週刊よしみ

大好きな人と美味しいお酒を美味しく飲むのが生きがいのアラサー女・よしみが美味しい時間について書いています。主に、都内のレストラン、牡蠣、ワインについて。


~ピックアップ記事~
日本最大級のお酒情報サイト"NOMOOO"で牡蠣×酒コラム書いてます
http://ameblo.jp/miss-yoshimi/entry-11917730703.html

星のや 竹富島"の記録(ディナー編)
http://ameblo.jp/miss-yoshimi/entry-11742783157.html

大好きなテラス@パレスホテルetc…
http://ameblo.jp/miss-yoshimi/entry-11302989969.html

オイスターマイスターになりました
http://ameblo.jp/miss-yoshimi/entry-11459579866.html

かきガールとしての記事はこちら
http://ameblo.jp/miss-yoshimi/theme-10040912881.html

テーマ:
虎ノ門ヒルズの開業と同時にオープンした熟成肉専門店"但馬屋"で熟成肉の世界に浸ってきました。
黒毛和牛を丸ごと一頭45日以上熟成した熟成肉が味わえる大阪の名店です。
http://steak.tajima-ya.co.jp/
"熟成中"のエントランスの迫力がスゴイ。
{9114FFE5-C93A-4D9A-8A1E-B8BE464BCB80:01}
たまたま予約が取れた日が、8月29日の"焼肉の日"だったということに当日気がついた(笑)。朝、TVをつけたら今日はヤキニクの日です!と出てきて、そういえば29(ニク)の日は毎月あるけど8.29(ヤキニク)は年に一度だけなんだなーということを知りました。全国焼肉協会が制定したんだそう。
こちらのお店は焼肉店ではありませんが、焼いた肉ということで、勝手に縁を感じました。(こういふうにこじつけて考えるの好き)
ちなみに熟成肉の日は10月9日だそう。
{9990216F-C703-4B23-A423-B2F99C6840D9:01}
席につくと、牛の角を思わすカトラリーレストなど、牛の世界観で統一されたテーブルセットにテンション上がりました。
こちらのソムリエさんはお話するとものすごいユニークな方で、この方が作成したというワインリストが面白いです。
前半のページにいきなりオーパス・ワンが出てきて驚きますが、ボトルは6千円台からあり、幅広い価格帯の上質なワインが揃っています。
グラスで飲めるワインはそのときのタイミングで色々なので、聞いてみましょう。
このときのグラスシャンパーニュはジョセフ・ペリエ。
{7A09DA7B-5C20-4751-96F7-D0080E847C59:01}
熟成肉のステーキを先に注文して、焼き上がるまでの間、アラカルトを楽しみました。

コンポートのようなパイナップルと合わせた牛もも肉のタルタルが美味しかったな~。

牛タン・ギアラ・牛ホホ肉の薫製、
{A37AAE4F-6ABB-4DF9-B821-371DABA5F3B6:01}
バーニャカウダの後、
{04883640-3876-429E-8682-346EBC6F339A:01}

ドーンと熟成肉のステーキが登場!
貫禄を感じさせるのがさすが熟成肉。
{AD5050ED-62E5-475D-9941-633E6A05CE5C:01}
骨付きサーロインとフィレを食べ比べてみました。
骨付きサーロインはそのままでいただくのが一番で、肉の旨味が口の中に広がります。
外側のカリッと香ばしい香りと、内側のこれでもかというくらい凝縮された旨味に絶句。本当に美味しいものをいただくと、絶句するというのがよくわかります(笑)。
合わせたワインはイタリアワインの帝王と言われるGAJAがトスカーナで造るワインとして有名な
"Promis 2011 Ca'Marcanda GAJA"。
これがなんと、ボトルで6千円という良心価格。ソムリエさんがイタリアワイン贔屓で、フランスワインに目がいきがちなお客さんにもっとイタリアワインを飲んでもらいたいから、という想いでこの価格にしたんだそう。
なんて素敵なんだ...!
{603122E5-B585-4957-A5CF-07E4FF998FFA:01}
フィレは、脂がかなりしっかりしているので、醤油の泡を合わせるとバランス良かったです。
{C4EAD6CF-8A5D-49CD-83D8-21C79C44E7D0:01}


{0F623B4E-8ABF-4D25-AF22-F12FB63AD47A:01}
最後の数切れは甘口シェリーと合わせて。
熟成肉と熟成したお酒"シェリー"の相性は最高!
なんなんだろう、この、感覚。フェティッシュという言葉がぴったりだな。
{8F2C829A-2D57-407F-8688-116681EBE703:01}
席によっては東京タワーが姿を見せるガラス張りの店内。
六本木ヒルズをぐっと大人にした雰囲気の虎ノ門ヒルズは熟成肉の世界にどっぷり浸かるにはちょうどいい環境かもしれません。
{89FDE7A5-0775-4170-AA0E-C41B694829AB:01}
美味しくて幸せな時間をありがとうございました♡


熟成肉専門 但馬屋
http://steak.tajima-ya.co.jp/

AD
いいね!した人

テーマ:


日本最大級のお酒情報サイトNOMOOO(ノモー)で、
牡蠣とお酒の記事を寄稿しています。
NOMOOO http://www.nomooo.jp/
よしみの記事一覧 http://www.nomooo.jp/author/kikuchi/

現在、
牡蠣×シャンパーニュ
牡蠣×日本酒
牡蠣×ウィスキー
のマリアージュについての記事が公開されています。
これからも牡蠣と相性抜群のお酒についてご紹介していきますのでお楽しみに♡


AD
いいね!した人

テーマ:
{14588CCE-38AB-4FC5-A781-424E5DB75622:01}
麻布十番だけ特集した雑誌って初めて見るかも。
"アダルトで秘密めいた街、麻布十番”かー。
「秘密めいた」を辞書で引くと、"合理的な説明の出来ないことが多く見られるさま"と出る。類語は、謎めいた、ミステリアスな、不思議めいたetc...
たしかに秘密めいた人やスポットが多い。休日昼間の右翼の街宣車を含めて(笑)。麻布十番納涼まつりでおなじみの宇野亜喜良の少女のイラストもまさに秘密めいている。
麻布十番は首都高といくつもの坂で陰影がある街。それがスイーツやカフェや若いカップルや子連れで溢れるまぶしすぎて目を開けていられない街が苦手な私にはフィットする。
最近、麻布十番もパンケーキ系のお店が出来たりして、"合理的な説明の出来ること"が増えているけど、私としては、もうこれ以上、キラキラしないでほしい。
とはいえ、街は変化するものだから仕方ないよな。
時代の良いところを軽やかに取り入れて愛され続ける老舗のように、歳を取っても変化を受け入れられる人でいたい。
そのためには、自分らしさを絶対に見失わないブレない自信が必要。
私は今、年齢的に、ブレそうになる自分と戦っている。
でも、なんだかんだ今までブレないで生きてきたから大丈夫だろう。

麻布十番に住んでもう8年目かも。早い...!
麻布十番に住んだきっかけについても書こうと思ったけど、長くなりそうなのでまた別途書こう。
AD
いいね!した人

[PR]気になるキーワード