あまりブログを更新できませんでしたが・・・


2月26日、3月4日、11日と、


実はずっと「光を観る旅」で 毎週日曜日は聖地に出かけていました。



昨日は、七田チャイルドアカデミーなんば教室様と共催で


天河大弁財天社 に参拝してきました。



こちらでも何度か書いておりましたが


どんどんお申し込みが増えて、66名の二階建てバスが

満席になってしまいましたあせる



遠くは神奈川、名古屋などからもご参加がありまして。


なかなか、行きにくい場所にあるんですよねぇ。


私は10年以上前に一度伺ったことがありますが


公共交通機関では 不便なところにありますし。



「その時、その状況が整っていないといけない神社」

という記述も ちらほらあります。


まぁ 天河に限らず、なにごともそうだと思うんですけどね(笑)

無理したって だめなものはだめだし。



ということで、朝9時に、なんばに集合。

大勢のご参加にもかかわらず、9時5分過ぎには

もうほとんどの皆さんが集合されていました。


さらっと出発できました。


小さな子どもさんもたくさん参加されていて。


今回は 二回の東寺ツアーでガイドを務めてくれていた

堀海都さんにプライベートで来ていただいたのですが


子どもたちが大喜びで、早速 まとわりついていましたにひひ



バスが出発して、道の駅で少し休憩。


ここでも人気の「串こんにゃく」 田楽


お買い物もフィーバーしてしまいました合格(さすが主婦)



遠いのかなーと思っていましたが、けっこうあっさりと到着。


でも、驚いたのが、その寒さ雪の結晶


空気の冷たさが違います!


あぁ。山の奥深いところなんだなーと思いました。



現地集合の方々を待ちながら お昼ごはん。


お弁当は 某なんばの百貨店で手配していただいた牛肉弁当。

おいしかったです~ラブラブ



そして、皆さんが到着されると

なんと、90名近い大所帯になっていました目


小さな神社ですが、なんというか・・・


エネルギーが違うというか・・・。


ガイドの堀さんが、調べて解説してくれたところによると


ここは高野山を開山する前に かの弘法大師・空海さまが

修行なさったところだそうです。



・・・やっぱりガーン


鳥居をくぐってお手水でお清めをするのにも

ご覧のとおりの長い列です(笑)



ミッション・ナビゲーター のブログ「水のごとく生きる」-120311_1348~010001.jpg



橋を渡って・・・


ミッション・ナビゲーター のブログ「水のごとく生きる」-5


階段を上がって本殿へ上ります。


ミッション・ナビゲーター のブログ「水のごとく生きる」-120311_1347~010001.jpg


本殿は、上のほうにあります。


ミッション・ナビゲーター のブログ「水のごとく生きる」-3


本日は東日本大震災復興祈願祭。


厳粛な雰囲気の中で、ご祈祷が始まりました。


驚いたのは、神仏混合。


祝詞をあげ、般若心経、弁財天の真言、南無妙法蓮華経、南無阿弥陀仏・・・と

全部  唱えられたのでした。


2時46分に、全員で黙祷。


そして 1時間あまりのご祈祷のあと、奉納演奏。



ミッション・ナビゲーター のブログ「水のごとく生きる」-4


今回のツアーのきっかけを下さった

ハープ奏者の 中野智香子先生。


30年ほど前から、この天河で奉納演奏をなさっているそうです。


クリスタルボウルのはら・まゆ魅先生の音色が

拝殿に美しく響き渡るところから演奏が始まりました。


その後 

      鼓の  望月 一左先生

  
     笛の  横澤 和也 先生も 登場されました。



幽玄な世界が広がってすばらしかったです。


和の楽器である鼓・横笛と


洋の楽器、グランドハープ。


そして新しい楽器、クリスタルボウル・・・。


「さくら」という曲だそうですが 桜


ジャンルを越えて、見事に融合した「和」の演奏でした。



一番最後に、ハープで 中野先生が

「君が代」を演奏されたのですが、


日本の国家は こんなに美しい旋律だったのか・・・と

涙がこぼれました汗



この曲を最後につまびかれた中野先生と、そこに集まった人々の思いは

きっと神様に届いたと思います。


あっというまに時間が過ぎていきました。



子どもたちも長時間 きちんと座ってご祈祷にも奉納演奏にも

聞き入っていました。


中野先生が メールを下さって

「小さなお子さんが静かに聞き入っていて 驚きました。

さすが七田チャイルドのお子さんですね」と


お褒めの言葉をいただきましたニコニコ



本当に みんな お利巧さんでしたよラブラブ


後からいただいたメールによると

2歳の男の子が 奉納演奏に感動して

おうちに帰ってから 興奮してパパに報告していたそうです。



奉納演奏の間には不思議なことに 雪が降り始めていました雪の結晶


滞在時間は4時間 往復6時間のツアーでしたが


とても有意義なお時間をすごしました。




日本人の記憶にけして消せない 3・11でしたが、

心静かに、犠牲になられた方々のご冥福と、


復興の祈りをささげた1日でした。



子どもたちの未来にもつながる


貴重な時間でした・・・。




杉本桂子先生のブログ にも昨日の様子が書かれています。

コメント(1)