ミスプロの海外競馬

競馬のために世界中を駆け巡る、さすらいのギャンブラー


テーマ:
関西空港を拠点としているLCC、ピーチの運行時間って、早朝や深夜が多いです。
そのせいで、関西空港で夜を明かす人が増えているそうです。
だったら、LCCターミナルにカプセルホテルも作ればいいのにねえ。
 
     *****
 関西空港で一夜を明かす利用客が増えている。
 
関空を拠点に昨年3月に就航した格安航空会社(LCC)「ピーチ・アビエーション」が、空港へのバスや電車が少ない早朝も運航するなどしているためで、1日平均80人と前年比で5倍以上に。
 
就航から1年。 周辺のホテルには、ピーチの利用客を当て込んだ動きも出ている。
 
旅客便の離着陸が終わった午前0時過ぎ。 ひっそりした関空ターミナルに、高校3年の男子(18)(福岡市)がギターを抱えてやって来た。 大阪でライブをした帰りで、7時間後の便に乗るという。 「朝、来ても時間ギリギリになる。 乗り遅れたら困るから、ここで1泊します」と、待合のベンチに横になった。
 
近くで本を読んでいた女性会社員(25)(京都市)は、旅先の沖縄からの到着が遅れて帰る手段がなくなったといい、「しんどいけど朝まで待ちます」。
 
新関空会社によると、1月に空港で夜を明かした旅行客は1日平均80人で、昨年同期(15人)の5倍を超えた。 多くの客を運んで料金を下げようとするピーチが、早朝から深夜まで運航しているためという。
 
午前6時台にチェックインが必要なピーチの便は7便。 最も早いのは午前6時10分までの台湾便で、大阪都心部からの公共交通機関で間に合うのは梅田からのバスしかない。 またLCCは過密ダイヤで遅延が生じやすく到着が深夜になることも。 ピーチは「早朝、深夜便充実を鉄道、バス各社に働きかけたい」とする。
     *****

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
ちょいとスゴイ話です。
JR四国は四国電力が電気料金を値上げするのに対し、電車をディーゼル車で運行することを検討しているそうです。
要は電気代が上がるので、電気で動く電車を止めて、電気を使わないディーゼル車を運用すると言うものです。
 
こりゃ、えらいこっちゃ! と言いたいところですが、JR四国は非電化区間がほとんどなので、あまり影響ないかなあ...
 
で、調べてみたら、JR四国の電化区間と複線区間は以下の通りです。
 JR四国
電化区間・・・高松(香川)~松山(愛媛)間、多度津(香川)~琴平(香川)間
複線区間・・・高松(香川)~多度津(香川)間
愛媛は一部電化・全線単線、徳島・高知に至っては全線単線・非電化
 
また、JR各社の状況は以下の通りで、差がありすぎです。
JR北海道・四国・九州…独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構が全株式を保有する特殊法人←赤字は税金で補填・国鉄時代の借金も、まだ税金で返す
 
JR東日本・東海・西日本…株式公開済みの完全民間会社←黒字で新幹線まで買取・国鉄時代の借金は、もう返済してない
 
     *****
四国旅客鉄道(JR四国)の泉雅文社長は25日の記者会見で、四国電力が7月に予定している値上げに対応し、運行する列車の車両数削減などを検討していることを明らかにした。
 
四国電は7月、企業向け電気料金を平均17.50%値上げする方針。 JR四国は現在3両編成で走行している列車を2両編成に変更するなどの対応を検討する。 対象列車は運行時間や乗車状況を勘案して今後詰める。
 
電車の一部を軽油で走行するディーゼル車に変更することも検討する。 軽油は足元の円安基調で高騰していることを受け、原油価格の動向も見ながら決める。 運行本数の削減については、利用者への負担が大きいとして避けるとしている。 また、コスト増による運賃への転嫁は「競争力の低下につながる」として避ける方針。
 
同社の年間の電気料金は約10億円で、17.50%の値上げが実現すれば、年間2億円弱のコスト増。 2013年3月期の連結純利益は国の経営安定基金の事実上の積み増しが寄与し、前期比4.4倍の28億円の見込みだが、14年度に予定されている本四高速の利用料金値下げなど、経営環境の先行きは厳しいとみられている。
     *****

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
最近読んだコラムの中で、声を出して笑ってしまったものがあります。
 
最近の風潮の「いじめや体罰」のせいで、リアクション芸人の出番が減ると言うもの
です。 まあ、どう見てもいじめられることが、リアクション芸人の真骨頂ですからね。
そして、芸人たちは『いじめられる』ことを『いじられる』と言葉を置き換えて受け入れてきていますからねえ。
いじられる芸人が居ないと、お笑いが成立しにくいのも事実です。
 
     *****
 リアクション芸人が大ピンチ!?
学校から五輪競技までスポーツ界における体罰や パワハラが社会問題化する中、まさかの影響を受けているのがお笑い界だ。
「いじめや体罰」に見えなくもない過酷なゲームや“仕打ち”を甘んじて受け、 笑いを取ってきた「ダチョウ倶楽部」上島竜兵(52)や出川哲朗(49)の出番が 減りそうなムードが漂い始めている。
 
「最近は視聴者へのエクスキューズとしての『けっしてマネしないでください』や 『後でスタッフがおいしくいただきました』などのテロップすら出る機会が減っています」こう話すのはある番組制作会社の関係者だ。 バラエティー番組ではお決まりの「お断り」だが、いまやクレームを恐れ、企画をボツにしたり、シーンをカットする機会が激増しているという。
 
これまでも「食べ物を粗末にするな」「動物虐待だ」「子供がマネしたらどうする」など、多くのクレームに直面してきたバラエティー番組の制作陣。
やはり、体罰・パワハラ問題にも敏感にならざるを得ないようだ。 「大御所タレントが若手を“かわいがる”場面や、笑えるリアクションを見せる罰ゲームなんかはちょっと気を使います。 もし視聴者がパワハラに過剰反応するようになりクレームが増えたら、そのうちまたそのシーン丸ごとカットということになる」(前同)
 
こうなると困るのは、ヒドいことをやらされてナンボの上島や出川などのいわゆるリアクション芸人たちだ。 大物たちも苦しい立場になるという。
     *****

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。