MissYのミーハー感想文

私が行ったLiveや展覧会、観た映画の感想を、ミーハーな視点で書いていきます。


テーマ:
著者: 池ノ辺 直子
タイトル: 映画は予告篇が面白い

 ここ数年で、各社から「新書」が出ていますが、これは光文社新書。新聞広告でこの本を知ったときに興味を持って、本屋で探して購入。いやー、この本を読んで、映画の予告篇を作る専門の会社があったなんて初めて知りましたよ。「映画好きにはあまり向かない職業かも......」という話には納得。映画「だけ」が好きな人ではつとまらない、予告篇の編集というのはいわば広告なのだから、という理由からです。(いや、本書にはもっと詳しく書いてありますよ。)

 あと、ここ数年は映画本編では使われてない音楽が予告で使われていて、一番反響が大きかったのは『シティ・オブ・エンジェル』(メグ・ライアン主演の)だったと書いてあり、私も「あの歌は誰が歌っているの?」と調べた人だったので「あの予告を作ったのは、この人だったのか!」と驚き。(ちなみに、あれは本国アメリカで既にあの歌が使われていたそうです。歌はポーラ・コールの『I don't want to wait』でした)最近の映画の予告篇が絵コンテと共に作る過程が詳しく紹介されていたり、「へぇー!」って感じで、なかなか興味深い本でした。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
著者: 森 博嗣
タイトル: 人形式モナリザ―Shape of Things Human

 この「読書日記」からはすっぱりと抜けているけど、一昨年の夏だったか、いきなり、森博嗣のミステリーにはまって、犀川先生&萌絵ちゃんシリーズを次々と読みあさったことがあったのですが。何せ、冊数が多い、多すぎる!ので、続きが図書館で欠けていた時点で、読書熱がパタッと途絶えておりました。
 で、久々に図書館で見つけて、もうひとつの別シリーズ、紅子さんシリーズの2本目を読んだというムボーな私。(つまり人物設定を思い出し思い出し、読み進むという感じね。)でも、ミステリーは波に乗るとぐいぐい読み進むので、これも読み出したら一気に一日で読んでしまったのでした。
 さて、次に借りるのはいつになるのやら。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
著者: 中山 み登り
タイトル: 「自立した女」になってやる。―恋も仕事も生き方も、もっと楽しくたくましく

 何やら勇ましいタイトルですが、中身はけっこう”へなちょこ”っていうか(笑)、決して、タイトルから予想される、雑誌でいうと『日経ウーマン』的なモノではなくて、もっとヤワなものです。著者が38歳にして、パラサイト・シングルから脱出し、一人暮らしを始めるまでのスッタモンダ、一人暮らしを始めてからのドタバタのエッセイです。これが私には、かなり耳が痛かったというか。私は実家から出ないまま、期せずして”一人暮らし”になっちゃったんで、「家を探す」という苦労を知らないんですよね。で、先に紹介した松永真理さんの『なぜ仕事するの?』で結婚と仕事探しを並べて説明してあったように、この本では「家探しは結婚相手探しに似ている」という説に、妙に納得した私でした。
 で、一人暮らしを始めてからのいろんな苦労や、それなりの智恵のあれこれは、私にとっては、とっても実用的なので、助かりました!

 それにしても。 「パラサイト・シングル」って言葉、もはや「差別語」だよねーと私は思うぞ。ヒトには、いろんな事情があるのにさ。ひとくくりに「いい年こいて親のすねかじって」みたいな言い方ってナイんやないか?!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
著者: よしもと ばなな, 奈良 美智
タイトル: アルゼンチンババア

 すんごいインパクトのあるタイトル! で、本屋の店頭で現物を見たら、きっと、そのキラキラ具合に驚くこと間違いなしの素晴らしい乙女ちっくな装幀なのです。銀色の箱に入っていて、中身は奈良美智さんのイラスト&写真と、ばななさんの書き下ろし小説のドッキング。「とりゃー、どうだ!」って感じの強力タッグですよね! ちなみに全文英文付き。
 で、お話は。18歳の女の子が、突然、母親を亡くすところから始まります。そして石屋を営むお父さん、町の名物おばさんのような「アルゼンチンババア」などが絡んできて、ちょっと切ないけど、ちょっとクスッて感じで、でもってラストの言葉に、あああーっと滂沱の涙だった私でした。え?! これじゃ全然わかんない?! だって、あらすじ書いてしまったらネタばれになっちゃうし。とにかく読んでみてください。きゅーんとなって、優しい気持ちになれるお話です。ああ、年の初めにこんなしあわせな小説が読めて、嬉しかった。ありがとう、ばななさん!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。