今日は大阪のロシア料理店のご紹介です。谷町6丁目のボーチカに行って参りました。赤のギンガムチェックのテーブルクロスに沢山のマトリョーシカが迎えてくれました。


前菜は、

{C48D1408-F265-4C10-A2B0-3C8F78603448}


中央が黒パン、上から時計回りに、キュウリのピクルス、パプリカサラダ、サロ(元々はウクライナ料理で豚の脂の塩漬け)、スモークサーモンのサワークリームがけ。サロ以外は酸味があります。ワインのあてですね。



TAMADA 2013

{B3F54047-B5AB-4E95-B817-840FD0E66213}

ジョージアワインを頂きます。




スープはボルシチです。

{33AECB2B-674F-42DE-A807-D43631D26F9B}

たっぷりと注がれています。赤い色はビーツ由来です。素朴な優しいお味でした。ロシア人はサワークリームを混ぜて頂くようです。



サーモンのペリメリと付け合せはビーツです。

{0FC631D3-8207-490A-B61C-D77BA595815D}

ペリメリは水餃子のようなものです。ミンチで作られるのが一般的です。昔、ジョージアでフィンカリ(握り拳の大きさの水餃子)を頂いた事を思い出しました。


メイン①はロールキャベツ。クリームはビーツで色を付けています。マッシュポテトとこちらにもサワークリームがかかっています。

{838486F7-EE3A-483D-A118-88BAA60F7F13}



メイン②はビーフストロガノフ。サワークリームがまたしても。日本人にとってのお醤油と同じ位置付けだそうです。


{FF572A95-CD4D-476F-ABC6-AD18C7BF5FCA}


その後、サペラビという赤ワインを頂きました。ロシア人は食中もワインではなくウオッカをストレートで飲まれるみたいです。お食事と合うかは置いといて、40度のアルコールをストレートで食中に飲むとは驚きです。ディジェフティフのウオッカはオーナーの岩崎さんがご馳走して下さいました。



アララト ARARAT

{3E3209B2-9013-49AB-897E-CB4939DCA6B4}


ソビエト時代に作られた貴重なオールドビンテージです。深みと円やかさ。余韻も極めて長く続きます。


ロシアの食文化からロシア人の事を少し知ることができた夜でした。





カフェ・ボーチカ
大阪市中央区谷町6丁目6-10
06-4977-4095






2017年《ワイン福袋》まもなく終了


限定各20セットの福袋は2本セットと3本セットは完売致しました。残りの5本セットと10本セットは1/25を持ちまして終了させて頂きます。



《5本セット》19,500円→12,800円(税込)

《10本セット》39,400円→19,700円(税込)



大変お買い得です。また、1万円以上の商品なので送料も無料です。ワイン会や手土産にもご利用出来ます。是非この機会にご利用下さい。






{DF57837C-2E80-40EC-816B-20B514D7B882}




【365wineのブログ】

http://毎日ワイン365.com

ワイン、レシピ、イベント情報などを発信。


【365wineのSHOP】

http://www.365wine.co.jp

貴方とその大切な方の舌と心を満たすワイン。


【メルマガ登録】

https://secure.shop-pro.jp/?mode=mailmaga&shop_id=PA01283445

ワインの豆知識を配信します。


【Facebook】

https://m.facebook.com/365wine?refsrc=https%3A%2F%2Fja-jp.facebook.com%2F365wine

「いいね!」して頂けたら嬉しいです♡










AD