ミスプロの海外競馬

競馬のために世界中を駆け巡る、さすらいのギャンブラー


テーマ:

明日の夕方(現地時間)から、ル・マン24時間レースが開催されます。
昨年のレースは、トヨタがまさかの敗退。
24時間のうち残り3分でマシンストップって、映画や小説でも描けないような事態。
まさに、『唖然』とはああいうことを言うのでしょう。
 
さてさて、雪辱に燃えるトヨタ、どえらいコースレコードを出してポールポジション。
従来のレコードをおよそ2秒縮めると言う、タイムをカムイが叩き出しました。
 
今年こそ、優勝できるんじゃないでしょうか。
 
     *****
第85回ル・マン24時間耐久レースは6月15日、現地時間22時から予選3回目が行われ、予選2回目で3分14秒791という素晴らしいタイムをマークした小林可夢偉駆る7号車トヨタTS050ハイブリッドがポールポジションを獲得した。 予選後、可夢偉が予選を振り返っている。
 
2016年からトヨタの一員としてWEC世界耐久選手権に参戦している可夢偉が、シリーズのハイライトとなるル・マンの予選で魅せた。 赤旗中断となった予選2回目で、可夢偉は再開時に真っ先にピットレーンに並ぶと、トラフィックは2台程度と、これ以上ない絶好のコンディションでアタックを決め、3分14秒791というコースレコードタイムを記録。 見事2014年の中嶋一貴以来となる日本人ふたりめのポールポジションを獲得した。
 
「ル・マンでは初めてのポールポジションですが、今年は予選ではしっかり結果は残せていますからね。 とは言え、まずはこのル・マン24時間でポールポジションを獲れたことは嬉しいです」と可夢偉。
「クルマが本当に良かったので、しっかりしたタイミングでタイムを出せたことが大きいですね。 クルマをしっかり煮詰めて、満足できるレベルになっていると思います。 ここまでクルマを作ってくれたチームに感謝しているとともに、去年は悔しい思いからここまできて、こんな14秒台というタイムが出るのも思ってもみなかったので、チームを誇りに思います」
あのアタックのタイミングについて可夢偉は、「タイミングで言うとベストだったと思います。 路面が良くなっていましたし、なかなかあれだけ台数が少ないところで走ることができるのもないので、気持ち良かったです」という。
 
一方で、トヨタにとってはポールポジション獲得に喜んでばかりもいられない。
2016年にあとわずかでつかみかけた勝利をつかむことが、今年の最大のテーマだからだ。 可夢偉は「予選は24時間レースでは意味がないと思っていますが、ポールポジションは嬉しいし、チームに感謝しています。 明日は気持ちも新たにしっかり準備して、日曜まで後悔がないレースをしたいと思います」と語った。
     *****

 


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

mispro1さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。