なんちゃってナースのイギリス留学

ナイチンゲールの国で博士号取得。次は目指せDr.専業主婦!その前に、社会人として独り立ちしないと。


テーマ:
わが身に災難が起こらない限り、

痛い思いをして、自分の血を人にあげようとは思いませんが、

職業上、輸血を必要とする人を多く見てきているためか、

時間があれば、献血してみようと試みています。

でも、いつも引っかかるのです。

イギリスに1980年から2004年までの間に

6ヶ月以上滞在していた人は、

献血できません。

規制は徐々に緩和されてきているものの、

帰国してから献血許されず。。。。。。

イギリスで、献血しようと思います。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
わたくし、幸運なことに同じ職場にイギリス留学を目指している先輩がおりまして。

ふたりしてイギリスへ飛び立つべく準備中です。

看護学の学位所得+看護師免許所得はオーストラリアやアメリカなんかが手近なところですが、

イギリスでもできるみたい。

でも、相当難しそうな気がする。。。。。。

私も、修士をとる前にいろいろと調べました。

イギリスで看護師になるには、看護学部に入学して卒業時にNHSに登録する。

それか、たぶん他の方法もあるはず。

国家試験はないはずなのでNHSに認められた教育機関であれば、卒業時にNHSで登録できる。

はず。。。。。。

しかし!!!4年前の私の情報では、

イギリスの大学の看護学の学部はでイギリスのレジデントじゃないと入学できないらしいです。

うちの大学の教授も、留学生の受け入れはNHSとの兼ね合いもあって、イギリス人しかいないといってました。

でも、最近出てきたんでしょうかね?

この前、雑誌を立ち読みしてたら、語学留学してからイギリスで看護師の免許取った人がいました。

よくわからん。。。。。。

学位取得の留学は今のところイギリスにひとつしか受け入れているところがないらしいですが、

卒業と同時にイギリス人と同じように、NHSに登録できるわけではないらしく、

外国人看護師として同じように登録の手続きを踏まないといけないらしいです。

海外で看護師になるって相当な努力と決意が必要だと思うので、

まぁ、簡単な方法はどこにもないってことですね。

こんな私のいい加減な情報はちっとも役にたちませんね。。。。

私も博士をとったら、スコットランドでのフレッシャーズタレントビザを申請して

2年のうちに何とかNHSに登録する予定でいますが、

IELTS7.5って結構難しい。。。。。3年で何とかなるかな。。。。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
しばらくの間、このブログを書いていたころの私自身のことをすっかり忘れていたけれど、

また思い出しています。

日本へ帰ってきてはや2年。

時のたつのは非常に早いもので、もう三十路も目の前。。。。。

でも、三十路がやってくる前に私にはしたいことがあったのをすっかり忘れてました。








結婚!!!

結婚!!!

結婚!!!

これは、私のお友達のお話でして。





私、来年の秋からまた大学に戻るべく準備を始めました。

博士課程へ進みます。(そのつもり。)

とはいえ、お金もないし、これといった研究実績もあるわけではないのだけれど、

しかも、グラスゴーに戻れると決まったわけではないけれど。。。。。。

大学に受かる自信はあるが、金はない。


教授も、戻っておいでと一緒に奨学金を探してくださってるし、

日本の大学の教授にも、コネで奨学金何とかしてくれるよう根回しもしたし、

今の、病院にも奨学金どうにかしてくれと泣きついてみたし、

なんとか、なるでしょう。。。。。。たぶん。。。。。。。。。



この2年、日本の病院で働いてわかったこと。

イギリスで勉強してよかった。

また戻りたい。


というわけで、今日々の看護業務に追われつつ

日本語で書いたことのない研究計画書書いてます。

これも奨学金のため。

締め切りまであと。。。。。。6日。。。。

間に合わん。。。。。。。



三十路を前に欲しいもの。

奨学金

奨学金

奨学金

しかも返済不要のやつ。









AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
働き始めて、まだ1週間しか経過していないぴぎぃですが、この週末は仕事をやめる勢いでした。

私のボス(チョットかっこよく言ってみる。)と面接をしたのですが、その中で

結婚と仕事の話になり、

将来の予定(仕事をやめるかどうか)は、結婚を含めそのときに周りの状況を含めて判断したいので、

現時点ではお答えできません。

と答えると、どうもボスのお気に召さなかったようで、

そんな、結婚か仕事かの選択で、仕事を取ると約束できないような人は、ここには必要ない!!!

一括されて帰ってきました。

ものすごく、詳しく書いて皆様のご意見をお聞きしたかったのですが。。。。。。

やめておきます。


厳しいことをいわれるのも、人不足で仕様がないような劣悪な労働環境なので

人材を確保するために、厳しくいわれているのかもしれませんが、

管理職として、どうなんだろう。。。。。と考えたぴぎぃ。



こんなことも、日本ならでは?なのでしょうか。

それとも、社会から2年も遠ざかっていたので私が甘いのか。


こんな出来事が、私の将来の方向性を新たに動機付けるきっかけになりました。

(↑かっこよく書いてますが、ようは早く海外逃亡するために頑張るぞ!!!ということですが。)


日本の社会人の皆さん、ホント大変ですよねぇ。。。。

この件があって、じぇんが先生が、一つ前の記事でコメントしていただいた内容が良くわかりました。。。。
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:
バラ

私のことをしばらく、Aガールと呼んでいただきたい。

先週末、金曜日。。。。。。。。。

午後12時を少し回ったころ、カンジダ博士帰宅。

私も、カンジダ博士もその日は朝からそわそわしてました。

なんといっても、その日。。。。。。その日。

私の1年と少しをかけて書いた修士論文の結果がでるのです。。。。。。。。

ネット上で、試験結果が見れるので、

朝から10分おきに、壊れてしまうんじゃないかというくらいログインしては、

結果がネット上に表示されるのを待ってました。。。。。

で、ついにカンジダ博士が帰宅した直後、

午後12時前に確認したのにも関わらず、

また確認してみたら、

でてました。結果が。








私 Aガールです。

A の横には、Excellentなんて説明までついてて、嬉しすぎ。

その後、カンジダ博士は内緒で買ってきてくれた↑うえのバラをくれました。

ご存知のとおり、私バラのにおいの嗅げない女ですが。。。。。→こちら。

なんだか、全身の力が抜けたというか、安心しすぎたのか

涙が出てきて、その日の午後を不細工な泣き顔で過ごすことになりましたが、

うれしい一日でした。

大金払って、しんどい思いまでしているのに修士号取れなかったらどうしようという不安。

それに打ち勝ったぞぉ!


その後、もちろん二人でのみに行きました。

えぇ。もちろん次の日は二日酔いで、二人ともベッドの上。。。。。。。



喜んで、卒業式に着るガウンをレンタルしようとした私。

そこで、発見。。。。。。

帽子はなぜかレンタルできない。

なぜ?と思っていろいろ細部まで読んでいると、

本大学出は卒業式場では帽子を着用しません。

その後の写真撮影で帽子を着用したい人は各自購入願います。

だと。。。。。私のささやかな夢が。。。。。。。かなわぬものとなりました。。。。。。

Aガールのささやかな夢はこちら。


これぐらいですかね、留学後ちょっと心残り。

できれば、もう少しイギリスにいたいけど、

あの勉強をもう一回するのは嫌だわ。。。。。
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。