ミスプロの海外競馬

競馬のために世界中を駆け巡る、さすらいのギャンブラー


テーマ:
今日は、御所に行ってきました。
ちょうど昨日から11月3日まで秋の一般公開です。
適当に写真を撮って見ましたが、やっぱり一眼レフのカメラが欲しいなあ...
 
さて、明日は秋の天皇賞です。
が、私の関心は海外競馬ですね。
30日、31日は、アメリカ・キーンランドでブリーダーズカップが開催。
11月3日はオーストラリアでメルボルンカップ。
11月29日はジャパンカップ、12月13日は香港カップ。
今年の競馬も終盤です。 当てたいなあ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
なかなか興味深いニュースを見つけました。
と言っても、マニアックなものです。
あの、R35GT-R開発者の水野氏が手がけた、台湾のクルマが発表されました。
まあ、このニュースを見つける人も少ないでしょうが、私は興味津々です。
 
     *****
自動車大手、裕隆集団の傘下で自社ブランド「LUXGEN(ラクスジェン)」を手掛ける納智捷汽車は28日、中型セダン「S5ターボ」のモデルチェンジ版「S5ターボ・エコ・ハイパー」を台湾市場向けに発表した。 4月に発表した中型クロスオーバーSUV(スポーツタイプ多目的車)「U6ターボ」の「エコ・ハイパー」版に続き、日産自動車の元エンジニア、水野和敏氏が監修した。
 
中央通訊社が伝えた。 S5ターボ・エコ・ハイパーは今年上半期、台湾に先駆け中国市場に投入済み。 ラクスジェンの胡開昌総経理は、「台湾製セダンの標準的な価格で、米国車やドイツ車に匹敵する性能と居住性、安全性を実現した」と話し、コストパフォーマンスの高さを強調した。 希望小売価格は65万9,000台湾元(約244万円)からに設定した。
 
水野氏は日産でスポーツカー「GT―R」の開発を手掛けたことで知られ、日産を退職後、2014年12月に裕隆傘下の自動車開発会社、華創車電(HAITEC)の副社長に就任。 ラクスジェンの開発を担当している。
 
ラクスジェンは水野氏の主導で、既存車種のエコ・ハイパー版へのモデルチェンジを進めている。 同社によると、今年初めに示した「台湾で1万6,000台、中国で6万5,000~7万台」の通年販売目標台数はいずれも達成できる見通しという。
     *****
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ようやく本格的に涼しくなってきました。
 
朝晩は寒いくらいです。
 
しかしながら、理解できないのが、この時期なのに、もうコートを着ている人。
ちょっと早過ぎません?
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。