MissYのミーハー感想文

私が行ったLiveや展覧会、観た映画の感想を、ミーハーな視点で書いていきます。


テーマ:

 待ちに待ったラモーンズのドキュメンタリー映画。こんな地方では上映ないのでは?と思っていたので、上映があるだけで、ありがたや~という感じですが。レイトショーだけとは、ちと淋しい! でもゼータク言ってはイケマセンね。
 自分の日程の都合で、前日、大阪までライブを見に行って(ちなみに見たのはダーティ・ダズン・ブラス・バンドっていうニューオリンズJAZZのバンド)この日の夕方に福岡空港に帰ってきて、その足で見たレイトショー。へろへろでした。体力的に疲れているところへもってきて内容もヘビーだったし。
 雑誌等の情報で、かなりヘビーな内容らしいことは知っていたけど、それでも、どーんと気分が重くなる映画でした。だってメンバー自身のコメントもまじえての、かなり赤裸々な映画で、あんなにもお互いの悪口三昧って.....。それでバンドが22年も続いたというのが驚異的。辛口批評で有名なおすぎさんや中野翠さんが珍しく絶賛してましたが、これはラモーンズを全然知らないヒトの方が楽しめる映画だろうなぁ。好きな人ほど、辛くて、ちょっといたたまれない気持ちになってしまうと思う。かくいう私は、そんなに熱心なラモーンズ・ファンというワケでもないし、CDもベスト盤を持ってる程度。映画『ロックンロール・ハイスクール』のDVDは持ってるけど(『ロックンロール・ハイスクール』は、B級テイスト満載だけど、とっても楽しい映画!)実はメンバー構成とか全然分かってなかったし、この映画を見て初めて、よぉ~く分かったくらい。なので、まぁ、見てヨカッタと思います。ジョーイは思っていたとおりデリケートな感じの人として描かれていたけど、ジョニーがあんな風な人だったとは、ちょっと意外でした。でも、これだって映画はあくまで一部を切り取ったものにすぎないから、丸ごと信じてもイカンのでしょうけどね。
 ともかくロック・ファンなら覚悟して(?)一度は見るべし!という映画であることは間違いありません。一応、気力・体力みなぎっているときに見ることをお薦めしたいですね、個人的には。きっと、かなりがくーんとくるので。
 LPジャケット仕様のパンフレットが内容充実でした。そして各種グッズが飛ぶように売れていたのが、すごーい!と思いました。いや、ほんと、もう売り場、人が詰めかけてましたよ。
 ちなみにミーハーな私は先に公式HPからTシャツを購入済みでした(笑)。
 公式HPは、こちら。
<追記>
ラモーンズのこんなフィギアを発見!

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
 仕事帰りに、久々に戸畑のシネコンへ。映画『父と暮らせば』を¥800で上映中なので。これ、宮沢りえと原田芳雄の、ほとんど二人芝居なのですが(宮沢りえちゃんが好きになる相手として浅野忠信君もチラリと出演!)原作は井上ひさしの戯曲なのね。映画を観た後それを知って「あ~、なるほど。そんな感じじゃった」と思いました(←早くも映画の広島弁がうつっている。単純な私!)。
 広島に原爆が落ちた後の3年後の話で、少しユーモアもあるものの、もう終盤は涙、涙。目の前で亡くなっていった人をたくさん見てきて、生き残っていることに罪悪感を持っている娘。「うちは幸せになってはいかんのじゃ」とりえちゃんのセリフに「そんなことないって~~~!」と心の中で叫んで涙、涙の私でした。6カ国協議でこの映画を流して欲しい!くらい思いましたよ、ほんとに。
 私は小学校時代、長崎市に住んでいたので原爆のことなど割と学校教育の一環という感じで教わったのだけど、こういう形で後生に伝えていくことはホントに必要だろうなぁと痛感。風化させてしまってはいけないことですよね。最近の日本の動向を見るとホントそう思う(と、たまにはちょっと真面目に。)
 原爆で亡くなったお父さんが4日間だけ出てくるんだけど、娘はごく自然に「おとったん、来とんなさったんか」と(セリフうろ覚え!多少違うかも。)迎えるのですね。このあたりにも、うるうる....。でも私は我が身を振り返って、例えばですね、仕事のこととかでへこんで帰宅して、玄関あけて、亡き父がいたら「おとったん、来とんなさったんか」とは言えないですねぇ(苦笑)。娘の愛情が足らないですかね?
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 久々に2本の映画館をはしご。どちらもフランス絡みで、なんだか”おフランスな一日”でございました。
 さて、この映画。アカデミー賞主題歌賞でノミネートされていたときから、すっごく気になっていたフランスのアニメなんですが、んもー面白かった! セリフらしいセリフは、ほとんどナシ。音楽とか擬音とかハッと息をのむ音とか、そんな感じでお話はズンズン進んでいきます。でも、すんごく面白かった! 主人公のおばあちゃんなんて、ほとんど二頭身(笑)なのだ。そして、ものすごく淡々と頑張るの。誘拐された孫を助ける為に。犬も頑張るの。そして、めっちゃ陽気にスウィングしてる三つ子のばあちゃん達も出てくるし。老人パワー炸裂映画。音楽も良かったし(なんとスウィング・ジャズです!)映画館出た後でHMVに直行してサントラCD買いましたよ私。でも笑いは、かなりブラックでしたね~。あと、若干食欲をなくしてしまうゲテモノ食いのシーンもあるので、食事は済ませて見たほうがよいかも。ラストのラストで、くすっと笑うおまけシーンがあるので、最後まで席を立たないでね。
 公式HPはこちらです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 9年前の映画『恋人たちの距離<ディスタンス>』の続編。主演二人も同じくイーサン・ホークとジュリー・デルピー。ときどき9年前のワンシーンが挟み込まれるのだけど「ぎゃー! イーサン・ホーク老けたなぁ」と、がっくりでした。いや、今のイーサン・ホークだけ見ると、そこそこカッコイイんだけど、9年前の映像と並べて見せられるとねぇ。イーサン・ホーク、実生活では9年の間にユマ・サーマンと結婚して離婚したからなぁ、疲れちゃったのかも。時というのは残酷ですね(苦笑)。ジュリー・デルピーは今でも美しくてキュートなのに。
 で。お話は、いわゆる「一夜限りの恋人たち」の後日談という形なんだけど。さて”半年後にウィーンで再会しよう”と約束した二人は会えたのか? そして9年後にあって、男は妻子ありの身。女は結婚していないけど同棲している彼氏あり。そんな二人が、果たして話が弾むのか? その辺りは、まぁ映画を観てのお楽しみということで。パリ観光気分が楽しめて、二人の跡を付けているいるような気分になるプチ・ロードムービーって感じ? そしてラストは「ええーっ! ココで終わるの?」というような、またしても観客にあれこれ想像させる意味深なラストなのです。こりゃあきっと、また10年後辺りに続編できるな、と思いましたね私は(苦笑)。10年後のイーサン・ホーク。ううう~ん、観たいような観たくないような.....。ただ、ジュリー・デルピーの歌が聴けたのは嬉しかった。私、大好きな女優さんなので。
 これは女同士で観ると、観た後にあれこれ恋愛談義したくなるかも(笑)。でも、それってお互いの恋愛観が暴露されそうでコワイ。私は談義したくないっす。それにしても、リチャード・リンクレイター監督って、あまりにも毛色が違っているので一瞬忘れそうになるけど、『スクール・オブ・ロック』を撮った監督でもあるのでした。驚きますね。あまりにもガラリと作風が違ってて。というか、引き出しが多い監督ってことなんですかね。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 ごくフツウのサラリーマンが、ある日突然、見知らぬ男たちに拉致されて15年間も監禁されて。そして、またある日突然、解放されて。一体なぜ? という展開。「なぜ監禁されたか」というより「なぜ解放されたか」というところがキモなのですが。これ、原作は日本のマンガらしいけど、かなりお話は変わっているらしいです。そして原作では監禁は10年だったらしいけど、映画では15年になっている。これは「あ~、なるほどね」という感じ。15年でななければ、この話は成立しないだろうからなぁ。ミドを演じた女優さんがキュート! 私、ファンになっちゃいました。これから売れっ子になるんだろうなぁ。ボーイッシュだけど胸ボーン!って感じの女優さんです。
 それにしても、すさまじいバイオレンス映画。そして恨みの映画。でも、ちょっとブラックな笑いもあって。とにかく観た後、どっと疲れました。タランティーノ監督が絶賛したというのは、うなずける。いかにもタランティーノが好きそうな映画。かなりの話題作だっただけに私は観たくてたまらなかった映画で、やっと観れたし確かにスゴイ映画だったので満足ですが、でも二度は観たくない映画ですな。だって痛いもん!
 「口は災いの元」ということわざを思い出す映画でした。私も気をつけよう.....。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 小倉の昭和館という再上映館で韓国映画2本立て。これと『オールド・ボーイ』の組み合わせ。ぜんぜん雰囲気違うので2本観ても疲れませんでした。っていうか、こっちを先に観たからヨカッタ。『オールド・ボーイ』が先だったら、きっと、ぐったりしていたでしょう。
 で、この映画。レディースコミックみたいな映画でした。3姉妹がナゾの美青年に翻弄されまくり~という話。イ・ビョンホンのプレイボーイぶりが、なんともベタで(笑)、そこそこ面白かったです。堅物の次女がいきなり目覚める、その極端ぶりが一番笑えた。私はあの『冬ソナ』を観ていなかったので知らなかったけど、『冬ソナ』の主演女優だった人なのね。彼女が3姉妹の中では一番可愛いなぁ~と思いました。まぁ、オチは「そんなオチかよ!」って感じでしたが。この映画で、チマチョゴリの下はあんな風になっているのね~と初めて知った私でした(笑)。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 北九州出身・青山真治監督の最新作。上映が終わるギリギリの今日、やっと見に行きました。Tジョイシネマ北九州で。
 東野圭吾の小説が原作。”お受験”のために湖畔のロッジで合宿している3家族と塾の講師。そこに一家族のダンナの愛人が訪ねてきて、殺人が起こる....というサスペンス。うう~ん....なんか全般的に”火曜サスペンス劇場”っぽかった。スイマセン、こんな感想で。何かを得るためとは言え、空恐ろしいまでに倫理観なんてモンをすっぱり振り払っている人達。暗い怖い映画だったなぁ。映像的に夜のシーンとか、ぞくぞくするくらい雰囲気があったし、サスペンスとしての話の展開も「ええっ?!」という意外性があったけど、何しろ薬師丸ひろ子が鬼気迫る演技で怖かったです。つーか、あの人段々怖くなってます。”角川アイドル映画全盛期”を観ていた私ら世代にとっては、昔あれだけアイドルアイドルしていて可愛かった印象が強いだけに、ギャップが(涙)。役所広司はやっぱり上手いなぁ。杉田かおると鶴見辰吾が夫婦役で出ていて、かつての『金八先生』を見ていた世代としては「あら(笑)」って感じでした。でも杉田かおるって最近すっかり色モノ扱いだけど、実は上手い俳優さんですよね。もっと女優として評価されるべき人だと思う。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 吉永小百合111本目の映画。んでもって史実を元にした話で、明治時代の北海道での開拓史で(いわば『風と共に去りぬ』北海道版みたいな話)という、すんごい大作然とした映画の監督が行定勲。えええっ~?!って感じで驚いた私でしたが。すごく良くできた映画でした。2時間48分という長時間の上映時間には、ちょっとひるむけどね。話はもう山場がてんこ盛りで、困難が襲ってきたかと思うと何とかなってホッ...としたのも束の間、また新たな困難が!って感じで。案外と長時間は感じさせないというか、話自体はダレないのですが、しかし、元来泣きやすい私は、もう何度も泣いてはホッ、泣いてはホッ、そこでまた泣かせるのかよ~?!って感じで、もう、ほとほと、泣き疲れました(苦笑)。それだけ泣かせてラストが不幸なままだと、すんごく後味悪いけど、そこはサスガに行定監督、上手い終わり方でしたねぇ。吉永小百合ファンの人は大満足の映画。あと、トヨエツが一番”おいしいとこ取り”って役柄かな。まるで王子様でした。ちょっとウットリした私。渡辺謙さんは、う~ん、ビミョウなところ。難しい役柄でしたが貫禄充分って感じでした。
 ちなみに、予想通り館内のお客さんの年齢層はとても高かったですね。意外と若い人もチラホラと居ましたが。




<以下ちょっとだけネタバレ>
 ラストの感動の展開で、私は「.......でも、アナタたち今日のお役所の仕事はしなくていいの?」と思ってしまった。は~、スレてますね我ながら。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。