね」みたいな感じですぐ始められるところが、30周年シナロケの底力を見た気がしましたねー。

アンコールで、ゲスト全員登場!のところに加えて、来月の北九州・高塔山JAMのライブ告知に出てきた、DobbさんHIDEさんが引っ込もうとするとシーナさんが「まだおりぃ、(「まだ居なさいよ」の意味の北九州弁)一緒に歌い」と引き留めて、結局そのままステージに、というのも楽しかった。

終わってみると3時間ちょっとと長丁場のライブだったんですが、感覚的には、アッという間の楽しいライブでした。

この日初めてシナロケのライブを見た若い友達も、とても感激しておりました!!

そうやろ、そうやろ!と、なんか「やったぜ!」っちゅーか誇らしい気分の私。えっへっへ。


シナロケのライブを見る度にいつも思うんだけど、ほんとに常に「今日のライブが最高!」って思えるバンドです。(ってなんか偉そうコメントでスイマセン!!)

「あーもうずっとファンでヨカッタ!!」「これからも引き続き追っかけていきます! しつこく!」って思いを新たにしました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


ジャージT
LAUNDRYというショップ(福岡はソラリアプラザB1にあります)
http://www.collaboration.co.jp/laundry/
で、こんなTシャツが発売中です!!




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

韓国映画。キム・ギドク監督作品。
前もって粗筋を読んだだけでも「うわー」と予測はついていたけど重い映画でした。
(途中はいきなり妙に明るいんだけど)
朝っぱらから重い映画見ちゃったなぁという感じでしたが、1週間限定で朝一番の上映のみなので、私は今日しか見るチャンスがなく。
好きな俳優チャン・チェンが主演なので頑張って見に行きました。

自殺未遂で声を失った死刑囚と、昔の恋人だと偽り面会する主婦の話。
ちょっとこれは、天国と地獄のような話だったなぁ.....。
希望を失った人に一瞬は希望を与えたかのようで、その後、奈落の底に突き落とすみたいな。
すごく残酷な話だった。
うーん......。あれで彼女は幸せなのか?
それともこれから何かを諦めて、死んだように生きていくのか?

ともかく重い映画でした....。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



TJAM08

ついに今年も決定しました!! 若松高塔山音楽堂でのライブ!!


高塔山ジャム2008 ~T-Jam Kappa-Rock Fes. Vol.5~


<日 時>
8月17日(日)※小雨決行
OPEN 11:30/PLAY 11:55
<会 場>
北九州市若松区高塔山野外音楽堂
<料 金>
前売り2,000円/当日2,500円(小学生以下無料)
※チケットぴあ、ローソンチケット他有名プレイガイドにて7/17発売開始予定
<司 会>
Dobb・浅山さとみ(Do!! Rock)
<出 演>
シーナ&ザ・ロケッツ、ROCK'N'ROLL GYPSIES(ex.The Roosters)、KOJI MINAMI & CNSTRCTRS(ex.人間クラブ)、YAMAZEN、The dobbrock(ex.NEW DOBB)feat.米岡誠一、大平啓人、DARKSIDE MIRRORS、The Blue Blues Brothers Band、WINKS 他
<主 催>
高塔山ジャム実行委員会、北九州ミュージック・プロムナード2008実行委員会
<共 催>
(有)グライダーオフィス
<問い合わせ>
高塔山ジャム実行委員会 TEL:093-531-0132 E-mail:t-jam@gryders.net


昨年、時間が押して騒音問題で苦情とかもきたみたいで警察もきていたし、今年はどうなるのかホントに心配しておりました。開催が決定して、まずホッとしています。主催の方々の努力のおかげだと思います。

昨年に引き続き、私の友達のバンド「The Blue Blues Brothers Band」が出るのも嬉しい!!

イェ~イ!!

皆で盛り上げていきましょう!!


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

下記のライブ感想で個人的に大絶賛している福岡のバンド、THE OUTSIDE MACHINE初のワンマン大決定!!!
2008.10.25(土)@grafだそうです。

で、福岡をラストとして全国ツアー(九州~関西地区)も決定だそうです。(HPより転載)


『2nd mini album release tour』

9/27(土)@大村beck

9/28(日)@長崎STUDIO Do!
10/3(金)@熊本Django
10/4(土)@鹿児島SR HALL
10/5(日)@宮崎ZETTON

10/10(金)@佐賀GEILS
10/11(土)@黒崎MARCUS
10/12(日)@広島NAMIKI JUNCTION
10/13(月)@山口LIVE rise SHUNAN
10/15(水)@神戸STARCLUB
10/16(木)@難波ROCK RIDER
10/17(金)@心斎橋SOCIO
TOUR FINAL
10/25(土)@福岡graf(ワンマン


下記で音源も試聴できます。


・MySpace
http://www.myspace.com/theoutsidemachine


今後のライブ予定、近い日程は下記の通りです。福岡近郊の方は要チェック!


2008/7/5 19:00  博多エキマエ音舗
2008/7/11 19:00  福岡DRUM SON
2008/7/26 19:00  福岡DRUM SON
2008/8/1 19:00  福岡VIVRE HALL
2008/8/3 19:00  福岡graf
2008/9/7 19:00  福岡graf


料金など詳細はバンドのHP

THE OUTSIDE MACHINE official web
http://www.cwr.jp/outside-rock

を見てください♪



いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

いかにも女性が見そうな映画にレディースデーに行ったのが失敗?

私の隣の女性(オバチャンではなくて多分うら若き女性ですよ!)二人が、なんと「お弁当持参」で予告編始まった途端に、おにぎりとか海苔の匂いをプンプンさせながらお弁当食べ始めましたむかっ

もう、おフランスな雰囲気が台無し!ですが、気持ちを立て直して彼女たちがおにぎり弁当食べ終わるまで、扇子でパタパタと自分を扇ぎながら、匂いを遠ざけつつ映画に集中。


さて、映画は、35歳の男女の、まぁ「酸いも甘いもかみわけた」カップルの話。
ジュリー・デルビーが監督、脚本、製作、編集、音楽、主演!
そして、彼女の両親の役が実の両親、彼の役に実際の元カレなんだそうな。(みんな俳優さん)。
うーん、すごい。
全編、おフランスざます~って感じの映画、よくも悪くも。
そして、シモネタ満載なのでカップルで行くと空気が凍るかも(笑)。
女子二人で行って見終わった後ガールズトークを繰り広げるって感じの映画かなぁ?
私は好きでした。何度も爆笑してしまいました。

しかし、男目線で見ると「こんなキュートな女性が、なぜこんな熊みたいな男と!」って思うけどね。(私は女ですがウッシッシ
それにしても、ジュリー・デルピー大した才能です!
すごーい!!
次回作にも期待したいです!!

公式HPは下記です。

http://www.paris-2days.com/

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。