MissYのミーハー感想文

私が行ったLiveや展覧会、観た映画の感想を、ミーハーな視点で書いていきます。


テーマ:
著者: 枡野 浩一
タイトル: ハッピーロンリーウォーリーソング

 スキンヘッド歌人、枡野浩一氏のデビュー作品集。
文庫の帯に「五七五七七のエッセイ?五七五七七のことわざ?五七五七七の短編小説?五七五七七のラブレター?」って書いてあるけど、まさにそんな感じですね。でも、雑誌のインタビューで、この人、今、三十歳ちょっとくらいだけど、デビュー歌集に収められているのって19,二十歳くらいのときに作った歌がかなりあるとか語ってました。それだけ異端者的な扱いで苦労したってことよね。
 まぁ、とりあえず手にとって見てみてください。若い人にもとっつきやすい歌だと思う。
 私が好きだったのは

■前向きになれと言われて前向きになれるのならば悩みはしない
■だれからも愛されないということの自由気ままを誇りつつ咲け
■本音さえおうおうにして意地悪にかたむきすぎて偽悪している

の三つです。
(うーん、例えに出したのが暗かったかな?! 明るい感じの歌も多いです。)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
著者: 宮部 みゆき
タイトル: R.P.G.

 著者初の文庫書き下ろしだそうです。
 インターネット上の擬似家族で「お父さん」を演じていた男性が現実世界で殺され、その数日前に起こった別の殺人事件と関係があるらしいとわかります。メールの文章や、掲示板の文章などを交えつつ、ストーリーは進むのですが、なんだか舞台劇のような感じ。(主に警察の取調室で語られることでストーリーは進むのです。)しかし、舞台を取調室から動かすことなく、人に語られることによって話の時間が動く(過去、現在、ネットの中の話、現実の話、という具合に)のは、「うーん、やっぱり宮部みゆきって上手い!!」と感心してしまう話の動かし方。バーチャルな世界でしか心を癒されなくなった人たち。そして、インターネットの功罪について、また、人の性格の長所が短所にも成りうる(逆もまたあり)ということも織り込まれて、そしてそして、意外なラスト!!
 うーん、これはもう一気に読めますよ。おススメです!!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
著者: 銀色 夏生
タイトル: 島、登場。―つれづれノート〈10〉

 銀色夏生さんの日記エッセイ。これはシリーズで10冊め。この人の人生って、なんかハタから見ると波瀾万丈なんだけど、本人は、ひょうひょうと生活しているって感じなのがスゴイなーと思う。そして、詩とか写真集とかだと、すごい透明感あふれていて、ポキッと折れてしまいそうな、はかない印象を受けるのだけど、エッセイ読むと、(まぁ、きっと繊細な人ではあるのだろうけど)、案外と俗っぽくて、たくましいみたいなので可笑しい。芸能人を街で見かけたりしたときの表現が、ものすごく的確で感心してしまうのだけど(今回は、大貫妙子さんとか、反町と松嶋菜々子とかが出てきてますが)、この観察眼の鋭さが、あの詩につながるかぁーと、わかったような、わかんないような......。この本によると、東京を離れて沖縄方面の島に移住してしまうようなので、もう「芸能人ウォッチング」は読めなくなるかと思うと淋しい、ミーハーな私。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。