MissYのミーハー感想文

私が行ったLiveや展覧会、観た映画の感想を、ミーハーな視点で書いていきます。


テーマ:
 以前アメリカでティーンエイジャーの女の子二人が「私たちが肥満になったのは、有害だと分かっていながら宣伝したマクドナルドのせいだ」とマクドナルドを裁判で訴えたという事件がありました。いくら訴訟社会のアメリカとは言えども、これは負けるでしょうと思っていたら案の定の負けだったのですが、あまりにも手前勝手な主張だったので私も記憶に残ってます。
で、この映画は、この裁判を記事で読んで、やはりバカバカしいと思いつつも「じゃあ有害というのを示すデータがあれば裁判の結果は変わっていたのか?」と、自らの体で人体実験する監督のドキュメンタリー。
●1ヶ月間、1日3食マクドナルドにあるものしか食べない。(水は可)
●店で「スーパーサイズ」を勧められた場合は断らない。
という無茶な計画! そしてアメリカ各州のマクドナルド行脚をするのです。
最初にちゃんとお医者さん3人の診断を受けて「スタートの時点でいかに健康体か」ということを示した上で、ムボーな計画スタート。2日目でオエッとなっているところは、なかなかリアル。でも、そのうち禁断症状というか、食べてないと落ち着かないという風になっていき、気分もイライラしていて、お腹はみるみるでっぱっていき、21日目にしてドクターストップまでかかる事態になるのです。こ、怖~っ! お医者さん曰く「アルコール中毒の患者と同じくらい肝臓がダメージを受けている」って。そして「酒飲みなら”お酒を控えろ!”と酒瓶を取り上げるところだが、まさかファストフードでアルコール中毒と同じ症状が出るなんて」と医者もガクゼンとしているのです。ひー。
 ユーモアにくるんである映画とはいえ、監督が基本的には真面目な人であることが、よく伝わってくる映画。随所にいろんなデータや街の人々のインタビューをはさんで、物事の本質をあぶり出していっているという感じです。
 マクドナルドに関しては日本のLサイズがアメリカのSサイズくらい、らしいので、まぁサイズとかが桁違いだとはしても。やっぱ健康には悪いよねぇ。私も映画前に急いで何か食べたいときとか、マクドナルドけっこう利用してましたけど、この映画観たら、もう怖くて食べれないなぁ。あと、日頃の食生活にも気を付けようと、痛感しました。
ちなみに監督はベジタリアンの彼女のおかげで、撮影数ヶ月後には体重元に戻したそうです。(それでもかなりの月数を要したらしい。やっぱりなぁ。)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
私がCHABOさんを最初に見たのは2000年のインストアLive でして、そこからトートツにCHABOさんファンになったのでファン歴浅いのでした。なので今から13年前に出た麗蘭1stアルバムは聴いてなくて。今回再発されたのを聴きました。麗蘭は今回初めて....と思っていたけど、今、自分のHPのLiveレポ読み返したら2002年に見てるじゃん!  健忘症かよ私は。とほほ。やはりLiveや映画の感想はコーフン冷めやらぬうちに書いておけって話ですな。あ、あとストーンズ・ナイトなんてイベントのゲスト出演なんてのも見に行ってました私!

で、今回のライブ。整理番号140番台だったので「まず最前列はムリ」と思っていたのに、一人客というのは案外とするりと前が取れるものなのね。端の方ながら最前列のCHABOさん側をGET!(このおかげでラストのアンコールの後、CHABOさんに駆け寄って握手してもらっちゃった! ぎゃお!)
この日の会場は前半分が椅子席、後ろは立ち見というセッティングでしたが、始まると皆さんスタンディングでしたね(まるで、こないだのエルヴィス・コステロ状態。笑。)全部で2時間半くらいあったかなぁ。Xmasコーナーもあったりして楽しかった! CHABOさんの歌を聴くと、毎回「こんな荒んだ世の中だけど、私はまっとうに生きていこう」っていうような、何か謙虚な気持ちになるっていうか、心洗われる気分というか、まぁ、とにかく、後から後から余韻が押し寄せてくる感じなのです。う~、語彙不足でうまいこと言えませんけど。あと、やっぱりバンドの皆がホント仲良さそうっていうのが素敵! 実力ももちろんスゴイ人達ばかりなんだけど、それ以上に雰囲気がすごくいいもんね。
福岡でのライブのときは必ず「ブルースな町!」とか「鮎川誠!」とか言ってくれるCHABOさん。今回は、これに「なんばしよっと?」連発がオマケでつきました。うふふ。
また福岡来てくださいね~CHABOさん!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
予告編を見たときから、かなり期待していた映画でしたが期待に違わずイイ映画でした。というか、すごーく私好みの映画でした!
東ヨーロッパのクラコウジア(という、これは架空の国ね)からアメリカにやって来た主人公(トム・ハンクス)が飛行機乗っている間に国でクーデターが起きて空港から出られなくなるという発端。でも、悲嘆にくれながらもサバイバル力を発揮して、次々と困難を乗り切っていく様は爽快です。まさに人種のるつぼという感じの空港(旅する人々も、そこで働く人々も、という点で)そこを舞台にお話は空港をほとんど出ないまま展開するのですが、それでこんなストーリーが出来上がるってのがスゴイ! スチュワーデス役のキャサリン・ゼタ=ジョーンズは、いつになく薄化粧(笑)で、薄化粧だと案外と童顔でカワイイのでした。でも、酸いも甘いもかみ分けた女って感じで、素敵なのです。ものすごい悪人ってのは約1名だけで(苦笑)なんともハートフルなお話、そして笑いながらも最後はホロリと来ます。某JAZZミュージシャンが本人役で出てます。私はJAZZには疎いので、そんなことはエンドロールで初めて知るわけですが。(himselfって出てたから、「おお!そうだったのか!」って感じで)ちなみに、主人公が交わした、”ある約束”はホントにスピルバーグ監督が自分のお父さんと交わした約束なんですって。これを事前に雑誌で読んでいた私は、それを思い出して、また涙でした。
人間、どんなときでも何かを信じて努力すれば報われるっていう、ちょっと青臭いけど、そんなことを信じたくなる映画です。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
ずいぶん前に私がOLやっていた頃。かなりオルケスタ・デ・ラ・ルスにハマって同僚と何度もコンサート見に行きました。数年前に解散したと聴いて残念~と思っていたけど、私が知らぬ間にメンバーかなり入れ替わったものの再結成していたのね! ボーカルのノラさんが言われるには「NYの9.11をきっかけに再結成した」とのこと。福岡でのライブは実に9年ぶりとのこと! ってことは私が見たのも多分、9年ぶりってことですね。ちなみにサルサっていうのは、まぁラテン音楽っていうか、グロリア・エステファン&マイアミ・サウンド・マシーンみたいな感じの音楽を思い浮かべていただければよいかしらん。とにかくノリノリの楽しい音楽です。思わず腰が回るって感じのリズム!
それにしても福岡は、いつの間にこんなにラテン・ダンス、サルサ・ダンスが浸透したのだ? 9年前のコンサートのときも、確かに”思わず踊り出す男女”はいましたが、それは外国人のカップル(見るからにブラジルとかその辺の国の人かな?って感じのカップル)が、1,2組という感じでした。でも、この日の会場では、も~ほんとに、いたるところでフクオカンの男女が(しかも男性は結構年配の方で女性は若かったりする不思議な組み合わせ!)クルクルと回って踊っていたのですよ。ざっと見たところ10組以上はいたと思う。いや~驚きでした。
ボーカルのノラさんは9年分お年を召したはずなのに、以前より若々しくてパワフルでした。恐るべし!

あ、あと特筆すべきは会場になぜか、すご~く目立つコスプレのお客さんがいたこと。うさぎさんの着ぐるみ(衣装はお手製ぽかった)、ブルーのミニスカートのミニスカ・ポリス、それと金髪のお人形さんちっくな女性。この3人は一体何者だったのでしょう? うさぎさんとミニスカ・ポリスはステージ上に呼ばれてましたね。ノラさん達が出番前に楽屋でモニター見てて客席の様子を見てウケまくっていたらしいです。「サルサでコスプレって! 初めて見たよ!」ってノラさんも言われてましたが私も初めて見たよ!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ブルース・ムービー・プロジェクト最後の1本。ここで告白するとですね、実は私、この一連のブルース映画、どれも、どこかしらで猛烈な睡魔に襲われてしまって寝てるのです、数分、いや数十分.....。(先日久々に会ったお友達FUMIさんにはバレていた。「いや、多分寝てるだろーなーと思ってましたよ」って。とほほ。)なので感想アップするのも遅れがちだったんですが今日の映画は初めて全編寝ずに観ました。今までで一番面白かったもん。なんたってボビー・ラッシュという人の、あの下世話な感じが強烈で! あんな66歳ってスゴイ。コーラスガールの超デカイお尻にもびっくり。そしてロスコー・ゴードンの、まるで映画のような人生に涙。本場の教会のゴスペルも「うわわ!」って感じで感動だったし。いやぁ、いい映画でした。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 いやぁ、CD1枚も聴いたことナイのに勢いでライブ行ってきちゃった! BLUES EXPLOSION@福岡ドラムLOGOS。名前は前から聞いたことあったし(ジョン・スペンサー&ブルース・エクスプロージョン、って、なんでそんなに長ったらしい名前なの!と印象的だった)友達はファンでよくライブを見に行っていたのだけど私はなぜか全然音を聞いたことがなくて。ところが先月見た映画『ソウル・オブ・マン』の中で1曲だけ彼らのライブ・シーンがあって、それ見て「あ! このバンドは私好きかも!」と思い、そのカンだけを頼りにせっかく福岡来てるんだしと仕事帰りに当日券で行きました。
 会場のドラムLOGOS客はがらがら(涙)。どう見ても3分の2くらいの入り? いや、半分くらい? でも前のほうのお客さんは盛り上がりまくってましたね。私は後ろでおとなしく見てましたが1曲聴いた瞬間に心の中で「きゃ~~~~~~~~~~! 素敵っ!!」て叫びました。すんごく私好みの音だったのです。やっぱ見に来てヨカッタ! ジョン・スペンサー顔濃いいですねぇ。イタリア系ですか? 椎野恭一さん(花田裕之バンドとかでドラム叩いてる)を、もう少し濃いい顔にした感じ? 
 ファン層は8割が20代男子って感じでしたね。私は体調あまりよくなくて(じゃあライブとか行くなよ!って感じですが....)会場の前3分の1くらいが熱狂的にうぉーっ!って叫び踊りまくりダイブしまくりの若者層という感じで、その後ろのブロックは、ちょっと大人な感じで見ていたというか。たばこ人口が多かったので風邪の私にはツラカッタ。でも、このジャンルなら、それは仕方なし。全般的にロックTシャツにGパンっていう、まぁいわゆるロックな客。すいません今回レポートになってませんね。そういう自分は仕事帰りに突発的に行ったライブだったので全然ライブ仕様の格好ではなくダサダサでした(苦笑)。

 ライブ後、現地で会った音楽友達と帰り道話していて「キング・ブラザーズはジョンスペ見て”バンドやろう!”って思ったそうですよ」と聞いて納得。私はキング・ブラザーズを先に知って先にライブも見たことあったのだ。すいません。これって、ボ・ガンボスを知ってからボ・ガンボス経由でボ・ディードリー知ったようなモンですな(笑)。まぁ、音楽のルーツを辿って好きなミュージシャンが増えていくのが私の常なので、これもアリってことで。これから追っかけますよー、BLUES EXPLOSION!
 今日、お昼休みに会社で話してて(「今日、仕事帰りにライブに行こうと思ってんだよー」とか話してた)、職場の男の子がジョンスペ時代のCD持ってるそうなので明日借ります。嬉しいなぁ。新譜は、ちゃんと自分で買いますよん。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 コステロの整理番号は、先日のブライアン・セッツアーがほぼ800番に近い数字(涙)だったのに比べて70番台だったので、やる気満々でちゃんと開場時間前に並んだ私。ところが、なんと! 開場直前になってアナウンスがあり「チケットには1階オール・スタンディングと書いてありますが、演出の都合上、1階は椅子席の自由席にさせていただきます」だって。え~?! 多分、チケット思ったほど売れなかったんだろうな...(涙)。でも私は体調がしんどかったので始まるまで1時間座れてヨカッタけど。早く行っておいたので5列目くらいで見れたし。ライブが始まってしまえば皆さんオールスタンディングだし(笑)。
 ライブ自体はすごく盛り上がって、バンドとコステロの雰囲気も、いい感じでした。アンコールの30分ほども含めて、トータル2時間半くらいあったかな。それにしても、コステロの恰幅の良さ。ロバート・デニーロかと思ったよ、体型だけ見たら(あ、デニーロは演じる役によって体重を増減させることで「デニーロ・アプローチ」なんて言われてますが、ここで言うデニーロはマフィアのボスとかを演じるときの恰幅のいいデニーロです。苦笑)。1曲終えて横向いたときの体の厚みもすごかったし....。いやいや、そんなことばっか言ってますけど感動したライブでしたよ。アンコールで、私が大好きな『(What's So Funny 'Bout)Peace,Love & Understanding』や、まさかの『アリスン』やってくれたときは嬉しさで涙出ました。

 さて恒例の(?)私のミーハー観察ですが。コステロの客層のファッションは、う~ん、わりかしトラッドな感じの人が多かったかな。トラッド・カジュアルという感じ? そして年齢層は高かったですね。落ち着いた感じのカップルや夫婦、もしくは洋楽通っぽい男二人連れとか、そんな感じの人が多かったように思います。そんな中において、風邪気味で全然ファッションのTPOまで気が回ってなかった私は、先日のブライアン・セッツァー・オーケストラのときとまったく同じファッションで行きました。そう、B・セッツァーLive後に飲食を共にした友人知人の方々はおわかりでしょうが、あの、ロケンローなファッションです。(革ジャンに黒のパンツという黒づくめ。)コステロのファン層の中では、浮きまくりでした。とほほ....。

 ところで、ふと思いついて、コステロの公式HPを検索で探したところ、コステロもグラミーにノミネートされてるのね! おめでとう!




アーティスト: エルヴィス・コステロ, ルシンダ・ウィリアムス
タイトル: ザ・デリヴァリー・マン

<追記 2004.12.18>
今日ネットでうろうろしていたら福岡のライブを絶賛してあったblogを発見。かなりすごいコステロ・ファンの人らしく全国追っかけてます。すごー。こちらです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 時期的に、きっと以前出たクリスマス・アルバム『ブギ・ウギ・クリスマス』からたくさんやってくれるかな?と期待していたけど。ステージ、まんまクリスマスでした! オーケストラの皆はヒョウ柄ジャケットに赤いサンタ帽かぶって(可愛い!)コーラスガール二人は胸元がガッと開いた色っぽいサンタガールの格好(もちろん超ミニ)でクリスマス・ツリーも飾ってあり、とにかくド派手なロックンロール・ショウ!って感じで、と~っても楽しかった! 場内の盛り上がりもホントすごかったです。なんつ~か、もう、お客さん皆が「待ちに待った!」という熱気がありました。途中でスリーピース・バンドのコーナーもあったり、後半は今度はバンドのメンバー赤いジャケットでヒョウ柄のサンタ帽にお召し替え(笑)、「トランペットの人が一人居ない?」と思ったらサンタの格好で登場したりして客席前方に何かばらまいたりして(おそらくキャンディ? 私も欲しかった!けど私はPA前あたりという、かなり後方で見ていたのでキャッチ出来ず。残念~)アンコールでは雪が降るという演出もあり、ほんと楽しいLiveでした。
 MCでブライアンが「今朝、アメリカから電話があって、グラミーにノミネートされたって! すんごく嬉しいよ~!」てなこと言っていたのですが、私のつたない英語力では自信なし.....と思って、帰宅して公式HP見てみたら、やっぱり確かにグラミーにノミネートされたらしいです。わぉ! その、ほやほやのHOT NEWSを本人の口から聞けた福岡のファンはラッキーでしたね! 公式HPでは福岡含めてツアーの写真とかもアップされてて楽しいです。興味がある方は見てみて!


<余談>私はライブに行くと、誰のライブに行っても「どんな客層で皆どんなファッションかなー」っていうのも毎回楽しみなんだけど。地味なシンガーは客層もファッションも地味~だったりする傾向があるように思いますね。当たり前だけど。で! ブライアン・セッツァーのライブのときは、もう、これがすごくて。ロカビリー野郎だらけです。女子も男子も。「ここは『アメリカン・グラフィティー』の仮装パーティー会場か?」と錯覚するくらいです。リーゼントのとさかも高くて、もう、皆さん気合い入りまくり。私はもちろん、そこまで出来ないけど、見てて楽しい。ちなみに私はこの日は革ジャンで行くかヒョウ柄フェイクファーの丈短ジャケット(そんなモンも持っている私って一体....まぁLive行くときくらいしか着てませんけど)で行くか悩んだ結果、寒かったし風邪気味だったこともあって防寒性で革ジャンにしたのですが。ステージの幕が開いた途端にオーケストラの皆さんのヒョウ柄ジャケットの衣装を見て「あ! しまった~! やっぱヒョウ柄着てくればヨカッタ! お揃い気分を味わえたのにっ!」と思いました。我ながら、めっちゃミーハーやね....。


アーティスト: ブライアン・セッツァー・オーケストラ
タイトル: ブギ・ウギ・クリスマス
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 予告編で「実際にあった話」というのは知っていたけど、よくもこんなウソがまかり通ったものだという驚き。ぶっちゃけた話「ニュース記事の捏造」という話なんだけど、スター記者が、なぜこんなことをしたのか。そして、雑誌に載る前に、なぜ身内(会社内)でバレなかったのか。ある意味、この主人公はめっちゃ世渡り上手の男だったってことだろうけど(同僚ウケも、ものすごくいい気配り上手の男)でもなぁ、倫理的にも、まずやっちゃイカンやろ! 映画としては、よく出来た映画だったけど、めっちゃ後味の悪い話だったなぁ。部下を信じてかばってくれた初代編集長が可哀想やん、と、まず思った私でした。

 しかし、この日、映画を観て帰宅したら、現実のニュースでは「北朝鮮側が提出した横田めぐみさんの遺骨は別人のものと鑑定結果が出た」というニュースが。いやはや全く。なんという世の中なんだ。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
 これ予告編観たときから既にほろりときたりグッときたりしていた私。雑誌などの紹介記事を読んでも評判良かったので、とっても期待していたのですが、私が大好きなタイプの映画でした!
 アメリカの典型的な中流家庭で育ったエイプリルは、家族の中では、ちょっと”はみ出し者”という扱いの不良娘。お母さんとも犬猿の仲のよう。家を飛び出して今はNYでBFと同棲中。でも、そのお母さんがどうやらガンで余命幾ばくないという状況になって、最後のディナーを自分で作ることを決心。感謝祭に家族の皆をNYのアパートに招待して、大の苦手の料理に取り組むんだけど、その奮闘ぶりと、郊外から車でNYに向かう家族の様子(この家族も皆それぞれに個性的!)を交互に織り交ぜてお話は進んでいきます。あらすじだけ読むと、すごく辛気くさい話?って思いそうですが、そんなことないです。ユーモアにあふれていて、身につまされる箇所もいくつかあって(実は私もかなり料理苦手っす!)最後にはホロリという映画。エイプリルとアパートの住民たちとの交流(おそらく今までは全く口をきくこともなかったという感じが伺えます)にも、じ~んときます。エイプリルのBFが、これまた、とびきりイイ奴で! 私はもう胸キュン(死語!)でした。
 なんやかんや言っても、やっぱり家族は家族だなぁ。その絆はとっても深くて強いものなんだよね。そして人生はヤなこともあればイイこともちゃんとあるんだよね。っていう、ホントに当たり前のことを、しみじみと感じる、イイ映画です。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。