ミスプロの海外競馬

競馬のために世界中を駆け巡る、さすらいのギャンブラー


テーマ:
毎度おなじみのランキング、住みやすい都市です。
ずっと首位だったバンクーバーが3位に後退。
どうして、日本の都市が10位までに入らないのか不思議です。
 
     *****
CNN
英誌エコノミストの調査部門、エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)が発表した世界の「住みやすい都市」ランキングで、過去10年間首位を維持していたカナダ・バンクーバーに代わり、オーストラリア・メルボルンがトップに躍り出た。
 
ランキングは世界140都市を対象に、今年7月時点の治安や医療、文化、環境、教育、都市基盤を採点した結果に基づいて算出された。
 
バンクーバーは今回3位にとどまり、2位はオーストリアのウィーンだった。 上位10都市にはカナダからトロント(4位)、カルガリー(5位)が、オーストラリアからシドニー(6位)、パース(8位)、アデレード(9位)がそれぞれ入ったほか、フィンランドのヘルシンキ(7位)、ニュージーランドのオークランド(10位)が選ばれた。
 
一方、最下位はコートジボワール・アビジャンで、イランのテヘラン、カメルーンのドゥアラがこれに続いた。 「アラブの春」と呼ばれる民主化運動の広がりで、中東や北アフリカ諸国の治安が悪化し、リビアのトリポリが初めてワースト5位に登場するなど、ランク下落が目立っている。
     *****
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
海外在住の方のコラム(メールマガジン)におもしろい話がありました。
 
オーストラリアのうどん店の話なんですが、商売を成功するためには、客層ターゲットを中国人に絞っていたそうです。
 
あと、私が香港で学んだこととしては、中国人相手に『食べ放題』をやると、ほぼ間違いなく失敗すると言うことです。 と言うのも、中国人は食べ放題となると、えげつないほどに食い漁り、更には持ち帰ろうとさえするそうです。
 
     *****
 オーストラリア発
約1年前にシドニーに開店したセルフうどん店。 安くて味も本格的なことから、たちまち人気となった。 古き良き昭和をイメージした内装で、豪州ではあまり見られないセルフサービス方式でいかにも日本的だ。 日本人にも人気だが、実は大半の客は中国人だという。
 
業界関係者によると、日本を前面に押し出していながら、あらかじめ中国人をターゲットにしていたというから驚きだ。 同店は店舗面積が狭いため立ち食い方式がいいのではと思われるが、「それでは中国人客が入らない」との判断だったという。
同店は、1日500人入れば上出来と言われる豪州レストラン業界で、なんと700人が来店するという。 来月中旬には、付近に系列店のどんぶり屋を出店予定だとか。
「コーヒーよりも安く」がうたい文句だそうで、また中国人が常連客になりそうな予感がしている。
     *****
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ちょっとばかり古いデータですが、アメリカ人が好きな日本食のランキングがありました。 ランキングを見ると、まあ、妥当かなあと思えるのですが、私の個人的な感想と言えば、どの料理もちゃんとお箸を使って食べて欲しいことですね。 ラーメンをフォークで巻いて食べているのを目にしたら、こちらの食欲が無くなりますから...
 
     *****
 1.焼き鳥
テリヤキソースという商品がアメリカでは一般的になったくらい、甘い醤油のこの味
は大好きなんだ。
 
 2.すき焼き
同じく甘辛い醤油タレが人気の一品。
 
 3.ラーメン
ニューヨークのラーメン屋さんは意外とおいしい。
 
 4.お好み焼き
ソースとマヨネーズのコンビネーションが人気。
タコやイカが入っているのはもちろんアウトだけどね。
 
 5.寿司
食べられるネタは限られているだろうけど、世界的に市民権を得ている日本料理。
 
 6.串カツ
甘いソースがやはり人気。
 
 7.焼肉
炭火焼で食べるのがクールなんだ。
 
 8.焼きそば
炒めたラーメンということで。
 
 9.天ぷら
カラっとサクっと揚げたてはやっぱりうまい。
 
 10.肉まん
あんまんよりもやはり肉まん。
     *****
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。