週刊よしみ

大好きな人と美味しいお酒を美味しく飲むのが生きがいのアラサー女・よしみが美味しい時間について書いています。主に、都内のレストラン、牡蠣、ワインについて。


~ピックアップ記事~
"Max Bordeaux Bistronomie par Ryuzu(マックスボルドー ビストロノミー パーリューズ)"のブランドアンバサダー
http://ameblo.jp/miss-yoshimi/entry-11925982075.html

日本最大級のお酒情報サイト"NOMOOO"で牡蠣×酒コラム書いてます
http://ameblo.jp/miss-yoshimi/entry-11917730703.html

星のや 竹富島"の記録(ディナー編)
http://ameblo.jp/miss-yoshimi/entry-11742783157.html

大好きなテラス@パレスホテルetc…
http://ameblo.jp/miss-yoshimi/entry-11302989969.html

かきガールとしての記事はこちら
http://ameblo.jp/miss-yoshimi/theme-10040912881.html

テーマ:
{7707B582-C668-49B8-AEF2-662370534F32:01}
二の橋を渡ってすぐの一軒家のデザインオフィスに併設した、VISO RIDEというイタリアン。この界隈ではあまり見かけないモダンな外観が気になっていて、以前から入ってみたいと思ってたんです。
{909F4498-39B4-4AEB-8CD1-B0880963DFE7:01}
で、行ってみました。予想通り内装も、麻布十番には珍しい贅沢な空間使いで、お料理も作り手さんの想いが伝わって良かったのですが、一点だけ気になることがありました。

流れている音楽がオペラなんです。

この空間には意外な組み合わせだなーと、お店に入ったときからずーっとひっかかっていました。

そしたらなんと、
隣の席の男女がオペラ歌手だったらしく、
帰り際に突然立ち上がり、
オペラを歌い始めたんです!!!
(ちなみにあの、椿姫の乾杯の歌)

びっくりしすぎて、もう、目が点状態でした。

しかも、さっきまでサーブしていた店員さんまで歌い始めてさらに仰天。
オペラ歌手も店員さんも他のお客さんも知り合いのようで、この展開に驚いているのは私たちだけ…なにこれドッキリ!?みたいな。

なんだか、とんでもない世界に迷い込んだような、いやでも、こんなに本格的なオペラを目の前で聴けるなんて人生初だしありがたいことかも、でも、なんでこうなってるんだ?と頭がこんがらがって、なんともいえない気分になったのでした。

歌が終わったら、直近のコンサートのチラシをいただきました。
いやー、不思議な体験だったなぁ。オペラもあの空間もあの建物も幻だったんじゃないかっていうくらい。トトロみたいに。
あまりにオペラのインパクトが強過ぎて、それまでにいただいたお料理のことを全部忘れてしまいました...
だって、オペラって、生の楽器と一緒で、音の振動が劇的に変わるじゃないですか。それによって全く別世界になるんですよね。

それにしても素敵な空間だったなぁ。
貸切パーティーとかできたら楽しそう!{BDAA7BC7-8DAC-400D-8392-3CE7F30116F1:01}

{9D5F315B-126E-49DC-9004-C191263FC601:01}

{A30BEA3E-A930-49AF-B1B1-BED1D58FA656:01}

{94C59FCB-76F7-40B6-93B9-392652C03D51:01}

{1938D281-1E01-490C-A288-722B2F761FF1:01}

{9EB06F4E-70FA-4964-81F0-21AEB4F31E30:01}

{50DE2823-4778-48B4-A12E-517817070A8D:01}

{EED7AC83-C51A-4772-8B7F-6BB27F2CE056:01}

{26CACA22-12E5-4327-979D-32DD1122D372:01}
生のオペラが聴けるかも!?
麻布十番では珍しい一軒家でほっこりした時間が過ごせるイタリアンです。

VISO RIDE
http://www.visoride.com/

AD
いいね!した人

テーマ:
{EFFF2F08-78E3-44AA-9EBE-AB29CC6D7734:01}
夏に、立ち飲みの名店"かねます"へ行く機会がありました。
営業時間が16時~20時と早い時間帯なのと、予約ができないのと、普段行かない勝どきにあるので、なっかなかチャンスがなくて...今回やっと初訪問!
あの、エル・ブジのフェラン・アドリア氏が来日の際に訪れて感動したという逸話のあるお店です。
17時ごろに行ったら店内は既にほぼ埋まっていました。立ち飲みは、これくらい活気があるのがちょうどいいですね!
ではさっそく、お料理のお写真を。
{945883C8-761F-4F2B-9B56-3E9A5E4F2169:01}
みんな注文している"生ウニ牛肉巻き"。
これを目の前にして笑わないわけにはいきません。

{B815D559-6A91-4B63-81F4-881F05CAB48E:01}
"オードブル"という名のつまみ山盛り。
お隣の女性はお一人様でしたが、一人ならこれだけで十分楽しめますね!

{9A23F0CB-1681-4B94-B4D9-E1914D59EEDE:01}
この豪快さが楽しすぎる!
スプーンがささっているのは、ビシソワーズにいくらをのせたもの。意外性がいいね!
生牡蠣もあります♡そして右端には穴子寿司が!
そうそう、このときホヤを初めて体験しました。(写真左下)

{CFAEDA55-6475-4F4F-A490-B0D4F639CE0B:01}
殻に盛られた"毛ガニサラダ"にも興奮。
毛ガニの身にポテトサラダを和えちゃうなんて、贅沢な食べ方ですよね。
{D250907E-8A7C-4A2D-89D0-63E0EFDB4C24:01}
冷酒は、獺祭 純米大吟醸50のみ。
二人でシェアして、飲んで食べて一人5千円くらいです。
{B032F0AF-3275-4DCB-89B6-DBF011D2CB58:01}
これだけ飲食店がたくさんある都内でも、記憶に残るほど美味しくて楽しい日本料理を日常使いで気軽に食べられるお店ってなかなかないですよね。
そんな中、"かねます"はほんとに貴重なお店です。
こんなお店がもっと増えたらいいな~!

かねます
03-3531-8611
東京都中央区勝どき1-8-1 勝どきビュータワー 1F
http://tabelog.com/tokyo/A1313/A131302/13002243/

AD
いいね!した人

テーマ:
{67765D1D-A902-4118-992A-69F26515962F:01}
11/7(金)、麻布十番にオープンした”中目黒いぐち麻布十番店“。
先日、トレタグルメ倶楽部に参加して、一足お先にお料理を体験してきました。
トレタグルメ倶楽部とは、
今、急成長中のレストラン
予約サービス”トレタ”が主宰する会合です。トレタを利用しているレストランの中でも特にこだわりのあるお店にグルメなメンバーを招いて集まるというのがコンセプトだそう。
{2B7B1666-82E8-4C82-9149-C25F670708A4:01}

中目黒、恵比寿に続き、麻布十番に進出した”中目黒いぐち”は、突出した美的感覚を持つ焼き鳥専門店。
黒に統一した内装と、盆栽のレイアウトが、一貫した美学を感じさせます。
なんと、まな板まで黒なんです!
{B4A885E5-A3EE-45A5-951F-9AFD862BFB43:01}
一枚板のカウンターやネタ入れは、高級鮨屋を思わす風情。焼き鳥屋さんでこんなネタ入れを使っているのは初めて見ました。
大将に聞くと、もともと鮨屋が大好きで、鮨屋のカウンターを意識しているんだそう。
鮨屋よりゆったり奥行きをとっているカウンターは居心地抜群です。
{2EEB56C8-FE52-412A-8DEA-85BF53ECCA5A:01}
この空間そのもの、看板のない入口、アイデア溢れるメニュー構成などetc…サプライズな要素がいっぱい!
麻布十番在住7年くらいの私は、麻布十番の焼き鳥屋は大体全部経験済みですが、こちらは最もデートに適したお店だと思います。
大将の芸人ばりのトークも最高で、絶妙な合いの手は感動するほど。(だから、カウンター席が断然オススメです。)
ちょっと気合を入れたいデートはもちろん、マンネリ化したカップルにもいいかと!
これから麻布十番で大活躍するお店になることでしょう。今後が楽しみです!

ここから、今回いただいたお料理のお写真を。
{817859B3-4000-49D7-9F54-BBC36764E372:01}
各方面でご活躍のグルメブロガーのみなさんと、乾杯。

鳥のコースは4800円から。
麻布十番店は、鳥のみならず、牛、鍋も提供。
{AF9F9A97-4DAB-420D-B844-B1628970400C:01}
フォアグラのコロッケ

{D1DEC6E8-F065-49A2-B5D7-36C649285C41:01}
新レンコンの茶碗蒸し

{9F5AB26B-C688-498E-BB58-F07B724C3AB9:01}
レバーパテ
{AEC38226-2F3C-4546-8A3C-CDEF58B730F7:01}
トーストにのせていただきます。
{ECD437B7-CFB1-48A7-847C-3BD02244AF22:01}
大将おすすめのイタリアワインと合わせて。
白い花の香り、トロピカルフルーツの甘い香りが広がる爽やかでいて華やかな白。
エチケットのモダンなデザインもインパクトあります。

{9801458B-FCE7-45EF-9BC6-6DB64A850D30:01}
ワインはボトルで3800円~8万円と、幅広く揃えています。
これもデートにうれしいポイントですね。

{8DA86898-7ABC-4B60-BE1F-FE846AFD30A6:01}
8時間煮込んだ鶏のスープ。コラーゲンたっぷり濃厚なスープ。
これは後半の鍋でも味わえます。

{1706558F-5ED7-461C-B578-61BA2C6B049E:01}
ゆずの香りと揚げにしみ込んだ出汁が印象的な和風サラダ。

{1DCB04E6-B7E5-433D-8DE3-91A68BFDA989:01}
焼いたチーズ"カチョカバロ"。モツァレラチーズのようにクセがなくて、厚揚げを食べているような感覚。
{B68D3D70-A98A-4BCD-991A-F60911484854:01}
ここからは赤。
力強くて野性的な血液の香りが奥底にありつつ果実味豊かでエレガントなシラー。
畑違いの2種類のシラーを使っているそう。

{74DCA14E-B3C1-482E-A303-3972C435C267:01}
いよいよ、焼き鳥のスタート!
煙がほとんど出ない高知の炭を使っています。モクモクと煙が立ち上がる屋台風の焼き鳥屋もいいけど、こちらはあくまでもデート向きを徹底!
{0BAB7E50-744F-45ED-A86D-493780C150C7:01}
まずは焼き鳥屋の顔"ねぎま"から。
{A7D76016-988B-4C80-BA5B-055A8702C2B3:01}
驚くほど甘くてモチモチしてジューシー!なんじゃこりゃ。
今まで食べてきたねぎまの中でナンバーワンです。あー、また食べたい!

{DD27DB9A-C60A-41C5-954D-07E3D5B8C3BE:01}
大山鶏の手羽

{243FEB6E-F7F8-4A0E-9902-97F965484FBC:01}
つくね

{2C96E061-0FE6-42CA-8F58-BE57048D3A82:01}
ここからは牛が登場。まずは牛タン。

{D3F534FD-CD9B-4653-927F-9CED57B41CD8:01}
ハラミ

{E0A2CE01-BA59-47C3-9E4A-EC76F53F7BEB:01}
いよいよ鶏鍋の登場です。野菜の提供の仕方も美しい...。
{403BE703-ACBC-4442-8E63-68575F77D8F6:01}
炙った鳥を串に刺してぐつぐつ...
{A9BFB3AE-18E4-4FC2-AA56-E67233CBD6EA:01}
こんな鍋の楽しみ方は初めてです。
{65E99A3B-3461-423D-9055-4BC7497D1300:01}
続いてお野菜も投入。
濃厚なコラーゲンたっぷりのスープといっしょにいただきます。

{D5A25B4C-53A1-4546-9FBB-3DF4EF56F57B:01}
50日間熟成した高坂鶏のささ身
熟成した鳥は初体験!

{68A43A75-4E68-488F-969C-407ACCD6158F:01}
締めは濃厚なカルボナーラ。
これに興奮しない人はいないんじゃないかな!?

{BE756E12-F0F1-497B-864A-DB9E39E43EE5:01}
「こんなの初めて♡」というセリフが飛び交いそう!
空間からお料理、大将の気配りまで、全てにおいて色っぽいお店です。


“中目黒いぐち麻布十番店”の予約は、
シンプルで簡単!が特徴の予約サービス”トレタ”が便利です。
トレタについてはこちら。
goo.gl/PqRX1u


中目黒いぐち麻布十番店
http://www.nakameguro-iguchi.com/
東京都港区麻布十番1-6-7 F1プラザビル4F
03-6455-4557
AD
いいね!した人

[PR]気になるキーワード