週刊よしみ

大好きな人と美味しいお酒を美味しく飲むのが生きがいのアラサー女・よしみが美味しい時間について書いています。主に、都内のレストラン、牡蠣、ワインについて。


~ピックアップ記事~
"Max Bordeaux Bistronomie par Ryuzu(マックスボルドー ビストロノミー パーリューズ)"のブランドアンバサダー
http://ameblo.jp/miss-yoshimi/entry-11925982075.html

日本最大級のお酒情報サイト"NOMOOO"で牡蠣×酒コラム書いてます
http://ameblo.jp/miss-yoshimi/entry-11917730703.html

星のや 竹富島"の記録(ディナー編)
http://ameblo.jp/miss-yoshimi/entry-11742783157.html

大好きなテラス@パレスホテルetc…
http://ameblo.jp/miss-yoshimi/entry-11302989969.html

かきガールとしての記事はこちら
http://ameblo.jp/miss-yoshimi/theme-10040912881.html

テーマ:
{9326DA84-68AC-4A5B-8B18-54C822B0AC38:01}
木曜はブロガーとしてZIN KATO、SANSAI SAITO / JOTARO SAITO 合同ショーへ出向きました。
まずはZIN KATOの2015 S/S Collectionについてレポートします!

コレクションテーマは“エレガンスの彼方に”

シルクシフォンやレースなどフェミニンな素材を多用したエアリーな世界観はエレガンスを追究し続けるブランド"ZIN KATO"ならでは
カジュアルなスタイルの定番であるフードまでエレガントです。
二種類の素材を重ね合わせることで、絶妙な陰影を生み出し、立体感を演出しています。
{94AC07C3-61C8-4E1C-824E-DA4503759F03:01}
私はフードのある服を着ることはほとんどありませんが、このスタイルなら着てみたい!
リゾートホテルのプールサイドとかオープンテラスにさらっと着たら素敵だろうな。
{EA2FF889-5126-4186-9A31-11B1851A79B1:01}

素材の透け感に加え、小花柄やペールトーンの色使いがランジェリーを思わす繊細さ。
ビーズもふんだんに使っていて、角度によってキラキラ反射するのが印象的。{BC7BD6CF-F342-439B-A3D8-9C8E44D7553C:01}

私が特に惚れたルックはこちら。トレンチコートのマスキュリンとレースのフェミニンが同居するスプリングコート。
{728499A0-980F-45D2-98DA-86E08552EA6F:01}

それから、アンジェリーナ・ジョリーが演じた"マレフィセント"のような強さと女性らしさを感じさせるこちらのルックも。
{C1EF7E28-62A9-4F29-AA15-A7662038B341:01}
{79ABE380-1E98-4FD4-8C0E-DE1BCFFE91CD:01}

<フィナーレの模様>
{125A2639-A9D6-46B9-A2F4-C8188C9C054A:01}


<囲み取材を受けるデザイナーの加藤徹さん>
{8B871A26-D81F-44DC-955D-E8175176979C:01}
"エレガントな心こそがエレガントな立ち居振る舞いの源であるように、エレガントな装いはまたエレガントな心のありようを支えている"
加藤徹さんが考えるエレガンスは、内面と外面、両方あって成立するもの。
印象的だった言葉は、「エレガントな装いには我慢が必要」ということです。
ここしばらく続いたカジュアルファッションのトレンドは、エレガンスファッションに移ってきています。
我慢を伴うエレガントなファッションを多くの人が楽しむようになれば、街はもっと華やかになって、活気が出るかもしれませんね。

ZIN KATO
http://www.zin-kato-usa.com/
{F22295CC-FFD5-42C6-98CC-773D102FCAF9:01}



AD
いいね!した人

テーマ:
先日、満席で引き返すことになった映画『世界一美しいボルドーの秘密』をリベンジ!
今回は、上映時間が一時間遅めで21:30だったので、フレンチ風炭火串焼が人気の”ヴァンピックル"でボルドーワインを飲んでから劇場へ向かいました。
{25598494-BF4C-4D90-AA88-2DF7E94522FD:01}
まずはシャンパーニュ。グラスシャンパーニュはCattier(キャティア)。
銀座の雑居ビル2Fに広がるカウンターメインの小さな空間がとっても居心地良いです。

{BF6CA947-913A-4798-BC3D-4DD955A005E8:01}
印象的だったのは穴子とフォアグラの串焼き。
{14B14DC1-AE37-4E7D-9851-FE6786609367:01}

Chateau Lagrange(シャトー・ラグランジュ)2008と合わせました。
{7EE24283-E32E-4933-A79E-16F9BC86D788:01}

{93BA0BD9-5064-4E54-919F-092910388031:01}

『世界一美しいボルドーの秘密』は、ため息が出るほど美しいシャトーの風景と、ボルドーバブルを引き起こした中国の実態、というボルドーの二面性をリズム感ある映像で魅せる映画で、あっという間の80分でした。
ボルドーワインに熱狂する中国人富豪のシーンがあまりにも強烈で、恐怖すら感じましたが、
最も脳裏に焼き付いたのはやはり、偉大なワインを造るには愛が必要、と生産者たちがワインへの想いを語るシーン。
ワインもお料理もなんでも、愛を込めて造られる本物に勝るものはないですね。
{88D418AE-BC4E-4F73-9C00-A1AEBC888767:01}
ワインリストをイメージしたパンフレット♡


Vinpicoeur(ヴァンピックル)
http://auxamis.com/vinpicoeur_ginza

映画『世界一美しいボルドーの秘密』
http://www.winenohimitsu.com/

都内で上映している映画館は、ヒューマントラストシネマ有楽町のみなので、週末は予約をオススメします!

AD
いいね!した人

テーマ:

[出典]http://tokyo-mbfashionweek.com/jp/topics/information/art_20140805_03/

ファッションの秋ですね。
本日から、"メルセデス・ベンツ ファッション・ウィーク 東京"のスタートです。
私はブロガーとして、週の半ばのランウェイに出向く予定です。
『週刊よしみ』はお酒と牡蠣とレストランをメインに書いているブログですが、ライフスタイルと切っても切り離せない関係にあるファッション、人生最大級の楽しみの一つであるファッションについても、もっと割合を増やして書いていければと思っています。

明日の台風が心配ですが、無事にファッションの一週間が成功しますように!

ところで昨日、勢い余って髪を2/3くらい切りました。
{36F8A116-AA59-4C34-A33A-10CAF397F982:01}
秋だし気分転換したくて!
ロングが性格的に合うのでそのうちまた伸ばしちゃうんだろうけど、リフレッシュするには髪を切るのが一番ですね。
それにしても、後ろから撮ってもらうと自分の髪の長さに驚きました。こんなに長かったのか......!
あー、すっきりした!
この爽快感を味わうために髪伸ばしてたような気さえします!

Mercedes-Benz Fashion Week TOKYO
(メルセデス・ベンツ ファッション・ウィーク 東京)

http://tokyo-mbfashionweek.com/jp/

AD
いいね!した人

[PR]気になるキーワード