ミスプロの海外競馬

競馬のために世界中を駆け巡る、さすらいのギャンブラー


テーマ:
28日の日曜日、ヨーロッパのクラシックレースの決算、アイリッシュダービーが開催されました。 今年のレースは、イギリスダービーの上位馬がこぞって出走し、そのまま人気しました。
 
ところが、私の中では予想通りですが、今年のクラシックの大スター、ダービー馬シーザスターズはスクラッチ(出走取り消し)。
ってなわけで、ダービー2着のフェイムアンドグローリーがそのまま人気し、圧勝しました。
私の本命のマスターオブザホースは、大差で4着に敗退でした。
 
これでヨーロッパの春競馬は終了。 次の大レースは、7月25日のキングジョージですね。
 
     *****
現地時間28日、愛・カラー競馬場で行われた愛ダービー(3歳牡牝、愛G1・芝12f、11頭立て)は、J.ムルタ騎手騎乗の1番人気フェイムアンドグローリー Fame and Glory(牡3、愛・A.オブライエン厩舎)が、ゴールデンソード Golden Swordに5馬身差をつけて圧勝した。
勝ちタイムは2分30秒87(稍重)。 さらに1馬身差の3着にはムーラヤン Mourayanが入った。 なお、英2000ギニーと英ダービーを連勝していたシーザスターズ Sea The Starsは出走取消となっている。
 
勝ったフェイムアンドグローリーは、父Montjeu、母Gryada(その父Shirley Heights)という血統の英国産馬。 昨年10月のデビュー戦を勝利で飾ると、2戦目のクリテリウムドサンクルー(仏G1)でG1初制覇。 その後も重賞勝ちを重ねたが、1番人気で臨んだ前走の英ダービー(英G1)で2着に敗れ、デビューからの連勝は4でストップしていた。 通算成績6戦5勝(重賞4勝)。
 
なお、騎乗したムルタ騎手は愛ダービー3勝目、管理するオブライエン調教師はこのレース4連覇で通算7勝目となった。
     *****
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
マイケル・ジャクソンのニュースを見ていて感じたことです。
彼は、アメリカではすでに過去の人になってました。 アメリカではスキャンダルとパパラッチの対象としかなっていませんでした。
ところが、亡くなってしまえば、嘆き悲しむ人ばかりが映し出されています。 つい先日まではスキャンダルや揚げ足取りばかりでした。 事実、彼が最後のライブの地に選んだのは、ロンドンですよね。 この現実をアメリカ人はどう感じているのでしょうか?
 
さてさて、彼に関しての思い出ですが、やっぱりスリラーのプロモーションビデオですね。
初めて見たのは、小林克也司会のベストヒットUSAでした。 ショッキングで長いビデオだとの前置きがあり、ジョン・ランディスだったかな?の映像は、まさに映画そのものでした。
 
マイケル・ジャクソンは、シンガーでありダンサーでしたが、それ以上に近未来のトレンドを見つけて創り出すことができたクリエイターだったと思いますねえ。
 
     *****
ロンドン(CNN)
25日に死去したマイケル・ジャクソンさんは、故エルビス・プレスリーやビートルズと並ぶスーパースターであると同時に、世界中を熱狂させた初の黒人スターでもあった。
 
40年のキャリアで売り上げたレコードは世界で3億5000万枚以上。 英ロンドンでの復活コンサートを目前に控えた突然の死だった。 かつてに比べると富も名声も転落したとはいえ、コンサートのチケット売れ行きはいまだ衰えない人気ぶりを見せつけ、日本やドイツ、ドバイなど世界中から訪れたファンが、チケットを買うため行列を作った。
 
慈善事業に果たした役割も大きく、1985年にライオネル・リッチーと作詞作曲した「ウィ・アー・ザ・ワールド」はアフリカ支援のための募金推定5000万ドル(約48億円)を集め、セレブによる慈善事業の先駆けとなった。
 
その一方で、私生活にまつわるスキャンダルもつきまとった。 2002年から2003年にかけては幼児虐待疑惑でメディアにたたかれ、少年を性的に虐待した疑いで警察に出頭して逮捕。 2005年には裁判で無罪判決を受けたが、カリフォルニア州に保有していた広大な邸宅「ネバーランド」はその後、売却に追い込まれた。
 
数々の健康問題にも見舞われた。 CM撮影中の大やけどや度重なる整形手術、「白斑」という原因不明の皮膚病。 今年5月には皮膚がんにかかっているとの噂も流れた。
 
晩年は米国での活動を控え、スプーン曲げで有名なユリ・ゲラーさんや百貨店ハロッズを経営するモハメド・アル・ファイドさんといった友人がいる英国で過ごすことが多かった。
 
ジャクソンさんの訃報を受けて、歌手のマドンナさんは「涙が止まらない。 ずっとマイケル・ジャクソンを尊敬していた。 世界は偉大な人物を1人失った。 しかしその音楽は永遠に生き続ける」と追悼の談話を発表。 マライア・キャリー、セリーヌ・ディオン、エディ・ヴァン・ヘイレン、ホイットニー・ヒューストンら世界中のアーティストが、ジャクソンさんの死を悼む談話を寄せている。
     *****
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
はあ~、ドリームジャーニーですか。
1番人気のスカイは見せ場なしでしたね。
 
しかし、これで今年の凱旋門賞挑戦は白紙ですかね。
海外に通用するような現役馬は、ウオッカだけってことですか。
ブエナビスタはまだまだ未知数ですね。
とにかく、海外で活躍するような日本馬が出てきて欲しいです。
 
今年のアメリカの大スター馬、レイチェルアレクサンドラがG1を圧勝したようです。
 
     *****
現地時間27日、米・ベルモントパーク競馬場で行われたマザーグースS(3歳牝、米G1・ダート9f、3頭立て)は、C.ボレル騎手騎乗の圧倒的1番人気レイチェルアレクサンドラ Rachel Alexandra(牝3、米・S.アスムッセン厩舎)が、最後方追走から4角手前で先頭に立つと、直線では後続を突き放し、マリブプレイヤー Malibu Prayerに19.1/4馬身差をつけ圧勝した。
勝ちタイムは1分46秒33(良)のレースレコード。
 
勝ったレイチェルアレクサンドラは、父Medaglia d'Oro、母Lotta Kim(その父Roar)という血統の米国産馬。昨年5月にデビューし、2戦目で初勝利。 11月のゴールデンロッドS(米G2)で重賞初制覇を果たすと、フェアグラウンズオークス(米G2)、ファンタジーS(米G2)も制し、ケンタッキーオークス(米G1)はレース史上最大着差となる20.1/4馬身差をつけて圧勝。 前走のプリークネス(米G1)では、牝馬として85年ぶり5頭目となる同レース制覇の快挙を果たしていた。 通算成績12戦9勝(重賞6勝)。
     *****
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。