MissYのミーハー感想文

私が行ったLiveや展覧会、観た映画の感想を、ミーハーな視点で書いていきます。


テーマ:
著者: よしもと ばなな
タイトル: デッドエンドの思い出

 ばななさんの最新書き下ろし短編集。しかも帯に「これまで書いた自分の作品の中で、いちばん好きです。これが書けたので、小説家になってよかったと思いました。」とまで書いてあったので、もう読みたくてたまらなかった!
 で、読んだ感想。全般的に暗い出来事が起こるのだけど、読後感は不思議にも救われたような気持ち。最終的にはハッピーになるというか「ああ、やっぱり神様っているのよね」「やはり人間は気持ちの持ちようだ。いつも、正しい心を持っていないと」というような感想を持ちました。(これは私が今ゴスペルを習いに行っていることも影響してる感想かも。)
 雑誌のインタビューを読むと、(これはあとがきにも書いてあったけど)「出産前に過去のつらかったことを全部あわてて清算しようとしたのではないか?と思われる。人ごとのように分析すると。」って書いてあるとおり、ばななさんも苦手、私だって苦手、というか嫌いな事柄、いきなりの失恋や犯罪や浮気や二股や借金や...という、人の人生においてのヘビーな出来事が、これでもかってくらいにお話に絡んでくるんです。でも、そこはさすがに上手いです、ばななさん。こう終わるか?!って驚くような、話の持っていき方。いや、決して無理がある話の展開っていうのじゃなくて「そうだよね、こうじゃなきゃ救われないよね」というような展開。
 私が一番好きな短編は『デッドエンドの思い出』かなー。この中の西山君のとある言葉に、私も、ミミちゃんのように慰められたし元気づけられたから。

 この短編集の主人公の女の子たちほどではないにしても、私もここ数年「人生には、いろんなことが起こりうる。とはいえ、立て続けに起こりすぎっ(涙)」って感じだったけど。そんなとき、友人知人たちが、ちゃんと近からず遠からず、構いすぎず、の、適度な距離感で力になってくれたことを(この短編集の女の子たちも、まさにそんな感じで再生していくのです)、この短編集を読みながら改めて思い出して、涙、でした。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。