MissYのミーハー感想文

私が行ったLiveや展覧会、観た映画の感想を、ミーハーな視点で書いていきます。


テーマ:
 フツー、1週間に1,2度は映画館に足を運んでいた私が。2週間ぶりの映画館です!
 このところ仕事のことで、いっぱいいっぱいだったので。

 で、ここはひとつ、スカッとする映画が観たいな~と思って選んだのがコレ!
 前作も大好きだったので、今回もすごく期待していました。このシリーズはアニメといっても、ちょっと毒があるし、お話の展開も面白いし、どのキャラクターも脇役にいたるまで強烈で楽しめるし、いろんな映画のパロディー場面もあったりだしで、ほんと、映画好きほど楽しめる作品って感じです。
 今回も『スパイダーマン』『ロード・オブ・ザ・リング』『ミッション・イン・ポッシブル』『フラッシュダンス』などなどの小ネタが。ん~、あと私にはワカンナカッタけど他の映画のパロディーもあるかも! あ! 『怪傑ゾロ』のパロディをアントニオ・バンデラス(まさに数年前、映画 『怪傑ゾロ』主演を演じた!)の声である「長靴をはいた猫」がやっているのには爆笑でした。終盤ではアントニオ・バンデラスとエディー・マーフィーのデュエットも楽しめます! 魔法使いのゴッド・マザーは、どうも私には「塩沢とき」さんに見えてしょうがなかったです!
 エンディングまでおまけがあるので最後まで観てね!
 いかにも夏休み作品、あっはっは~って感じで楽しく観れる映画です。お薦めですよ!

 公式HPは、こちら。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 昔から歴史物に疎い私ですが、この映画はクロスFMのスマイリー原島さんの番組で紹介されているのを聞いたらすごく面白そうだったので見に行った次第です。
 歴史物といっても実在していた人物かどうかワカンナイ、まぁ伝説の人って感じらしいんですけど。あの『ロード・オブ・ザ・リング』『スター・ウォーズ』などの元祖のようなお話らしいです。スマイリー原島さんは「作家の荒俣宏さんが、この映画の”アーサー王伝説”っていうのは西洋では誰もが知っているすごくポピュラーな話で、日本でいうところの”南総里見八犬伝”みたいなものと言っていて、それで自分もあ~ナルホドとすごく納得した」と言っていたんですが、私もそれで納得したのでした。「里見八犬伝」なら子供時代にNHKの人形劇で見ていたもんね!
 主役のキング・アーサーを演じた俳優さんが、ちょっともっさりした感じなのが難点ですが、でもお話は「男の友情物語」みたいな感じで、私は泣けました。あとキーラ・ナイトレイがすごかった。映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』でも姫の割にはかなり戦ってましたが、今回もっとすごいですよ。だってハダカに近いような格好で戦うシーンもありましたもんね。キング・アーサーをリーダーと仰いで共に戦う兵士たちが数名出てくるのですが、私はそっちの方に好みのタイプを見つけて、きゃ~っ!て感じで楽しみました(笑)。

公式HPは、こちら。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
感想は、そのうち。

取り急ぎ、写真だけはこちらのページにアップしています。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 村上龍の原作は数年前に読んだんですが、まぁ、原作のはっちゃけた部分のみをすくいあげて映画にしましたって感じ。なので原作のファンは賛否両論ありましょうが、私は「あっはっは~!」って楽しみましたよ。最初のアニメーションのオープニングからして洒落ててカッコヨカッタし! 妻夫木くん演じる主人公が叫んだ通り「楽しんだモン勝ち!」って映画ではないかなぁ。
 1969年当時って、私はまだ産まれてなかった....なんて、白々しいウソは言いませんが。でも当時まだまだ子供でした。それでも当時の流行とかは「ああ、ああ、そうでした!」という感じで蘇ったので、やっぱり強烈な時代だったんだなぁ、子供心にも。
 マドンナ役の女の子は現役女子高校生だそうで、清楚な感じがタマラン!よかったです。(私はオヤジか?)モデル出身で、この映画で俳優デビューだそう。きっと今後、売れっ子になるでしょう。
 安藤君の「ハンサムなのに訛りがキツイ男子」というキャラも可笑しくてナイスでした。私の祖母が佐世保なので私も佐世保弁には若干の免疫(?)があるはずなのに、あれはサスガに、字幕スーパーが出ないと理解不能でした!
 柴田恭兵がお父さん役というのも、なかなか渋くてヨカッタです。ひょうひょうとした感じの父親役、はまってました。
 全般的に「アホアホパワー全開の男子高校生の青春!」って感じで私は面白かったです。

公式HPは、こちら。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
このライブ、噂では6月下旬から聞いていたけど、はっきりした日程は、ほんとに急きょ決まったのでした。私が友達から情報もらったのは7/2金曜日の夕方。もう、その時点から、はっきり言って、そわそわどきどきで、仕事も何も手につかない状態! なにせ「PM7時開店、8時開演。店に入れるのは先着順30~40名まで」だし、月曜日だしで、仕事帰りにダッシュして行って、しかし入れなかったら悲しいなぁ~と。
 で、当日。その日に限って私は仕事を定時で抜けれなくて、店に着いたのは7:45ごろ。なんとか入れました~。ほっ! 店内はいつものレコード・プレイヤーがあるあたりをカウンターとっぱらって歌うスペースにしてあって、テーブルや椅子も並び替えてあり、ぎゅうぎゅうで50~60人くらい入っていたんじゃないかな? あの店に、あんなにたくさんの人が入っているのは初めて見ました。(あ、12月のシナロケ@CBの後の打ち上げのときも、かなりすごかったけど。あのときは通常の椅子とテーブルの並びで、あれだけの人が踊りまくっていたからねぇ!)
 ライブは8:30ごろから始まって(開演が予定より遅かったのは、松本さんがレコード・セールで名古屋に出張だった為、松本さんが店に来れる時間まで花田さんは待っていた様子。きゃ~素敵!)、いつものように、ほとんどMCなしで(笑)歌をめいっぱいアンコールも含めて1時間20分くらい聴けたかな? 先日のDREAMBOATでのライブは自分が風邪で体調悪かったせいかもしれないけど、今日のほうが私にとってはヨカッタ~。一番後ろで見たけどね。
 終演後、鬼平さんと松本さんのご挨拶。そのとき鬼平さんも言われていたけど、「チューリップの歌(ちなみに『千鳥橋渋滞』)も花田君が歌うとブルースやねぇ~!」と。いやぁ、ほんとに! あと、ルースターズ・ナンバーも花田さんがアコギだけで歌うバージョンが私は結構好きです! DREAMBOATのときに引き続き、今回も、7月28日に出るNEWアルバムからの曲も数曲聴けて、嬉しかった。

<追記>
 さてライブ後、鬼平さんが「店内のPAとかを元通りにして10:30ごろから通常営業をするので、皆いったん外に出てくださ~い、んで良かったら後からまた来てください、たぶん花田君も来ると思うから」とのことだったので、私と友達は「今日は月曜だし明日仕事だし、どうしよう~。でも、ちょっと来たいよね。ビール1杯飲んで帰ろうや」と、とりあえず他店で軽く腹ごしらえして、10:30ごろ再びジューク・ジョイントへ向かいました。と、親不孝通りを遙か彼方から歩いてくるのは花田さんではないですか! 先日のレディオ・キャロラインのときにSHEENさんとすれ違っておきながら全然気づかなかった間抜けな私が、今回は遙か彼方でもバッチリ気づいたあたりが!(爆) やはり、これも”好き度”の強さゆえ、ですかねぇ~。つ~か、まぁ、花田さんって遠くから見ても何かすごく雰囲気があったんですよ。オーラとでも申しましょうか....。しかし花田さんの様子が遠目にも何となく「あ! 見つかってしまった!」って感じだったので、やはり路上で声かけられたりするのはイヤなんだろうなぁ~と思い、私は必死に「写真撮ってください!」とか言いたいミーハー心を抑えて、しれっと気づかないフリで先を歩いて(でも内心”あああ、数メートル後ろを花田さんが歩いてるのね!”と思いつつ)、友達と話しながら路地を曲がってジューク・ジョイントへ。店に入る階段あたりで花田さんが私らを追い抜く形で先に行かれたので、小声で「お、お疲れさまでした~」と言ってみたら「あ、どうも!」と言って花田さんは階段あがって行かれたので、私としては何かもう、これで気は済んだから店には入らずに帰ろうかなと思ったくらいでしたが(笑)、ここまで来て店に入らないのも何だかヘンだしな~と思って、とりあえず後から続けて入りました。でも店に入っても、花田さんはUNの鶴川さんとか小串さんとかが居る男ばかりのテーブルに(笑)さっさと同席されたので、私はカウンターからこっそり眺めつつビール飲んで帰ったんですけどね。(なんだか、かなりストーカー?!) いや、でも、もう、これで充分に幸せ気分を満喫したです! 一緒に居た友達も、いつも”斬り込み隊長”でイケイケな感じの私が日頃見せない”乙女ぶり”(爆)に、すっかり呆れていた様子でした.....。帰り、(内心”いいな~小串さん、花田さんの隣りで!”とか思いつつ)小串さんたちのテーブルににペコリとお辞儀して出たのだけど、そのとき花田さんも軽くペコリという感じで挨拶し返してくださったので、もう嬉しさのあまり「うわああ~!!」と、”親不孝通りの中心で愛を叫ぶ”てな心境の私でした。えへへ。ミーハーですね!
(ホントには叫んでませんからね! 念のため。)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 先行ナイトで観てきました!
 いや~、面白かったですよ! 冒頭のちょっとレトロな劇画タッチのオープニングもかっこいいし、スパイダーマンの飛び具合も前作を上回って更にスゴイことになってるし(あれが出来るのは高層ビルが建ち並ぶNYならではの動きやね)今回、セルフパロディーみたいな部分も多くてクスッと笑うところも多かったし、あと今回は「え! そんなことまでバレちゃっていいの?」的なこともたくさん。あ~、でもこれ以上はネタバレになるので書けない! ともかく前作が好きだった人は間違いなく今作にもハマりますよ!
 私は前作ももちろん観ていたんですが、ちょっと記憶がおぼろげなところも多々あり、叔父さんが亡くなった理由とか、映画の中で主人公が語って「あ~、そうでした」と思い出したりで「トホホ~、だめじゃん私」と反省しました。なので、前作を観た人も観てない人も、ビデオとかDVDでもう1度観てからこれを観た方が、より楽しめるかも。でもまぁ、全般的に、観ていなくても、だいたいの話は分かる、親切なストーリー展開ではあります。
 あとねぇ、かなりビビリ屋の私は、実は「ひっ!」と声をあげてビックリしたシーンが数カ所ありました。迷惑な客だなぁ....。多分、腰も浮いていたと思う。(赤面)

 それと、前作と同様に、主人公がここまで惚れる女の子MJ(キルスティン・ダンスト)が私にはそんなに魅力的に見えないのは、ちょっとツライものが.....。キルスティン・ダンスト、私はそんなにキライじゃないし、映画『チアーズ!』のときは、とっても可愛かったのに。この映画の、監督の撮り方がヘタなのか? キャラクターの設定も。まぁ気の弱いタイプの男子は、こういう気の強い女子に惹かれるものなのかもしれませんが.....。私にいわせれば「大家の娘もイイ子そうじゃん、ピーター」って思っちゃったり。あと、MJ、なんとなくファッションも今いちだしなぁ。クライマックスのシーンのワンピースとか、私は「そのデザインって胸がタレて見えちゃうのでは?」とか思ってしまいました。でも、布地が薄そうなあの素材が、水に濡れて体のラインがくっきり!っていうのが男性にはタマランのかもしれませんが。

 いかにも「続く」って感じのエンディングでも分かる通り、続編も当然作られる予定だそうです。楽しみ!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。